・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:

今日行った映画館でひときわ惹かれたポスター

「ZIDAN 神が愛した男」

変換するときに、神→髪 となったのも内緒で。


東京は7月15日公開らしいです。

大阪は8月あたりかなあ。たぶんシネリーブル梅田。

このままフランス代表がいい調子ならば、かなりの集客に。


公式サイトhttp://www.zidane.jp/

とありますが、未だ薄すぎ。コンテンツが。

ワールドカップ結果待ちなのかしら。


コピーが「これはサッカー映画ではない」と

断言しております。予告編観たかったなあ。

2006年カンヌ映画祭正式出品作品とな。

土地柄なのか。


↓これはこの映画とは違います。

ジェネオン エンタテインメント
2006ドイツワールドカップ プレビュー VOL.2 FOOTBALL FILES

ほんと、ジダンのあの脚が絡まるようなシュートで

精神的着火されちゃった人は多かれ。

わたしもそう。気を集めて魅せる背中です。

髪のうすいおっさん呼ばわりしてごめんなさい。

おっさん・・というかまだ若いしー。

目もかわいいしー。


4年前ワールドカップ日韓大会でちょっとだけ

選手の名前を覚えたわたしは、CSで偶然みた

「ジダーンジダーンマケレレジダーンフィーゴそしてジダーン」

ってなパスからシュートの実況にオドロイタわけです。

レアルマドの試合だったのですが。

その時から、ジダンではなくジダーンと。

毎回「にわか」なので、熱は醒めてそして4年後でした。


昨日・今日とWC試合がないので

映画へ行ったり、そして「スペインひとり反省会」と称して

録画したスペインvsウクライナを観ておりました。

っつーか、グループ1位のスペが敗退。

スペに4点入れられたウクが残っているのも、いとをかし。


こうなりゃ、ウクライナのミレフスキーに愛を注ぐ。

4年後8年後も楽しみだし。


ジダーンはジダーンでイエロー貰わない程度に

暴れていただきたい。

わたしは髪が薄くて濃くても興味はないが

どうも殿方は気になるようで。

特に、うちの家にいるオトナはいっつも気にしていて

返答するのに面倒くさい。

「ああー薄いね」と言えないじゃないか。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

kuma


たまりません!98分、ペ・ドゥナワールド。

しあわせしあわせしあわせしあわせ。

劇場だったから口を押さえていたけれど

「かわいいいいいいいいい」とずーっと言いたかった。


そもそも朝からテレビでスピッツの新曲をチラリと聴き

キュート満開な1日の予感はしていた。


そして待ちに待った「春の日のクマは好きですか?」

もうこれはストーリーとかどうでもいいです。

あ、妄想女ってのは自分にカブル部分が多くて

そこも好きなんだけど、

それよりも全編


ペ・ドゥナのプロモーション映画というべき。

彼女のキュートな表情も、綺麗なスタイルも

その反対のふざけた表情も、だらしない歩き方も

満載。ごく普通のセーターを着ていても

さすが元モデルさん、すんごく素敵。

カルフールwのレジ係さんの役柄なので

高級な衣服を着ているわけでもないのだけれど

彼女が着ていると、輝く。


いろんな衣装がありました。

カルフール制服・デニムスカート・キャミソール

すべてがかわいく映る。ああ、これぞ女優さま。

しかもクマの着ぐるみ姿もあり。


図書館の美術書にかかれた謎のメモから

妄想恋に落ちていく失恋したばかりのヒョンチェ。

これがペ・ドゥナちゃん。

んもーほんと脚が綺麗。前髪もイカス。

妄想まっしぐら。チラシには「逆走」って書いてあったな

それもしかり。


巻き込まれていく人々も味のある俳優さんばかり。

幼なじみドンハが簡易コンロでラーメンを作って

食べるシーンは、泣きました。

ま、そこで終わるはっぴーえんどでもなく。


これは絶対DVD買います。

だって、何度も一時停止をしてペ・ドゥナを

見つめたいもの。

そんな映画は今まで シム・ウナの「Interview」と

イ・ヨンエの「春の日は過ぎゆく」だった。


そういえば冒頭に「春の日は過ぎゆく」を映画館でみる

ヒョンチェの失恋エピソードも。

脇役の子も好き。ひとえまぶたの女の子に実は弱い。


映画公式サイト 

http://www.harukuma.com/



予告編で気になるのは「トンマッコルへようこそ」

あと

チェヒの子役女児が出てる「恋愛漫画」も期待。

オトナ役はキム・ハヌルっすね。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


シャンプーハットのてつじ、に似ていると

どこかで読んで凹みました。スペイン・カシージャス。

似てるかああ?!


