団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

トコナツが考えるまちづくりは、

当たり前のことだけれど、ソフトだけでなく、ハードが伴わなければならない。

 

シティプロモーションやシティセールスは、

ソフトと呼ばれるプロモーションや様々なプログラム、飲食、お土産だけでなく、

それらを体現するハードと呼ばれる、施設づくりもとても大切な要素だ。

 

そこで島田市緑茶化計画である。

約2年前にロゴとメッセージを発表してから、トコナツ歩兵団が関わったものだけでも

動画、コンセプトティー、コンセプトブック、アンテナショップと一歩一歩だが階段を上がってきた。

 

そして次なる手としてトコナツ歩兵団がプロデュース・設計・デザインを担当させていただいた

物産販売・休憩所施設の工事が大井川に架かる世界一の木造歩道橋・蓬莱橋のほとりで始まっている。

蓬莱橋が架かった1879年の時代背景を考慮しつつ、今の時代感も付け加えた施設。

すでに蓬莱橋を訪れてくれている大勢の観光客の方々に

休憩や楽しんで島田の名産を買っていってもらう施設にしていきたいと思う。

 

これまで蓬莱橋に関わってきた地元の方たちとも会議を重ねつつ、

来年3月のオープンに向けて、建築、運営などなどまだ話さなければならないことはたくさんある。

 

3月のオープンはゴールではなく、スタート!

そこに向けて、これまで同様一歩一歩、多くの方々と力を合わせながら、

やっていく今日この頃なのである。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて2017年もXmasシーズンに突入!

 

トコナツのXmasと言えば、東京駅グランスタ!

Xmasケーキを買うなら、東京駅グランスタ!

 

「Tokyo Xmastation 2017」をプロデュース。

今年のテーマはフォトジェニックなXmas!

 

人気イラストレーター・塩川いづみさんとのコラボレーション。

 

グランスタ限定のXmasケーキを買うと

塩川いづみイラストケーキピック(3本入り)をプレゼント。

さらにコスメ・雑貨ショップで2,500円(税込)以上のお買い上げで使える500円お買い物券も付いてくる。

 

 

アートディレクションはトコナツの空間デザイナー・本田博通が担当。

 

塩川いづみさんといえば、魅力的な線描のイラストが代表的。

素敵な線を描くのが得意な塩川さんに、

今回は敢えてクリスマスっぽいカラフルで自由なペインティングを依頼!

 

丸の内駅舎に代表される東京駅の世界観と、

可愛くもPOPに行きすぎない塩川いづみさんのタッチが絡み、

絶妙な調和を見せてくれている。

 

2017年のXmasケーキは、ぜひ東京駅グランスタへ。

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぬるりとした温泉、江戸情緒が残る街道の景色、馬肉と新鮮な魚介類までもが楽しめる熊本県山鹿市。

このまちに通い始めて1年半あまり。

様々な人たちとの出会いと、次第に芽生えるまちへの愛情。

来る度に「帰ってきたなあ」と思えるようになってきた。

 

おそらくは僕の飽きっぽい性格が今の旅人のような仕事スタイルに落ち着いた理由だ。

 

けれどもいくつかのまちや企業が、僕や僕らトコナツを待っていてくれるというのは、

とても幸せなことだなあと本当に思う。

 

というわけで、このところまたかなりの頻度でお邪魔していた熊本県山鹿市から、

「山鹿あそびVOL.1.1」の再販を本日2017年11月24日(金)より開始!

 

これは今年3-5月まで販売して好評を博した4つのプログラムの価格や内容を見直し、

新たに「灯籠温泉卓球」(温泉卓球)、「灯籠モダンガール&モダンボーイ」(まちあるき)、

「灯籠ヨガロック」(ヨガ)、「チブサンオブサンナイトツアー」(古墳探検)として再開するもの。

 

注目は、山鹿あそびVOL.2の第1弾となる「山鹿岩原双子塚古墳・発掘カレー」(¥1,000税込)!

熊本県立装飾古墳館の監修のもと、前方後円墳を古代米にて1/500縮尺で再現。

金型を作るのに図面を起こし、試食とスタイルの検討を重ねてここに落ち着いた。

手作りのルーには古墳周辺で収穫される甘い梨と地元産の農産物をたっぷりと使用、

地元産サラダと縄文時代の主食であるどんぐりを使ったクッキーも付いてくるというもの。

 

なにせ担当していただいた鹿央物産館の松井さんの熱意がすごい!

