2013-05-24 17:35:26

毛髪ミネラル検査についての記事をまとめました。

テーマ:毛髪検査
私が毛髪ミネラル検査を受けてから結果が届いて、自分自身で解説するまでの記事がバラバラに表示されてしまうので、わかりやすくなるようにこのページにまとめてみました。

$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査のレポート

毛髪検査を受けてみます

毛髪ミネラル検査の受け方

11年前の毛髪検査結果

毛髪検査レポート届きました!

毛髪検査のレポート公開します(その1)

毛髪検査のレポート公開します(その2)



毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-09 11:40:41

毛髪検査のレポート公開します(その2)

テーマ:毛髪検査
前回の続きです。私の体内にある有害ミネラルと、栄養素のミネラルについて毛髪のレポートから自分で分析してみます。
まず気になるのはやっぱり有害な毒素関係ですね。有害ミネラルとは健康に被害を生ずるおそれがあり、必須性がないとされているミネラルです。
ミネラルとは金属のことですので、ここでは毒素と言っても金属系の毒素のことです。

ブログタイトルはまだ考え中-有害ミネラル2013

結果はこのような数値でした。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb) 
Cd カドミウム/2.20~22.0/2.18以下
Hg 水銀/2,183~6,946/3,107
Pb 鉛/155~1,218/32.2
As 砒素/29.0~89.0/43.2
Be ベリリウム/0.10~0.74/0.24
Al アルミニウム/1,774~7,964/8,819

測定値というのが実際に検出された毒素の値です。基準範囲と比べて多いかどうか判断します。カドミウムや鉛は少なかったですが、水銀やヒ素はそこそこ検出されてしまいました。アルミニウムはかなり多く、基準値を超えてしまっています。

先日のブログで、ずばり結果に反映されている事があると書いたのですが、これがアルミのことです。
http://ameblo.jp/naturalweb/entry-11513874498.html


アルミが増えてしまった理由は自分でもわかっています。それは薬です。ふだん私は医薬品類はほとんど飲みませんが、胃酸過多により昨年の11月から今年の1月末まで処方された胃薬を飲んでいたのです。


実はこの胃薬にアルミニウムが含まれているのですね。私が検査に提出した毛髪は、今年の3月に3cmカットしたものです。つまり、だいたい昨年の12月から3月までの体内の状況を検査していることになります。

胃薬を飲んでいた時期にぴったり当てはまるわけです。
先日、公開済みの11年前の有害ミネラルと比べてみましょう。


元素名/2013年の数値/2002年の数値 (単位はppb)
Cd カドミウム/2.18以下/8.08
Hg 水銀/3,107/6,489
Pb 鉛/32.2/335
As 砒素/43.2/98.7
Be ベリリウム/0.24/2.5
Al アルミニウム/8,819/2,307


11年前は2,307ppbだったアルミが8,819ppbと極端に増えてしまっています。胃薬を飲まずに数ヶ月から1年後くらいにまた検査をして、アルミが減っていれば私は胃薬によってアルミが増加したということが確実となります。

私の場合は決められた期間の数ヶ月、胃薬を飲んだだけですが、胃薬を常用している方は、薬よりも根本的な食生活、生活習慣を見直しされた方が良さそうですね。



その他の有害ミネラルも見てみます。
水銀は6,489ppbから3,107ppbまでだいたい半減しています。カドミウムや鉛、砒素はこれらもかなり減りました。

減った理由はたくさん汗をかいて脂肪を燃焼するスポーツをしたこと、亜鉛などの必須ミネラルを積極的に摂取したこと、これらが主な理由でしょう。


有害ミネラルは脂肪に蓄積しやすいので、脂肪が燃焼することはデトックス(解毒)しやすくなります。また亜鉛やセレンなどのミネラルは水銀や砒素などと拮抗しますので、デトックスに役立ちます。他にキレート療法というデトックス法もあります。


