・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:
柳澤 桂子, 堀 文子
生きて死ぬ智慧

NHKで大反響の「生きて死ぬ智慧」

でもわたしが選んだのは↓

新井 満
自由訳 般若心経

今日、買って読んでみました。


夏休みの宿題中の小学生の横で、

「般若心経」を4Bの鉛筆で大学ノートに書き始めてから

早一ヶ月。ただ、子供の手前、なんか勉強するフリ

から始まった鉛筆写経。

元々、朝晩祖母がコレを唱えていたのでなんとなく

覚えてしまってから20数年。

いや、その前。ずーーと昔の小学生時代

テレビのヒーローもの「レインボーマン」で呪文が


あーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい

だった。その時からのおつきあい。

数年前、知り合いの高名なお寺のひとから

「空(くう)」について、教わったこともありました。


それにしても、たくさんあるなー。「般若心経」本。

5~6年前、最初に買ったのが

高神 覚昇
般若心経講義

で、この本をみて鉛筆写経をしております。


新井満さんの自由訳。手にとると本当に自由なので

ちょっと買ってみました。この本の横には同じく新井さん訳の

「自由訳 イマジン」があって、アレレ?!感もありーの。

大きな活字と、美しい色の写真。


受想行識の解釈は、胸のつかえが抜けたカンジ。

それがあるからこそ この地球に「詩」もあるわけで。

あ、新井さんも作詞もされてるのでね。


最後の

ぎゃあていぎゃあてい

という音に、祖母が唱えはじめた頃は「ぷぷ」っと笑っていたのだけど

この音は、赤ちゃんが泣くときの「おぎゃあ」ではないだろうか

と巻末のエッセイに書かれていてなんとなく納得。

生きる・死ぬ。生もなければ、死もない。こだわらず、こだわらず。

自分の役割。いのちの役割。



コレがすべてではないこともわかる。

そうして、柳澤さん解釈の本も読んでみようかなと想う。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
辰巳 芳子
味覚日乗

スープで有名な辰巳さんの文庫を買ってみました。

日々丁寧に生きる、に尽きますね

きめ細やかな思いやりにあふれた家庭料理。

この本は「春夏秋冬」に分けた章の季節のあじわい。

ちょっとした工夫で季節を味わう、ってなカンジです。


と、だらしない文末なわたしには

近づくことすらできません。

家庭人としての心構え。

食べられりゃええんでしょ。ではダメです。はいな。

到底できないような 料理への気配り。

真似てみよう、以前のおはなしで。

漠然とした「あこがれ」なだけで。

まあ毎日料理しているのですが、

同じ作業とは言い難いです。ほんと、ただの「あこがれ」



ひとつひとつの食材にまつわる言い伝えやエピソード

も素敵。

そもそも、わたしは祖母と同居していたのにもかかわらず

彼女の料理は一度も食べたことない。

台所には一切立たない明治女。きっぱり。

食べるのは好きなのに、ぜんぶ嫁にまかせて60年近く。

祖母がこんな料理上手ならば、わたしもいくつかの知恵を

伝授してもらえたのかもしれぬが、所詮他力本願。


「辰巳さまをめざすわ」の最初の一歩として

「氷でいれた煎茶」からはじめよう。p.128

水出しコーヒーは常備してるんだけど

氷で5時間かけて出す「煎茶」は、未経験なり。

なんか、渋くて美味しそう。


辰巳さん、紹介はとてもスマートで

かといって決して押しつけがましくない。

ヒトって文章に出る、というお見本。

景色を語る視線まで、とても美しいんだもん。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
木村 元彦
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

現在書店では、コレがズラズラっと並べられてます。

それもそのはず、「青少年読書感想文コンクール」の

課題図書なのだからして。


ジェフ市原の選手のことはなにも知りません。

そしてサッカー本というのも、ほぼ読んだことがないです。

立ち読み程度。

スポーツ雑誌もほとんど読みません。

なので、新たな世界。

こういう いかにも自分が見てきました戦場&旅行記風の文章が、

スポーツドキュメント本には多いのか~、と想像してしまった。

そこにオマエは居たのかい?その場に!!

という文章にちょっと笑いつつ。

こういうビジネスなんですね、スポーツライターさんって。


まあ、以前図書館でぺらぺらめくってみた小松某さんの

文章と思いこみに比べたら客観的なのかしら?


