2005-01-07 06:09:24

ピース

テーマ:Naturarismo!へ
ま、ちょっと前なのですが三日の日、まるでフツーの家族みたいに(ある意味普通ですが)伏見稲荷に初詣に行ったんですがこれが淀屋橋から通勤ラッシュの様に混んでいてお姉ちゃんなんてキモノ着てる人が多いんで余計にラッシュに拍車をかけてて息が詰まりそうでした。駅に着いたらまた歩くのも一方通行。何か鳥居だらけでビックリ!参道にはフリーマーケットの様に色んなガラクタを売っている店があり、結構楽しめた。境内はこれでもか!って位人が溢れてて怖いくらいだった。何だか順番を待ちながら賽銭を投げるのが待ち遠しくて思わずフライングしてしまい、娘の手前ちょっと恥ずかしくなってしまった。
何ていうのかな、あのだんだん小さくなっていく鳥居はホントもっとちいさくなっていって最後に体が蟻みたいになってしまう錯覚に陥ってしまう。
その後降りてきてM嬢と落ち合う。あ、今回そもそもの目的はM嬢がお手伝いでみたらし団子を売るというのでそれを家族揃って食べにきたのであったのだがM嬢から連絡があり「売り切れた」らしい。駅沿いの「キリン画廊」という場所にいるから来いという。訪ねていくとご主人の息子さんのダンさんという方にビールとおでんをご馳走になる。三十分ほどお邪魔して鈴ちゃんの行きたかったたこ焼きやさんに行く。もっと食べると言い出したので京阪に乗って河原町へ。以前行った事のある新京極のレトロな「スタンド」というお店へ。ここの手作りコロッケは凄い旨い。ホクホクしてる。もう喰えん。って位食べて飲んで\5200!阪急でぐっすり眠りましたとさ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-04 17:31:55

アケマシテオメデトヲ

テーマ:Naturarismo!へ
あけましておめでとう。今年も宜しくお願いします。今年は何しようかな?何か目標を持たんとどうやら僕は生きてけんらしい。ま、今年はもちょっとだけ人に優しくなろう!これホント。
 2日の日M嬢と一緒にピンク映画を見に行った。団鬼六原作、杉本彩主演の「花と蛇」「処女を襲う」の二本立てだったのですがまず客席に入るといきなりいわゆるヌキ屋のおばちゃん(失礼)がM嬢をギロリと睨む。多分自分のシマを荒らしに来たとでも思ったのかな?
 客席は約百席、おっちゃんらがパラパラと座っていてボクらは真ん中の通路の三列目に座りM嬢のお土産のイカ焼きを食べながら花と蛇を鑑賞した。かなりヘビーな話だったのだが映像は素晴らしく美しかった。杉本彩は演技も上手だったが何よりも背筋がピンと伸びていて素晴らしかった。何よりも悪者のドンの役をしていた(85歳ぐらいで半身付随の役)石橋蓮次氏のグロでホント気持ち悪い演技は大感動でした。見に行くのがなんであればビデオになってちょっと見てみて下さい。ホント「エロス」を感じる映画でした。
 続く「処女を襲う」は七十年代の終わりくらいから八十年代の頭の設定でオトコの人の着ているシャツがメチャ格好いい、しかしなんか設定がおかしい。主役のオトコの人はちょっと見小林薫風(年末捕まったカレではナイ)そして何故か右翼がバンバン出てくる。話の流れでカレは全共闘の戦士であって以前機動隊に頭を殴られてからちょっとキレやすくなったみたい。カレはスゲエ本を沢山持っていて「吉本隆明」が本棚にずらっと並んでいた。何か普通におかしいやん。またその本棚の大写しの前で繰り返される性交、性交、性交。何じゃコリャっていうくらい繰り返される。ま、ピンクやからしょうがないか。まあ、他にも凄いシーンの波状攻撃。そのカレの田舎はある寂れた漁港で、魚屋さんの頭のヨワい女の子が(何故そうなったかというと小さな時に汚染された魚を食べたから(笑)なのだそうです。しかしまあここまでという位悲しい人生で、その子は町の悪ガキに犯されてしまうのです。彼女はその後の台詞が殆ど「なー気持ちいいことしてケレや」だけになってしまうのでした。その後お父さんにも関係を迫り、哀れお父さんは娘
をハラの上に乗せたまま息絶えてしまうのでした。切ない。寺山作品を見てるように切ない。微妙なハッピーエンドを迎えてエンドロール。なんと助監督は周防さん(シャルウイーダンスのね)監督は高橋伴明。変な間の映画と思ったらやはり変なスタッフだった。 と、映画は面白かったがヌキ屋のおばちゃんとかウロウロしてたり時折シャカシャカと聞こえる「アノ」音がちょっと慣れるまで時間がかかった。大昔大毎地下で見た「エマニュエル」二本立てのその日を鮮明に思い出した。あれから二十年以上経つのか。はー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-30 19:59:20