長くなりそうなのでデトックスについてはまた改めて紹介しましょう。

他にベリリウムという見慣れない有害物が増えていますね。ベリリウムは平成11年に改正された「大気汚染防止法」で有害大気汚染物質に指定されています。私は都市部の屋外でスポーツを続けていますので大気汚染の影響でしょう。黄砂にも含まれるようですから、その影響かもしれません。


では次に必須ミネラルについて見てみましょう。結果はこのような数値でした。

ブログタイトルはまだ考え中-必須ミネラル2013


元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb) 
Naナトリウム/7,772~50,598/51,570
Kカリウム/6,768~40,440/25,910
Mgマグネシウム/19,476~80,186/144,400
Caカルシウム/206,983~718,840/1,147,000
Pリン/105,065~156,945/162,700
Seセレン/531~866/1,142
Iヨウ素/94.0~939/115
Crクロム/22.0~133/61.2
Moモリブデン/17.0~45.0/43.6
Mnマンガン/52.0~222/288
Fe鉄/4,563~8,271/9,648
Cu銅/10,383~36,989/12,100
Zn亜鉛/105,528~157,625/139,400


全体的にだいたい基準範囲内か、若干多めという結果となりました。
栄養素としてのミネラルはただ多ければ良いということではありません。

ミネラルは体内に蓄積するので、多すぎると過剰症の恐れもあるからです。

それと、毛髪検査で栄養素の必須ミネラルが多く検出されるということは、血液の中にある必須ミネラルが毛髪に吸収されて検出されているということなのです。

血液の中にミネラルが多いということは、本来は細胞内にあるはずのミネラルが血液中にでてきてしまっている場合もあります。この場合、実際にはミネラルが不足していることも考えられます。いずれにしても基準範囲内が望ましいということです。

私の場合、マグネシウムとカルシウムがやや多いです。
しかし、この2つのバランスが取れているので悪くはないのではないかと思います。
マグネシウムとカルシウムは最近よく言われますように、バランスが大事です。どちらかが多くて、どちらかが少ないのはよくありません。


もし栄養にはとにかくカルシウムと思っている方がいましたら、その認識は相当古いので改めてください。以前も書きましたが、カルシウムが過剰になると血管が詰まりやすくなりますし、その他にも大切な栄養素が多々あります。

http://ameblo.jp/naturalweb/entry-11499145593.html


セレンも多いですね。私の体がセレンを必要としているのだと思います。
有害ミネラルが多く出たということで、これらの排出にも必要なミネラルが血液中に出てきているのではないかと思います。そのためセレンは今後も積極的に摂取する必要がありそうです。


さて、次に必須ミネラルを11年前の私の結果と比べてみましょう。

元素名/2002年の数値/2013年の数値 (単位はppb)
Na ナトリウム/50,610/51,570
K カリウム/42,110/25,910
Mg マグネシウム/127,300/144,400
Ca カルシウム/729,700/1,147,000
P リン/163,900/162,700
Se セレン/437/1,142
I ヨウ素/17/115
Cr クロム/46.2/61.2
Mo モリブデン/27.0/43.6
Mn マンガン/122.2/288
Fe 鉄/5,680/9,648
Cu 銅/12,430/12,100
Zn 亜鉛/151,200/139,400

この数値では少々わかりにくいので、下記の11年前のグラフもご覧ください。

$ブログタイトルはまだ考え中-ミネラル

このときは基準範囲よりも少ない栄養ミネラルがありましたが、今回は基準範囲より少ない栄養ミネラルはなくなりました。また、マグネシウムとカルシウムのバランスはかなり改善されました。


本日はココまでとします。それでも随分と長くなってしまいました。最後まで読んで頂いた方にはお礼申し上げます。





毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-26 21:04:30

毛髪検査のレポート公開します(その1)

