・・・の続き

エヴァ・オーリンも、ペ・ドゥナも、まとめて好き。


テーマ:

子が春休み。
優先してぽすれんで借りてるのが
アニメ「テニスの王子さま」
テレビでは最終回なんだけれどもー。

なのでしばらくコレといってみるものなし。
あ、「新貴公子」の続きは・・ゴニョゴニョ。

キャプテンストライダムの「流星オールナイト」がきて
ひさびさ耳が音楽をほしがるモードに。
30数年音楽を追っかけていれば、山もある、谷もある。
たまになーんも聴かなくても過ごしてまう時期もあり。
一曲との出会いでまた五線譜に吸い寄せられる吸着期もある。

ここ数年(若いひとには長い期間かもしれぬが)
最近の私的クリティカルヒットは、「天体観測」「夜行性」
そして「流星オールナイト」に、覚醒された記憶。
どれもなんだか夜だ。

ちょうど「流星オールナイト」と同じ日にiPod miniが届き
これまた音楽寄りになる必然な出来事。
そういえばちょうど一年前。
「はっぴいえんどBOX」が届き、仕事のない日にゃ 日がな一日
7枚を回し続け、その数日後には「うるさいです」とポストに苦情が。
うへへへ。

それ以来、なんだかスピーカーからドカドカを聴くのをためらわれ。
そっと、そっとディスクを回す日々。
で。miniが届けば こわいものなし。
で、各種boxを詰め込んで持ち歩いております。
古い昔。新しいモノ好きなわたしの兄は、ウォークマンが出たすぐに購入。
パチンコ屋でヘッドフォンしていたら「兄ちゃん、耳悪いんか?」
と言われたほどのヘッドフォン@街 創世記時代の逸話も知っている。

きのうは桜のつぼみの下で、桑名正博「テキーラムーン」を聴いてた。
んもーこれはリリースから27~8年経っているだろうけど、飽きない。
外で聴く海賊の愛も、うひょひょ、と いとをかし。


メーカー: アップルコンピュータ
商品名: Apple iPod mini 4GB (グリーン) M9434J/A
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

DVD-BOXは4月21日発売。
このドラマがなぜに54話も続くのか。
ひとつのトラブルにちゃんとケリつける この丁寧さに
毎回 「ほほおお」とうなずく。

そういえばちびっこチャングム時代、
クミョンも嫉妬からよくない噂を流されたけど、
彼女はちゃんと自分の実力をみせて
周りを納得させてたっけ。
懐かしい~。セヨンちゃ~ん。
今回は、「競い合い」に参加しなかった(できなかった)
最高尚宮に任命されたハン最高尚宮が、ちゃんと自ら
「もう一度 競わせていただきたい」と申し出ている。

ああ、勝負ってそういうものだな、と基本的なことに気づくワタクシ。
噂や身分、というだけで窮地にたたされる彼女は
同じ土俵で決着をつけたいのだ。なんてオトコ前。たとえば、
寵愛されちゃってー、地位を得たらー、そっからいじめられてねー。という
ストーリーではないところが日本の「大奥」とは違うんだろうな。
ちゃんと根こそぎ 原因をとっぱらおうとする姿勢。
うーむ。

ごはん炊き対決、結局のところ「技術」ではなく
「思いやり」でハンに軍配があがったのも、このドラマならでは。
人格あっての最高尚宮。そして今までは綺麗ドコロとしてしか印象に
なかった皇后の凛とした発言も「なかなか言うじゃん」と爽快でした。

スラッカンの混乱のけじめをつけようとする、ハン最高尚宮。
チョン元最高尚宮の教えをちゃんと受け継いでいるしー。
ミン・ジョンホ。あたらしい部署を任されたチャングム。
どっちも追うべき相手は、同じかもね。

周りを納得させて前へ進む、こうでなくっちゃなあ、と木曜夜は
ココロにチカラ拳をつくり、眠っております。


タイトル: 宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX 1
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ごくたまに。
ここまで生きてきた意味、というのを
再確認する出来事があります。

確認しろ!と指示されるその「動き」は
やはり「芸術」「芸」が主で。
う~ん。今日リリースのキャプテンストライダム「流星オールナイト」を
聴いてみれば。あらま しみじみ。生きていてよか(略
またワクワクする音楽と出会えたこと。わたしにはとても大事なこと。

