北海道教職員組合(北教組)が民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営に計1600万円を違法献金したとされる事件で、政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反の罪で起訴された2被告と北教組が、起訴内容を認める方針であることが分かった。北教組は当初、「不当弾圧だ」と検察側と争う姿勢を示していたが、一転して資金提供を認めることで、裁判は早期に決着する見通しになった。初公判は木村美智留被告が5月18日、長田秀樹被告と北教組が同19日に決まった。

 起訴されていたのは▽小林陣営の会計責任者で自治労道本部財政局長の木村被告(46)▽北教組委員長代理の長田被告(50)▽団体としての北教組。木村被告については、21日の札幌地裁での公判前整理手続きで、弁護人が争わない姿勢を明らかにした。関係者によると、長田被告と北教組も違法献金を認める方針という。長田被告は21日夕、保釈金500万円で札幌拘置支所から保釈された。【久野華代、金子淳】

【関連ニュース】
北教組事件:政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」
北教組事件:小林氏続投 地元民主に賛否
北教組事件:1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける
北教組事件:幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定
北教組事件:小林議員への対応を検討 鳩山首相

生活保護受給者に無料入手させた向精神薬を転売 容疑の男ら立件へ(産経新聞)
<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)
<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)
<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対-地元町長(時事通信)
AD