・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:

 ←クリックするとグエムルと再会w マル秘映像



これからバイ貝をみたら

この映画を思い出すこと100%w


゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ネタバレばればれ 観たひとだけ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。


観る前からいろんな比喩を含んでいる作品だ

というのは察していた。

でも、観ている最中はあの家族にのめり込んで

そんなことを忘れていた。

ぬめぬめと、じわじわと、観たあとから

アレはアレで。コレはコレか。と効いてくる。


ソン・ガンホの娘へのこまかい溺愛ぶり。

そういや、あのヒョンソちゃんが帰ってくるとき

彼女が背負ったデイパックの底をそっと持ち上げるパパぶり。

彼女の肩の負担にならぬように。

たぶん、いますぐカバンを下ろさせ、パパ自身が持つ勢いでもある。

これはよくわかるなー。

わたしも、子供の荷物が重そうなとき無意識にそうしている。

監督の計算なのか、カンドゥパパ(ソン・ガンホ)の計算なのか。


怪物の陣地wに連れてこられた幼い男の子ふたり。

その前はヒョンソちゃん、「次は、最新のケータイを持っているひとで」

とせっぱ詰まった願いをしてたのに

男児ふたりが餌食に。


彼らは、親も家もなく、食べるためにカンドゥ一家の店を荒らす。

その後、怪物に襲われてヒョンソちゃんの下水道まで

連れられてしまう。上の子が死んでヒョンソはチビちゃんを元気づけようと。

「食べたいものを1から10まで言って」

順番に食べたいものをあげていく男児。

ああ、それって近くの国の象徴なのかしら。と。


最後は、ヒョンソが母のようにカレを抱いて

怪物に呑み込まれてしまうんだけど

その男児だけ生き残るのよね。

ちょっとその展開に驚きつつ、あそこでヒョンソも生きていたら

デキすぎでもあって・・・。なんだか解せるような解せないような。

怪物のクチから出てくるふたりは、

ちょうど産道から出てくる赤子のようだった。ヌルリと。

できればふたりで生きていてほしいいい!!