ただただ
いい音楽をありがとよー、なキモチ。
ここ最近、自ら音楽を探索する、ということもあんまりしなくなって
ちょっと自分の曇り加減に嫌気もさしていたのですが

やっほー!と霞がとれた気分。そんな気分にさせてくれる
「流星オールナイト」
永友くん、やはり素の才能なんだろうとおもう。
テクニックのみの「売れるような作り方」という作品には
わたくし、きっぱり「聴かないぜ」と決めております。
そういうのは、もうわかっちゃうのですわ。
売れていても「げー」なの。

2番がこれまた素敵で、わたしの心臓をぐにゅんと裏返される感覚。
内蔵まで達するこの鳥肌シリーズ。
おでこを歌でツンとつつかれて、ちょっと後ろに重心がかかってしまう。

ほんと、こんな甘くて苦い歌を作れるひとが
20代で存在する、という事実にわたしは神様に感謝してしまいます。
ありがとー、かみさま。
うれしくって、うれしくってねえ。


アーティスト: キャプテンストライダム, 永友聖也
タイトル: 流星オールナイト

amazonさん、はやくジャケ写アップしてくださいよお。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

不幸のてんこ盛りー!!
ついに借りることができました。
「ガラスの靴 vol.1」
果たして2以降も借りられることができるのか?
それは霧の中なのですが
とりあえず、どんなもんだろ?
と回してみました。

むむー。韓国ドラマのテンプレート的な事件続出。
しかも、パパがユジンパパだし。
また第一話で事故死かー。(美しき日々もそうでした)
こんなにも遺影がなじんでしまうパパ役の最高峰。

姉妹モノ。妹が生まれたとき、ママンが亡くなってしまう。
父+姉妹=つつましくけなげに暮らすものの
父の会社が不渡り+白血病→そして無念の事故死
残された姉妹。
父の父(つまり姉妹の祖父)は、でっかい企業の会長さんかー。
でも、ユジンパパと会長と、親子に見えない。
ヘタするとユジンパパのほうが、年上に(ry

というとてつもなく悲しい濁流な運命。
キーワードはやはり「靴」なのでしょうか。
シンデレラのガラスの靴。パパンにプレレントした皮靴。
う~ん、彼女たちのこれから、を観るのには
こちらも覚悟がいるのかなあ。
いまのところ、まだ子役時代までしか観ておりません。


タイトル: ガラスの靴 DVD-BOX Vol.1
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


ようやく「純愛譜」を観ました。
もともと 韓国最強の双子ちゃん
イ・ウンシル+イ・ウンジュ姉妹
いまや「ピリュオンジョ」と名乗る彼女たち
目当てでコレを観ようと鼻息荒く。

彼女たちはたった1シーン。
しかし印象はつおく。

コレ好きだなー。タイトルの”純愛”にだまされません、わたしは。
それに釣られて買ったり借りたりしたヒトには不満が残ると想われ。
いやー、ウダツのあがらないイ・ジョンジェ、最高。
ウダツのあがらなさ=「私にも妻がいたらいいのに」
のソル・ギョングや「ほえ犬」のイ・ソンジェあたりの
透明でありつつ圧倒される存在感を思い浮かべるのですが
この「純愛譜」のオタク公務員・ジョンジェもいとをかし、なり。

これまたわたしが好きな「情事」の監督、だそうで
いちいちスキです。カメラの位置とか、バスタブに浮かぶお人形とか。
もーいちいちスキです。ひとつひとつ。

で「スキャンダル」もこのイ・ジェヨン監督だったのね。
んー。アレは、ペ氏のフィルターがつおすぎて、なんだかこまかな
イ・ジェヨン目線が感じられなかった記憶。
ラスト手前の機内のシーンは「情事」を彷彿とさせるしー
ああ、すきすき。こんにゃろー。

モニターのなかの「お人形」、リアルな赤髪。
おばあちゃん家の縁側・風鈴・紫陽花。(これは日本場面
純愛ストーリーを求めてるヒトには、「なに?これは!」と
お怒りでしょうが

英語タイトルが「Asako in Ruby Shoes」なのでよー。
これから観るひとは、こっちのタイトルを気にしつつごらんあれ。
わたしもヒカリモノの靴が大好きで。
そして、この映画にセクシーなイ・ジョンジェを求めてはいけません。
求めなくても、いい味です。この映画のために「武士」の撮影を
断ったとかー。