ああ、あの手袋のまま・・とバカ妄想はとまりませんが

さきほど終了した試合で、さよならカシージャス。

また4年後ね!ということになりました。

レアルの試合放送まで追いかけるところまでは

到達してないわたしの愛。


しかも、ダメオシをジダーンにやられちゃっては仕方なし。

ある意味本望。っつーか、美しい。

「おらよ、若造。まだ甘いぜ」と棟梁が脚で教え込む

そんな3失点目。

2点目もFK前からゾクゾク・・・。ジダン入れて!カシ止めて!

が交錯する数十秒。いやもちろんカシへの愛が

大きいのだけれど、ジダンのいいところも見たいしー

複雑な気持ちはわたしだけじゃなかったはず。


ロスタイムでのジダン得点・・・泣けました。

入れられて悔しくて、ではない涙。

ジダーン・・・。


スペインが負けてとっても残念なのだけど

ジダンとあのメガネ監督の微妙なリアクションが

また次も見られるのは、楽しみでもあったり。

次は、ブラジル・・・。


あーそれにしても仏の1点目。カシが前に出ちゃったことで

失点したんだけど、あれは惜しいなあ。

ああいうもんなんでしょうか。カゴの中にいてはいけないの?

やはり前半を1-1で分けて終わると、ヤなカンジで

どうも逆転されちまう・・・トラウマでした。


ジダーンまた黄色もらっちゃって、次どうなるんだろうか。

「勝ち残る」強さと美しさを感じたゲーム。

スペインは4年後も楽しみ。若いんだも。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
沖山 ナオミ, いとう やまね, ヴァレンティナ・マルツィアリ
トッティ王子のちょっぴしおバカな笑い話


昨日は、早朝の喧嘩試合で興奮→疲れ果てて

イタリア×オーストラリア戦をまったく見ることもなく爆睡。


今朝ニュースをみたら トッティのおしゃぶり!

そういえば、アルゼンチン戦で先制したメキシコのマルケスも

長いおしゃぶりポーズ。

ま、サッカーだから手はつかわないから指は汚れてないわよね?

とミューズ石けんのロゴをアタマに思い浮かべるワタクスです。


生まれた赤ちゃんへ捧げるポーズなのね。

とここまで調べました。

ゆりかごゆらゆらも然り。

ということは、加地くんがもしももしもなんかの拍子で

ゴール決めていたら加地おしゃぶりが見られたのかしら?

とよだれ妄想。


それにしてもトッティ、似合うのは何故なんだ。

そして、海外各国のゲイさんたちにはこのポーズ

とても人気らしい。と、ここまで調べました2。


【追記】

再放送を見ました。

うーん、PK前の真剣なトッティと

その数秒後のバブバブトッティとの落差に

これまた心を奪われる男性+女性が多かれ。

たまらんなー。


今朝は、スイス×ウクライナを後半と延長とPK戦を。

意外にあっけなかったPK戦。

そのなかで、アルテム・ミレフスキーがスキになりました。

http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/player/216753_MILEVSKIY%20Artem.html


