・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
ポニーキャニオン
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

何を今更。先々週の「UDON」が消化されなくて

あえてコレを観てみました。


っつーか、本音はSTMB面々ヲッチですね。

STMB=サマータイムマシンブルース

未来人も曽我ッパもギンギン連れてきた石松くんも

出てる、ということで。

もともと「踊る」の最初と続くらいは好きだった。

スピンオフ系までは食指が動かず。


ムロくん、いっぱいセリフあるじゃんかよ。

未来人は1カットながらも、さすがの存在感マッシュルーム。

曽我くん=永野くんは永遠の運転手俳優ですね。

UDONではタクシー運転手。

コレでは地下鉄運転手。

STMBでは、パイロットw。


「交渉人 真下正義」

これって観客動員すごかったんだっけ。

え?どこが。なぜに。

うーん 「TUBE」を先に見ているわたしには

司令室シーンや職員のキャラをそちらと比べちゃったり。

なんだかそんなことを考えつつ集中できず。


指揮者の西村雅彦がどうにもヘンだし。

やはり寺島進さんの一人舞台ってとこでしょうか。

あ、あと爆破処理班の松重豊さんのしかめっ面が見事で

ユースケサンタマリアの輪郭はボケボケに。

全員が脇役映画、と開き直って作っているのか

それは間違った見方なのか。

興行成績よくてUDONになっちゃったのか。

なんだか余計に後味悪し、という具合ですみません。


フジ映画はいいんだけれども

もう無駄にアナウンサーをキャスティングしないでいただきたい。

「映画」というメディアに失礼のよーな気がする。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

緑のカーディガン。

オレンジ系の部屋の内装。

亀。モノローグ。これはアメリ日本版?

とチラリとよぎる。

こういう映画がすき。三木聡監督初作品。


タイトルのとおり、たしかに亀は出てくる。

上野樹里演じる 平凡な主婦・スズメの夫は

海外単身赴任。電話では

「亀にエサはあげたか?」のみ。


これって、ウチとまったく同じだ。

うちの場合は「クワガタの土に水をあげてくれた?」

が、ブラジルからの第一声だったし。

なんだ、この親近感。

ま、夫ネタはそこまでなんだけれど。


平凡なスズメは、平凡を脱しようと「スパイ」志願する。

でも役目は「なるべく目立たないように生活する」

という指令。これまた平凡。

先輩スパイたちは、普通に町にとけ込んでいる地味な人々。

意識するとなにが平凡で、なにが非凡なのか

わからなくなってくる。観るものにとってもそうだ。

そのあたり、究極の平凡映画、おもしろかった。

出てくる役者さんは、みな非凡ですが。


昨日みた「UDON」でも濃い顔を披露してた要潤。

ああ、これだけ崩す役もできるのか、と関心してしまった。

女先輩スパイのふせえりが歌う「あ~ずきパンダちゃん」は

秀逸なるギャグキャラ。しっかし、戸田恵子とダブってしまう。

岩松了演じるスパイも、小野武彦っぽいな、と勝手にキャスティング。

まあ、そのおふたりを使っていないところが

逆に、「怪しいスパイ」なのであって。


スパイが、美味くもなくそこそこの味のラーメン屋

、という設定は面白いな、と想いつつも

実際にそういう展開があったわけで、笑えない状況になっていた

去年の公開時だったのかしら?といらぬお世話。


スズメの友達、正反対に派手なクジャクちゃんが蒼井優ちゃん。

優ちゃんは、かわいいので派手に見えなかった。

最後の彼女のパリ・オチがおもしろかった。


あまりにも地味な町のあまりにも地味なスパイたち。

目立たない生き方、が大変だということも、気づかなかったな。

日々、思い切り平凡で、それでヨシ。

なわたしは亀よりは速く泳げない。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
キングレコード
8月のクリスマス プレミアム・エディション (初回限定生産)

去年見逃した 主演山崎まさよしの「8月のクリスマス」

wowowで見てみました。

かなり早い時間から、泣き。

というのも、カメラ位置がほぼ 本家「八月のクリスマス」に

一致していたので、山崎まさよしにハン・ソッキュが重なり

関めぐみのタイトスカートにシム・ウナの制服姿が重なって

そうなると、時間の旅。八月と8月を行ったりきたり。

そして涙。


キングレコード
八月のクリスマス

もともと、コレも一度目鑑賞の時はそれほど涙腺ゆるまず。

2度・3度と見る毎に、号泣が加速。

心臓に近い部分の皮膚がチリチリと痛くなる。

これってせつなさっていうヤツでしょうか。


山崎版をみても、次がああなって・・とわかる分

先へ先へと涙も急ぐ。


それにしても、関さんの演技はあれでいいのでしょうか。

あえて。ああなのでしょうか。フツーに不満。

タイトスカート姿はよかったけど。

あと「おじさん」呼ばわり。日本版では「スズキさん」

とでも言うのかと思ったら、律儀に韓国版と同じく「おじさん」

距離をあらわすためのこだわりなんでしょうか。


かなり元映画に忠実なれど、ショックなのはラスト。

ええええええええ!