ちなみに現在は周溝をイメージしたお皿も完成し、下記のスタイルで提供している。

 

実はこのカレー、先週から密かに先行販売を始めたのだけれど、

早くもヒットの兆し?が見えてきている。

 

「ネットで見た!」「噂で聞いた!」などなど。

前回多くのメディアに取り上げられた灯籠温泉卓球を超えるのは、

カレーか、まちあるきか、古墳探検か、それともヨガか!?

 

今から売れ行きが楽しみな「山鹿あそび」。

お近くの方は、ぜひ熊本県山鹿市に遊びに来てほしい!

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニッチネタ情報満載のGメンブログ、再開!

https://www.kankou-gifu.jp

 

以前このブログにも書いたのだが、

今年の春から夏にかけて久々に岐阜県の「ぎふ観光おもてなし隊・G(ギフ)メン」と仕事をした。

企画から2年目までをプロデュースをして以来だから、3年ぶりである。

 

Gメンは若手メンバー中心に、さらには女性メンバーも多くと、すっかり様変わりしていた。

しかし世代は変われど、気持ちが前面に出るメンバーはいつの時代にもいるわけで、

僕としても楽しい時間と勉強する時間を過ごさせてもらった。

 

ほとんどのメンバーとは初対面となるため、

まずはトコナツ流の考え方を学んでもらい、

そこから出てきたアイデアをアイデアで終わらせず、

1つ1つ形にすることから始めている。

 

中でも興味深かったのが、各市町村のニッチネタが面白いことだった。

鶏型のたまご、餃子、ふるさと納税などの自販機ネタもあれば、

星空のように光る洞窟、嵐山に負けない竹林など、盛りだくさんである。

 

予算と時間があれば、これらを加工してトコナツ的な面白プログラムや施設に昇華できるのだが、

今回のオファーの範囲ではそこまではいけない。

 

まずはネタの宝庫を作ろう、というわけで

しばらく止まっていたらしいGメンブログを再開してもらい、

ニッチネタのみで展開してもらうことにした。

 

今後のGメンに注目してもらいたい!

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、フラ女将「フラ女将カレー」が

第56回福島民報広告大賞小型広告の部で金賞を受賞した!

フラダンスを踊る湯の華会の女将たちとカレーを組み合わせたユニークな作品が認められた、とのこと。

 

◇小型広告の部

▽金賞=いわき湯本温泉旅館協同組合・いわき湯本温泉 観光協会(いわき市)「フラ女将カレー」

https://www.minpo.jp/news/detail/2017110346485

 

広告業界にいない僕らにとって、

正直こういう賞がどれだけの権威を持っているのかは分からない。

 

だが女将さんたちも喜んでいるとのことだし、

フラ女将が評価されたということなのだろうから、

素直に喜んでしまおう!

 

なにより女将さんたちの頑張りがあった。

フラ女将パンフレットと同時に、

レトルトカレーを作りたい、地酒を作りたい、という気持ちがあった。

トコナツはそこにフラ女将という企画とデザインを付け足しただけである。

 

これによってフラ女将カレーがより多くの人に買ってもらえると嬉しいし、

フラ女将のことを一人でも多くの人が知ってくれたら嬉しいなと思う。

 

フラのまちフェスティバル終了後にも思ったことだけれど、

いわき湯本温泉の復興にはまだまだ力及ばずなのだ。

 

ハード(建築物)1発で問題解消できる予算などない。

これからも一歩一歩歩いていくしかないのである。

 

皆様、これからもフラ女将といわき湯本温泉への応援よろしくお願いします!

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この週末、トコナツ歩兵団が共同プロデュースを手掛けた

いわき湯本温泉「フラのまちフェスティバル2017」に行ってきた。

 

関東地方は本降りの雨。

湯本はときおり小雨交じりの天気。

それでも幸いなことに中止にならなかっただけでも有難い。

 

悪条件のなか16組のフラダンサーたちが湯本駅ステージと鶴のあし湯ステージで踊り、

16店舗に湯本のまちに出店していただいた。

 

トコナツ歩兵団はフラ女将のプロデューサーである。

そのなかで月に一度鶴のあし湯で踊る「フラのまちオンステージ」を企画し、

2年目の今年はその集大成として「フラのまちフェスティバル」を企画した。

無論、女将さんや支えてくれるいわき市のスタッフの皆さんと共にである。

 

このプロジェクトにおいて、僕はあくまでも女将さんたちと一緒に企画をする。

そしてデザインをするのみである。

以降実施に至るまでのプロセスは、地元で協力してくれる様々な団体に委ねることになる。

ある意味コントロールできないし、ある意味自主性にお任せする。

当日の僕の役目はビールを飲みながら、雰囲気を楽しみ、女将さんや出演者に拍手を送るのみである。

 

