どうも調子がいまいちというか、弓を引いてひっかかる感じがなく音のはぎれも悪い。ん~、と思って、松脂を以前のPIRASTRO オブリガートに変えてみました。

結果、OK、もとに戻った!、音のたちあがりもいいし、弓を弦にあてた時のひっかかる感じが出ました。よかった~。新しい弓の毛、いい感じです。あとはどれだけ持つかです。

松脂MELOS(メロス)ライトは工房で十分に塗ってもらったので、塗り不足というより、私の楽器と弦(オブリガート)には合わなかったのかな?オブリガートの弦には専用の松脂が合うってこと?でもネットでPIRASTRO オブリガートの使用経験談は見たことがありません。

MELOSはネットで見ても評判はいいので、いい楽器には合うのかも。ダークというのもあるので、そっちだと合うのかな?

昨日買ったMELOS(メロス)ライト、まだ封を開けてないから誰かにあげようかな?

メロス 松脂 ヴィオラ用 ライトレギュラー ギリシャ製/MELOS


オブリガートは柔らかい音が出るので私は好きです。いろんな種類の弦がある今ではもう古い部類になるのかもしれませんけど

オブリガート OBLIGATO バイオリン弦(4/4)セット/ピラストロ/PIRASTRO

¥17,115 Amazon.co.jp ←自分が買ってるネットではもっと安いです E線は別のを使ってます

PIRASTRO 松脂 OBLIGATO 900900 ロジン ピラストロ 弦楽器用松脂 ロジ...

¥1,320 楽天

AD

毛替えの続き

テーマ:
前回弓の毛替えをしたのが、5月GW明けだったので5ヶ月で毛替えしちゃいました。ちょっと早かったなあ~、気になるとおさまりつかなくなるので、替えちゃいました。ちなみに弦は楽器を今年2月に買ってから一度も変えてないので、8ヶ月以上経ってからの交換です。

弓の毛替えと弦の交換、自分の力量と演奏時間を考えると、どちらも1年おきで十分なのですが・・。

昨日行った工房で、自分の楽器が通常よりも5mm大きいことがわかりました。そういう楽器は売る時に難しいとのことです。ただ購入値段と楽器の下取価格は妥当なもので、むしろお得だったようです。

よかった~。ちなみに、ドイツやフランスの楽器は標準より大きいことがあるが、イタリアの楽器はたいてい標準値どおりだそうです。

また、驚いたのは、そこの工房で私の楽器を手に取るなり、ラベルも見ずに(見たとしてもラベルは偽物)、これドイツ製ですかね、と言われたことです。

あたり!ドイツ製なのです!ニスや楽器の形から経験的にわかるそうです。すごいなあ、プロって。
それぞれの国でいろんな職人がいると思いますが、生産地の傾向ってあるんですね。


Android携帯からの投稿
AD

弓の毛替えをしました

テーマ:
今日、弓の毛替えをしました。先週後半から弓のひっかかりが悪くなり、弦を全部変えてみても改善しないので、今日思い切って都内の工房に行きました。


楽器を購入した工房が今日お休み(ヴァイオリン工房は月曜日お休みが多いです)、大手楽器店にメールしたら毛替えに2時間かかるとのことで、以前駒を変えてもらったことのある工房に行きました。

そこは有名演奏家も毛替えに来るところみたいですが、値段は5250円と高くないです。交換は30分程度で雑談しているうちに終わりました。

ついでにそこで売ってた松脂も買いました。MELOS(メロス)ライトというもので1450円でした。弦はオブリガートを使っており、松脂もピラストロのオブリガート用を使っていたのですが、他の松脂はどうかな?と思って、買ってみました。

新しい松脂と交換後の弓の毛、まだ弾きはじめなので、結果はこれからです~。

AD