今年も色々

テーマ:Naturarismo!へ
今日が一応の今年の仕事納め。ナチュラリーに関わってくれた人たち、本当に心からありがとう。今日はボチボチと掃除とか片付けしながらボーッと開けてようと思います。今年も色々あったがとっても良い年だったと思います。本当にこの仕事をしてから感じることですが、みんなボクの周りの人はボクのことを本当に気遣ってくれました。色々してくれてるのにナーンにもお返しが出来なかった。来年こそはボクの力で皆にお返し?が出来るようにしたいと強く感じます。来年もナチュラリーをよろしく。2004.12.30.今日も遅刻。ミタキユウイチロヲ 今年最大の ピース!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-26 06:43:00

かわいいやつ

テーマ:Naturarismo!へ
ボクは阪神の武庫川近辺に住んでいます。武庫川駅の周辺にはホント小さな商店街があり、この金曜なんかはお家のクリスマスツリーみたいな装飾灯がピカピカ光ってる感じなちょっとサビレたボクの幼少時代から存在する商店街なのですが、その丁度入り口辺りにお婆ちゃんのいるリサイクルショップがあってそこには電化製品からおむつカバーまで売っているのですが、いつも表にボロい玩具とかなんかがあって娘と歩いていると立ち止まってちょっと時間が過ぎるって感じなのです。金曜トドムンドのパテシエ青美ちゃんが鈴ちゃんのお誕生日とクリスマスのケーキを作ってくれてトドムンドでお祝いをして貰えるというのでいそいそと鈴ちゃんと出かけたところその店を通り過ぎそうになったとき「パパ何これ?」と鈴ちゃんに聞かれまた玩具やろうと思いながら振り向いたそのとき今日の主役?とてもキュートなそいつと目が合ったのでした。赤の背中に白いボディー、銀に輝く反射鏡、熱線は一本しかないけれどコンパクトで足がかわいい電気ストーブと。
さすがにパワーは無さそうなのだがそこは小さなナチュラリー。何とかなるでしょって事でお婆ちゃんに「コレって点く?」って訊くと「テストするわテスト」と言いながらコンセントに突っ込んで「ああお兄ちゃん点くで」って(笑)「んじゃ頂戴」って言ったら何もこっちは言わないのに「千五百円って書いたるけど千円でええよ」といきなり太っ腹の三十パーオフ!(苦笑)ま、ボクの育った街はこんなかんじやな。
可哀想に鈴ちゃんは玩具をずっと見つめていたがとうとうゲット出来ず。その理由はソフビ人形の至る所に「歯形」が付いていたからでした。あしからず。
 さて、彼の性能ですが、暑いぐらいに強力でした。裏を見ると1966とマジックで書かれてあったのでボクと同じ年と推測されます。
オトコ、クルマ、電化製品は年がたつほどパワフルになってゆくと感じた今日この頃でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-24 07:18:12

サンタ

テーマ:Naturarismo!へ
今日は十二月二十四日クリスマスイブです。みんなデートとかディナーとかするんちゃう?ボクはといえば鈴ちゃんのクリスマスアーンドバースデイイベントでお仕事。でも楽しい夜になることでしょう。
 みんなも今日はサンタになりに来てね。鈴ちゃんもいるし!途中でトドムンドで素晴らしいパテシエのA嬢の作ってくれたケーキも頂けるし。
 後、自分にとってすごく嬉しい事をひとつ。ボクが出演した(本当にいい役で)映画「雨池十八丁目の淵の中」という映画がなんと入選したらしく(申し訳ないが何の賞かわからないのですが)、二月に(これも日付未定バレンタイン頃)何とHEP NAVIOにて上映されることが決まったそうです。詳しいことが判ったならまた一報入れたいと思います。
 色んな事が上向きになってきて力が溢れてきました。きっとホントにサンタはいるんだなと思った今日でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-20 13:19:00

家族サーヴィス?

