★☆☆ 今週のACIM ☆☆★   ACIM Weekly Thought

 

 

 

 

"Miracles should inspire gratitude, not awe. You should thank God for what you really are. the children of God are holy and the miracles honors that holiness, which can be hidden but never lots.." 
(T-1.I.31:1-3)

 

 

 


” 奇跡は、畏怖の念ではなく感謝の念を呼びさますべきものである。”

” あなたは自分の真の本性ゆえに、

 神に感謝すべきである。”

 
” 神の子供たちは神聖であり、
 奇跡は彼らの聖性を尊ぶ。”
 
” その聖性は隠されることはあっても、
 決して失われることはない。”




 



 

※ このテキストの原理31の解説は赤い本奇跡の原理』原理31.P213~にあります。

 

一部抜粋します。



 



これは、先ほど(原理30の解説で)イエスについて語っていたときに述べたのと同じポイントです。

 

私たちは彼に対して畏怖の念を感じるべきではない、ということです。

 

奇跡が運んでくる癒しと平安のゆえに、イエスに感謝すべきではありますが、私たちは奇跡について畏怖の念を感じるべきではありません。

 

なぜなら、奇跡はこの世界にのみ存在するものだからです。

 

奇跡の源である神に対しては畏怖の念を持つべきですが、

奇跡そのものに対してはそうではありません。

 

 

これは、「贖罪の原理」をもう一つ別な形で述べたものです。

 

自我は、キリストの聖性、つまり、本来の私たちの聖性は私たちの罪により失われてしまったと教えます。

 

罪が天国の実相を変えてしまい、私たちの神との関係も変えてしまい、

私たちを惨めな罪人し、神を執念深い、復讐する神としてしまった、

ということです。

 

このすべてが、実在するということになってしまいました。

 

けれども、実際に起こったことは、ただ私たちが眠りに落ち、

自分のベールで隠してしまったということだけです。

 

そして今や、夢が現実であり、真の現実である実相の方が夢だと信じています。

 

けれども、私たちについての真理、

つまり私たちは神聖であるという真理は、

自我によって隠されることは可能ですが、

一度も失われたことがありません。

 

奇跡が私たちに見せてくれることは、

悪のベールとはただ私たちの聖性に対する防衛にすぎないものであり、

助けと愛を求める呼びかけであるということです。

 

『奇跡講座』は、この世界の悪や闇という問題に対しても、

..................

 



※....このつづきは赤い本奇跡の原理』P213の最初から、お読みください。


 

 

★Junkoひとこと★

この解説の後半に怒りについての質問があって

私はめちゃくちゃ反応しながら、読んでいました。

 

そう、それは先週、仕事で怒りが爆発することがあって

(それは今回、はじめてのことではなかったので)

それから、しばらくの間、しばし、観察してみることにしました。

 

以前なら、何か嫌な気持ちが出てくると、速攻で赦しだ赦しだ

みたいな感じで、恐れている自分に耐えられなくなって

そういう心の段階で赦そうとするので、毎回、すぐそこで

実際、赦してなどいなくても、『赦した~』みたいに、気持ちよくなることがあって。

 

前はこうしたプロセスの初期段階で終わらせていることがほとんどでした。

 

実際、嫌な気持ちでいる心なんて、持ったままいられないので

ああ、やっぱり抑圧したり、隠して奥の方にしまってしまうんだな~って。

 

ここで重要なのは、この時

こういうことに気がつくだけでよくて

これに咎めがあってはならないということです。

 

私はこの咎めている自分を日常で見つけます。

 

自分の周りの人や誰かにそれらを見ていたります。

そして、それが他人を攻撃しているとは微塵にも思っていません。

 

そこに気づいていくだけでいいのが

自我はそこで掘り下げていこうとします。

 

だから、何度も何度も選び直すことが必要で

その練習を毎日しているんだなって思います。

 

赦していくまでの時間があって

以前は、完全に赦していない自分の状態に耐えられなくなって

そんな 自己流の赦しをいっぱいやっていました。

 

でも、今はそんな自分も笑えてくるし

 

そればかりか、この歩は、本当にゆっく~~~~りで

例え、三部作を読み切って、2回、3回、4回目に突入しても

関連本を全部、読みあさって(知的には満足できたとして)も、

 

やっぱりこれは、実践なんだなって、思います。

 

その実践も、常にプロセスの途中にあって

本当は私たちは、完全な存在なんだけど

肉体にいる間は、日頃は、不完全な状態でいる、自分自身に対して

何らかの罪を見ていて、そして世界にもたくさん見ていて

そういうことに耐えられないから、赦しだし

だからこそ!コースに辿り着いた訳ですが

あまりに根っこが深くて、どこまでも自我だったりするので

愕然とすることの方が多くて、たまならな~い悶々とした時間を過ごすことはあっても

ちゃんと、自分に心の準備ができた時には

これを聖霊のところにまで持っていくことができるって凄いことだなって。

 

だいぶ、忍耐がついてきたかのように思えます。

 

と言っても、だいぶ

普通に暮らせるようになってきて。

 

そこが凄いかな。

 

以前は、普通じゃなかったというか、

私はこの人生、世界から逃げ出したくて、コースを手にとって

そして、コースにはまり

 

でも、ああ~~~~~

間違ってた~~~~~~~~~~~~~~~~~

がいっぱいあって。

 

今は訂正できることが嬉しい。

 

訂正する前は全然、嬉しいどころか、怖くてたまらなかった。奇跡が!