と思ったのは、本家ラストのわたしの解釈が違っていたというわけ?

本家は、おじさんの手紙はシムウナに渡されていない。

こちらは、妹が投函している。そして関さんも読んだ。


それだと 名セリフ

この想いを抱いたまま、旅立たせてくれてありがとう。

が成立しない。

あくまでも、告白せず、死も知らせず

雪のなかの写真屋の風景で終えていただきたかった。

でこそ、美なのになあ。告白しない。これぞ究極。


本家は「音」がすばらしかった。

ガラスを割る音。

運命を静かに受け入れようとする主人公の

ごくたまにある「いらだち」は、山崎おじさんも巧かったです。

警察や父親に八つ当たりするシーンは、やはり泣ける。


抗い。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ポニーキャニオン
サマータイムマシン・ブルース コレクターズ・エディション

2005年8月20日に、部室クーラーのリモコンを壊した大学生たち。

そんな困ったときに、突然タイムマシンが部室に到着。

前日に戻ってリモコンを取ってくれば クーラーの涼しさは死守できる。

いざ、タイムマシンで1日前の2005年の8月19日へ。


そんなバカな映画が「サマータイムマシーンブルース」

何度も何度も何度も観て、笑ってます。


監督は「UDON」の本広克行監督。

という絡みで、また今日も日本映画チャンネルで放映。


今、各国航空会社での機内で「サマータイムマシーンブルース」が

流されているらしいです。

ついでに、秋の話題ドラマ「のだめカンタービレ」の

主演の上野さんも、峰クン役の瑛太も出ていて

ついでに、サマータイムマシーンブルースの

ズッコケ3人組も出演してにぎわせていただきたいな

と想っております。それは無理か。

ズッコケ3人組=Z3(ゼッスリ)与座嘉秋 川岡大次郎 ムロツヨシ

は監督に愛され

「UDON」にも3人で出演とのこと。UDON観に行くぞ。

あ、ギンギンも。


サマータイムマシーンブルース

正直、これだけ繰り返し観た邦画はないかも。

未だに何カ所か記憶が絡まっておりますが

やはり 今夜はヴィダルサスーンで髪を洗おう。


ハリキリスタジアム!

かげろうの小さな町。

ドタバタの隙間の「想い」

そこんとこにぞっこん。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
角川エンタテインメント
大停電の夜に ~ ナイト・オン・クリスマス ~

見たかった邦画の1本。

場所は東京・クリスマス。

彗星落下で電線を切り、首都が大停電に。

真っ暗な夜に起こる、真っ暗な夜でこそ起こる、

クリスマスだからこそ起こる、いくつかの人間ドラマ。


大停電東京・・という邦画ならば

安易に「パニック映画」を妄想しちゃうけど

コレは予告編でかなり期待をもっていた。

ちなみにパニック映画を最初に観たのが

「タワーリングインフェルノ」「ポセイドンアドベンチャー」

小中学生時代。

それが頂点、だと刷り込まれてしまっているので

それ以降は、聖林有名モノは特にわざと避けている。


大停電にもかかわらず、内面をじっくり見せてくれるコレ。

パニックしている人々は、ほんの少々。

逆に、自分や相手を深くみつめる時間なのだ、と

映画は語ってます。

田畑智子、どうしてもペ・ドゥナと重ねてしまうのですが

ちょっと不思議な蝋燭屋さん、というのは合っていた。

あちこちの主人公たち。

徐々に集まってくる偶然もおもしろい。


外車を盗み渋滞の道で「(通行止めの)高速を走りたかった」

とワルぶるのが、なんと宇津井健。

更正した元ちんぴら吉川晃司もこの役で好感度が騰りました。

原田知世をどう見ればよいのか。

透明感は昔から変わらないわ、絶賛。オトナの役も素敵です。

と絶賛もできる反面、

別の女優さんだったら、湿り気を演じられたかも、と複雑。


まあ、特別協賛が「ブレンディ」ということで

彼女が停電の真夜中、コーヒーを飲むシーンはやむをえず。


香椎さんと絡む、奏くんの青い役柄はよかったなあ。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
レントラックジャパン
広報人 矢部謙三 トリック劇場版2 公開記念講演会

