覚せい剤約5キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪などに問われたロシア国籍の船員ロマノフ・オレグ・ニコラエヴィチ被告(42)の裁判員裁判で、新潟地裁(山田敏彦裁判長)は25日、懲役10年、罰金300万円(求刑懲役13年、罰金500万円)を言い渡した。
 制度がスタートした昨年5月以降、実施対象の60地裁(支部を含む)すべてで、裁判員裁判の判決が出された。
 同被告は覚せい剤とは知らなかったと主張したが、判決は「箱に隠して持ち込もうとしたことなどから違法薬物と認識していたと推認できる」と認定した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴

元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取-さいたま地裁(時事通信)
北教組事件 幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定(毎日新聞)
<シエスパ爆発>大成やユニマットの2人を起訴 東京地検(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
AD