ヒョンソちゃんの包容力が輝いてました。

そのヒョンソは何の象徴だったのか。自国なのか、

自国民の魂なのか、そのあたりはまったくわかりませんが

韓国で大ヒットしたのは、そこをくすぐられたからなのかもな

とチラリと考えたりしております。犠牲。


アメリカの独断で産まれた「怪物」

いつもはグダグダな家族が巻き込まれ

闘う家族となる。


警察たちは、怪物を追い込むこともせず

ウィルス保有疑惑のその家族を執拗に追う。

懸賞金もかけて。

そこらあたりのチグハグな部分が監督のシニカル目線なのでしょうか。

一致団結するとてつもない家族パワーに

共感を得ているだけじゃないんだろうなあ。


怪物自体も なんか不気味。

ホルムアルデヒドを川へ流せ、と命令するアメリカ軍は

ぜったい不気味。キケンなウィルスが蔓延する

という情報も不気味。


家族の敵は、ヌメヌメな怪物ではあるのだけど

映画は「間違った情報・認識」の蔓延を突く。

チグハグではなく、芯を貫いているのは「助けたい」気持ち。

結局 生き残った男児と生活するカンドゥ。

おなかいっぱいご飯を食べさせるシーン。

冬の夜、怪物のニュースにも気を留めずにスイッチオフ。

「情報」に関してノーという姿勢か。


なんだかヌメヌメもありつつも、包容力、な映画でした。


観て1時間後の感想はこちら◆◆

http://ameblo.jp/natsuko/entry-10016781898.html





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

  ←グエムル マル秘映像クリック



満足。満足。ネタバレありあり。


撃つ。射る。投げる。殴る。


大がかりな化学兵器で闘うのではなく

家族を助けるための、4人の武器がソレで。

ミニマムvs怪物

おもしろかった。観ている途中たぶんワタシのアタマの上

「親父!かっこいいぜえええ」という吹き出しが出ていたと思う。

10列目以降のお客様には迷惑だったと思う。

いや、4列目くらいのお客様のアタマからも

「興奮!!」の吹き出しが出ていたように思う。


ピョン・ヒボン+ソン・ガンホ+パク・ヘイル+ペ・ドゥナの家族が

怪物と立ち向かう映画。という情報だけで妄想すれば

どうにもおバカコメディしか思い浮かばないのですが

きっちりした「愛」の映画でした。

怪物映画、とくくるのはとんでもない。

怪物は出てくるのだけれど、その風貌についてどーでもいいし

いろんな矛盾やどうしてケータイで返信しないのさ?など

どーでもよくなる、孫娘姪を思う気持ちなシナリオ。


実は、ワーワーキャーキャーパニック映画

というものは、ほとんどスルーしておりまして

特に聖林の大作は観たくもないのです。

元々ドンパチ・ドッカーン系は嫌いなのに

お勤めした洋画会社がまったくソレに強くて

心の底で「なんでこんな映画に客が入るのかしら?」と

観客数調査を電話で受けつつ思っていた10数年前。


小学生あたりの頃に観た「ポセイドンアドベンチャー」と

「タワーリングインフェルノ」があまりにも強烈で感動し

大がかりパニックものは、あれが最高峰だとなんだか

決めつけている部分もあって。

という長い自分語りは不要ながらも

他のこのテの映画と比べられなくて残念。


「グエムル」面白かった。


ちゃんと布石を置いていて、最後には回収されるし。

一番最初、店を横切った女の子は、

ソン・ガンホが間違えて手をひっぱった女の子だしね。

次男パク・ヘイルが学生デモの経験があったことも

あとで生きている。

長男ガンホが実はアタマが良い、ということも

アメリカの機密を読みとることにもなっているし。

あ~、ペ・ドゥナの一撃には鳥肌立ちまくり。


それにしても、この3人のおとうさんピョン・ヒボン

かっこよすぎ。

普段はトボけた親父役で観るのですが

一世一代のハードボイルドなシーンあり。

いやあ、惚れます。


それ以上によかったのが、ガンホの娘ちゃん。

黒く汚れた顔で、白目が美しく

「野性の証明」の頼子ちゃんの瞳を思い出した。

男の子もよかったなあ。


ライフル・弓・火炎瓶・標識vs怪物。

でもその武器の分母には「愛」があるからー。


クチコミキャンペーンでメディアプレイヤーで本編を

30分観ることができたのですが

やはり劇場で アレをみると息を飲む。

というか、わたしの場合30分予習しておいて正解だった。

いきなりアレだと、んがごご とちょっと恐怖に陥り体質なので。

レンタルで観る予定のひとももしやいるかもしれないけれど

グエムルは、劇場でヌメヌメしていただきたい。

いや、ビチョビチョ。うーん、ウネウネ。クネクネ。

ヌルヌルか。



その後の感想◇◇

http://ameblo.jp/natsuko/entry-10016792997.html



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

グエムル ~漢江の怪物

のキャンペーンにのっかってブログに

グエムルマル秘映像のサイトを貼っているのですが


ようやくクチコミ30クリックを超え、

ご褒美に30分MPで観ることができました。

これまたいいところでプツンと切れているわけで。


 ←クリックすると 怪物マル秘映像

http://service.crossmarc.jp/xm50/View.aspx?t=2&v=b3ElgE84i4D1jRuUeOtfRF738uCPtZhdKZrP6A1PDYpeZ5qojEFIWkW7cTsikfYzqXhuEjbnkWDALbVINk5QlD6Ku17mdiBs&ocid=174



ごほうびの30分。

なかなか痒い場所で切れているので

背中がリアルに痒くなっております。


60クリック超えたら、でかいご褒美として

2名が韓国旅行が当たるんですわ。

今のとこ、達成5名だけ。

なんという確率なわけ?チャーンス。

締め切りが今月末。

地道に貼っておきます。



まだ参加募集しているらしいので

生・漢江を観たい方は、これからでもどうぞ。↓

http://www.walkerplus.com/viral/special/movie/guemuru/



そういや、夜の漢江の街灯が綺麗だったなー。

橋もひとつひとつ違った個性でライトアップされていて。


グエムル。は悲惨な姿の漢江のようで。

近々、劇場で観ます。

いやあ、それにしてもパニック大作って

ほとんど観たことがない。どう楽しめばよいのやら。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


 ペ・ドゥナちゃんをクリック!


