河合範安のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
皆様、こんにちわ。
河合範安です。



さて、今まで南海トラフ地震についていくらか検証してきて、大体2033年か2034年あたりで起きるのではないかと分析した。

では、更にいろいろな指標を使って、より精度を増して調べてみよう。



先ずは、インド占星術界で一般的なサンフランシスコ条約締結時の日本建国図。

1952年4月28日22時30分 東京

{E934386D-4CA1-4A96-A42E-9966400A1B55}
河合は様々な指標から、2034年2月頃に南海トラフ地震が来ると予測しているが、インド占星術による日本建国図では、
2034年2月頃のダシャー
金星ー太陽ー金星ー金星期
となる。

金星は6・11Lで4H、2・3Lの逆行土星からアスペクトされ、4・7Lの減衰水星と合し、凶意が非常に強い。
しかも、高揚までしてるから、吉意も強まるが凶意も強まる。

VDの金星から見たADの太陽は、6L・2Hで高揚。
ADの太陽から見たPADの金星は、2・7Lのダブルマラカで3・6Lの減衰水星と12Hで合。
10・11Lの逆行土星までアスペクトしている。
マラカ・ドゥシュタナ等がかなり絡んでいる。

この時期のトランジットでは逆行土星が双子座を、木星が水瓶座トランジットし、3・7・8・12室にダブルトランジットが成立する。



しかも、このチャートでは、金星期以後は
太陽期、2049年12月15日〜2055年12月15日
月期、2055年12月15日〜2065年12月15日
火星期、2065年12月15日〜2072年12月15日
ラーフ期、2072年12月15日〜2090年12月15日
木星期、2090年12月15日〜2106年12月15日
となる。
つまり、運勢が上昇気流を描いている。

サンフランシスコ条約が無力化して、チャートが死んだとしても、チャートは死後も効力を持つと言われている。
このチャートは2034年以後の日本は奇跡的なV字回復をし、2100年辺りのピークまで長期上昇トレンドを形成していると言える。

すると、2034年に南海トラフ地震が起こって、そこから奇跡的な復興と成長が始まると解するのが妥当だろう。
運勢からして、恐らく日本は2060年以後に世界一の経済大国になるだろう。
それは、実際にAI革命が起きれば可能である。
それが起きれば、経済成長は乗数的になるからだ。



また、270年周期で、明治維新から始まった富者の時代の流れとも合致する。
日本は1868年〜2138年が富者の時代だから、やはり2100年辺りまでは経済成長しないとおかしい。
今は富者ー知恵者時代で(ちなみに戦前は富者ー武将時代)、この時代は知恵者(経済官僚や政治家)らが高度経済成長をもたらしたが、その知恵者によって南海トラフ地震発生までは日本経済は崩壊に突き進むはずだ。

南海トラフ地震以後は富者ー富者時代に移行し、AI関連の技術者や資産家等の民間の人達が大活躍し、日本の新たな時代を切り開くだろう。
何故なら、富者時代とは、基本的に民衆の時代だから民衆が大活躍するのだ。



次に、日本最初の市制施行の1889年4月1日0時のチャートを見る。
{3A9C4A4A-F6A3-49D2-9569-A94A5573E2AC}
このチャートの市は多いが、横浜市もその一つ。
1923年9月1日の金星ー土星ーラーフ期に、関東大震災で横浜市は大打撃を受けた。
金星は6・11Lで逆行土星のアスペクトと火星の合、土星は2・3Lで8H、ラーフは7Hで支配星の水星は土星から3・12Lで8H。
やはり、マラカ・ドゥシュタナの絡みが強力。
ダブルトランジットは7・12室に生じていた。

仙台市もこのチャートだ。
2011年3月11日の東北大震災で大打撃を受けた。
水星ー太陽ー水星期で、水星は7・10Lで3H、太陽は9Lだが、8Lの月と4Hで合。
水星から見た太陽は7Lで2Hで6Lの月と合。
太陽から見た水星は4・7Lで12H。
ダブルトランジットは4・8・9・10・12室に生じていた。



また、2034年2月頃のダシャーは金星ー月ー金星期となる。
金星は6・11Lで逆行土星のアスペクトと火星の合、金星から見た月は2・7Lで12H、月から見た金星は3・8Lで2H。
7Hにダブルトランジットが成立する。

ちなみに上記チャートには以下の市も入っている。
・静岡市
・大阪市
・和歌山市
・高知市
・津市
いずれも南海トラフ地震で大きな被害が予測される都市だ。

また、浜松市・名古屋市・大分市・宮崎市等の大きな被害を受けるだろう市の調査も終えたが、河合の予想通りの結果だった。
これらの都市も市制施行日は全く異なるのに、何故か同時期の運勢は悲惨な状況だった。
これについては、機会があれば書く。

ちなみに、1889年4月1日0時のチャートでも金星期以後は
太陽期、2048年5月28日〜2054年5月29日
月期、2054年5月29日〜2064年5月28日
火星期、2064年5月28日〜2071年5月29日
ラーフ期、2071年5月29日〜2089年5月29日
木星期、2089年5月29日〜2105年5月30
となっており、やはり日本建国図同様に2100年辺りまで上昇気流である。

河合は日本の運勢については、他にも様々な指標やデータを調査したが、2034年あたりを大底に反転してV字回復し、2100年辺りまでの長期上昇トレンドのものが非常に多い(当たり前だが、そうでないとおかしい)。
等の過去記事と同じ結果である。

つまり、未曾有の国難を乗り越えた後の楽しみは大きいのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。