~原点回帰~

いらない思考や思い込み、余計な執着を手放して 『原点回帰』 しませんか?


テーマ:

前回も書かせていただきましたが、それでもまだ低体温に対して不安がおありの方もいらっしゃるようですので、もう少し詳しく書かせていただきますね!


その前に余談ですが、テルモという体温計の会社の社長さんのお話では、日本人の3分の2以上の方は、正しい体温計の使い方を知らないらしいです。

テルモの社長さんのお話によると、正しく計ればほとんどの方の体温は37度ほどあるらしいです。


これは私の説ではありませんよ!体温計の会社の社長さんがおっしゃられてた事です。


今の日本では、2人に1人が癌になる時代です。


正しく計ればほとんどの人が37度あるにも関わらず、そのうちの2人に1人が癌になっていると言うのが事実の様ですね!



では本題に!


体温には大きく分けて体表温度と体内温度の2種類があるのですが、ほとんどの方が『体温』と呼んでいるのは、腋下温度といって脇の下で計る温度のことだと思います。


腋下温度や口腔温度が体表温度で、体内温度は直腸で計る事が多いのですが、それはあくまでも直腸温度でしかなく、他の臓器の温度とは異なります。


体表温度は低くても体内温度はほとんどの方が37度以上であることが多いです。


この体温を調節してくれているのが自律神経で、暑い時は毛穴を開いて蒸気を発散させたり汗をだしたりして体温を下げ、寒い時は毛穴を閉じて熱の放出を防いだり立毛筋を収縮させて熱を増幅させたりしています。


この自律神経の働きが正常なら、異常時に体温をあげることが出来ますが、自律神経が乱れていると、異常時でも体温をあげれずに、病気が進行してしまいます。


自律神経が乱れると、交感神経が過緊張したまま緩まない部位が増えてしまいます。


交感神経が過緊張した状態の部位では血管が収縮して血流が滞りますので、その部位はどんどん冷えて癌になる可能性が高くなります。


また、熱の放出ができないために『うつ熱』が溜まり、体表温度だけが高くなります。


このことからもお解りいただけると思うのですが、どれだけ体表温度が37度あろうとも、自律神経が乱れた状態だと、一定の部位が冷えて癌になりますので、体表温度の高さだけで病気や癌にならないというのは、あまりにも安易な発想でしかありません。


結局、どれだけ体表温度が高くても、自律神経が乱れていては、血流の悪くなる部位が出てきますので、その部位は冷えて癌化するということです。


それが理由で、温熱療法や抗がん剤、インフルエンザでの高熱でも全く癌が縮小しない方も多くいらっしゃいます。


高熱だけで癌が死滅するなら、末期ガンの終焉ではほとんどの方が高熱で苦しまれているという事実に証明がつきませんよね。




では、どうすれば自律神経が正常に働いてくれるかというと・・・


『他律に頼らない』のが一番の方法です。(その他、精神状態はもちろん、血液や体液の電解質バランス等、複合的な要因が重なっての事ですが、長くなりますのでここでは触れないでおきますね)


暑い時に体から熱を放出して体温を下げたり、寒い時には体で熱を算出して体温を上げるのが『自律』なのに対して、エアコンなどにより、暑い時は周りの温度を下げて暑くない環境を作ったり、寒い時は周りの温度を上げて寒くない環境を作るのが『他律』です。


現代では、日中は職場で冷暖房完備、家に居る時も冷暖房完備・・・と、他律にまかせっきりの方が多く、自律神経が正常に機能していない方が余りにも多くいらっしゃいます。


簡単な実験ですぐに判るのですが、うちに来られる約8割の患者さんに、交感神経の過緊張がみられます。


特に、周りの誰もが汗もかいていないのに、一人だけ異常に暑がられる方や、みんなが心地よい涼しさを感じている時でも、一人だけ異常に寒がられる方は要注意ですよ!


また、『暑がりの寒がり』という方は、自律神経の働きが極めて低く、体温調節がうまくできていない証拠ですので、出来る限り冷暖房で他律するのではなくて、自律で調整できる体に戻していかなければ、熱中症や癌になる可能性が高くなりますよ。


逆に、体表温度が少々低くても、自律神経が正しく機能できている方は、異常時に対応した適切な体温に調整できますので、どうぞご安心くださいませm(__)m

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Akifumi Suzukiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。