・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
バス男

サイコー!!!

これは買います。

タイトルがめちゃくちゃ評判悪いのも計算あってのことでしょ。

裏の裏の裏。か表の裏な、だけなのか。

叩かれるのをわかっていてあえて「バス男」でそfox。


サイコー!!!!

主人公ナポレオン・ダイナマイト。

原題がナポレオン・ダイナマイト。

特典映像をみると、続編もあるのかしら?

な、アメリカ片田舎に住む、どの学校にでもいそうな

オタクくん。

本来ならば、青春大作の脇役のひとりなんだろうけど

そこをメインにもってきて、家族全員情けなさ満載の

キュートすぎな登場人物。

チャットにはまるお兄様。怪しい押し売りの叔父さん。

のどかな町のあやしい家族。


プ・・・なジャミロクワイ・ダンス・・。

すっごく素敵だった。


“バス男”祭、今年も開催=米アイダホ州

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2187932/detail

いいなあ、ナポレオン祭り。


一番のツボは、ナポくんが

ランチのポテトフライをズボンの脇ポケットに

つっこむシーン。ありえねえええ

けど、実はありえるんじゃなかろうか。


ペドロTシャツ、自作したくなります。

光だわ、この映画。

数年後の息子をみているような。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日行った映画館でひときわ惹かれたポスター

「ZIDAN 神が愛した男」

変換するときに、神→髪 となったのも内緒で。


東京は7月15日公開らしいです。

大阪は8月あたりかなあ。たぶんシネリーブル梅田。

このままフランス代表がいい調子ならば、かなりの集客に。


公式サイトhttp://www.zidane.jp/

とありますが、未だ薄すぎ。コンテンツが。

ワールドカップ結果待ちなのかしら。


コピーが「これはサッカー映画ではない」と

断言しております。予告編観たかったなあ。

2006年カンヌ映画祭正式出品作品とな。

土地柄なのか。


↓これはこの映画とは違います。

ジェネオン エンタテインメント
2006ドイツワールドカップ プレビュー VOL.2 FOOTBALL FILES

ほんと、ジダンのあの脚が絡まるようなシュートで

精神的着火されちゃった人は多かれ。

わたしもそう。気を集めて魅せる背中です。

髪のうすいおっさん呼ばわりしてごめんなさい。

おっさん・・というかまだ若いしー。

目もかわいいしー。


4年前ワールドカップ日韓大会でちょっとだけ

選手の名前を覚えたわたしは、CSで偶然みた

「ジダーンジダーンマケレレジダーンフィーゴそしてジダーン」

ってなパスからシュートの実況にオドロイタわけです。

レアルマドの試合だったのですが。

その時から、ジダンではなくジダーンと。

毎回「にわか」なので、熱は醒めてそして4年後でした。


昨日・今日とWC試合がないので

映画へ行ったり、そして「スペインひとり反省会」と称して

録画したスペインvsウクライナを観ておりました。

っつーか、グループ1位のスペが敗退。

スペに4点入れられたウクが残っているのも、いとをかし。


こうなりゃ、ウクライナのミレフスキーに愛を注ぐ。

4年後8年後も楽しみだし。


ジダーンはジダーンでイエロー貰わない程度に

暴れていただきたい。

わたしは髪が薄くて濃くても興味はないが

どうも殿方は気になるようで。

特に、うちの家にいるオトナはいっつも気にしていて

返答するのに面倒くさい。

「ああー薄いね」と言えないじゃないか。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
紀伊國屋書店
ミステリアス・ピカソ 天才の秘密

MoviePlusチャンネルでお昼に観た。

かつて2度ほどみてるんだけど そのたび 鳥肌。

いや・・肌が粟立つ。という表現を使ってみたい昨今。

(「ダ・ヴィンチコード」でよく使われた表現。)

そして涙がでるドキュメント。


ピカソえらい!