今更ながらの「TRICK」追っかけ。

・・は息子のほうなんだけど、

コレは「劇場版TRICK2」の予告編のようなものでしょうか。

それでも50分超え。

矢部ちゃん一人舞台。いや、部下がいるけど

この部下のシリーズまで まだ観てません。


終始「ヅラ」に目がいきつつ

生瀬勝久ショウ。全編そんなカンジで予想を裏切らない

DVDでした。

知り合いに、生生瀬さんにそっくりさんがいて

(ヅラ矢部じゃない)どうしても素直に笑えない部分もあり。

いや、苦笑の繰り返しですが。


「2」の映画はもう終了してますね。DVD待ち。

「また借りてきて」とリクエストされているので

しばし遅れた「矢部ブーム」に。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
雨と夢のあとに DVD-BOX

わたしは父を亡くしているのだけれど

想うと近くに来てくれる。睫毛の上に、乗っかる。

涙、のカタチで。


去年の春、金曜深夜テレ朝で放映されていたそうですが

まったく知りませんでした。もともと夜に弱すぎるし。

とても良い、という噂を聞いたのでレンタルしてみました。

全10話・DVD5枚。


泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた。

最終話・木村多江さんのひとことセリフで号泣でしたわ。

まいった。徐々に変化がみられる流れだけで

ティッシュ箱抱えての鑑賞。


中2の桜井雨(黒川智花)は、父・朝晴(サラリーマン川上くん)

と暮らしている。でも父は幽霊。そのことを知らない雨ちゃん。

霊感を持つ美人な隣人(木村多江)から幽霊としての心得を聴き

娘を守るために、死をひた隠しにして生活する。

ほんのすこし、ホラーの味付けもあるんだけど

泣いたのは、雨親子の筋じゃなく、

毎回あるゲスト親子関係のエピソードで。

たまたま主人公が幽霊なんだけど、立派な親と子のドラマでした。

死ぬ瞬間の「心残り」

なんだかいろいろと思い巡らせるこの数日だった。


高畑淳子もよかった。高橋由美子にもゾクっとした。

いつのまにかオトナになったんだ。

一番泣いたのは、中村俊太の回だったかもしれない。

伏流として、沢田亜矢子と朝晴との親子話もよかった。

う~ん、火事で焼け出された大家族の「嘘」と

明るい笑顔にも泣いた。

そしてそのうち、雨の出生の秘密にカメラは固定されちゃうのだけど

そのあたりは、わたしにはちょっと退屈だった。

実母役の杏子ねーさんの声と顔の皺が・・イマイチ。

まあ、どんな状況でも動じない主人公の雨ちゃんが

あまりにもオトナっぽいということもマイナスだったような気も。

ここまで第一部、がメインなテーマが「親子」で。

泣いた、泣いた。これほど泣けるとはまったく予想もせず。


その後、矢沢心の乗り移りではじめて異性間の感情霊。

朝晴が「自分は死んでる」と両親に告白するシーン

父上のリアクションもすんごくすばらしかった。

9話、木村多江さんの行動のオチ、予測はあったものの

DVD付録の未放映シーンをみると

こんなセリフでこんな設定だったのか、とちょっとびっくり。

最終話は、消えたおとうさんが座っていた場所をみつめ

ちょっと微笑む雨ちゃん・・・名場面。


なんといっても、パパの友人ブラザートム+美保純夫妻

そして息子もこみち、の存在が幽霊色を中和させていて

楽しかった。


別れ、のつらさ、よりも。心残り、をする側、それを察する側、

どちらも丁寧に描かれていました。

そして、すべてが「あり得る」と考えてしまう。

かつて階段から落ちそうになったわたしを、

背中で誰かがひっぱってくれたこともある。

守護霊は信じてる。


心残りの優先順位を考える。

カタチは実際のところどうでもいいのかもしれない。

心が繋がっていれば、見える。というのも信じている。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
バンダイビジュアル
深呼吸の必要 (初回限定版)