イエスが!神が!

自分が、周りの人が、世界が怖くてたまらなかった。

 

これ、本音が書いてたら

まじで感謝の気持ちがやってきた。

 

原理31.

奇跡は畏怖の念ではなく感謝の念を呼びさますべきものである。

 

やべーーーーーーーーーーーーーーーーー(笑)

 

(最近、若い娘さんらと話すので言葉がうつる^^)

 

自分の内にある恐れをこうして

自覚するから、聖霊にまでもっていける!

 

シンプルに簡単に活字にするとこうなるけど

実際にシンプルなんだけど

そこに至るまでの理解は、その解釈はプロセスにしたがって

増幅していく。

 

見事なまでに自我の大魔王の罠にはまっていても(笑)

それは巧みで賢い思考体系で、

これまで自分が信じてきたことだったりして

正しくもあるように見えることがいっぱいだ。

 

だから、見分けがつかない。

 

無意識のレベルとは

自分がその声にそそのかされているとは思えないから

無意識なんだ。

 

でも、この意識は、常にこの二つの思考パターンにすぎない。

 

それを認識できるようになるまでの

心の取り組みがこの3冊の本。

 

たまんないっすね。(笑)

 

思考が見事に逆転するさまをこうして

実感することがあるだなんて。

 

それまでの私には、想像もつかない 大きな力 が 

ここにこうしてあるだなんて

赦されている自分でいいだなんて

 

どこまでも、どこまでも癒されていく だなんて。

 

神さま!

 

涙腺の防波堤が破壊して

蛇口をひねったみたいに、涙が止まらないよ。

 

今朝の、これを書いている最初の頃には

ああ、もうしばらく、がんばらなくっちゃ、赦すまで!って

自分に厳しく、自分に制限して、

コースの理論の通りを自分に言い聞かせてきたけども

 

な ああああああああんだ。

 

あれもこれもそれも全部、偽りで

全部、間違いであったことが

こんなにうれしいだなんて。

 

ほんの、五分前までの、さっきの嬉しい!とは比べものにならないくらい

嬉しいが放射線状に自分の胸の奥の方から

世界にひろがって

 

さっき、までのは、一体なんだったんだ!

 

と思う。

 

今年になって、はじめて、こんなに癒しを実感したよ。

 

まさかのドンデン返しさ。

 

いつも聖霊は、そうさ。

 

この私が思っているようなこと ではないことを

こうして教えてくれている。

 

コースの理論の解釈は、こうしたワプニック先生のお話(赤い本&青い本)や

翻訳の加藤さん、澤井さんらの解説

から、私はこの理解の仕方を学ぼうとするんだけど

 

実際に日常での実践は、兄弟と関わって

または、関わってなくて、兄弟を見ている自分についての反応

世界への投影をこうして

 

見ている自分の視点のずれに気がついて

この取り組みをする。

 

だから、

実際に人に関わってないと、駄目だって訳じゃないけど

直接に関わってなくても、世界を見ている時は既に関わっているから

そこから

 

真のつながり までのステップをコツコツやっているんだね。

 

私は友達や知り合いは、いろんなジャンルや業界に知人は

名前を忘れるほど、いるけど

実際に、本当にちゃんと関わっている人は少ない。

 

仕事でも毎回、新しい人がやってきて

勉強会でもレッスンでも毎回、どんどん、新しい人がやってきて

 

私は常に瞬間的な関わりの毎日だなって思って

以前はそれをそういう状態の自分を否定していました。

 

これは単なる仕事上の形態からのすりこみなんだけど。

 

こういう複雑で難解なことに取り組んでいる自分は気持ちいいし

かっこいいって思うのね(笑)

 

この世界、二元ではこうしたことをクリアして実績を残して

人々に社会に影響を与えることが最も賢いとか、最も優しい

愛に溢れているとか、言われていることね。

 

これがテンプテンション 誘惑 ね。

 

でも、こうしたことを日常で仕事でやっていつつ

コースのこの理論

 

対極は存在しない

愛のみが存在する

 

でいくと、複雑に絡まってたものがそうでなくなる。

 

そして、この理論は最初から、受け入れている訳じゃなく

学びが深くなっていけば、いくほど

受け入れていない自分に気がつく。

 

そして、少しずつ、自分が知覚できる(理解できる)範囲内でこれを受け入れていく。

 

だから、ちょっとずつなんだけど。

 

このちょっとずつが、まどろっこしいって思ったりもするだろうけど

このちょっとは、この世界のちょっとどころの話じゃないんだ。

 

この世界の100倍どころか、数字的な単位や物理的な単位で

表現されるような、サイズ感じゃないんだ。

 

あまりに壮大すぎるから、

自分が誰であって、他人は何なのかってことを

信に理解していないこころの状態の時には

これを知覚できない。

 

つまり、自分は自我だ、肉体だと思っている時には

自我の心を選択中のときには

これを理解できないようになっているから

 

そこで決断の主体

私は聖霊の思考を選択することができる!