カメラが焦点をあわせているのがキャンバスの裏。

というか 素材はキャンバスではないのだけど

透けて色も筆の運びも丸見え。

それを画を描く時間だけフィルムがまわっていて

彩色の順番 こだわる場所が詳細にわかる。

こんなに見せてしまってよいの?ピカたん、なのだ。


筆圧がわかるんですよお。潔い一筆目。

その線ひとつでも、ぞわぞわ・・・っとする。

これが今月最後の放送ということで残念。

ちゃんと録画をしておくべきだった。


1956年のピカソのドキュメンタリー。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

ふむ。小説を読み始めた。

これはラストまでいけるかも。


ちょいと今朝みた映画を反芻。

観る予定のひとは、ここでさようなら~。



ジャンレノ警部がルーブル美術館の

あのガラスのピラミッドを指して

「パリの顔の傷です」と言ったのがとっても印象深く。

結局、そういうことなのか、と。

集約してるよね、あのセリフで。


美しい、と思うひともいれば

まったく逆に屈辱だ、と感じるひともいる。

同じモノをみても。


主役のトム・ハンクス=ラングドンは宗教象徴学の研究者。

いろんなシンボルの意味を解釈する、プロ。

序盤に、簡単にさまざまなシンボルには

ふたつの意味がある、と講義するシーンでわかりやすい。

神は人間だった、のではないかという仮定をめぐる

サスペンスというよりも、

わたしはそちらの「ひとつのモノにも複数の意味を持つ」

というのが強いテーマなのだろうな、と解釈してます。

なんといってもラスト、ラングドンの髭剃り失敗の血が。


それで終わり、というより、いやまだまだこれから。

というフェイドアウト具合。小説ではどうなんだろうか。

映画ではかなりボカしているんだろうな。と読む気満々。


ダ・ヴィンチが遺した謎も、単なる解釈の応用化だけ

なのかもしれないし、ひとつ以上の可能性なんだろうけど。


ひとつの仮定で豹変する人々。

主な登場サブ人物は、表と裏の顔を見せる。

ああ、このひともか、このひともか。

そのたたみ掛けも飽きない要因のひとつだったかも。


あと「人は理解できないものを恐れる」

これも真理だなーと納得。

それを利用したいひと、それに利用されてしまうひと。

カルトのあれこれを想う。


ローズラインも、単なる場所を示唆してるのか?

いや違うんじゃなかろうか、と想ってるんだけど。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
サントラ, リチャードハーヴィ指揮オーケストラ, ニック・グレニー=スミス, キングス・コンソート, ハンス・ジマー
映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック

ジャン・レノ、イラネー!というか別の役者さんでも

可なのでは?ま、ただジャン・レノがいると

日本で興行成績いいんだろーなー。と邪推。


米モノ・宣伝費かけてます!的な作品から縁を切って14年。

ほんと劇場で米モノを観なくなったなあ 久々の劇場鑑賞。

米モノなんだ、と英語のセリフを聴いてへんなところで体感。

字幕はいつものなっちです。ダメかもw。

そんな大型映画を最近あんまり観てないので

見慣れているひとには「ちぇ」かもしれません。

わたしはかなり集中して楽しかった。

すぐに謎は解けてしまったけれどもね。


2時間半の途中、「もう6時間くらい観ている気分」

になったり、これはあくまでも集中していた証拠。

つまんなくて6時間の錯覚、ではないです。

できればあと10時間くらい「聖杯をめぐるRPG」を

マウスで動かしてみたかったです。アレ?


ま、前半はいい具合に仏語のやりとりもあり

そこんとこ横のひろがりがちゃんと理解できます。

土曜日のテレビの特集。牧瀬里穂がマグダラのマリアを

演じたプチドラマのあたりだけ観て。

マグダラのマリアって世界史で知ったときからすんごく

好きで。習ったときは「娼婦」ランクだったかなあ。

なんせ世界史のセンセがお寺の住職さんだったし。

でもワタシ的には惹かれる女性で、

その特集で娼婦扱いはされなくなった、と知る。

っつーか、やはりそういう仮定でもアリだなあ、と。


決めた。来世は美人暗号解読人になろう。

だって、すぐに謎は解けてしまったもの、ワタクシ。

たぶんその特集を観てなくても、わたしは解けたよ。「聖杯」

やはり足りないものにたいして、そのアルものを崇拝する

ことは永遠なんだな、とまとめてみるのも美しい?

あと、利用するひと・されるひと。これも永遠か。

利用してやろう、な野望さんたちが山盛りです。

そもそも宗教も・・・(略

2000年間の縮小版なのかしら。



さて。確信の反転。↓

最初から「薔薇」だ、「杯」だ。ってうるさいのですぐに

「女性」正確には「女性器」だろーーー!!

とトムに電話したくなった。

守りたいもの、守るもの。そのための言い訳。

まわりくどい規律。宗教のことはとんと無知なので

逆に、わたしはいろいろ楽しみました。

それにしても謎解きは大好きで

アナグラムなんてきゅーん、としちゃう。

文字の配列を変えて、真実を隠すっていうやつね。

あとカタカタ回して単語を作るすヤツ。

やってみたい。やってみたい。勘ならまかせて。


それにしてもこの話のなか

モナリザの役目というのは、また反転↓

右からみる 左からみる

その違いが謎を解く鍵ということなの?

