こんにちは!

イメージコンサルタントの近藤なつこです♪♬

 

 

昨日スタバに行って、Instagramにスタバで学ぶ、人との接し方」をアップしました☆

 

 

そうしたところ、みなさまの反応がよかったので、こちらでも書こうと思います。

(Instagramより深く!(°∀°))

 

{025246E9-FEF9-4811-BE40-BE9D6972A902}
昨日改めて思ったことなのですが…
 
 
今までスタバの店員さんで、どんなにお客様が並んでいても、焦り狂ってる人を見たことがありません。
 
 
忙しくて余裕がなくて、表情がキツくなったり、雑な仕事をする人を見たことがないのです。
 
 
それどころか、味の好みとか、花粉症ですか?とか、会話をしてくる。
 
 
だけどなんでだろう、結構待ったのに、穏やかな笑顔で応対されると、待った時間なんて忘れちゃうんです。
 
 
感じ方は人それぞれ違うし、ケースバイケースですが、何事も丁寧に対応する心の豊かさって大切なんだな〜と改めて思いました。
 
 

スタバに行って、あったかい気持ちになったことがある人、私だけではないと思います^^

 
 
そこでふと、企業受付時代に役員の方の講話会(ためになる話を聴く会)で教わったことを思い出しました。
 
 
某ファストフード店と、スターバックスの違い。
 
 
某ファストフード店には接客のマニュアルがあり、スタッフ全員がそのマニュアル通りにサービスを提供するように教育している。
 
 
スターバックス には接客のマニュアルはなく、一人ひとりのスタッフが考えて、ホスピタリティを提供している。
 
 
当時このようなお話でした。
(10年近く前の話であり、一語一句記憶できていないのですが、このようなニュアンスだったと思います。)
 
 
そのとき役員の方から教わった言い方で表すと、
 
サービス=決められたことをきちっとやる
ホスピタリティ=お客様(相手)がそのとき求めているプラスαをする
 
という区別があります。
 
 
どちらが正しい!素晴らしい!というものではなく、社風や考え方の違いです。
 
 
むしろ、両方必要
 
 
お金を払うのだから、決められたことはきちんとやってほしい=当たり前の領域
 
 
さらに、プラスαがあることで、また行きたいと思う=感動の領域
 
 
ということになります^^
(と言いながら、今までの自分を猛省中…汗汗汗)
 
 
そしてこの感動の領域が重要。
 
感動の領域=求められる・愛される素‼︎=ファンができる素‼︎
 
なのです☆
 
 
あなたに会いたい!


あなたから教えてもらいたい!


あなたにお願いしたい!


このように必要とされることで、仕事もプライベートもさらに充実しますね( ´艸`)
 
 
これは、髪型やメイク、ファッションも同じです〜(^-^)ノ~~
 
 
大切な人やお客様と会うとき、寝癖を直し、顔を洗い、それなりの服を着る。
 
 
これは身だしなみとして当たり前の領域。
 
 
さらにそこに、
 
 
何色を着て行けばさらに会話が盛り上がるだろう?
 
 
どのようなことに気をつければ、こちらが伝えたい話の内容が、スムーズにお客様の中に入りやすいだろう…?
 
 
というところにまで心を配ることが、感動の領域!
 
 
人は見た目の印象で気になるところがあると、そこが気になって、話の内容がスムーズに入ってきません( ゚д゚)
 
 
印象にも心を配れたら、それは全身から表現されて、必ず相手に伝わります。
 
 
いつものあなたの印象にプラスαを掛け算して、さらにファンを増やして下さい♡
 


印象磨きのサポートはこちらから↓^^

 
◾︎著者 わたしに似合う最強コーディネート 
骨格診断®︎×パーソナルカラー診断 発売中!
自分らしいコーディネート、
ON、OFFのコーディネートのご参考に☆
 
 
◇◇Menu・活動について◇◇