・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:

レジェンドクライマックスの前に。
風街レジェンド8月23日のみの出演の方々について。
2日目は1日目だけ出演の矢野さん 鈴木さんのコメントVTRはありお得な感じ。でも1日目には2日目の方々のコメントなくてそこだけ残念。

2日目アイドル早見優の次。客席の多くはすでに1日目のセットリストをスポーツ紙やネットで把握していたらしく座席から腰をあげる影が目立つ。しかし!すらりとした長身の影がみえイントロがはじまると、また急いで席に戻るひと多々。「風の谷のナウシカ」 生の「風の谷のナウシカ」 出演者に安田成美さんの名前をみて「おおお!」と「!」マークが口から漏れてしまった人も多いだろう。松本ファンの中でもかなり話題になった出演者。まさかのご出演。「う・・うたうの?」「しかも生だよね」存在が伝説なのだ。当日のお衣装も覚えていない。ああ安田さんだ。安田さんの声だ。安田さんの歌唱だ。それだけでありがたいと思える存在感。抜群に声が出ているわけでもない。旋律に合致するわけでもない。でもそれこそが「風の谷のナウシカ」なのだ。とすっごく感じた。この歌が安田さんの歌唱が完成形なのだ。もちろん「風街であひませう」の手嶌さんの透明感世界もすばらしいのだけど、安田さんの「ナウシカ」はトップオブトップのナウシカなのだ。美なんです。あの声にあの歌詞とメロディが合うことの確認。優しさは見えない翼なんですよ!ほんと。感動した。それはわたしだけではない。1コーラス終わると、すっごい拍手。温かい拍手。みんな「このナウシカ」を聴きたかったんだ。客席が繋がる一瞬。大きな拍手に、安田さんはニコリとかわいらしくほほえみ、そしてまたこちらも拍手。ステージと客をつなぐのは煽りだけじゃない。こちらが望んでいたものを聴かせてくれたとき、わたしたちは大きく拍手をする。シンプルなことに気付かせてくださった美しいお姿の安田さん。あれがナウシカ。歌い終わりまた不思議な客席一体感。わたしたちいいもの観ましたよね?と微笑み合いたいような。歌詞が活きていることも実感した。

ライブのクライマックス大御所コーナーに水谷豊さん。水谷さんも23日のみのご出演。「やさしさ紙芝居」 水谷さんのCDの特典ディスクに松本さんとの対談があり、「隆さん」呼びの水谷さんと松本さんの関係が眩しかったので、ステージでなにか松本さんに関してのお話をされるとのかな、と思っていましたが歌1曲のみ。一音一音かみしめるように歌う水谷さん。北野先生の面影あったわー。検索したら当時のドラマがオンデマンドで観られるらしく、いつかまとめて見たい。

まあほんと松本作品を歌われるかたの、美人美男の多いことよ。


テーマ:

松本さんの40周年記念ガラコンサート 渋谷のオーチャードホールでのイベント、斉藤さんもご出演された。アンコールで衣装を着替えてきたのが斉藤さんだけで、それはとても印象に残っている。当時の感想はここかどこかに書いているのだが、探していない。いつか発掘する。今回の風街レジェンド、その日よりもとーってもスリムになられて、ぎゅっと絞ったボディラインが強調されるデザインの素敵なお衣装だった。キリっとして微動だにしない表情で丁寧に語るように「卒業」を歌唱。かなりの緊張だったのだろうか。こちらもちょっと緊張を感じた。顔立ちの美しさ・そして鎖骨の輝き(みえたような気がした ほんとうのところはテレビで確認せねば)に息を呑み、歌詞の世界を思い浮かべ行間の感情に揺さぶられる。ギターとフルートの音色がこれまた絶妙な。袖にいらした松本さんもゆっくりとリズムをとるようにご覧になられていた。そのあたりも美しい時間だった。わたしはこの「卒業」の歌詞を全部理解していない。まだまだ自分でわからないと思っている。この詞の深さは上からそっと覗くだけで、底なしだとわかってるから。深さをわかったふりはしない。

2日目は、風街ばんどのインストロメンタルのあと、中川翔子ちゃんだった。1日目は「東京ららばい」だけでちょっとものたりないので、うれしい「綺麗ア・ラ・モード」。ずーっと中川さんが松本さんを崇拝されていることは知っていたので、ステージの上でカノジョ語であれこれテンション高めで作品について語られるのはヤだな、と出演者発表のときに思ってしまった。ごめんなさい。中川さんは、トークなしで実に潔く歌のみ集中。東京ららばいと同じく、とても心をこめて歌っていたように感じた。レジェンド、多くのひとが大瀧作品についてお書きになっているが、わたしは寧ろ筒美作品・細野作品を味わうことができた幸せが大きくある。2日目は、「綺麗ア・ラ・モード」から「卒業」の筒美先生の時代をこえた名曲を連続で聴くってすごいことよ。これは松本イベントか筒美イベントでしか絶対にありえないことだ。筒美先生の華やかな旋律、大好き。そんなことを考えていたら、この2日間で一番多くの涙垂れ流しになった しょこたんタイムであった。ほんと名曲「綺麗ア・ラ・モード」。また中川さんが5年後に歌うところをみてみたい。いや10年、20年、30年、40年。中川さんがこの歌を歌っていくんだろうと妄想してしまってまた、顎を伝う涙。中川さんは、歌詞の大切さをご存じだ。ほんとにそれが伝わって、わたしも松本ファンとしてほんとうにうれしい。歌い続けていただきたい。伝播。