予算は、ない。

ほとんどと言っていいほど、ない。

 

それでも女将さんたちは16組の仲間たち(大先輩たちを含む)を集め、

16店の飲食物販と地元の商店に出店していただき、

2カ所のステージを作り、

雨のなかを考えれば、少なくないゲストに来訪していただき、

声援を送ってもらった。

 

3年前、「アイドルになりたい(笑)」から始まった女将さんたちのプロジェクトは、

ゆっくりと楽しみながら、時に立ち止まり、時に涙し、だいたい笑って、

まちに協力してもらえるフェスティバルができるまでに成長してきた。

無論、内容も規模もまだまだである。

 

それでも、僕は素直に感動した。

女将さんたちに、湯本のまちに関われてよかったなあと。

 

依然、当初目的であった「宿泊客増」までは程遠い状況である。

お金がないなりに、ないなかで生まれて育ったフラ女将であり、フラのまちであるけれど、

当初の目的はまだまだ達成できていない。

 

第2期が始まるのか、それともこの達成感でしぼんでしまうのか、

フラ女将と湯本次第なのである。

 

そしてそれもまた、楽しいなのである。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5年ぶりに妖怪のまち・鳥取県境港へ。

面白いプロジェクトが動くかどうか、という視察旅行。

 

かつての上司や先輩と一緒。

同じ釜の飯を食った仲間たちとの道中はなんだか懐かしい。

最近はいつも自分が年長であり、頭であり、

こういうおんぶに抱っこの旅ってなかったもので。

やっぱり先輩と一緒って楽だなあと。(笑)

 

初めての美保関。

美保館の重量感。

 

境港から車で10分ほどの大正期で止まったような街並み。

一歩入った路地、

大手が入っていないギリギリの感が素敵。

 

全国のゑびす様の総本山の美保神社

 

すごいポテンシャル。

土地にお邪魔するご挨拶、ついでに商売繁盛も。(笑)

 

大好物ののどぐろはこれで300円ちょいという破格。

これだけで、来た甲斐があったというもの。

ちなみにのどぐろの肝軍艦は衝撃の味。

衝撃の回転寿し、「回転すし大漁丸」みなとさかい店、境港店、2店舗にお世話になってしまった。

 

翌日は午前中、じっくりと考える時間。

世間から多く求められるプロデューサーやファシリテーターではない、

プランナーとしての自分はまだ現役でいるか、という勝負。

大丈夫。(笑)

このところ、即興性を求められるMTGが多いので、

脳みそがしっかりと稼働している。

 

都市開発を含むまちおこしとして先陣を切る、水木しげるロードは平成30年の再オープンに向けて工事中。

何人かの方から聞いた、「小さい頃大人に怒られる時はいつも妖怪が出てきた」という話が強く強く印象に残る。

水木しげる先生は、現代が忘れかけたものをつなぎ留めてくれている。

 

富士急時代、幾度か水木先生にお会いさせてもらったことを思い出す。

あれから15年、こうして境港のまちに関わらせてもらう不思議。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この秋、10月14日(土)福島県 いわき湯本温泉にて
「フラのまち フェスティバル〜フラ女将と仲間たち拡大版〜」が開催決定!

当日は日本で唯一の着物でフラを踊る「フラ女将」と仲間たち約20組のフラチームがいわき湯本温泉に設けられた二つの特設ステージで踊り、ハワイアンフードやハワイアン雑貨店など16店の飲食物販店がまちを盛り上げてくれることに。

 

土曜日はいわき湯本温泉めぐりとフラのまちフェスティバルを思い切り楽しみつつ、
翌日はハワイアンズにこの夏オープンした「ビッグアロハ」に挑戦するのもオススメ!

 

2014年秋 女将さんとトコナツ歩兵団、初対面
2015年夏「いわき湯本温泉 フラのまち宣言」、
2016年春「フラ女将」誕生、
同年7〜11月「フラのまち オンステージ〜フラ女将と仲間たち〜」、
2017年5-10月「フラのまち オンステージ2017〜フラ女将と仲間たち〜」

 

最初に話した夢物語をひとつひとつクリアして、ようやくここまできたひとつの到達点。
これからも一歩づつ、フラのまち いわき湯本温泉とフラ女将は進み続ける。

 

