自尊感情を高めるタロットブログ/西武池袋線・大泉学園・保谷・ひばりが丘

「どうせ私なんか」は禁句
自分の良いところを認めて 褒めて
人生を前向きに生きていこう!


テーマ:
OSHO禅タロット 今日の一枚

水のクィーン RECEPTIVITY〈受容性〉

4611894B-4E5D-4B96-B78B-4661E58F992E.jpg


澄んだ水の中に咲く蓮の花。

蓮は光と闇、太陽と水がひとつになって生まれます。

スピリットと変容のシンボルです。

完全に宇宙と調和して、この蓮を出現させているのは水のクィーンです。


彼女には頭がありません。

両手を伸ばし、全てを受け容れています。

彼女という器がいっぱいになったら、溢れ出させて更に受け取ります。

そこには攻撃的な心や期待も欲求もありません。


彼女の周囲には澄んだ水が波々と湛えられています。

彼女は泉の噴水。

全てを受け容れて、彼女を通過する水を濾過して

澄んだ水を溢れ出させているのです。



怒りや欲求を忘れて、全てを受け容れてみましょう。

受け容れたものを斟酌せずに、ただあなたの中を去らせればいいのです。

能動的である必要はありません。

受け取ったものに対する義務もなく、報酬もありません。

ただ、あなたという器の中を通過させればいいのです。








常に怒りの感情を溜め込んでいる人が時々います。

ちょっとした出来事でスィッチが入って、怒りを爆発させてしまいます。

こういった負の感情を全て受け止めてしまうと

こちらも消耗しますし、怒りのエネルギーに巻き込まれてしまいます。

こういう時は、誠意をもって受け容れますが、後で全て去らせるのです。

自分の中に留めてはいけません。それをしていたら、自分が病んでしまいますから。



これは、前職での体験から学んだことです。

しかし、仕事でしたし、受け止めていた負の感情も所詮は他人事。

割り切っていたから出来たことです。


日々の生活の中で、直接自分に関わることで、感情を揺さぶられないでいることは難しいですね。

また、様々なことに感情を揺さぶられてこそ、人間であるともいえるでしょう。



もしも、あなたという器がいっぱいになって疲れてしまった時は

水のクィーンを思い出して、受け止めたものをただ外に流してみてください。

そして、よく周りを見回してください。

全てを受け容れても濁らない、あなたの澄んだ水のような穏やかさを求めて、

人も植物も動物も、この世界の全てが優しくあなたを取り囲み、癒してくれることでしょう。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

蒲原 なつさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。