なんだか シネコンに並ぶモナリザは

ただダビンチの象徴としての使われ方だったのか?

なわけないよな・・素直に妻、と考えてもよろしいのでしょうか。

と帰り道さっそく小説「上」を買ってしまいました。


それにしてもジャンレノ イラネー!

よかったのは、Sir.リーとダイムラーのsmartかなw。

smartサイコー!とダンナに告げれば

すぐさま見に行くんだろうな、

謎解きではなく、クルマを観るためだけに。


ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード (上)

文庫を買ったら、やたら文字がでかくて驚いた。

しかもルビふりすぎw


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
松竹
ボブ☆ディランの頭のなか コレクターズ・エディション

買っちゃおうかな、とまで考えはじめた。

レンタルで返却するのが哀しいくらい。

映画のなか、ボブ・ディランが何度か歌うんだけど

目線よりちょっと上のカメラ固定、すんごく近い。

それがもはやヤミツキで。ある意味コワイ気もする。


なにがこんなにメロメロになっているかというと

以下観る予定のひとはスルーで。

観る予定ないひとは反転で。

ラストのモノローグが素晴らしい。

っつーか歌詞の一部なの?オリジナルなのか?


>俺は一介のシンガーだった

>物事の意味を知るだけでなく

>何が無意味か知ることも必要だ

>愛する人の能力を知ることに何の意味がある?

>物事は壊れやすい

>規則や法律は特にそうだ

>世の中の姿はすべて我々の姿だ

>一見美しく見える光景も

>高みからは 略奪や殺人がみえるだろう

>真実と美は 見る者によって異なる

>俺はとっくに 答え探しをやめた


このあとに「風に吹かれて」のライブバージョンの声が。

たまらんですのよ。

この数十秒でやられてしまうわけです。

で、手放したくない衝動。

渋々返却しますけどね。

スーパーのチラシの裏に先がつぶれたペンで

走り書きしましたわ。

これをちゃんと保存しておこう。

っつーか、やはりDVDを買ったほうがいいですね。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
松竹
ボブ☆ディランの頭のなか コレクターズ・エディション

なんか久々に観るなあ、洋画。

ひゃっほい!ぱっひょい!な

わたし好みの映画。

なのでもう一度みる。

のっけから、日本語の「My back pages」

でドギモを抜かれました。

真心ブラザースが歌ったカバー。


うーん、ディランの歌声を聴くと

普段は動かしていない気管支の裏あたりが

響く。疼く。いや、心臓の裏か。

おバカな映画に、有名俳優がワンサと。

豪華豪華。しかしおバカ。


DVD特典も豪華らしく

裏チャンネルでサンボマスターが

解説をしたり。という噂も。

それはコレクターズディスクか。

レンタルでは無理っつーことね。


ボブ・ディランの佇まいって

なんかわたしの記憶をくすぐる。

その記憶がいつのものなのか

さっぱり検討もつかないのだけれども。


そもそも「ボブディランに影響を受けて」

という日本人アーティストに影響されていたわたしは

ただただそれに憧れて5枚組ベストアナログを

買ってみたり、NYのタワレコで「want you」の

シングルはじめ、数枚買ってみたり

ほんのほんの輪郭のふちっこしか知らないので

エラそうなことは書きませんが


やっぱりこのひと おもしろい。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東宝
about love アバウト・ラブ/