日時:2017年10月14日(土)15:00〜21:00
場所:福島県 いわき湯本温泉 湯本駅前ステージ/鶴のあし湯ステージ
料金:観覧無料
主催:「フラのまち宣言」推進委員会
問い合わせ先:いわき湯本温泉旅館協同組合(0246-43-3017)
協力:いわき湯本温泉観光協会、いわき湯本温泉商店会連合会、いわき湯本温泉旅館協同組合、いわき湯本温泉飲食業協同組合、いわき商工会議所常磐地区委員会、アリオスパークフェス実行委員会
共同プロデュース:トコナツ歩兵団

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

台風に振り回されるも、満点の星空の下で宇宙を感じた

「星空ビールスタンドin種子島宇宙芸術祭」が終わって1週間が経つ。

 

種子島の星空と星空ビールスタンド(撮影:氷森記心氏)

 

メンバーの空間デザイナーである本田博通が懸命に仕込んだ「トコナツ宇宙プロジェクト」の第一弾。

いっぱいのスケジュールの中に強引に押し込んだからものだから、

行く前と帰ったあとがこれまた怒涛の毎日となった。

 

それでも僕は、ときおりまだ夏の種子島の余韻を思い出す。

 

種子島宇宙センターから発射台を見る。

 

1日目は台風により星空カフェ共々中止に。

僕らも朝一で羽田-鹿児島-種子島と入る予定が、

夕方の便で鹿児島までたどり着くのがやっと。

翌朝の高速船で種子島に入ることに。

 

残念ながら1日目は台風により星空カフェ共々中止となってしまったが、

2日目はなんとか無事に開催し、重富さんによる日本一のビールを提供することができ、

訪れたゲストたちに大いに喜んでもらえた。

 

50年以上も前の昭和ビールサーバー1本から注がれる何種類もの味に、

訪れるゲストたちの表情は、興味から驚きに、そして再び次の1杯への興味へと移っていく。

1度注ぎ、2度注ぎ、3度注ぎなどこの日提供された味は7種類に及ぶ。

(撮影:氷森記心氏)

 

台風一過の満点の星空の下、

宇宙を感じながら、

日本一のビールを飲んで笑顔になる。

星空カフェの様子(撮影:氷森記心氏)

 

1日のみだったけれど、僕らもゲストも関係者も、

そうなれば夜だったのではないかと思う。

 

最後にこの場を借りて、まずはクラウドファンディングにご支援いただいた方に感謝を述べたい。

この場を調整していただいた芸術祭の実行委員の方々、国立天文台の方々にも感謝を。

そしてお店の目の前でビールスタンドを出させてくれたジンジャービレッジの皆さんにも多大なる感謝を。

 

心から、またこの島を訪れたいと思う。

ありがとうございました!

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏が終わりつつあるなか、いろんなことがギュウギュウと詰まっている9月。

 

それでも仕事ついでにアチラコチラへと行くのであれば、何かしら新しいモノコトを吸収したくなる。そうするとまたギュウギュウになる。そんなことの繰り返し。

 

初めての唐津へ。

 

素直に言えば、あまり期待していなかった。

糸島に行く用事があり、そのついでに訪れたのである。

 

短い滞在だったが、これが予想以上に良かった。

素敵な「明治、大正、昭和」が漂うまちだったのだ。

 

虹の松原で食べた唐津バーガーが素朴でうまい。昭和感漂う移動販売バスに書かれたハンバーガーとコーヒーのフォント感。作られたのではない昭和レトロ感が逸品である。

 

空襲被害を受けていないからこその明治大正感が残る町並み。昼間もいいけど、オレンジ色に照らされた夜が特に良かった。

 

「大八車」で美味しい料理を食べたあとは、紹介してもらった老舗バー「ヘネシー」へ。今ではなかなか見られない内装に見とれ、そして人生のセンパイの貴重なお話に耳を傾ける。

 

唐津城からの海も壮大でいい。

もともと天守閣がなかった城跡への復興天守であるし、新しくなったという展示もパネルのオンパレードで今ならもうちょっと双方向でかつデジタルとアナログがいいさじ加減でって思うけれど(その意味で岐阜市の信長パビリオンはよかった!)、海からの風も含めて眺めは素晴らしい!

これも昭和遺産の一つ。

 

まだ見ぬ「唐津くんち」の曳山展示場は圧巻!

いつか「くんち」に来なければ!

14台の迫力に大いに圧倒された時間。

幕末から明治初期にかけて作られた曳山が多い。

有名な鯛の曳山は修復中。これもまた貴重な姿。

最近ふたたび出会い始めた手ぬぐいも絶賛のデザインであった。

 

ちなみに後日談。

神楽坂の蕎麦屋で「昨日まで唐津にいてさ、」と話していたら、そこから始まる不思議なご縁もあり。

 

唐津、何度か通いそうな予感である。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。