2016年夏季五輪の招致に失敗した東京都と東京五輪招致委員会(会長・石原慎太郎知事)は24日、招致活動の報告書を公表した。活動の収支は実質6億9000万円の赤字で、民間から同額を借り入れて均衡させることにしている。
 報告書によると、招致費用150億円は税金100億円、企業からの寄付金など民間資金50億円で賄う計画だったが、景気低迷の影響で民間資金が41億6000万円にとどまり収支不足となった。このため、招致活動の主な契約先である電通から赤字相当額を借り入れる。
 石原知事は、10年度以降も招致委を存続させる意向。招致委が開催するスポーツ振興イベントの事業収入などを借入金の返済に充てるという。 

「従来と態様異なる」=麻生政権末期の機密費-政府が見解(時事通信)
中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)
将棋 17日から王将戦・第4局(毎日新聞)
読売新聞大阪本社、高橋「銅」で号外発行へ(読売新聞)
京成千葉線で男性飛び込み死亡、1800人に影響(読売新聞)
AD