テーマ:毛髪検査
毛髪検査について書き始めてからだいぶ経ってしまいましたが、届いたレポートを公開します。
この毛髪検査は2013年3月に受けた結果です。

ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査のレポート

レポートの内容はこのようになっています。

・毛髪ミネラル検査表
 有害ミネラル/必須ミネラル/参考ミネラルの数値とグラフです。

・検査結果の概要
 検査表からポイントとなる項目を記載しています。
 ミネラル年齢といい、ミネラルバランスが何歳相当かを表記する項目もあります。
 実年齢がこのミネラル年齢より若ければよい状態ということです。
 (*ミネラル年齢は16歳以上が対象です)

・検査結果からのアドバイス
 蓄積した有害ミネラルとバランスの悪い必須ミネラルと症状についてです。

・栄養素アドバイス表
 結果から健康やデトックスに必要なミネラルやビタミンを記載しています。

・献立アドバイス表(1)
・献立アドバイス表(2)
 結果から考えられる具体的な食事をアドバイスしています。

・ミネラルガイド
 これは基本的なミネラルに関する知識が書かれた冊子です。38ページあります。

・検査結果表の見方(1)
・検査結果表の見方(2)
 レポートの見方を説明しています。


やはり一番気になるのは、有害物や栄養素の数値が載っている検査表ですね。
前回も写真を載せましたが今回は写真と記載されていた数値も書き出しました。

$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪検査レポート2013年

有害物や栄養素の数値は下記です。

有害ミネラル
健康に被害を生ずるおそれがあり、必須性がないとされているミネラルです。

 
元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb) 
Cdカドミウム/2.20~22.0/2.18以下
Hg水銀/2,183~6,946/3,107
Pb鉛/155~1,218/32.2
As砒素/29.0~89.0/43.2
Beベリリウム/0.10~0.74/0.24
Alアルミニウム/1,774~7,964/8,819


必須ミネラル
生体を構成する成分であり、生理作用にも重要な役割を果たすミネラルです。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb) 
Naナトリウム/7,772~50,598/51,570
Kカリウム/6,768~40,440/25,910
Mgマグネシウム/19,476~80,186/144,400
Caカルシウム/206,983~718,840/1,147,000
Pリン/105,065~156,945/162,700
Seセレン/531~866/1,142
Iヨウ素/94.0~939/115
Crクロム/22.0~133/61.2
Moモリブデン/17.0~45.0/43.6
Mnマンガン/52.0~222/288
Fe鉄/4,563~8,271/9,648
Cu銅/10,383~36,989/12,100
Zn亜鉛/105,528~157,625/139,400


参考ミネラル
今後、必須性が確認される可能性のあるミネラルです。研究のために測定しています。
元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
Vバナジウム/4.10~37.0/23.1
Coコバルト/2.00~13.0/4.34
Niニッケル/58.0~424/279
Geゲルマニウム/46.0~132/34.5
Liリチウム/0.32~8.40/3.01
Bホウ素/169~853/1,937
Br臭素/1,261~9,196/822


このような結果が出ております。
水銀とヒ素、ベリリウムが中程度で比較的多いです・・・。そしてアルミニウムはかなり多いです。有害ミネラルは全体的に多く出てしまいました・・・。


必須ミネラルは基準範囲内に収まっているものが多くまずまずかと思います。
とりあえず今日はここまでにします。

なかなか毛髪検査の話題が書き終わらなくて申し訳ないですが、細かい分析はまた後日に書きますね。






毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-18 19:34:43

毛髪検査レポート届きました!

テーマ:毛髪検査
毛髪検査レポート届きました!

$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪検査レポート2013年

と言いましても、実はしばらく前に届いております。こちらに書き込むまでにタイムラグがありますもので・・・。

私の毛髪検査の結果について一言で言えば、まあまあ悪くはない結果が出たと思います。

それにおもしろい点も発見しました。ずばり結果に反映されていることがあったのです。詳細はまた後日、改めて解説します。自分なりの分析にそれなりの時間がかかりますので、すみませんが、もう少々お待ちください。





毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-10 20:19:44

11年前の毛髪検査結果

テーマ:毛髪検査
先日受けました毛髪ミネラル検査の結果の前に、私が11年前に受けた毛髪ミネラル検査の結果を公開します。
今とはレポートの形式が若干異なりますが検査項目はそれほど変わりません。今では10万件以上の検査実績になったそうです。