アジアの映画監督3人のオムニバス。

コレは去年の夏、香港帰りの機内で観て

エコノミーシートで声を押しつぶして泣いた。

そのときの字幕は、英語と中国語。

3つのカップルはどれも、コトバが違うふたり。

その伝わらない悔しさを一緒に体感できたw。

公式サイトhttp://www.aboutlove-movie.com/


DVDを借りてようやく日本語で理解。

それでも、日本語字幕がなくても

伝わるモノは伝わるのだ。


1.下山天監督の渋谷編。

伊東美咲とチェン・ボーリン主演。

世界中探しても、自転車がこんなに似合う俳優は

カレがいちばんだとおもう。

「出会い」がテーマ。で、ラストにふたりがはじめて会話する。

そういうオサレな設定は猛烈すき。

伊東さんの顔があんまり好きじゃないので

去年はかなりいい加減にみてたんだけど

かなりグっときました。

「ハジメマシテ」


2.台北編。監督は「藍色夏恋」のイーツーイェン。

もうコレですよ、これ。泣けた泣けた泣けた。

途中で、これは「藍色」の監督だろうが!と決めつけた。

ふたりのキャラがだいすき。ふたりの距離も。

すれちがう言葉。黒板に書いた漢字。「理解」

海辺のふたりのちぐはぐな伝言。

そして 彼女の左手。雨。

大好き。

「ありがとう」


3.上海編。上海の女の子、とその家に下宿する

渋谷編にでてた 中国語日本語講師。

とうまくループさせてるオムニバスだなあ、とうれしくなる。

蛍光灯の光の使い方がとっても綺麗だったので

てっきり「ションヤンの酒家」の監督かと思ったら

コレは違ってた。その女の子を演じているのが

かつて、わたしを数日混沌とさせた「シュウシュウの季節」

の彼女・・・。はふう。巧いはずよ。


このキャラは少女漫画の世界。

気になる留学生に届いた日本の彼女からのハガキ。

破られてすてられていたのをひろって

テープでとめ、レンジで乾かして繋ぎ合わせる。

想いを胸にひめ

「テ・キエロ」


ひとつひとつプツンと終わったあとに

ひとつひとつ、涙がぽろん。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ワーナー・ホーム・ビデオ
カサブランカ 特別版

1位がコレ、というニュースをネットでみつける。

無難だなあ、が第一印象。名画は名画。

諸事情により、コレもVHSで4本以上所持してます。

個人的にはジャケはコレで。


まだシュリンクついたままで1本保管。VHSで¥3914

そんな時代もありました。洋画セルシリーズがない頃は

VHSで¥16000が普通だった。コレで安かった’88。

名画ばかり集めたDVDシリーズもいまガンガンあって

たぶん500円の商品もあるかも。

50年たって著作権が切れたのだろうと予想。


「カサブランカ」名画という冠があるからこそ、

ウディアレンがパロディで1本作ったり(ボギー、俺も男だ)

例の名場面や名セリフは、その後いろんな映画で

アレンジされて出てきたりした。

どうにもこうにも、このジャケの写真をみると感慨は深く

地球のマントルまで達する勢い。


で。知りたいのは、ビリーワイルダー作品が

どれだけあるか、ということ。

101作品のうち、4つ。やっほ。

読売のニュース を読む。ここに何度も書いてるけど

和田誠著の「お楽しみはこれからだ」の常連映画がぞくぞく。

ああ、わたしは10代のうちに「お楽しみはこれからだ」を

読んでいてよかったなああ、頷く。

深夜に放映される名作をチェックして、録画して

本を片手に「名せりふ」を確認する作業、が好きだった。

「ボギー、俺も男だ」をはじめとしてウディアレンは

ほとんど深夜放映を録画してた。


和田 誠
お楽しみはこれからだ―映画の名セリフ〈PART7〉

コッポラ。アレン。ワイルダー。各4作品づつ選出されてるとのこと。

ああ、「ハンナとその姉妹」も入っているわよね?

「ゴッドファーザー」も3の試写をみるために

前日に怒濤の1と2を買い込み、家に籠もって観た記憶もあり。


ユナイト映画が好きだったなあ。

VHSでみるとき、MGMのライオンももちろんそうなんだけど

ユナイトのロゴがあると、品質保証されてるな、っていう印象。


ここずっと米映画とは遠ざかっていて。

なんだかちょっと懐かしくなったニュース。

マルタの鷹だの、エロール・フリンの冒険海賊モノとかも

きっちり観てたんです、これでも。かつては。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Steve Mack, Jonathan Larson, Tim Weil, Jeff Potter, Anthony Jackson, Daniel A. Weiss, Ira Siegel, Kenny Brescia
Rent (1996 Original Broadway Cast)

525,600分

一年の時間。あなたはどんな風にすごし

何で時間を計るのか?

呑気にCSを見ていたらいきなり

この歌が流れてきた。どっかのPV?

このグループはだれ?

といふ具合の知らない加減。


で、最後に「RENT GW公開」とある。

映画か。レントか。ミュージカルよね。

タイトルは聞いたことはあるけど

一曲ほぼフルコーラスな予告ははじめてかも。


そしてその歌の内容に引き込まれる。

ちょっと某コーヒーメーカーの朗読CMっぽいけど。

公式サイト http://www.movies.co.jp/rent/

うーん、逆にこの予告編だけで観た気分にもなれるかも。

サイトをみると、「あなたの心に火をともす」とか

書いてあるなあ、なんだか歌だけでいいのに。


久々に洋もので見に行きたいな、と思った1本。

すんごい久しぶりだなあ。米もの。

読んでみると、ベースがオペラ「ラ・ボエム」

ますますそそられる。


525,600分のうち、半分以上わたしは睡眠し

起きている半分は、ウシシとキーを叩いてるのかもしれん。

無闇に。闇雲に。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。