動画で話題作「グエムル」いろいろ観ることができます。


うは!というか

グエムルなのか、グムエルなのか

未だにわたしの中では混乱してます。間違えていたらごめんちょー。








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タキコーポレーション
ラブリー・ライバル

アヒャヒャ。このジャケをみて驚いた。

内容は、こんなラブロマンスじゃないです。

なんだ!このジャケの方向性は。

完全に間違ってます。

韓国で上映したときのポップなポスターは

とってもかわいかったのになあ。

これじゃ、せつないオトナの恋愛に

子供が割り込んでくる・・・という意味となる。

恋愛にはせつなくない。思春期でちょっとだけせつない映画。


韓国版のジャケ


えらく違うでしょw 邦題も「女教師vs女生徒」だし~。



オールドミスの気性激しい女教師と

美人でおませな女生徒との火花飛び散る

コメディに限りなく近い内容です。


女生徒が、「チャングムの誓い」のちびクミョン

イ・ヨンセちゃん。んもー巧い。巧い。

この作品は等身大wだろうから、巧なテクニックは

それほど堪能できず。

この子を最初にみたのは、「威風堂々な彼女」の

ペ・ドゥナの子役で、泣きましたもん、彼女の演技に。

それからちびクミョンをみて、また泣きましたもん。

「わたしは王さまのおんなですから」っていうヤツね。


ヨム・ジョンアの女教師がぶっとびで。

口は悪い、態度も悪い。新任の美術のセンセに

ひとめぼれ→果敢なアタック。

そこでクミョンw演じるイ・ヨンセちゃんとの対立に。

美人な小5と、美人でも性格悪い女教師に

挟まれるのがイ・ジフン。印象にのこらない~。


それもそのはず、オチは恋愛のライバルでもなく

ってことで。

コレをみてなぜ学校にケータイを持っていってはいけないか

わかる気がした。センセの悪事も

録画されてしまうわけで。ブルブル。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ハピネット・ピクチャーズ
酔画仙

レンタルして3週間がすぎるかも・・。ヤバし。

ネットレンタルなので期限はないのだけれども。

一ヶ月分の会費が~!


チェ・ミンシク「酔画仙」

実在する画家。チャン・スンオプの話。

とはいえ、カレに関する逸話は残らず

作品だけが存在しているということで

スタッフが「こういう画を描くひとだからこんな生き方じゃないか」

というところからはじまったということらしい。


共演者としてソン・イェジンは大きく扱われていますが

カレの少年時代の初恋の女性、ということで

出番はほんのちょっとだけ。

それよりも、存在感ありありなのは、女医チャンドク(チャングム)

のキム・ヨジン。迫力ある罵り方。彼女ならでは!

スンオプを巡って、個性的な女性が数名出てくるのですが

う~ん シーツに画を描くスンオプのエピソードは

かなり好きです。赤い色は梅か。

のちに、キムチの赤で花を描いていたエピソードもあるけど・・

それは艶っぽくもなく。


スンオプという画家、酔って画を描き

その才能は素晴らしいのだけれど、師匠(これまたアンソンギ)