『原因についてのコース』DVDの理論・解説が

これらを、教えてくれている。

 

しかも、こういう解釈でコースを理解している人は少ないとJACIMにあるし

実際に、100人以上の学習者と呼ばれるコースを学んでいる

世界中の人にあって、みて

あ、なんかちゃう~~~~~~~~~~~~~~

全然、ちゃう~~~~~~~~~~~~~~

があまりにもいっぱいでショックだった私は

ひたすら、三部作を引き続きやりながら、このDVDやJACIMの解説や

赤い本、青い本、白い本(赦しのカリキュラム)を

自分なりに学んでいった。

 

勉強会を開いても、そういう人には全く出会わなかった。

 

そればかりか、全く違うコースの理解の仕方の方が人気で

信じられていて、ぞっとするくらい、内容が水増しされていたり

歪曲されてきた。

 

ショックだった。

私が間違っているのか?

 

なので、JACIMに質問をした。

私の理解は間違っていませんか?

私のホームページにある内容は間違ってますか?

 

間違ってはいなかった。

 

でも、私はそこで自分の本当の間違いに気がついた!

 

私が間違っていることは、

こうしたことを目の当たりにして

ショックを受けいる、コースを学習するとよくある傾向や

そうした兄弟をそこに存在させていることだ。

 

すごいよな。

 

どこまでも自我は、やってくれるぜ。

 

でも、間違いにこうして気がつくことができるように

コースを直に学ぶことを教えてくれたのはワプニック先生の講話や動画

そして、中央アート出版の『奇跡講座』が発売されてから

なんだ。

 

そこから、5年6年経っても

まだ、こういう理解の仕方になれてないから

私は練習している。

 

 

あ、話が終わらなくなってきたから

この辺で~

\(^_^)/

 

 

 

Amen

 

 
from The FIP / FACIM  /  奇跡講座・日本語学習支援サイト JACIM 

邦訳: 【 奇跡講座テキスト編 】 第一章「奇跡の意味」
Ⅰ.奇跡の原理 31:1-3,   p38
※ ACIM(ア・コース・イン・ミラクルズ)とは、 FIP公認邦訳である
中央アート出版の『奇跡講座』のことを言います。

 

 

Amen

 

 

『奇跡講座』学習者向け情報 本

『奇跡講座』が面白くなるコミック『この宇宙は夢なんだ』発売中!

 

原因についてのコース』の第二弾!

『 思考の逆転 』 DVD講話ビデオ は、3月末に発売されます!

 

  

  

  

 

  次回の受付スケジュール  


-----------------------------------------------------★

 

 

コースには、もう一つの学び方がある!

 

コース入門と真の赦しの実践!
【 ウェブ学習コース 】 月生 受付中!  初心者大歓迎!

 

 

 

『奇跡講座』の勉強会についてアップ

 

現在、三ヶ月単位(カリキュラムに沿って)で開催しています。

もちろん単発(1日のみ)の参加もOKです!

 

初めてお会いする方は、5月7日(日)の【学ぶ会】から参加ください。

一度、【学ぶ会】に参加された方は、今後も開催される【第1回の勉強会】【第2回の勉強会】にそれぞれ、いつでも!参加出来ます。

※久しぶりの方はお問合せください。 

 

 

第1回

★ 3/19(日) 13時~【 奇跡講座の勉強会 】 豊島園 受付中!

 

 

第2回

★ 4/30(日)13時~【 奇跡講座の勉強会 】 豊島園 受付中!

 

 

次回の初回セミナーは

 5/7(日)13時~【 奇跡講座を学ぶ会 】 豊島園 受付中!

 

 

第1回

6/11(日) 13時~【 奇跡講座の勉強会 】 豊島園 受付中!

 


★ ACIM学習者は「奇跡講座を学び実践する へ 

★ 心と身体の癒しナチュラルヴォイス 

**********************************************************
【 問い合わせ先 】オフィス受付: メールと電話で受付中
ハーモニック内 / 電話:03-5947-4441呼出(月~金10-18時)
**********************************************************

  

奇跡講座 JACIM ア・コース・イン・ミラクルズ日本語学習支援サイト  JACIM別館

 

 

 

 

 

AD