テーマ:Naturarismo!へ
 昨日は鈴ちゃんのお誕生日だったのですが、買い物に出かけました。西宮の甲子園にある「ららぽーと」というショッピングセンターにです。家からクルマで五分ってことでのんびり走ってたら渋滞。日曜日に出来たばっかりのこんなとこに行っちゃ混んでるのもしょうがないか、今日は年に一度だけの良いパパの日なので我慢、キれちゃダメ。 中に入ると人、ひと、ヒト。みんなする事ナインかな~?ってオレ達もか。目的はHMVだったのだが、まあ、ショウがないっちゅーたらそうなんやけど入ったとたんからずーっと「クワタケイスケ」が店内音楽やし、一番宣伝コーナーは「マツケンサンバ」やし(ま、結構鈴ちゃんと二人でダンスをマスターしたんやけど)商品は薄っぺらいしなんか町のレコードやさんの方がマシ、ってカンジやね。ホンマに求めてる人をバカにするな! イトウヨーカドーと並んでて「アンコウの解体ショー」みたいなことやってたので「スキヤキ」のはずが鮟鱇鍋に変身。アンキモたっぷりフォアグラみたい。すっかりご機嫌、ちょっと前に買ったスパークリングワインなんか開けちゃって久々に12:00には寝ちゃった。 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-19 00:24:38

ハッピィバースデイ

テーマ:Naturarismo!へ
娘の鈴ちゃんが今日四つになった。後二年たったらなんと小学生。いつまで一緒にいてくれるやら。
しかしまあネガティブになるわけでは無いがこれから先彼女には色んな嫌なことが待ち受けてるんだろうな。いいことばっかりで彼女には行って欲しいのではあるが、そう旨いことイカンのだろうな。ポジティブに考えよう。それをフワフワとかわしながらヤっていく彼女の姿をイメージつづけるのが僕の役目かもしれないな、というかソレぐらいしか出来ない僕も僕だけど。
ということで本日十九日は鈴ちゃんの誕生パーティーのためナチュラリーはお休みです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-17 21:23:50

感じて

テーマ:Naturarismo!へ
あんましお金がないんやけど今日DVD三枚も買っちゃった。DAVID BOWIEのA REALITY TOWR(三十曲入り!) とNEIL YOUNGのGREENDALEとカエターノ・ガル・ジル・ベターニャのOutros(doces)BarbarosのドキュメントプラスLIVEなのだがこれが実にいい。リハの最中に曲をみんなで書いたりカエターノがマリア・ベターニャに「よっ!久ぶりっ!」って感じに笑ってたり。スタジオの中でジルベルト・ジルがギターを弾いてて横でカエターノが踊ってたり。いいな、音楽!ガルコスタはガンガンに歌うし。ホンマいいな、音楽!これでお客さんたくさんきたらもっといいな!今の時間にこれしてるっちゅうのはホンマに暇やねん。しかし楽しい!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-16 12:05:46