日本代表新監督 イビチャ・オシム氏の

いままでくぐりぬけてきた人生、サッカー。

とにかく登場人物に「・・・ビッチ」が多くて、お国柄。

サバなんとかさんも多かったかな。

そのあたり、名前と試合内容はほぼスルーな読者がわたし。


91年、民族の勢力争いで、チームの選手起用まで

圧力をかけられ、そして翌年には包囲戦。

どんどんと戦場へと化す祖国。

家族との生き別れ。欧州では商業主義との苦闘。

そして、ジェフへ。と、まったく大雑把にまとめてみましたが

ああ、ボスニア内紛って20年前のことなんだ。

当時は、ニュースで聴いてもとってもとっても

違う惑星の話のようにしか感じなかった。

この監督を知ることで、戦場までの距離、意識の距離が

ほんのちょっとだけ縮んだような。

であるからして、オシム監督の選択は

自ら過酷な状況をくぐりぬけてきたことによる智慧で。


かといって戦争があったからこそか?、という質問には

それはまずい、とあくまでも戦争には否定。

サッカーがわからないわたしでも言葉の重みは感じる。


面白かったのが、日本での通訳をしている間瀬さんの章。

興味深い。

通訳としての機微、もわかる。そしてなによりも

側近ゆえの観察視点がおもしろかった。


最近の比喩で「古い井戸」「新しい井戸」が報道されていて

そのことで、ダンナとわたしの意見は真っ向から対立。

わたしが間違っているのか、

それとも、どうとでもとれるように井戸の喩えをして

こちらに考えさせようとしているのか、

それともまったく別の提案なのか、家庭内ケンケンガクガク

その原因がオシムの言葉、というのもなあ。いをとかし。

古い井戸の水を抜いてしまえ、ということなのか。

古い井戸の水はまだ大事にしとけ、ということの意なのか。

180度違うんですけど。


今夜23時「情熱大陸」でインタビュー。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タイムマシンラボ
スーツ男子

【内容】

スーツ男子愛好度診断
スーツ男子好き女子座談会「キミのスーツに恋してる」
スーツ男子分類図
決定保存版 スーツ男子名鑑
役者の世界のスーツ男子
音楽の世界のスーツ男子
お笑いの世界のスーツ男子
マンガの世界のスーツ男子
スポーツの世界のスーツ男子
もしも…あの人がこんなスーツを着たら?


ハイブライト
メガネ男子

時代はメガネとスーツ。

ということは、キャプテンストライダムの梅田さんは

時代の寵児ではないだろうか。

どっちも兼ね備えているし

しかもスーツが妙に似合うし。


 右が梅田さん。ベース。

やけにお肌が美しくて羨ましかったりしてます。



うちのリーマンはメガネじゃないし

なんか普段から適当なリーマン服で

「萌え場」はまったくない。


メガネ業界。スーツ業界。出版社。

すべては女子に掴まれているわけで。


わたくしとしては「前腕男子」とか「白髪紳士」

とか「一重まぶた男子」とか希望します。

うちの子達がくっきりとした一重まぶた、なもので

ちょっとした光を求めております。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
川端 康成
眠れる美女

川端康成の作品で好きなものは

と言っても全部を読んでいるわけでもなく。

でも愛してます。

いまそこで書かれているような鮮度はなんでごわすか。


「掌の小説」のなか「雨傘」に惚れ

「眠れる美女」で完璧に打ち抜かれました。

もーなんだ あの合法エロ。いや合法じゃない。

息子には当分読ませたくないのですけどね。


いつもいろんな才能さんからバキュンと打ち抜かれているので

先日未マダムからつっこまれましたが

そうです、多くの弾痕から毛も生えるくらいの勢いです。


その「眠れる美女」文庫のなかの「片腕」

今朝も読んでいたのですが

これまた「美女」以上かもしれぬ。

ココんところに反応できるわたしが嬉しい。


爪ですよ。爪。

>おそらく指さきになにが触っても

>女は不潔感にわななくのであろう。


わななく。わななく。

長い爪の陰にまもられているものが 書いてあるのです。


「片腕を一晩お貸ししてもいいわ」ではじまる世界。

蛍火・街灯・蛾・娘の片腕・雨・外套

そっか、わたしは「倒錯モノ」がとてつもなく好きなんだな。

今更・・。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

小説は短編のみ、だっていろいろ覚えられないんだもーん。

なワタクシ。映画に影響されほいほい原作を読んでみました。

アリエナイ。ありえない、こんな自分。


しかも1日半で完読。おかげで知恵熱が出ましたけどね。

なに?この情熱。どっぷりとメディア戦略の真ん中で

踊ってみました。


ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

まさか完全読破できるとは思ってもみなかった。

やるじゃん、わたし。

なんたって、文章が巧い!構成が巧い!