タイトル: 純愛譜
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ああ、ヨンセン・・・。
わたしも泣いたよー!
ちびっこチャングム・ちびっこヨンセン
そして若き日のチョン(最高)尚宮とのエピソード、それだけで
グググっと胸にこみあげるものがあって
そのほとんどが、カットシーンだったのかしら?と思い出しつつ

ちびっこチャングムたちが出てたのって、去年の10月だっけ。
なんだか遠い遠い遠い昔のような。
ドラマのチャングムの成長とともに、なんだか観ているこちらも
20年くらい一緒に過ごしてきたような錯覚に。

亀っ子ちびヨンセンの屈託ない笑顔に、わたくし毎回ヤられてました。
にまにまーっと。
その笑顔と再会が、あんな悲しいオワカレのシーンだなんて。

チョン最高尚宮の第一印象、「もしや意地悪役?」なんて想っていた
わたしを叱っていただきたい。
すべてにおいて偏らないひと。だから王からも信頼をおかれてた理由。
あ~、ずっと生きていていただきたかった。
まして、ハン尚宮大ピンチ~!な時なのですもの。

火葬される師の亡骸に、泣き叫ぶヨンセン。
わたしの目からはもちろん、胸の上のほうからも
なんだかせつな苦しい液体が搾られる感覚でした。
ああ、これぞ「チャングムの誓い」来週も期待。
皇太后さま~!!


アーティスト: TVサントラ, Alessandro Safina, キム・ジヒョン
タイトル: チャングムの誓い オリジナル・サウンドトラック
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

集中放送の放映時間を
すっとぼけて間違えていたので
「ま、いっか」と友ディスク待ちな
情けない身のワタクシです。

ゆうべは見ました。5・6話。
なんどか前回放送の時も、
パク・ソルミ目当てで観てたので
途中からでも入り込めたのですが。

いかんね、あのイナ(ビョンホン)のスヨン(ソン・ヘギョ)を
見つめる視線の熱さ。みているこっちが照れます。
なんもおふたりの過去の熱愛報道を知らなかったら
フツーに「お、ビョンホン、やけに熱いな」と感じるだけだろうけど
熱愛だの破局だの知ってしまってからコレを見ると
んもー!と妬けちゃいます。
それくらい イイ視線なんだなー、こんにゃろ。

今みると、イナのおじさまとチョンエ・ママのかけあいは
まんま「チャングムの誓い」に引き継がれているわけですね。
チョンエ・ママの声もカンドック夫人と同じ声優さんなのかしら。

ということはー
今夜は「オールイン」→「チャングムの誓い」20時~23時まで
地味にカンドック祭りなのかしら。

いつものことながらぜんぜんストーリーに触れずに申し訳なし。
しっかし、ヘギョンの眉のテンプレートはなんとかならぬものか。
シーンによって、これほど眉が変わる主人公も珍しい。


タイトル: オールイン DVD-BOX 1
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

実は観るものがない状態が続き。
明日には「ガラスの靴vol.1」と
「純愛譜」がポストに届くはず。
それ待ち~、でダラダラ観たのは(失礼なわたし)
「新貴公子」の4話~7話くらい。
気合いを入れて観てなくて、
チェファンの方には申し訳なし。

これを観るたび、チェジウの秘書(チェ・ラン)が
チュ・サンミだったらいいのにな~、といつも想います。
それはちょっと贅沢な欲望ですが。

キム・スンウ演じるミネラルウォーター配達人・ヨンナムくん。
やたら上半身裸のシーンが多すぎ。←以前も書きましたっけw。
わたしはいらんとです。
配達人の集会でカレが「配達人の人権」?について
熱弁をふるうシーンがありましたが
配達人のドラマや映画って多い。
いろんな配達人もいる。速さのプライドってあるんだろうか。

「アタック・ザ・ガスステーション」ではラスト、見事な配達人大集合。
あれはめっちゃ楽しかった。また観たいなー。
「おいしいプロポーズ」では、時のヒト・クォン・サンウが
地味にバイクでジャージャー麺を運んでいたとおもう。
体力勝負の配達人役をこなすことが 有名俳優への登竜門なのか。