みつけたナイスな記事は

>こんな健康的でナイスな歯をなんでばかにするんだ

http://germany2006.nikkansports.com/paper/p-sc-tp3-20060627-0014.html

ロナウジーニョ歯並び批判に怒り

わたしも最初はあの口元を「エエエ!」と思ったけど

いまは、まったく気にしません。

健康的です、ナイスです。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

レッドカードの敵同士、しかしバルセロナペア。

なんだか叱られた小学生が

ふたりで愚痴っている映像のようで

憎めず。

オランダ5番と、ポルのデコ。ふたり座って会話する絵。



唯一のほのぼの場面。ピッチは殺伐。



4名退場。情熱というか意地だけというか

ケンカサッカーを生実況で見てなるほどな、と。

実際の戦争を知らないけど、たぶんこんなんか、と。

かなり期待してたけど、こんなファウル合戦・・・

カード合戦になろうとは。遊戯王かよ。

死闘。これが決勝トーナメントっていうことなんでしょうね。


試合が終わって、オランダのサポはちゃんと

選手を称えていた。なんかそのシーンに感動。

前半はボールへの執念という印象だったけど

もう後半は、それをとっくに越えちゃっていて。

格闘技の様相。これもサッカーなんだろうねえ。

ふむふむ。


菜箸もって見ていたわたしは、ひたすら

「早く時間が過ぎますように。終わりますように」

と祈るだけ。

怒りまくっていたポルの監督も、試合終了で

めちゃくちゃ喜んでた。戦いってこうなのか。

なんだか関係ないわたしのアタマにちょっとした着火。

早朝から、なんだか肉を食べたくなってきた。

コレ見てたら。

男性ホルモンに着火してしまったのだろうか。

両国サポーターは荒れるだろうなあ、

テレビで見ているだけでも、「肉食べたい」だもん。


因縁が生まれた瞬間、というカンジ。

ということは、次はイングランド×ポルトガル

きゃーこれまたどうしよう。

もちろんポルトガル応援しますけど。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

敗退組ドリームチーム

http://germany2006.nikkansports.com/news/f-sc-tp3-20060625-0054.html


せつない11名ですが

韓国の李栄杓の名前が!

パっと見、これってだれだっけ?なんだけど

数日前にも書いたように、うちのロバのぬいぐるみの

名前が4年前から「イ・ヨンピョ」なのだ。

その縁でこの漢字に見覚えがあり、「ヨンピョ選ばれてる!」

と家庭内拍手。「おーすげー」

韓国チームをヒイキしているわけではなく

音の響きから「ヨンピョ」


チェコからロシツキとネドベドが選ばれていて救われる。

ほんと好きだったな。チェコの面々。



ちなみにパンダのぬいぐるみの名前は「カカ」。

大会前に「マイケル」から改名したんだけどね。


最近太り始めた次男に「ロナウドに似てきたよ」

と告げたら、すごい勢いで「やだ!ロナウドって呼ばないで」

ときっぱりと言われました。あー傷つけちゃった。

というか、そんなキャラじゃダメじゃん、ロナウド。

しかも「オレはあんなに太ってない」とまで

日本の小学生に言われたくないわなあ・・。


4年前だったら「ロナウドみたい」ってのはきっと

褒め言葉になっていたと思う。

そんな無造作に子を傷つけてしまった母は、

見た目はカシージャス(スペイン)4年前と変わらず

そしてドイツ監督に念を送る。

そして、やはりロナウジーニョへ熱い視線ですわ。

もうねー歯とかどうでもいい。

優れたひとにやはり惹かれる。

長髪で許せるのはカレだけ。


ロナウジーニョはじっくりとテレビでサッカーを見ないんだって。

見てると、やりたくなっちゃうから。・・・って

それってなんて惚れポイント!



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

決勝トーナメントの組み合わせがすんごいことに。

こりゃ、全試合再放送を録画だな、と決めました。

なぜに再放送か、というと 延長戦あり→切れると

試合の勝ち負けよりもツラい気がする負けず嫌い。


今朝の夢では早々に、仏×スペの夢を。

ほんと困るなあ、その組み合わせ。

もちろんスペインを応援しますが、今から

ジダーンとカシージャスが絡むシーンを妄想して

鼻の穴ふくらませています。まいったなあ。


決勝トの初戦。ドイツとスウェーデンだって

「どうしよ。ワタシのドイツ監督とイブラヒモビッチとの戦いなんて」

と試合開始まで目がランランしてました。

いえ、あっさりと前半終えて寝ちゃいましたけど。

所詮、わたしの愛なんてこんなものです。

ドイツ大会、一番最初に目についたのがドイツの監督。

っつーか、その前の日本との前哨戦の時に

チェック入れてなかった自分がダメダメなんですが。


あの日は、高原くんの・・・(略)

