今日は久しぶりに

越谷市の久伊豆神社までお散歩。


創建は平安時代という歴史のある神社です。




ここの長い参道を歩いていると、
異次元に行く錯覚を起こします。



神社は参道は産道
本殿は子宮に例えられていると

だからお宮って言うらしい。
言われています。





紫陽花が綺麗です。






切り株の中で新芽が育っているのを見て、生命力を感じました。



そして本殿に着いたら、

台風の影響で風が強かったのに、

突然やんだ?

いや、木の擦れる音はするので
そんなことはない。


だけど風を感じないの。

これが子宮に守られているのかしら?と思いました。

ただ私にとって神社は畏敬の念を感じる場所。

安心感に浸るよりは
「ひきしまる、シャキンとする」っていう表現が近いかな。

だから好きでいろいろな神社に行きます。

どちらかというとお寺にいる方が私は安心感は得られます。



両方とも大好きです。

Yadori 石井利枝

AD

飲み物を守る強い味方

テーマ:
これなんだ~






答えは

これに、




こう乗せる




最近お気に入りの鳥さん屋根



お茶が大好きでよく飲むのだけど、

縫製をしていると埃が入っちゃうの。


なので作業のお供に蓋は必需品。



サーモマグや水筒にすればいい

と言うのはごもっともなのだけど、

私はマグカップが好きなの。




もう一つは大きすぎて

蓋が見つからないので

(マグカップというよりスープカップ)





こうなった!




お皿を乗せてる。

これで
埃から守り、

安心して飲めるのです。


めでたし、めでたし



Yadori

石井利枝


AD

選ばれた魂

テーマ:

以前スピリチュアルカウンセラーの方から、


「あなたは若くして世界を見てきた選ばれた魂だ」と言われたことがある。


その時は「そんな、そんな」と謙遜していた。

今思えば
地球一周した経験に対して選ばれていると言ってくれていたので素直に受ければ良かったのだけど。



私の周囲には

本当に辛い体験をして
乗り越えて
他の人のために私事として生きている人が何人もいる

その人たちを見て

「強い魂だからこそ、
辛い試練を与えられた選ばれた魂なのだ」って実は以前から感じていた。

自分の使命を生きるために
辛い経験が与えられたのだと
身近で見て思っていたから。


選ばれた魂だなんて滅相もありません!って思っていた。



だけど
私の元にも
その人たちに匹敵するくらいの
辛い出来事がしっかりやってきました!!


パチパチパチ

こんなこと求めていませんよ~!
ってのたうちまわっていたけど、



お陰様で「自分が選ばれた魂」だとはっきり自覚できましたよ(`へ´*)ノ


起きてしまった以上

私は与えられた人生を生きるしかない

まさかこんなことが待っていようとはね。



「絶対に大きくなる」
「こんな社会は変えて見せる」

この経験を決して無駄にはしないから。


しかも
その辛い出来事が起きた後に
家族以外であったのは



そう感じさせていた「辛い経験を乗り越えてきた」二人だった。


私が望んだ訳ではなく

以前から約束していたから。


神様は「辛い経験を昇華させて生きよ」
と私に言っているのだと思う。



初めから自覚していても

ここまでくる道のりは楽ではなかった。

傷は癒えるどころか、
もっと本質的なところと向き合うのは

これからだと感じている。


でも
私の苦悩が深ければ深いほど

きっと輝きをますだろう。

救える人だっているだろう。

私はこれを糧にもっと大きくなれる


そう思うのだ。


石井利枝













AD