私の11年前の毛髪ミネラル検査表
(必須ミネラル・参考ミネラル・有害ミネラルなど)
$ブログタイトルはまだ考え中-2002年毛髪検査結果

測定数値の単位はppbです。難しいと思う方でも、グラフで多いか少ないかを判断できますし、検査後にご相談頂ければご説明いたしますからご安心ください。


11年前の検査結果
栄養素の必須ミネラルのグラフ 
必須ミネラルは栄養になるミネラルの量です。グラフが短い栄養素は不足していますが、あまり多すぎるのもよくありません。(拡大は画像をクリック)
$ブログタイトルはまだ考え中-ミネラル


画像ではわかりにくいと思いますので具体的な数値は下記に表記します。測定値が私の毛髪から検出された栄養ミネラルや毒素です。参考範囲は、様々なデータから割り出した健康な人を示す目安となる値です(この範囲であれば必ずしも健康ということではありません)。

例えば、私の場合、一番下のセレニウム(セレン)ですが、参考範囲は900.00~5000.00ppbですが、私は437.00ppbでした。参考範囲の一番少ない値900.00ppbの約半分とかなり不足していました。

おそらく水銀が多かったからでしょう。セレニウムは水銀が多いと不足しやすくなるのです。

ちなみにセレニウムは活性酸素を除去する酵素に必要な栄養素で、ビタミンEやビタミンCの働きも助けます。

自分ではあまり書きたくないですが(^_^;)、セレニウムが不足すると皮膚の乾燥や心筋障害、ガンのリスク!などが高まります・・・・・・。活性酸素除去能力が低くなるので、老化、エイジングも進みやすくなるでしょう。但しセレニウムは摂り過ぎると害もあるので注意が必要な栄養素です。

他の栄養素も多ければいいというわけではなく、バランスが大事です。

毛髪検査結果 私の測定値
栄養素の必須ミネラル 
元素名 / 測定値(ppb) / 参考範囲(ppb)

(1)ナトリウム / 50610.00 / 30000.00~910000.00
(2)カリウム / 42110.00 / 6000.00~407000.00
(3)マグネシウム / 127300.00 / 12000.00~108000.00
(4)カルシウム / 729700.00 / 100000.00~1560000.000
(5)クロム / 46.25 / 110.00~420.00
(6)モリブデン / 27.05 / 150.00~230.00
(7)マンガン / 122.20 / 70.00~840.00
(8)鉄 /  5680.00 / 4000.00~47000.00
(9)銅 / 12430.00 / 6000.00~19000.00
(10)亜鉛 / 151200.00 / 76000.00~231000.00
(11)リン / 163900.00 / 126000.00~222000.00
(12)セレニウム / 437.00 / 900.00~5000.00




11年前の毒素は下記の通りです。水銀やヒ素が多いです。これは多くの人が似たような結果になるでしょう。今まで私も多くの方の結果を見てきましたが、まだこれでも少ない方です。

毛髪検査結果 私の測定値
毒素、有害ミネラル 
元素名 / 測定値(ppb) / 参考範囲(ppb)
(a)Be / ベリリウム / 2.50 / 100.00~5000.00
(b)Cd / カドミウム / 8.08 / 70.00~200.00
(c)Hg / 水銀 / 6489.00 / 2600.00~10800.00
(d)Al / アルミニウム / 2307.00 / 2000.00~31300.00
(e)Pb / 鉛 / 335.90 / 650.00~2050.00
(f)As / 砒素 / 98.70 / 70.00~160.00

毒素、有害ミネラルのグラフ 
有害ミネラルは毒素です。できるだけ少ないほうが良いです。これら有害ミネラルは脂肪に溜まりやすいですよ!
(拡大は画像をクリック)

$ブログタイトルはまだ考え中-有害ミネラル


その他にリチウム、バナジウム、コバルト、ニッケル、ホウ素、ゲルマニウム、臭素、ヨウ素が参考ミネラルとして測定されておりました。参考ミネラルはおそらく栄養としての働きが想定されるが研究途上のミネラルです。