あ、「海風」でも若きペ・ヨンジュンが朝食の出前をやってたような。
お盆を持つ姿がういうい。


タイトル: 新貴公子 DVD-BOX
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も観てしまいました。
「プロポーズ」
が、来週も観るかどうかはわからりません。

そして本日も、怪しい美青年隣人
ウォンビンはセリフなし。
きっぱりナシ。
ここまでくると、最終回まで
ナシでいっていただきたい。
犬の名前を尋ねられても、クールな笑みで去っていくだけ。
ウマウマな役ですね。

ラブコメなこのドラマ。
かなり前なのかなあ、電話というアイテムだけみても
古くささは否めず。ケータイも、一台だけ登場。
産婦人科にある電話もでかい。
第一話はキャッチホンで三人会話してましたが、
当時は珍しかったのかしら。

ユラちゃんにあたらしい恋の訪れの予感な第2話でしたっ。
以上!

話はそれますが、電話アイテムが重要なんだな~と想ったのが
「オイシーのが好き」というかなり昔の日本のドラマ。
トレンディドラマのハシリでしょうか。すんません、黴くさい話で。
松下由樹が主役。いきなりなんでこの当時知名度ない娘がメインなの?
と想いましたが、ハツラツさ+スタイルの良さで、ぐんぐん
引き込まれました。相手役が藤井フミヤだっけな。

当時。そのドラマでコードレス電話がバンバン登場したのが新鮮で
子機はもちろんデッカイ。
それを持ち、あれやこれやの恋に揺れる若き出版会社の女の子の話。

そのドラマ前後に浅野温子+浅野ゆう子のドラマで(なつかし)
ケータイ電話が登場するわけです。
箱です。箱でした。ケータイというより、移動電話でした。
肩からぶら下げるのです。でもかっこよかったんだなあ80年後半。

電話が通じない、というシチュエーションが「あった」頃
せつないすれ違いがたくさんあった。
なんでカンチは来ないの?というリカちゃんの困惑も
ケータイが「なかった」からのことであって。

いまも電話関連は、チェックしてしまう。
あたしもあの恋のとき、ケータイがあればなああ・・
と想ったり、当時はなくてよかったんだ、と納得してみたり。


タイトル: プロポーズ DVD-BOX
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
松本隆さんblogで
映画「リンダリンダリンダ」のレビューを読む。
ペ・ドゥナ主演の日本映画っ。
風待茶房マツモト・メモ

あああああああああああああああああああ。
読みつつ、脈速く。
なぜだかわたしが武者震い。
その後、1時間ほどカラダがブルブルと。
なんだろうなあ、この闇雲な無闇な武者震いはナンだ?
あまりにもドキドキすると、寒くなってしまうのはアリで
なんだかガタガタとブルブルしておりました。

で、数時間たって、また落ち着いて読もうと想っても
途中の「じゃ、何に感動するかというと」から
これまた心臓の仕事が速くなってしまいます。
もう、なにさ。なにさ。なにさ。自分の落ち着かない度に呆れ。
あのコトバの美しき配列具合。カーっ。「輪郭」「自我」もうぶっ倒れワード。
そして、目頭発熱。いつものことですがね。
これほどまでに、松本さんに書かせてしまう映画「リンダリンダリンダ」
あのようなコトバを抽出するチカラがこの作品にはあるらし。

「リンダリンダリンダ」メイキングは以前ちらりと観ていて。
そして、10月に大阪の番組インタビューでペ・ドゥナは
「この撮影で覚えた日本語は”おなかすいた しにそう”」
証言も聞いていたんだけど

いやん、予想よりかなりいいってこと?!
以前も書いていたのですが、ブルーハーツの存在は
20代ちょいのわたしにとっては当時影響大、でありながら
もしや今となっては「ただのよりみち」だったのかもしれぬな、
と想っていた時期もあったのも事実。
でも。いま現在のわたしの目の前に、
過去から青い紐がスルリと飛んできて、また捕らわれる寸前かも。
それはたぶんツジツマあわせなのかもしんない。
ペ・ドゥナを知らなかったら、この映画のことも気にならなかったし
そんな不思議な感触アリあり。

未だ、鼓動の+速とまらず。ドッドドドド。

松本隆さんの対談集はもうすぐ発売
わたしはamazonで、もち予約済み~。


著者: 松本 隆
タイトル: 松本隆対談集 『KAZEMACHI CAFE』

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。