2006-05-14 22:51:06

聾唖の壁

テーマ:Naturarismo!へ

最近ずっと過去からの詩を引っ張り出して書いているのには理由が何個かあって一つは6月13日のFANDANGOの選曲を兼ねてちゃんとなにも見ずに詩を思い出せるのか?という課題。
次に今回メガネも外し両手ばなしで歌う曲もあるのだがそれをすることで自分がどこまで自分の中の「それ」を引き出すことが出きるか?という意味で何かをまとめていこう、と(偉そうなことをいうとね)思いこういうことをパブリックな場所でやっておるわけです。
後、自分で思うまだ「まとも」と思われる詩を書き出して今年で25年。一回確認せねば、と思ってちょっとした「詩集」な気分。
パンクとかニューウエイヴとかほざいてた頃、ふと聴きたいものは聴かせてもらえず、見たいものは目をふさがれ言いたい事を言わせてもらえないってことに気付き、ペンを走らせた。


聾唖の壁


忘れ去られた 盲目の声は 寂しそうに 笑ってる


やけに古いフォトグラフは 机の上で 逆立つよ


アメがフル ルルル アメがフル ルルル



不意に襲う 聾唖の心 打ち震えて 叫べない


やけに熱い ドライフラワー 頭の中で 廻りだす


雨が降る ルルル 雨が降る ルルル



短いな、これ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ミタキユウイチロヲさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。