Nature Sceneのオフィシャルブログ

~ あなたが描く、自然の中でのワンシーン ~ 
健やかに、美しく、楽しい人生を送りましょう。


テーマ:
{AD5841EB-3100-40BC-B002-0CDCCC3BB85A}

{0E5343C7-616F-4096-852B-DDA961B89175}

{F7C9AEA9-65EF-4D91-B079-45638FCF7E2A}

Columbia Montrail FALL 2017のカタログでカルドラドの良さ、大会運営についてお話させていただきましたー

宜しければご覧ください!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{2EC89553-CDC6-4FC4-81AF-CDF6DB59E312}

{F95997F1-D9F7-4714-8A36-D85D3A71713E}

{FBC14F93-1C31-4D94-B9F6-E59236B81790}

三木須坂市長のご厚意で「日本旅行堀坂社長広域観光(北信濃)懇親会」にお招きいただきました!!

いかに長野県の観光を盛り上げていくか、重鎮の皆さまのご意見大変参考になりました!!

自分が出来ることといえば...気合と根性と体力でアウトドア業界を盛り上げるぐらいですが(汗)ここからまたいかに地域活性化の為の大会運営を作り上げていけるか模索していきたいと思います!!

三木市長、素晴らしい機会を有難うございました!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{753A96EA-C250-45C4-BEE5-E846B808C3DA}

コロンビアモントレイル特設ぺージ《コロンビアモントレイルのトレランシューズが1番選ばれる「理由」》でカルドラドIIをご紹介させていただきました!!


是非ご覧ください!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以下、三木市長FBページより

 

いきいき須坂 市長のコラム
━─━─━─━─━☆★
「求める」から「分かち合い(愛)、譲り合い(愛)、与え合い(愛)」への例 
  SUZAKA Yonako Falls Sky Race(須坂米子大瀑布スカイレース)

...

 9月2日(土)須坂市で、第1回「SUZAKA Yonako falls SKY RACE(須坂米子大瀑布スカイレース)http://www.nature-scene.net/suzaka/ が開催されました。
 
 主催は、SUZAKA Yonako-falls SKY RACE 実行委員会です。大会実行委員長は大塚浩司様(株)Nature Scene代表取締役、北信濃トレイルフリークス(KTF)代表。http://www.montrail.jp/s/athlete/003381/ 須坂市ご出身です。2015年長野県縦断駅伝競走で、須坂上高井チームの選手として出場された大塚さんに、チーム解団式で、私は大塚さんがトレイルランの大会を運営していることを承知していましたので、須坂市でのトレイルランの開催を依頼しました。大塚さんは快くお引き受けいただき、お願いから2年目で早くも第1回の大会を開催していただきました。心から感謝を申し上げます。

 私は、大会について次のことを感じました。

・大塚さんを始めスタッフの方が、コースの安全、自然環境保護等に最大限の配慮をされていること。
・8月18日未明の大雨により、トレイルランのコースが大きな被害を受けましたが、スタッフ、地元の方のご尽力により、大会を開催することができたこと。
 (ちなみにコースは、http://www.nature-scene.net/suzaka/coursemap/ これを見ると驚きの一言です。)
・ランナーはもちろん、ボランティアも楽しく運営に参加していること。
 (大塚さんが実質的に主宰している、他のトレイルランの大会に出場された須坂市民のTさんは、選手と運営が一体となった大会の素晴らしさをおっしゃっていましたが、当日も駐車場に入った瞬間からそれを感じました。)
・約7割から8割が県外からの選手であるので、前泊又は後泊により地域経済への効果があること。大会終了後、魅力的なパーティがあるので、後泊の方がいたこと。(これは、大塚さんの目的でもあります。)
・大会進行役も務めた大塚さんが、インスタグラム、facebookなどによるSNSによる情報発信を提案していたこと。大会前、大会終了後の様子が、出場選手のSNSにより、広く情報発信をされていたこと。
・大塚さんの大会進行が、MCのように上手であったこと。

 (私の反省)
・私の反省として、大塚さんはスポーツマンらしく、市役所などに頼らない方であるが、大塚さんと相談して、宿泊、出店、観光PRなどを協力すべきであった。須坂市観光協会、峰の原高原観光協会、仁礼会なども私と同様の考えであった。
・キッズ部門について市教育委員会と連携して、市内の児童に広報を行えばよかった。

(SNSに掲載された選手の感想の一部を紹介します。大会の良さが感じられると思います。)
・前泊で小布施の街や須坂を満喫できて、すごく楽しい旅ランでした。
・2000m越えの爽やかさ、思わず感嘆の声をあげた圧巻の米子大瀑布。先月の土砂災害と、それに負けない人々の力強さ。キツイはずなのに笑顔で励まし合う選手の皆様。自然の美しさと人間の温かさ、力強さが凝縮された素晴らしい大会でした。参加して良かったです。
・大塚さんは、ゴール地点に戻ってきた選手一人一人とハイタッチをし、マイクを片手に「おかえりなさい」と出迎えてくれました。この一言、力強いハイタッチに疲れが吹き飛びました。

また、こちらにも参加された方の感想が投稿されています。
https://runnet.jp/report/race.do?raceId=150693
また参加したいとの声が多く聞かれます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。