WARAJI DELI 髙山晴代の八ヶ岳 移住Life

Wild Foodとネイティブな発酵。
雄大な自然、山と野草。在来種のお野菜。
八ヶ岳南麓と東京を行ったり来たり★

いきとしいけるもの すべての命 森羅万象が ひかりかがやきますように。

〜MOVE LOVE JOIN〜
 …この地球を楽しんで…


テーマ:

 

 

 

発酵料理研究家、わらじデリの髙山晴代です。


梅干しのイロハ。
 
梅酢があがったら赤シソを塩もみして加えます。

赤しそは葉っぱだけのグラムです。お店には何グラムとか記載がないことも多いので、ひと束は梅1~2キロと想定すると良いと思います。
 
ちなみにわたしは茎入りで計量してもらう。


~~~二キロの梅の場合~~~

*赤シソ 150~200g 葉っぱのみの重さ
*塩 赤ジソの重さの約二割 30g~40g


赤紫蘇は梅の約一割の重さを使用するのが一般的。


使う塩は赤シソの重さの二割程度。


※ 赤みの強い梅がお好みでしたら赤シソは200g、
薄めがお好みならば150gご用意ください。




わらじデリの梅干し教室にご参加の方向けに書いた、
2012年の記事をアレンジしました。

通常はここまでくわしく書くことはないのですが、今日はサービス💕
(細かな質問にも一人一人おこたえすることがかないません&
      教室にご参加の方へ計量諸々お伝えしています。)


 
photo:01

赤紫蘇は、洗って水気をきります。ここでは150g使用。


1. 150gの赤シソの葉。横からのボリューム(かなり押しました)

2. 500のペットボトルとの比較

3. 塩は赤紫蘇の重さの2割 30gを用意。二回もむので、その半量の15gを使用。

4. さー!塩もみ開始!


 
photo:02

 
 
 
5. モサモサの赤紫蘇を もんで もんで


6. さらに もんで


7. 塩が馴染んで だんだん小さくなってきた


8. うん、これ以上もんでも、小さくならない。



 
photo:03

9. あれだけモサモサだった赤シソが。


10. こんなに小さくなりました。


11. 汁は黒っぽい紫色


12. 測ってみたら約40cc。



 
photo:04
 
 
 

13. さて、二度目の塩もみです。同じく15gの塩を投入。

14. モミモミ開始。


15. 二度目の塩もみで・・・


16. さらに小さくなり、汁がまたまた出てきます。



 
photo:05

 
 
 
17. 二度目の方が色が鮮やか。


18. 紫はムラサキですが、ドス黒さが抜けてませんか?


19. 【9】と比較すると、こんなに小さくなりました。


20. お汁の色も比べてみてください。
  
 右が一回目の塩もみででた赤シソの汁。
 左が2回目。二回目の塩もみでは50gの汁が出ました。



 
photo:06

 
 
21. 1回目のもみ汁。


22. 二回目のもみ汁。


23. ホーローのボールに残ったもみ汁の色。


24. 遊んで、もみ汁に少し水を足してみました寂笑
手元に生成りの生地があったら、赤紫蘇染めでもしたいぐらいの色の濃さです。




 
photo:07

25. 白梅酢を用意。


26. そこに塩でよーくもんだ赤紫蘇を投入!!
   すると!!こんな素晴らしい赤色になるのです!


27. アップ。


28. 汁を移したボールの底。赤さ具合、わかりますか??


25~26に至る過程はこちらの動画 ⬅︎をご覧ください。

 
動画、、、、気づいたらもう少しで再生回数3000回だわ。。。
PCで見るのがオススメ。

 

もんだ赤紫蘇と白梅酢は合わせるとこんな色になる。


 


いきなり写真が2016バージョンです

 


手作りの梅酢はとってもおいしい!!!

はい!!

次は土用の丑の日前後に三日間、
天日干しの模様です。
 
 

『紫蘇』は『お屠蘇(とそ)』の 蘇 と同じ字を使いますが、


*抗菌  *デトックス  *防虫
そして古くは   *魔除けの効能


も合わせ、日本人の慣れ親しんできた、初夏の植物。


梅を美しく彩るだけでなく、赤じそが加わることで、
自然界のハーモニーがアップ。

嗅覚にジンと届く香りも良いですよね。


赤紫蘇はビンの中で梅酢からでないようにします。
 
丁寧なのは、梅、赤紫蘇、梅、赤紫蘇、、、とミルフィーユのようになることですが、赤い色素が上から下へと降りるんですね。
 
わたしはまとめて上の方に敷くことが多いです。
 
(最上部ではなく、梅二列ぐらい抜いて、赤しそ敷いてから、また梅を敷く。)
 
ずっとそのままだと色ムラができるので、たまにかき混ぜて、土用まで待ちましょう。





梅干しのイロハ でした花札-梅のカス


①  梅の選び方はコチラ
②  浸水の魔法の様子はコチラ★
③  梅のヘタ取りと塩分濃度はコチラ★
④  ヘタ取り モソモソ話 動画だよ★
⑤  
梅酢のあがる様子はコチラ★




梅干しの作り方はわらじデリのFBページにもアップしています。
イイネ、よろしくね。




こちらもみてね。





 

【梅干し作りを楽しむ会】
毎年開催しています。お問い合わせください。

 

 

 

 

料理研究家 わらじデリの

たかやま晴代でした。     メール このblogのクリック 読者になる クリック

 

 

メール メルマガはじめました。

 

卑弥呼でハイジなお料理術。

 〜幸せ運ぶ 女神のキッチン〜

キラクリック  購読申し込みはこちら クリックキラ

 

 

 

いつも最後までご覧いただきありがとうございます。久しぶりに人気ブログランキングに参加しました皆様のぽちが支えになります。

ぽち&ポチ、どうぞよろしくお願いします^^

 

 

     

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

 

 


 

 

 

☆★☆ 募集中の講座スケジュール一覧 ☆★☆  

講師 わらじデリ Haruyo.Takayama

 

 

7/23 

新月の日の手仕事美容と夏の健康維持に!!

名古屋でスイカ蜜クラス。 詳細はこちら

 

 

残2

7/25 枇杷の葉エキスつくり&枇杷を利用した自然療法の智慧

 ⇒ https://www.reservestock.jp/events/195343/

 

8/4 スイカ蜜作り 夏の水分補給にぴったりな西瓜から保存食作り

 ⇒ https://www.reservestock.jp/events/192719/

 

残3 9/6,7,8 

上高地レインボーリトリート (8月は満席)

⇒ https://www.reservestock.jp/events/ZGQ1MDE3ODhiZ/

 

 

残5

10/15 最幸な自分と出逢い 日常を楽園にかえる ハワイkauaiリトリート 

 ⇒ https://www.reservestock.jp/events/194446/

 

 

発酵自然食プロ養成講座 

来年の上半期までスケジュールアップしました。

 

26期 残3 11月八ヶ岳 詳細はこちら

27期 2月 東京 詳細はこちら

28期 4月 八ヶ岳 詳細はこちら

 

 

メディア、出版依頼、各種お問い合わせ

https://www.warajideli.com/e-mail/

 

 

ありがとうございます

 

WARAJI DELI HARUYO.T

WARAJI DELI HPへ

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

たかやま晴代  (HARUYO.T)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。