カーネーション21周年ライヴそして素晴らしきハーフムーンVol2

テーマ:Naturarismo!へ
 その後南へ南へと我々は歩いていった。16:45とうとう九段下の交差点に到着。見える見える武道館が、そして右手には靖国神社の大鳥居が、目の前にはあの九段会館が。
開園が17:30なのでとりあえず晩飯ということで焼き鳥屋さんに入る。焼き鳥は炭火でじっくりって感じだったので残念ながら辞退する。手っ取り早そうなものばかり頼む。少し寂しかったがしょうがない。何か今日押しそうにないねんもん。
 詰め込むだけ詰め込んで時間を見ると17:27金払って無銭飲食のように走る走る。中に入って周りを見渡すと昭和、それも僕の子供の頃に「東映まんがまつり」を見に行った映画館のような匂い。そして立ち上がっても自動的にあがらないふかふかなシート。極めつけは会場内のデコレーションの美しさで思わず「ここで演りたい!!!」なんてへんな夢を見てしまいました。
 17:40開演のブザー(!)が鳴り、ゆっくりと手を振りながら直枝氏が登場。続いて矢部、太田氏がゆっくりと現れWoo Baby(だったっけ?)が始まる。その後三曲ぶっ続けで一人目のゲスト北原雅彦氏(Tb・東京スカパラダイスオーケストラ)が登場、大盛り上がりになる。もう一曲センチメンタル(だったっけ?頭が跳んでて忘れた)で体は揺れ揺れ頭はユルユル。
 次にゴング・ショウのイントロが始まりユルユルだった頭は宇宙の果てに向けてトンガる。間奏中直枝はカッティングしているのになぜか激しいギターソロが聴こえる。ふと、上手を見ると「ギター番長」白井良明氏の姿が!!絡む絡む。ぐいぐい押していくギター、これや!! 続くは何と「トンピクレンッ子」もうあかん、体はタテにピョーンと全力で跳ねるし意識は右往左往、トリップしてしまいました。その後一曲挟んで鈴木博文氏の登場。久々に見たフーちゃん、何か死にそう(笑)な感じ。そして緩やかなイントロ。もしかしたら?「ボクハナク」1コーラス目はフーちゃんが歌い、2コーラス目は直枝氏が歌う。何かドントトラストオーバーティーのツアーの時の直枝氏の姿が浮かんで涙がボロっとドロっと出た。 そして次は何かファンキーなイントロでとうとう登場。我等が鈴木慶一氏らしき人が骸骨の覆面をして変な踊りで登場!!やってくれる、見せてくれる。 パッと覆面を取りいきなり唄い始める!「昨日の夜、トーストを食べて~」ドンットラストエンィワンオーヴァーサーティーだー!!!ヤメテクレ!狂う!!もうダメー、イっちゃう!!
 もう足がくがく腰がくがくってとこで休憩。タバコを吸って落ち着く。尿意に気が付くつかの間のクールダウン。
 次は宮川弾トリオの演奏、汗をかいた後の弦って本当に気持ちいい。そして第三部の始まり。大野由美子さん(Key・バッファロードーター)中森泰弘氏(Gu・ハックルヴィル)を迎えグイっと進行していく。End Of Summer 本当にいい曲だな。そしてラストはAngel Angel繋がり・・・
 アンコール一曲目Lovers&Sisters は宮川弾トリオをバックに。そして再び大野さんを迎えEdo River 前回の来阪の時二日目に行けなくって逃してたのでとっても嬉しかった。一番ラストはゲスト全員プラスライヴを観に来ていた青山陽一氏、鈴木祥子さんも入り乱れての「夜の煙突」長い長い夜の煙突。皆凄い笑ってる。直枝氏の苦い顔も笑ってる。ボクもなんかヘラヘラ笑ってた。
 最後に、ボクがカーネーションをちゃんと見たのは1987年の十三ファンダンゴ柿落としの鈴木博文氏のライヴにてだった。サカキバラくんとボボと行ったのだがそのころ僕らは三人とも黒のセルフレームを掛けていてムーちゃんに「自分ら兄弟みたいヤなー」って言われたのを思い出す。それから17年なんだか本当に年を取ったな、って思う。
 ライヴ終了後、最終の新幹線に乗らないといけなかったのでダッシュでタクシーに乗ってアンケートすら書けなかったのですが、直枝さん、太田さん、矢部さん、本当に何かの節目となるライヴが良すぎるといっても過言ではないほど素晴らしいもので良かったです。これからもPopでRock'nRollな名曲を創りつづけてください。直枝さんの自腹で作った詩集は本当に宝物になると思います。ありがとうカーネーション!そして勝手につけたが半月光下騎士団ハーフムーンの皆さんありがとう!!!
 帰りの新幹線で「Ah 東京から少し離れたとこに住みはじめて ごめんごめんごめん」のフレーズが頭の中で回り続けて涙が止まらなかった。 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-13 10:13:24

カーネーション二十一周年記念ライヴ そして素晴らしきハーフムーン!Vol1

テーマ:Naturarismo!へ
行きました行きました!!12・11の夜行バスに揺られて12日の朝6時半に新宿着。無性に酒が飲みたくなったがしかしバーなんてどこも開いてない状態。微妙にお腹もすいてきたのでファーストキッチンにてモーニング。コーヒー不味すぎ!!別に期待してなかったけど。 
都会の日曜の朝ってなーんにもない。天気も悪い。誰のせいでもないけどご機嫌も斜めを通り過ぎてどんどん悪くなっていく。PSPの発売日だったこともあって街にはそれ系の人がいっぱい。東京は寒い、風呂に入りたい。コンビニでスーパー銭湯のあるばしょを探す。お台場と後楽園に発見。どっちも一人3000円ぐらいなので九段下までのアクセスを考えて後楽園に決定。スパラクーン?か何かだった。しかし11時オープンってことで金も無いので山手線で過ごすことに決定。その後僕も嫁も爆睡、山手線に揺られること一周半の旅。池袋で降りる。今度こそと思いながらコーヒーを求めて彷徨う。あったあったボローいスタンド。本当にうまかった。 ちょっといい気分になってトイレの個室へ、いっぱいおっさんが並んでたのでパスしよう、と思って個室を見ると上のほうに髪の毛がジーッとしてる。するとそいつがズルッって感じで動いた。ズラやったんやね、きっと。 東京メトロに乗って後楽園に着く。「お風呂」さんざん入る、ひたすら入る。ビールを飲む、ひたすら飲む。そしてリラックスルームへ。仮眠する、ひたすら眠る。はっと起きたらもう15:45。ライヴのスタートは17:30の予定。現実が来る、九段下までは距離を考えても30分あれば歩ける。雨も止んでる。「歩く」に決定して南に向かう。歩く、歩く。九段会館は目の前だ。行け!ミタキ夫妻、歩け!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。