の教えも厳しく、模写は完璧なのだけど

「自分の画」へ到達できていないと指摘されれば

屋根の上に登っちゃう。いいカットでした。

師匠との会話は、胸にくるものがアリアリ。

青から藍。藍は青から。

良いお話になってました。芸術を極めたいひとは必見。

あまりにも巧いので、結局自分が描いた絵は

他人の利用のために使われてしまって、

そのあたりの葛藤や拒否もなるほどな、と。


山水画の黒と白。宮廷画家になってからの

鮮やかな彩色。そしてラストの窯の炎の赤。

映画らしい映画の色の使われ方。

監督は、わたしが大好きな「風の丘を越えて~西便制」

イム・グォンテクで納得。

バンソリがこの映画でも流れてた。


でもラストの窯入りは、実は魂だけの昇天かと思ってた。

特典ドキュメンタリーをみて、生身として窯へ入っちゃったのか

とびっくりした次第です。


その映像特典の制作ドキュメンタリーが1時間ちょっと。

すんごいサービス。

これはDVDで買いたい。師匠、イイっす。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

kuma


たまりません!98分、ペ・ドゥナワールド。

しあわせしあわせしあわせしあわせ。

劇場だったから口を押さえていたけれど

「かわいいいいいいいいい」とずーっと言いたかった。


そもそも朝からテレビでスピッツの新曲をチラリと聴き

キュート満開な1日の予感はしていた。


そして待ちに待った「春の日のクマは好きですか?」

もうこれはストーリーとかどうでもいいです。

あ、妄想女ってのは自分にカブル部分が多くて

そこも好きなんだけど、

それよりも全編


ペ・ドゥナのプロモーション映画というべき。

彼女のキュートな表情も、綺麗なスタイルも

その反対のふざけた表情も、だらしない歩き方も

満載。ごく普通のセーターを着ていても

さすが元モデルさん、すんごく素敵。

カルフールwのレジ係さんの役柄なので

高級な衣服を着ているわけでもないのだけれど

彼女が着ていると、輝く。


いろんな衣装がありました。

カルフール制服・デニムスカート・キャミソール

すべてがかわいく映る。ああ、これぞ女優さま。

しかもクマの着ぐるみ姿もあり。


図書館の美術書にかかれた謎のメモから

妄想恋に落ちていく失恋したばかりのヒョンチェ。

これがペ・ドゥナちゃん。

んもーほんと脚が綺麗。前髪もイカス。

妄想まっしぐら。チラシには「逆走」って書いてあったな

それもしかり。


巻き込まれていく人々も味のある俳優さんばかり。

幼なじみドンハが簡易コンロでラーメンを作って

食べるシーンは、泣きました。

ま、そこで終わるはっぴーえんどでもなく。


これは絶対DVD買います。

だって、何度も一時停止をしてペ・ドゥナを

見つめたいもの。

そんな映画は今まで シム・ウナの「Interview」と

イ・ヨンエの「春の日は過ぎゆく」だった。


そういえば冒頭に「春の日は過ぎゆく」を映画館でみる

ヒョンチェの失恋エピソードも。

脇役の子も好き。ひとえまぶたの女の子に実は弱い。


映画公式サイト 

http://www.harukuma.com/



予告編で気になるのは「トンマッコルへようこそ」

あと

チェヒの子役女児が出てる「恋愛漫画」も期待。

オトナ役はキム・ハヌルっすね。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
クァク・ジョエン, 入間 眞
デイジー SB文庫

昨日みた「デイジー」なのですけど

いろんなブログを渡り歩いても、わたしのように

「わかんな~い」人は皆無で。

となると、やはり前の座席の前ノリおばちゃんの

アタマと肩で字幕が読めなかったことが敗因なのか。


皆がそろって「あれはちょっと」的な感想ならば

スッキリするんだけど、という自己中心なわたしですんません。


3人、のうちの2人。

ソンジェとウソンを入れ替えたらどうだろうか。

と考えていて。

だって、こういう表紙やポスターや予告で充分

インターポールのイ・ソンジェ刑事は、当て馬ってこと

バレバレなんですもの。最初から「運命のひと。うふ」ってな

ジヒョンをみても冷めていく客席のわたし。


見た目カコイイ ウソンに一目惚れならわかる。

ソンジェか・・・。

で、ドンパチで生死を彷徨うのは「僕かの」で

ありえねえええーも慣れているし、わたしはアレは好きだった。

慣れてはいるものの、ソンジェが強制帰国だの

ジヒョンは声が出なくなっただの、なんか強引っす。

ほんとラストの「ごめんね」を撮りたいが為の

長い長い重ねたエピソードというカンジで。


前半は、ひとりひとりのモノローグ三人分で

それぞれの視点で出会いを解説してくれているのだけど

ウザいと感じてしまうわたし。ぎょえええー。

クァクジェヨンのベタなロマンチック魔法が

とけてしまったのかしら?!と自分に哀しくもなったり。


黒いチューリップ。白いデイジー。

声のかわりのカード。そのあたりはなるほどなるほど

なのですが。


やはり根本に あんなにかっこいいウソンが

ストーカーまがいな片想い野郎、っていう設定に

感情移入できなかった理由がドカンと。

いや、ソンジェ刑事が小心でジヒョンに片恋ストーカーなら

理解できるし、応援したくもなる。


刑事をヤっちゃったのも、ウソンじゃないしなあ、

ってすぐにわかるし。観客はみんな「ウソンがついに?」

と考えていたのでしょうか。それを考えていたひとには

クァク印のどんでん返しがあって楽しめたのかしら。


と、こんなことにこだわる自分が一番鬱陶しいのですけどね。

「デイジー」好きなかた、ごめんなさい。


フォローすれば、ジヒョンのおじいちゃんが

「猟奇的」でおなじみの俳優さんで、妙にカレが出るところだけ

笑いがこみあげてしまうのも、いけない鑑賞の仕方だったかも

しれません。


公共の場の狙撃大会はどう考えてもイタダケマセン。

そういうドンパチものを今まで観てなかったから

とっても違和感。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
クァク・ジョエン, 入間 眞
デイジー SB文庫