何千年も前のような話だわ・・・。


そしてイブラヒモビッチ。

得点なしで大会から姿を消しました。

元々、ギャグマンガ日和という漫画の「フロムアメリカ」

という回。名前だけ登場した(もちろんアメリカ人じゃないし)

強烈な名前だけキャラ。

ふうんユベントスなのね。といってもソレすらよくわからない

フロム漫画のワタクシなのですが

実況で「イブラヒモビッチ!」と聞くたびに

とってもすてきなα波がアタマから出ていたように思う。

ありがとう、イブラヒモビッチ・・・。

スウェーデンの地図をみるとどうにも

海賊に襲われるから近づきたくないわ、と

過去のゲームのトラウマがあるのですが

イブラヒモビッチという名前のおかげでなんだか

勝手な親近な感じ。ほんとありがとう、イブラヒモビッチ。


それにしてもワケワカメなのが

日本選手の成田の出迎え風景。

目を疑った。ナニコレ?

そうです、かつてはわたしも宮本にきゃーきゃー言い

高原の脚のカタチ、ラブ!とハートを浮かばせてました。

最近は、宮本ダメだな。と早々に片想いを

終わらせてましたが。


そっか、お出迎えをしケータイを向け写真を撮る

あんな女の中のひとりだったのか・・わたし。と寒気すら。

キモっ、自分。所詮顔だけチェックのニワカだし。ゆるちて。

成田じゃなくて、たとえ伊丹空港wに降り立っても

出迎えには行かなかったぞ。あれは愛じゃない。

遠回しのイヤミとでもとればいいのか?不可思議。

試合で萎えて、これまた成田シーンで萎えたサポーターが

ン十万人いるんだろうな、と察します。


それぞれの選手の「ファン」の気持ちをネットでみると

生ぬるい。優しさの定義が間違っているとしか。

信じる、ってこういう方向なの?ちょっとちゃうんちゃう?

とボソリと突っ込んで、ブラウザの×をクリックするんだけど

「キャプテンとしてよくやったよ」なんてこれっぽっちも

思えない。これからの期待は加地くんくらい。



今夜は

イングランド×エクアドル

ポルトガル×オランダ うは。たまらんね。


木村 元彦
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最初に書いておきますが、ニワカです。

というブログがたいへんたくさんあります。

ココもそうです。け、何もしらないニワカが!