「なんくるないさー」

どうってことないさ、の方言。


後半は、ずっと泣きっぱなしだった。

映画館で泣かなくてよかった。

おじいの「ありがとうね」がこんなに滲みるとは。

数回出てきてるこのコトバ

普段ならば「ごめんね」「すみません」とごっちゃになって

使っていることが多かったな、と自分の胸に手をあてる。

ありがとうね、は、ありがとうね、でしか

伝えられないのかもしれない。

なんだか「ありがとうね」って言うことばに緊張してしまう。

これからは「ごめんね」をありがとう替わりに使うのはよそう。


キャストも知らずに、ただ「沖縄」「サトウキビ刈り」

となんとまあもしかして生ぬるい”自分探し”映画のひとつでしょ

と思っていた。

自分探し・・というのもゆうべからキーワードに

なってしまっていますが。

「自分で自分を派遣したの」という普段は派遣さんの女の子

のセリフ通り、だれもがワケありで。


長澤まさみちゃんが、弾けず、明るくなく

しかも喋らず、そして美しい手足を隠す

上下長袖長ズボンジャージでほぼ全編。

しかも、畑仕事のおばちゃん帽子だし。

セリフはひとつだけだった。またそれが鮮烈。


男女5名、2月から3月末までのサトウキビ刈りバイト

で沖縄の小島へやってくる。相手は7万本のキビ。

もちろん最初はバラバラで、期限あり+アクシデントあり

で3月末には立派な5人に成長しているわけで。

筋や盛り上げかたを、わかっていても、ウっとくる。

さすが、谷原章介と大森南朋でピリリと引き締まる話。

期限有り・孤立な場所・男女複数、でも恋がメインじゃなく。

その隙間のおばあが作る手料理がいいカンジ。

画面にはあんまり映らないけど、料理の存在感はかなり。


篠原哲雄監督「はつ恋」なのね。そりゃ泣くわ。

終盤キビ畑が「フィールドオブドリームス」に見立てられる。

にまにま。


深呼吸の必要 公式サイト  眩しいです。

わたしもずーっと深呼吸の途中。吸ってばかりだ。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東宝
スウィングガールズ スタンダード・エディション

なにを今更、なんでしょうけど。ようやく観ました。

っつーか 今、観るモノがないので。コレをレンタル。

結構、導入部からうるる、ってカンジで。

さすが売れたモノの理由がわかりました。


たのしい。おもしろい。脇役スゴし。

名脇役のオンパレード。


いやしかし。

やはり音楽が持つ、引っ張るチカラというのを

改めて実感。たとえばキモチのカタチが

一枚の広げたハンカチ、だとしたら

裏打ちリズムが一本の糸で、ツンツンって引き上げてくれる。

上へ。でハンカチの下にできた空間にブラスの鼓動が

濃く入り込んで、暴れ出して。

キモチの許容量が大きくなる。

観る前から、ちょっとだけ余裕という容量増えてる気分。


小ネタ満載だなあ。

もちろんツボなのは、未練たらたら兄弟と

スーパーの大倉孝二だわなw。


「リンダリンダリンダ」が公開された去年の夏

いろんなブログで、コレとの比較もいっぱいみた。

女子高生×駆け出し音楽は偶然同じなだけで

どっちがいいとか悪い、とかってのは論外。


セーラー服でジャズ。その出会いエピソードが

たぶん一番の困難だったんだろうと想う。

そこらあたり、「どうやって女子高生とスウィングを

くっつけましょうか?」という討論が重ねられたはず。


想像するだけでおかしい。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日からはじまったTBSの昼ドラ!

主演が斉藤由貴。脚本がクドカンということで見てみました。


http://www.tbs.co.jp/program/syufudearu.html


昼ドラ・・・主婦になった当初は「これが醍醐味かしら?」

と日色ともえさんあたりの主演モノは見ていた記憶。

子育てものの七瀬なつみさんのは楽しくみてた。

それ以降、見たのといえば「薔薇と牡丹」かー。

韓ドラの昼メロ風なものはよく見ているのに

日本のドラマは観てない。


あらすじによると、元ミュージカル研究会の華

現在主婦のみどり(斉藤由貴)に夏目漱石が

宿ってしまう、というなかなか愉快な設定で。

竹下景子がスリムでキレイなお姑さんぶりに

驚いた。わかいなー。

斉藤由貴の体型と服装とカバンの斜めがけに

激しく親近感。もっさりとしたカンジは「主婦」です。

首から下のムッチリはまるで自分をみているようだった。


夫のこれまた大学のミュージカル研究会の主役

たかし(ミッチー)が夢を追い求め、退職。

で、金コマになるんだろうと思う。


子供のつかってないジャポニカ学習帳に

「かけいぼ」と書き、家計簿にするあたりも

これまた猛烈な親近感。


劇中ミュージカルは毎回あるんでしょうか。

なんだかアル予感。

斉藤由貴さすが巧いなあ、歌。

もちろん 内容はスットボケタ歌なんだけど。


面白かった。さすがはじまる前から話題になってる「昼ドラ」。

ただこのテンションが何話まで続くのだろーか。

大学の後輩、川平慈英がこちらの思い通りの濃さを

見せつけてくれます。悪い意味でというか

いい意味なのか、このひとがフレームにいると

はっきりと空気が変る破壊力あり。

それをまた計算しつくしているところがアレなんだけど。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。