顎からぽたぽた垂れる涙を右手で払いつつ、スクリーンは「EPO」と最初に名前が出る。そうだそうだ、歌詞の一部が最初にでちゃうと「まりや?」と思ってしまう「September」 この歌も当時の次兄との思い出があり。そのあたりも省略するが、発売日にわたしがレコードショップへ予約券をもって次兄のパシリで引き取りにいったのだ。竹内さんのアルバム「Love Songs」のB面にあったと思う。わたしは歌詞の辞書の行でががーんとなり、コーラスアレンジのEPOの名前を覚えコーラス部分ばかり真似していた。ううーん、そんなことが布石だったとは。これもほんといい歌だなあ。辛子色・クレヨン画。1979年以降の秋に、この歌を口ずさまない年はない。7月にEPOの35周年ライブも行ったのだが、伸びやかに丁寧に歌う。コーラス部分を強調したEPOのSeptemberだった。

次はグレイのドレスに着替えた太田裕美さん。ライブは佳境へ。わたしにとってはずーっと佳境だけど。

 


テーマ:

風街レジェンド 1日目が終了したのが23時頃。
ホールから駅へ向かう人々の口からは「よしだみなこ」「よしだみなこ」ときどき「すずきまさゆき」「よしだみなこ」連呼だった。わたしも友人と「美奈子さん、持っていったよね!」と話してた。それくらい 圧巻美奈子さん。

ずいぶん前、松本さんの公式サイト「風待茶房」でチャットが設置されていた。ときどき、紺色の文字の「魔☆」様がお越しになり、ファンと雑談するすばらしい期間がありました。薄ぼけた記憶ですが、たしか一人称の話になり「女性で自分のことを”ぼく”と言うのをはじめて聴いたのは、若いときの吉田美奈子」というようなことを魔☆がおっしゃった。ほおお、ととても強く残る記憶で。その後、美奈子さんに「歌をうたうよう」お勧めされたのも松本さんということを知り、今回の出演者の中に吉田美奈子さんのお名前をみて、巡り巡ってそうきたか!と嬉しかった。80年代は美奈子さんのアルバムを聴き倒していたし、その後ローラニーロのライブ盤とめぐりあい、「あら美奈子さんじゃん すきローラニーロ」と逆逆な聴き方をしてた。でも美奈子さんを生で聴くのは、30年ぶりくらいだった。黒いお衣装、赤のラインがポイントで。髪型はそのまま歌舞伎で激しく毛振りできるようなボリューム。とにかく迫力。

「Woman "Wの悲劇より"」
オリジナルの薬師丸さんは凛とした高音の歌唱。美奈子さんは幅ある自由自在な声、おおおお、ああ美奈子さんの歌だ、声だ、歌声だ。といきなり目頭あつく。ほんと、かつて美奈子さんを聴き倒しているので、つぎのあの音で、あの声出してくるかしら?とか勝手に声の探り合いをするわたし。それが、外れても気持ちいい。すべての声が気持ちいい。サビに行く前から、客席は前のめりで早く拍手をしたくてしかたがない空気が、ぶわーっと広がる。生、ならではのあの感覚。それを感じるのが快感で、ライブ通いがやめられない。すばらしい美奈子世界の空気。完璧な歌詞世界の解釈咀嚼。伝える技術。ああ美奈子さんが三途の川の番人で、わたし見送られている、と体感したもの。あの歌声で見送られたら本望だ。ワンコーラス終わり、お辞儀したところで大きな拍手だった記憶。ほんと気持ちのいい声の幅。まだ何度でも聴きたい。聴きたい。聴きたい。

MC 最初に松本さんに逢ったのは10代のころで。家出少女のような自分を松本さんは 泊まるところないんでしょ、と実家に泊まらせてくれた。宮沢賢治のすばらしさを学んだ。等。おしゃべりもかわいかった。次は「松田聖子さんの」で客席は「おおおお」と。

「ガラスの林檎」
もうコレがすごかった。お衣装の腰あたりの赤いひらひらを両手にもってフリフリしたときから、凄いものが始まる予感があった。いろんなところでいろんなひとがつぶやいたり、書いているとは思いますが。あのピアノとベースが引っ張るスピード。緻密に計算された駆け上る音楽。音楽って、ほんと楽しいんだ。演奏している方々も、ぜったいに楽しいにちがいない。歌う美奈子さんは魔女。わたしは聴きながら、これは毒林檎の歌と命名したくなった。あ、お城の螺旋階段をのぼる魔女だ。スクリーンの美奈子さんの動きにあわせて星が美しく纏わり付く。ガラスの林檎は はっぴいえんど。と以前どこかで松本さんがおっしゃっていたことが、美奈子さんの歌唱で確認ができた。ほんと気持ちのいい音楽。ガラスの林檎がもっともっと好きになった。音楽っていいわ。

「Woman ”Wの悲劇"より」で美奈子さんの見送りで彼岸へ連れて行かれ、その地は天国で。そうこうしているうちにまた「ガラスの林檎」で違うボートに乗せられまた別の彼岸へ。川は1本ではなかった。いきつくところ楽園ばかり。風街だもの。

美奈子さんのステージ、もちろん下手舞台ソデには松本さん。嬉しそうにご覧になっていた。
その後、バンド紹介のインストロメンタル「スピーチバルーン」「カナリア諸島にて」作詞家のイベントで、歌詞のない歌が披露されることのおおきな意味。声がないけれども、客席はみな歌詞を、声を思い浮かべる時間だった。

次 2日目はわたしが2日間のうち一番泣いた「綺麗ア・ラ・モード」 1日目は「卒業」とつづく。









 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。