natural design ukaのブログ

ukAのすべてを赤裸々に♥ お得な情報など盛りだくさん♪


テーマ:

みなさまいかがお過ごしですか? ukAのRainbowです;)

今回は新作カディーコレクションの裏話ブログを制作に携わっていただいたNatsumi-Yaさんにリアルに書いていただきました♪ 

 

下矢印

 

 

ukAファンの皆様、暑中お見舞い申し上げます。

 

暑くて蒸し蒸しの日本の夏にぴったりなお洋服、ukA Original Khadiコレクションが

遂にWebに登場しましたよ〜〜!!

 

 

 

 

今回、初の試みとなった、ukA earthのカディコレクション。

 

大変大変苦労して仕上がったこちらのお洋服達。

 

制作の苦労話を、ukAのバイヤーでもあるNatsumi-yaが、大告白しちゃいます!

 

 

 

 

こちらのコレクション、元々の言い出しっぺは、私。

 

去年インドでの買い付けを4年目に控え、ついつい軽〜い気持ちで、

「インドカディでオリジナル服作りましょう。」と提案しちゃったのが、運の尽き。

 

 

以前からukAは、色々なブランドさんからインドカディのお洋服を仕入れていたので、

オーナーであるRainbowさん、 jigtagさんともカディ生地が大好き。

 

primitive traibal craftのカディワンピ

http://u-k-a.ocnk.net/product/2985

 
とか、
 

 

Trishulのベスト

http://u-k-a.ocnk.net/product/2451

 

とか、、、

 

 

 

で、「じゃ、やりましょう!」と、3人とも大乗り気に!

 

そして、去年末より制作に入りました〜〜。

 

 

 

今までのukAのコレクション制作とは、過程がまったく異なる事になった、

今回のコレクション。

 

デザインは、ukAさんが提案。

そして、バイヤーである私が忠実にそちらを形にしていく、と言う事で、

まずは、生地探しからスタート。

 

 

 

 

どうです?結構なカオス状態でしょ??

 

狭い小道の両脇に何百軒と言う生地問屋が軒を連ねる、

インドの首都デリー有数の生地マーケット。

 

まず、カディを販売している問屋を捜し出すだけで、げっそりww

 

 

 

 

ようやく問屋さんを見つけ出し、

まずはサンプル製作用に、大量にあるデザインの中から、

ukAっぽいかな、と思った4種類のカディ生地を購入しました。

 

ただ、これらはあくまでサンプル制作用。

 

20種類くらいの生地をサンプルとして日本に発送し、

ukAの方でデザインに合わせて、選んでもらう事に。

 

何と言っても、カディは手紡ぎ手織りと言う事で、

色や風合いが本当に微妙なので、生地選びは実際目で見て触れて、

と言う行程が、とても大切なんですね。

 

 

では、ここでインド伝統のカディ生地について、説明しちゃいます。

 

 

 

 

 

 

カディ【khadi】とは

 

イギリスが植民地支配をしていた時代に生まれた、

インドの手紡ぎの糸を手織りした布のこと。カディコットンとも呼ばれる。

イギリスの機械織り綿布に対する抵抗手段として、

マハトマガンジーが、インド各地を歩き、

手織り布によってインド人の自立を促したことで普及したと言われており、

別名”The fabric of Freedom”とも呼ばれインドの人々に愛され親しまれている。

 

 

 

 

お馴染みのガンジーのチャルカ(糸車)を使ったコットン糸紡ぎの姿。

 

世界史好きの方には知られていますが、

 

インド独立運動の際、ガンジーは自ら糸を紡ぎ、布を織り、着用する事で、

当時英国に摂取されていたインド人達に、自産自消を啓蒙しました。

 

 

 

このチャルカ(糸車)は建国当時、インド国旗の中心のマークとなりました。

 

 

こちらが、現在のインド国旗。チャルカがシンボル型になってますね。

 

ちなみに、正式なインド国旗にはカディコットン生地が使用されているんですよ!

 

 

さてさて、とてもドラマチックな歴史背景がある、カディ生地。

 

ストーリー性だけではなく、着心地の良さや風合いも愛される理由です。

 

 

 

 

手紡ぎされた糸を、織って行きます。

こちらは、機織り機を操る、インドの職人さん。

 

機械紡績の糸で織られた生地とは違い、均一ではないため、

手紡ぎならではの温かみを感じられる生地です。

全てが手作業になるので、生産には数ヶ月という長い歳月がかかります。

 

なので、お値段も決して安くはありません。

 

 

 

 

 

糸を作るところから手作業になるので、

糸よりや織りムラなど、不均一な風合いはカディ独特の特徴です。

 

私自身がヘンプで糸紡ぎをする身なので、良〜く解るんですが、

所詮人間の手作業ですので、機械で紡がれた糸と違い、どうしても均等には行かないんですね。

 

だから、機織りの際にも、写真の様に「織りむら」が出てしまうんです。

 

 

しかし、確かにそれが「特徴」であり、「味になる」んですが、

さすがに日本で販売ともなると、

それを生地のダメージと感じてしまうお客さまもいらっしゃるわけで、、、

 

 

なるべく、織りむらのない生地探しと言うのも、苦労のポイントでした。

あと、検品にもかなり手間がかかりました。

何品から織りむらが激し過ぎて、アウトレットになってしまったり、、、泣

 

なので、もし今回のカディ製品をお買い上げ頂く方々、

その辺りは、どうか考慮して頂きたく思います。m(_ _ )m

 

 

 

 

でもね、でもね、カディって本当に美しい生地なんです♡

 

薄く透ける生地に浮かぶ淡い光沢。そして、ざっくりとした質感。

 

その糸は不均一なために、風を通し、汗をすばやく吸収します。

 

さらに軽くて丈夫で、何より柔らかな風合いがたまらない♡

 

 

私も個人的にカディ製のお洋服を愛用していますが、

本当にさらっとして、涼しくて、汗をかいても気にならないんですよ。

何より、速乾性がすごい!!日射しの下なら、お洗濯物も30分で乾いちゃう。

 

本当に、夏にぴったりな素材なんです!