ラスト客席のみなさまのすすり泣き。

その中で、ひとりわたくし「?」でごめんなさい。


映画が悪いわけじゃなく。

テーマ曲が、クァク作品のいつものバラードに

また似ているのかよ!でもなく。

説明ばっかの映画だなあ、は半分あるんだけど。


本編の半分、字幕が読めなかった。

すなわち、ウソンのセリフがほとんどわかんなかった。

で。悲恋に入り込めなかった。という激しい理由。


前の座席のひとは、ウソン目当てらしく

カレが登場すると(しかも登場までが長いw)

身を乗り出して、わたしの視界半分が前のひとのアタマ。

ぬううう。こんな悪環境は久しぶりだ。

しかも胃痛も始まり、さんざんな鑑賞。


オランダの広場キレイだねえ。アムステルダムだっけ。

ゲームでは毛織物の産地です。

でもあんなキレイな場所でドンパチはないだろ。

デイジーの線の細さと、薬きょうフェチだろうラウ監督との

微妙なコンビネーション。

絶対、ガンフェチだろうなあ。薬きょうの音の細かさよ。


あ。主演は「僕かの」「猟奇的」なチョン・ジヒョンちゃん。

薄化粧でオドロイタ。かわいいのですけどね。

今までの映画がアイラインばっちりってことで。

チョン・ウソン。なんか三角関係なのだけど

見た目でストーリーがわかってしまうのもどうだか。


実は死んだ刑事(三角関係の重要なひとり イ・ソンジェ)の

上司が黒幕だったらいいな!と

先日みた映画と本の影響で、ヒネくれてます。


橋から落ちる。画を置いておく。花を置いておく。

カードで「元気でしたか?」

クァクジェヨンのワールドでした。


クライマックス。

ウソンだかジヒョンが「ミレネア」「ミラネア」?

「ごめんね」とゆうのですがその瞬間

眼の前は、以前構築した妄想劇場赤い糸編が。


ほんと字幕をちゃんと読めたらもっと楽しめたと思う。

もったいない。

ということでDVDを待ちます。もうかよ!



イ・ソンジェってあんな顔だったっけ。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

5月27日よりロードショー!?な韓国映画「デイジー」

主演がチョン・ジヒョンちゃん(猟奇的な彼女)と

チョン・ウソン(私の頭の中の消しゴム)という

情報は持っていたのだけど


脚本がまたもやクァク・ジェヨンなのね。

とちょっと興味をそそられる。

猟奇的な彼女や僕の彼女を紹介しますでの

監督だし、脚本ではイ・ビョンホンの「恋愛中毒」で

ポエマーな部分は忘れられません。


この映画の監督は香港のアンドリュー・ラウなのですが。

全編 オランダロケ。

公式サイトhttp://www.daisy-movie.com/


ちょいと別件でシネコンへ行けば「デイジー」のでかい立て看板。

前売り券を買えば、なんかディスクが付いてくるというので

買って観てみました。

中身は「韓国オリジナル予告」「予告の日本語字幕入り」

「日本版特報」計10分もないとおもう。

予告編で本編を想像するのはとってもキケンなことで。

予告と本編はベツモノ感ある作品も多々。

予告編では、ハードボイルドでライフルだの「殺人」だの

を並べまくってます。果たしてそういう内容なのか?

眉唾だわ。


公式サイトのなか主人公タイプ別占いがあって

わたしはヒロインwのヘヨン。

幻に恋をし、永遠の愛を信じるロマンチストです。

だってよ。うは。


ジャパンプレミアはこれからの応募も間に合いそうで。

http://www.daisy-movie.com/premiere/

しかも大阪は チョン・ウソンの舞台挨拶。

1800円は必要らしいけどね。

16日締め切りなのでさっそくハガキ・ハガキ~。

東京はジヒョンちゃんも列席で、はげしく羨ましい。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。