だから引き込まれる。

ひとつの章が短いし、もちろん文も短い。

これに尽きる。


ラスト近く ある女性と主役の学者ラングドンとの

会話では、ちょっと泣けてしまいました。

↑入れ込みすぎ。

そしてラストでは、本を持ちつつ心の中でひとり拍手喝采。

ブラボー!

こんなに引込まれた自分が一番の謎。

さすがベストセラー。内容もそそられるのは確かなのだけど

ほんと、ツクリが巧い!そこで章が切り替わり別場所かよ!

この気持ちは置き去りなの?という、”じらし”が巧い!


といっても、普段ミステリーやら長編を読んでいないので

そういうのに慣れているひとには普通のことなのかもしれません。

よし、わたしはミステリー作家になろう。

あれ?おとといは美人暗号捜査官になるって決めてたんだけど。


先週の今頃は「カンヌで失笑」ニュースが流れ

うふふ・・やっぱりね。と やっぱりがなにかわかんなくても

一緒に失笑していたワタクシ。

テレビでは「あなたの目で確かめてください」と

感想を視聴者への丸投げ態度。それって興行成績をあげる

ための一番ラクな手法で、笑った。

「よし、失笑してやるぞ。ばかメディアめ!」のひともいれば

素直に「観てみたいわ」なひともいる。


わたしは、映画→原作 でよかったと思う。

原作がスラスラ読める。建物がわかっているわけだし

偉人の墓も目に焼き付いているわけで。

いろんな教会を探るところは、3Dゲーム画面のようで。

もちろん、文章での表現も緻密で分かりやすいのですが

カタカナ羅列はわたしは途中下車だったかもしれない。


映画でアレ?な部分も、原作で解き明かされ

なるほどな~、でも それほど重要じゃなかったのか

と思った。本を読んだあとに感じたのは


よくぞあの原作を映画の2時間半ちょっとに詰め込むことが

できたのね!ということ。そりゃ抜けてる部分もある。

これ以上は望まない。とすっかりダヴィファンになってます。

1週間前のわたしとエライ違いです。


こうも受け取れるし、まったく逆にも受け取れる。

二重構造の意味。の、実践とでもいいましょうか。

「失笑」客もいれば、「好評」客もいる。

同じモノをみても、二通りの解釈がある。

この作品のテーマまんま、でなかなかたのし。


いっぱい関連本・研究本が出ているので

めくってみたい気持ちもあれど、それを始めるとキリなさげ。

やはり古代から 人間は

謎と 自分には ないもの に畏敬があるんだな、と。


また折を見て、「ネタバレ感想」を書くつもり。

やっぱりね、りっしんべんに生ですよ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
川端 康成, エドワード G.サイデンステッカー
美しい日本の私―その序説

川端康成

ノーベル文学賞受賞記念講演全文(英訳付き)

を 読んでみた。

決して長くはない講演原稿なのですが

途中で 道元・良寛・一休やらの

ちょっと気になるエピソードありありで

あらまそういえば、と狂雲集を棚から出してみたり

寄り道をいっぱいしてしまった。


歌人・書・茶道・華道・日本画・焼き物 ほか多々

基本は「禅」のこころなのか、

外国人が思い浮かべる「ニッポン」を

美しい日本語で語っているわけですが

実は住んでいるわたしは

あんまりその美を意識してなくてダメだなあと


小学生レベルの感想でごめんなさい。

こんなわたしの脳のなかで何かが弾け始めている

とことは体感。そうかそうなんだ・・・と。

どこに自分は向っているのかは、まだわかりませぬが。


心とはいかなるものを言ふならん

墨絵に書きし松風の音        一休


美。涙。

草稿の写真もある。

タイトル「美しい日本の私」

草稿時は「日本の美と私」・・・普通すぎだ。

やはり「美しい日本の私」

を美しいと感じる。

英訳ページでは

JAPAN THE BEAUTIFUL AND MYSELF


あっちゃー。ANDかー。

なんかいろいろ考えると楽しい。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夏石 鈴子
バイブを買いに

電子文庫を利用したことありますか?