 

 

↓今回織りむら等の為に諦めたカディ生地達。可愛かったんだけどね(´_`。)

 

 

さてさて、デリーで買い付けた生地を工場がある街まで運び、

サンプル制作、開始〜〜!

 

これが、また困難を極めた(x_x;)

 

一番苦労したのが、こちら↓

 

 

Original Khadi tops

http://u-k-a.ocnk.net/product/3520

 

こちら、ukAからのオリジナルサンプルが、オープンバックだったんですね。

 

「そちらを普通のバックスタイルに」と言う事だったんですが、

それって、要するにデザインそのものがまったく違う物になるってことで、、、

それに、ただ背中部分を閉じただけじゃ、普通過ぎて、可愛くないなぁ、と。

 

テーラーさん+日本のスタッフとすったもんだと話し合いを続けながら

結果的に、サンプルだけでも4着も制作!!!

 

そして完成したのが、こちらのトップスで〜す音譜

 

 

 

後ろ姿も可愛いでしょ??

 

背中の紐で結ぶ部分は、インドのサリーの下に着けるチョリをイメージしてみました。

 

ワンサイズなので、色んなサイズの方にもフィットする様に、

ウエストに紐を付け、調節可能にしました。

 

しかも、こちら、脱着しやすい様に、脇にジッパーも付けましたよ。

 

 

こちらのトップスは、Original Khadi skirt

http://u-k-a.ocnk.net/product/3518

 

とセットアップで着用出来ちゃんです♡

 

このコーデの写真見た時に、震える程感動した!!ww

なんて、可愛いんだ〜〜!!

 

あ、ちなみにこちらのカラーのSKは、完売しちゃった模様です。残念。

 

でも、でも、、

 

 

 

Grey checkered

 

Original Khadi Braともセットアップ可能♡

 

モデルのまりチャン、お似合いですね〜。森の妖精の様だわん。

 

 

 

 

 

Off-White×Ogange

 

 

こちらの2色は、トップス、スカート、ブラともにまだ在庫ありますので、御心配なく〜〜♪

 

 

 

MANU net topsのコーデも、お薦め☆

http://u-k-a.ocnk.net/product/3515

 

可愛いなぁぁぁ。女神度、高し!!

 

こちらのスカートは、

腰回りはぴったりとフィットしつつ、少しボリュームが出る様に、

裾部分のカッティングにこだわりました。

 

カディ生地をたっぷり贅沢に使用した、巻きスカートです。

 

とても綺麗なAラインのシルエットに仕上がっています。

 

 

 

 

 

Original Khadi Bra

 

http://u-k-a.ocnk.net/product/3519

 

ボヘミアンなコーデにお薦め〜〜!!

 

 

 

 

 

 

こちら、パット付きなので、ブラ無しで着用出来ます!!

 

内側にパット用のポケットが付いているので、

お洗濯の際はパットを取り出す事が出来ます。

 

 

 

6カラーもあるんで、絶対お気に入りの色が見つかる筈。

どのパターンも、素敵ですよ〜〜!

 

 

 

そして、カディ生地の美しさ爆発アイテム!!

Original Khadi one-piece

http://u-k-a.ocnk.net/product/3516

 

 

シンプルな中に、ディテールが光るロング丈のワンピース。

 

マキシ丈だけど、カディのお陰で、とっても涼しく、快適に着こなせちゃう!

 

こちらもパット付きなので、ノーブラでもOK!!

 

薄手のカディ生地なので、ライナーも付けました。透けなくて、安心(^O^)

 

 

 

 

何回もデリーの生地問屋〜某所にある工場を往復し(往復で16時間のバス旅!)、

 

何回もサンプルを作り直し、

 

例の如く何回もインド人のいい加減さにぶち切れ、

 

日本と連絡を取り合わなければいけないのに、何回もインドのネット環境の悪さに泣かされ、

 

いやいや、苦労が多かった今回のコレクションですが、

 

こうやって、無事に美しい写真とともにウェブ上に掲載されると、

バイヤーの私としても、喜びもひとしおでありますヾ(@°▽°@)ノ

 

 

だから、だから、

 

どうかOriginal Khadi collection、

よろしくお願いしま〜〜すm(_ _ )m

http://u-k-a.ocnk.net/product-group/163

 

 

Natsumi-Ya

 

 

いろいろ大変ですね~~~~。。。インドってのがさらに大変。。。

今回はサンプルも未完成品も多くて、イメージだけ伝えて丸投げ状態でNasumi-Yaさんにパス¡!

 

綺麗に仕上がりましたね~~~♪

 

Natsumi-Yaさんのインド滞在期間の関係で、

商品日本到着後の検品ではインドっぽさがおまんさい状態www 

カディーなんで生地の性質もあり糸くずもどうしてもつきやすかったり。。。

 

今回のカディープロジェクトはチームワークの賜物でした☆彡

 

最後に石垣でも最終処理してもらい、Jigtag まりちゃんの撮影でビシッと決め、

WEBに登場しております虹

 

みんなで携わってるから作れるukAの服。

生地を探し回って作るukAの服照れ

 

こんなプロセスも楽しんで作ってるukAの服デレデレ

 

 

最後にNatsumiーYaさん!!

そして携わってくださった方々、

本当にありがとうございましたおねがい

 

皆様頼りにしていますお願い

 

Rainbow虹

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

natural-design-ukaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。