・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:


非常にクールな12歳。
常日頃から「映画いこーよー」
と一方的に誘うのは、わたくし。
「いきたくない」な12歳。
フツーの小学生ならば「ハリポタ」やら
「指輪」「ジブリ」に興味あるだろうに。
「べっつにー」

そんな野郎が、友だちに誘われて「ハウルの動く城」へ行くという。
子供って800円の入場料なんだねー。と知らずにいたわたくし。
それくらい映画はわたしのソロ活動だった。
わたしの誘いには「いかないー」なのに、友だちだとスンナリ。
ああ、大きくなったものだ。

行く前にサイトを見せて、あれこれ教えるバカっ母。
「でね、カルシファーがね・・・」「ふううん」
その目はまさしく「おかん、うるさい。ネタバレだろ」なまなざし。

帰宅して早々に訊ねる。
「どうだった?カルシファー」
案の定、答えは「べっつにー」なんだそのシラケ具合は!
きゃーきゃー言いたがる母とは正反対なその冷静。

「あのさー最後のお花畑のドアってさー本当は、
相手を想うときに見える想像のドアだと想うんだけどー」
と12歳に熱く同意を求めても、
「はぁ?」と相手にされず。
ああああん。じれったい。目覚める前なのね。映画にも恋にも。

ちなみに一緒に行った友だちは、男児。イブなのにねー。
というわたしは、イブだけど、シゴトまみれで疲労しまくりであり升。

画像はエレクトーン イメージ交響組曲「ハウルの動く城」
AD
いいね!した人

テーマ:
「待たれよ」
↑これが一番ツボだったのもカナシ。
とりあえず「旬」なので観てきました。
ハウルの動く城
元々、ジブリは苦手なわたし。
だめなんですわー、怖い怖い。
説教臭いところばかり気になって。
だからジブリのことは詳しくわかりません。
とりあえずいままでの作品
半分以上はみてるし、「オレはラピュタ派だ」
なんてわたしには異言語もたまにダンナは主張する環境なんですが。
はっきりいって「楽しみに」してた映画ではないのです。突発鑑賞。

今朝の新聞で某Nばらの評があって、ちょっとココロは揺れるわけです。
Nばらさんも好きではないんですが。わがままですみません。
その評のタイトルは「ときめいて泣いて 心は少女」
”ときめき”と”少女”というフォントには弱いわたし。
チャリの鍵を握りしめ、レディースデイ9時45分上映に間に合うように
ペダルを漕ぐ。
ときめき、と少女、があれば観ておかないとなー、へんな義務感。
いままでの知識は、予告編といくつかのblogと今朝の記事のみ。
もちろん今までの作品との比較も、ジブリ苦手なわたしにはできるわけなく。
各作品の町並みは好きですよお。特に「千尋」の階段の町とかね。
だけど、ヘドロが意志や主張を持っていたりするのがコワイんですうう。

さて「ハウルの動く城」
わたしはたぶん2度は観ない。たとえテレビで放映されてもー。
ときめかなかった。だってハウルってなんだか境界線さんっぽく感じません?
そこんとこ「少年像」の意図なのかもしれないけど、髪の色でヒステリー
おこすあたりから、どんどんキモチがおいつかなくなってしまった。
で、なんでそのカレに惚れるわけだ?とかね。そんなこと考えなくても
いいんだろうと想いますが。理想の男子像ってこうなんでしょ?
ナルシストで強がって、ときどき弱い部分をさらけ出す。
そこらあたりぼくたち製作者は知っているんだよアハハ・・・風なんだなあ。
こうやって見せられると尻込み。というか深読みだろうけど。
たしかにそういう男子が好きです。でも嗅いじゃう、わるいクセ。
でさ「個」が寄り合って「家」になるんでしょ。ハイハイ。
ハイハイ、って言うと、いつもおかんから「ハイは一度でしょ」と叱られたな。

もっともっとわたしはハウルにときめきたかったの!んー。
三つ編みなヒロインは、愛するひとを守るため、髪を切り立ち向かう。
肩までの髪は、やはりジブリヒロインの定番ね。そこらあたりは理解できる。
カルシファー、つかめないカタチなもの。心臓、光、命。輪郭。
をちょっと考えてみたり。

うーん消化不良。レディースデイの1000円なので、許す。
それにしても入場者数が記録的とのこと。
リピーターって期待できるのかしら?ちょい内容がー。
ジブリやアニメファンは、あのお城の動きにウルウルしちゃうってわけ?
そこんとこ勉強不足なので、いろんなblogへお邪魔したいと想っています。
ご指導、よろしくお願いします。
あああ、恋したかったなー、クールな魔法使いさんに。
↑まだ未練。ハウルでは夢のつづきを見られない。

追記◇
11/25 ハウルの動く城 指輪考も書きました。



amazonでサントラを買う→ 久石譲, 新日本フィルハーモニー交響楽団
タイトル: ハウルの動く城 サウンドトラック
AD
いいね!した人

テーマ:
1225→1226
2046→2047

1日の隔たり。
1年の隔たり。
壁ひとつの隔たり。ひとりの隔たり。
過去と未来と今の隔たり。


「1」という数字で集約してしまうさまざまな変化を
わたしたちはいつも抱えてるのだが、
知らん顔で通り抜けたフリをする。

主人公チャウと監督wkwは、
その現象の隙間に、逃げ道なのか、ツクリモノを置く。
ツクリモノには過去を付け加えることが可能だからだ。
隙間を埋め、過去に言わなかったコトバを置き
言ってほしかったコトバを、聴かせる。
「イクワ。イク。」
「1」を抜けられず混迷する。
「変わる」「変わらない」
変わることを一番恐れていたのはチャウ。

そして、すべてが「借り物」のアイテム。
香港という街も「間借りだった」
運命の2047年にソコに立つものは、
チャウのように 2046号室でヒトを愛したふりをして
薄い壁を隔てた2047号に戻り、
過去の記憶を抱擁し続けるのかもしれない。

「貸し」「借り」の一夜は、束になり。
ツケは、街や国を越える。
アンドロイドが指で輪をつくり、そこに過去を埋め込めといわれても
やはり過去は自分から切り離せないのだ。
その指の中に告げても、木に穴をほってそこに告げても
次はその指や木が忘れられなくなるものだろう。

ループ。「1」のループ。
貸す未来。返す過去。
わたしも「1」のループの渦。

時々、その中を舞う、蝶のような黒い手袋。
文末を書き換えることに躊躇するオトコのペンに止まるのか。


amazon→

著者: マガジンハウス, 平凡出版=
タイトル: 2046―映画「2046」フォトブック完全版
AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。