ええ。わたしはおととい【電子文庫パブリ】というサイトで

わけわからぬまま買ってみました。

ほいさ、と簡単に開くことができるもんだと思ってまひた。


ぬぬぬ。と格闘すること数十分。

購入→DLは簡単でした。毎日なにかしらネットで

買い物してますもの。

それを開くためのソフトが必要

そしてフォントを整列させるようなソフトも必要

と、石橋を叩いて渡るひととは逆行する抜け加減。

普通のひとは、ちゃんと説明を読んで購入するわね。

結果、活用できず。


買ってみたのが、もちろん文庫でも持っているし

ひとに大いに薦めている「バイブを買いに」

表紙がこんなんなんで、もしやレジに行くのを

ためらうひとがいるかもしれない。

でも電子文庫ならば、クリックひとつで

すんばらしい文章に出会えるのですわよ、と

人身御供のつもりで試してみた結果、


いまだデスクトップに置かれたまま。

電子と文庫といろいろに申し訳なし。

たぶん、それほど難しいことでもないんだろうけど

わたしの迂闊さが敗因なんです。ぜったい。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夏石 鈴子
いらっしゃいませ

猛烈に好きな女性作家は夏石鈴子さん。

言葉の扱いに余裕があって

その言葉を纏った中身のキモチは

とても柔らかくて。

「バイブを買いに」は短編集なのですが

そのなかの「やっとお別れ」がすきですきで

その「好き」はたぶん愛、に近いんだとおもう。


25日に文庫となった

「いらっしゃいませ」はそこそこ長編です。

あとがきに、単行本にはなかった

エッセイが入っているということで

書店に探索に出かけたのですが

「な」作家のコーナーにそれらしき

隙間を発見しただけで今日は捕獲できず。


春。この時期に出版、というのは

実に見事なタイミングだろうとファンとしては

うれしいこと。

そのタイミング、たとえば水溶き片栗粉を

絶妙なタイミングで麻婆豆腐の中に投入

できて、ツヤツヤのトロトロができあがったときの

ような「しわわせ」感のようだ、と断言する

わたしに、みなさんはヒクでしょうが。


なんたって新入社員のお話。

短大を出て出版社に入社。でも配属されたのは

受付嬢。だからタイトルが「いらっしゃいませ」

そしてひとびとの間の、迷いもありーの。

たぶん、これは夏石さんの実話に

かぎりなく近いものだと思われ。

わたしってこんなために入社したの?

と入社して誰もが一度は感じること。

この時期、新入社員研修らしきグループが

徒党を組んで夕方 疲れ切って歩いてますが

そんなひとびとに。そして一度は

「新入社員さん」だったひとびとはきっと

共感のドツボにはまる予感。


わたしもそうだった。

4月1日。赤いベストとスカートという制服の

自分が信じられなかった。

4月1日。お昼のニュースで

「マービンゲイが殺されました」と聞いても

だれも「えええ?」とも反応しない、

そんな赤いベストな食堂で

わたしの居場所じゃないのかも

と直感したことも事実。

占い師に「いまの仕事を続けていいのか?」

と1500円を支払い 背中を支えてもらったもの。

そのときは「やめたほうがいい」って

言われたかった。そのための1500円ってば。


さすがに3年半でソコは辞めてしまったけれど。

得た技能は、なんのことはなく、

出納帳のつけかたくらい。

でも、その3年半が地味にあったから

次はスムースに転職の渡り鳥と化したのでした。


ほんとどこにでもいろんなひとはいるもの。

でも、いろんなひとの「えええー?」なことなどが、

実は自分の芯を浮き彫りにしてくれてる、

というのはそのときはわかんないものでー。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
佐伯 チズ
佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方 ―今までだれも言わなかったスキンケアの新提案50

ベストセラーを買ってみました。

平積みをチラチラみつつ 読んでみようか

いややめておこうか、考えていたこの夏。

レジまで持っていく判断をしたのは

いますぐ家にある化粧品で佐伯さんのやり方を

実行できる、からだ。


高い化粧品はいらない。

必要なのは、自分の「きれいになりたい」という

意識、っつーことで。

アレは必要、はなく

アレは不要論が多い。なるほどー。

そういうのに、またクラクラさせる技術。

使い方次第、というのは庶民には光。


なんどかテレビで実演もみたことあるのだけど

指で化粧水や美容液を押し込む

という単純なことに、「ほおおお」とうなづき、

それ以来実行。なにやらくすみも

前のように目立たなくなってきたのは事実。


そして、今コレを読んでこれまた驚愕。

もしや洗顔のやりすぎだったかも、わたし。

脂を落とすつもりが、洗うことで逆に

余分な脂の分泌を促していたのかー。

わたしのタイプの肌は春夏肌、という定義で

朝は、ぬるま湯ですすぐだけが良いらしい。

ぬほ!


アレが必要、コレもなくっちゃ

という教えじゃないところが、ぐぐっと引き込まれる要因。


あとがきにあるのが

「素直な人ほど綺麗になる」とのこと。

素直にアドバイスを受け入れられる心が

美への近道、ということですね。なるほど。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。