と舌打ちされるのがちょっとコワイからです。

そういうニワカ日記がキライなひとは

ココを読むのはお勧めしません。



今朝の中田ひ選手の「芝で寝ころびシーン」が気になって

いろんな掲示板で、賛否両論を走り読みしていたのですが

どうにもニワカにはわかりません。

ニワカなので「ひでの熱い気持ちがわかるよー」っていう

ぞっこんまで辿り着けないし。

かといって、「カメラ意識しすぎ、インタビュー拒否」

ってのも、なんとなくそうなの?と疑ってしまう小腹黒いワタクシ。

その中途半端な場所にある自分のきもち。

そこまで真剣に見てなかったのだから、

どっちかにスッキリすることも最初からムリな話なのだけど。

ほんのニワカなどに理解できるほうがおかしいか。

コアファンとアンチのラインがくっきり分かれるシーンで。

一番の問題は、チームメイトwがその姿をみて

なにを思うか、ってことに尽きるんだけど。



わたしが感じたのは、せつないゲームだった、ということ。

観ていて、もうせつなくてせつなくて。

黄色いブラジルの手のなかで転がされていたジャッパン。

ロナウドのためのブラ各選手の美しいお膳立て。


ブラジルユニフォームの黄色が

青の中をチクチクと進む。まさしく黄色い糸のついた針。

パスの一目、ひとめの残像が美しく

緑の芝のうえ、黄色の刺繍糸が描くのはやはり勝利で

美しいものはやはり強いのだな。と。

青の糸は、どうも後ろ後ろに縫いたがり。

黄色はたぶん大輪のバラを描いていたのかも、

と妄想に走りたがる早朝のわたくし。


ただ、ブラ×日本戦を見ていて、どうにも

アタマの中は、第一戦のオーストラリア戦のパスミスを

思い返してしまうのです。

あの日の試合で、これだけパスが通っていればなあ

と。覆水盆に返らず。スピルトミルク。

目は黄色いユニを追っていても、心のなかは

まだオーストラリア戦の炎天下のパスに未練。

あー未練たらたら性格ですわ。


たぶん日韓大会のときにもあったように

チーム内部までドキュメントカメラが入っているだろうに。

その放送を待ちます。

オーストラリア戦の前に、チーム内で、なにがおこっていたのか。

いろいろモメモメだったのは安易に想像できる。

そして、中田ひ選手はなぜ包帯をしていたのか。

試合でのケガなのか、八つ当たりのケガなのか。

まあ、わたしに詮索されても迷惑でしょうが。


「サムライ」という言葉が重すぎたのか

それとも、言葉は知っていても選手の魂に移らなかったのか

そのあたり軽々しく推測してもアレなんですが

中田ひが最後のサムライと観ればいいのか

そのあたり、わたしにはわからなくてスッキリとしません。

それが素直なきもち。



日本にとってボールはボールなんだけど

ブラジル選手がボールに触れると

とたんに動物に変化するのは確かなことで。

猫になったり犬になったり、蛇にもなるし、豹にもなる。

決勝トーナメント、どんな動物を見せてくれるのか楽しみ。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

パソコンがそろそろ寿命かも、と

どきどきしてしまったことと

「ワールドカップも半分試合が終わりましたね」

とテレビで聴いて、なんだかそれだけで

なんだか自分の中ではオワッチャッタな、と2日前から放心。

で、ココも更新もせず。

正直、試合を観てないんですわ。


っつーか、1日4試合になってきたので

もうとんでも追いかけられません。

22時試合を前半だけ観て就寝。

早朝試合を後半だけみて弁当作って~

そしてバランスボールに乗っかって、

BS1で再放送をダラダラ観て、って

すんごくいいリズムだったんだけどな。

1日4試合になってから、もうどうしていいのかわかりません。

べつにわたしが観なくても誰も困りませんが。


萎えたなあ。20日の日程から。

いやただ、疲れてきただけなんですがね、きっと。



今朝は3時半に起きて観ました。ブラ×日本




以上

ロナウジーニョが交代してから寝てしまったことだけ

こっそり告白します。

起きたときには、玉田のインタビューだった。



ごめんなさい。

心を入れ替えて、アメリカ×ガーナを再放送で観ます。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

のような気がする。日本時間早朝試合。

その基本すらまったくわかっていないわたしに

言われたくもないでしょうが。両陣営。


目覚めた後半はじまり、スコアみてびっくり。

チュニジアが1点リード。

っつーことは、カシージャスが苦しんだ場面を

わたしはリアルで観てないってことで

数秒苦しみました。うう、と。

まったく考えていなかったチュニの先制。ひー。


でも、画面はスペイン押せ押せで。

チュニのゴール前の映像ばかり。

それくらい押しても、スペイン点数入らず・・・。

攻めると、ぶをーって白ユニのチュニが増殖する

そんな錯覚のディフェンス。15人くらいいる?錯覚。

テクニック的なこともわかんないけど、

とにかく割らせないディフェンスの面々。

そっか、これがサッカーなのね。と地味に感動。

赤ユニの名うてのスペイン選手が割り込めない

白壁。穴がない。とわたしは思ったの。


最近、抜け抜けのような漏れ漏れのような

試合を観たから 素直に新鮮。


もしやスペインはずっと割り込めないのでは?

と心配すらしてたんだけど、

無事、シュートでGKをひっかけて倒れさせた直後

スコンと網へ。ほっとした同点。

後のプレイバックで、得点直後のカシージャスが

映ってたけど、吠えてた!!かっこよし。

男ライオンって感じで今日も一日がんばれそうです。

↑永遠にばかまっしぐらです。


スペイン2点目は、柳沢選手必見です。

ああやって、【あの角度】だからこそ【足の外側】で

美しくゴール。

チュニジアのディフェンス、どっしりしてた。


前半からはもちろんまた再放送で観る予定。

うはうはカシージャス。

天にむかって吠えてる場面は永久保存。


ネットカム
FT Champs - Real Madrid: 12 Inch Deluxe Figure カシージャス

本日は黄色着用でした。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。