現在の毛髪ミネラル検査では、研究が進んだためヨウ素は体に必要な栄養素として必須ミネラルになっているのですが、11年前はまだ参考ミネラルに属していたんですね。


それでは今年の結果が届きましたらまた公開いたします。




毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-03-28 15:32:33

毛髪ミネラル検査の受け方

テーマ:毛髪検査
昨日に引き続き毛髪ミネラル検査についてです。

毛髪ミネラル検査を受ける方にはまず検査キットをお届けします。私も検査キットを購入して今はレポート待ちなので、まずは毛髪ミネラル検査の受け方を説明します。

キットには毛髪を入れる袋と質問票、説明書(質問票の記入方法や毛髪の切り方)、返信用封筒が入っていますので、説明書に従って質問票に記入し毛髪を切って当店まで送って頂くだけです。

それからだいたい2週間ほどで検査結果やアドバイス等のレポートをお届けします。


毛髪を入れる袋と質問票、説明書
$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査の質問票

毛髪専用袋
$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪を入れる袋


袋の裏には毛髪を切る量の目安があるので、それを参考にして毛髪を切ります。
$ブログタイトルはまだ考え中


質問票に必要事項を記入して毛髪を切りました。毛髪は専用の袋に入れます。毛髪の量は0.1g必要です。長さはできれば3cm程度が望ましいです。

なぜ3センチかと言いますと、髪の毛は1ヶ月に約1センチ伸びますから、3センチだと約3ヶ月分の体内状況を平均して検査できるからです。もちろん長さは足りなくても量さえあれば検査は可能です。但し毛髪の量が足りないと検査できませんので、量は大目にお願いします。

$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査の毛髪

少々長い毛は切り揃えて3センチくらいにしました。

$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査の毛髪2

毛髪を袋に入れます。この時に毛髪をティッシュなどに包んだりせず、そのままこの袋に入れます。
$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査の毛髪4

あとはこの毛髪と質問票とを合わせて検査機関のら・べるびぃ予防医学研究所に提出して待つだけです(キットをご注文頂いた方には返送用封筒を用意しておりますのでそちらでご返送頂いております)。
$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪ミネラル検査の毛髪を入れる袋


レポートが届きましたらまたご報告します。


毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm


関連記事
毛髪検査を受けてみます






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-03-27 19:01:50

毛髪検査を受けてみます

テーマ:毛髪検査
毛髪ミネラル検査をご存知でしょうか。毛髪を切って送るだけで行える簡単な検査です。何のための検査かといいますと、体内にある栄養素と毒になる有害物質の量を調べるのです。


$ブログタイトルはまだ考え中-毛髪検査


検査をすると、栄養素と有害物の量が数値とグラフで現されたレポートや食生活や栄養改善のアドバイスなどがもらえます。このように自分の栄養状態や毒素の状態を知って、健康や美容に役立てることができるのです。

より健康を目指す人、健康に不安がある人、毒素排出・デトックスしたい人などにおすすめです。

赤ちゃんを生みたい人にはぜひ受けて頂きたいです。なぜなら、妊娠、出産時はお母さんの栄養がそのまま赤ちゃんに受け継がれます。お母さんの栄養バランスが良くなければ赤ちゃんの栄養バランスも良くないですし、お母さんの体内にある重金属は赤ちゃんに移行するからです。

もうだいぶ前になりますが、厚生労働省も「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」を発表して話題になりましたね。
「これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと」

残念ながら、毛髪ミネラル検査を受けて水銀が検出されない方はいません。体内の状態を知るとは今後の健康に役立つでしょう。

私も検査しますので、その過程や結果をまた報告いたします。

毛髪ミネラル検査について詳しくはこちら
毛髪ミネラル検査

携帯用ページでの説明はこちら
http://www.naturalweb.co.jp/i/mohatsukensa.htm


関連記事
毛髪検査の受け方











いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。