別居・DV・浮気に悩む妻たちへ☆~愛ある家族になりましょう~

『新・良妻賢母のすすめ』認定講師です。
DV・モラハラ・別居・浮気のご相談を承っています。
ご希望の方はメルマガにご登録ください♪

DV・夫からの暴言で悩んでいませんか?
親族や専門機関に「離婚」を勧められた。
本当に離婚しかないの?
…まだやり残したことがあるかも知れません。

幸せな家族をあきらめられないあなたへ。

★「DVにあって、いろいろな相談機関に行ったけれど、離婚しか解決はないの?」
★「夫に離婚を迫られているけれど、どうしたらいいのかわからない」
★「周りの人皆から離婚するしかないと言われるが、離婚の決心がつかない」
などなど

DV・モラルハラスメント、浮気、別居中のお悩みのご相談を承っております。

WEBコンテンツ

● メルマガ

愛ある家族になりましょう~♪配信中!!
ブログよりも1ランクアップした内容で、あなたの幸せを応援します!!
              ご登録はこちらから♪

  

カウンセリングメニュー
● オープンカウンセリング(旧お茶会) 
  月1回開催 10,000円 お茶・お菓子付き
               開催情報・詳細はこちら
妊娠中・子育て中のママの為のうさぎパンの会
  月1回開催 8,000円
              開催情報・詳細はこちら 
● 個人カウンセリング
随時受付中
  ▼対面セッション 
吉祥寺の自宅で行います
    90分 20,000円             

  ▼電話・スカイプセッション 
    90分 15,000円
                申込方法・詳細はこちら
NEW !
テーマ:
こんにちは。芙蓉です。


子どもが可哀想で…


~~~~~~~~


・旦那さまが家から出て行ってしまって、
不倫相手と住み始めた。

・別居になったが、どこに住んでいるのか教えてくれない。



急にお父さんがいなくなってしまって、あなたのお子さんの様子はどうですか?


「パパに会いたい!」
「パパはどこに行っちゃったの?」

言葉が話せるようになった頃から、小学生くらいのお子さんがいらっしゃるご家庭なら、
お子さんの反応に胸が締め付けられるということもあるかと思います。


カウンセリングでよく訴えられるのは、
父の日の参観や運動会で〝子どもがかわいそうだった〟〝父親がいないことで肩身が狭かった〟…というエピソード。


父親を恋しがる子どもの気持ち、一体本人はどう思っているのだろうか?

子どものことは可愛くないのだろうか?


奥さまのモヤモヤポイントが、このような「お子さんの気持ち」であること、本当に多いんですね。


母親はまず、自分の気持ちよりも子どもの気持ちが最優先。

子どもに泣かれるというのが、一番堪えられないことだったりします。

また、子どもの心を傷つけられること、
傷を残されることが、どうしてもどうしても許せない。

その原因が、夫が不倫をして家に帰って来ないなんて理不尽なことであったなら、
尚さら納得が行かないのではないでしょうか?


お気持ち、すごくよくわかります。
私にも同じような経験がありますから。

自分のことはまぁいいとして、
「子どもをこんなに傷つけて、責任を感じないの?」「それでも、父親?」
って怒っていた時期、結構長かったです;^_^A

実際、娘がボロボロになりましたしね。

それは、本当に身を切られるようにツラかったです。


…でもね。

ここで、一度自分の気持ちの整理が必要かな?…って思うんですよ。


私も今だから分かることなのですが…

当時の自分は相当問題をすり替えていたな、と思うんです。


「子どもがかわいそう」と思っていたのは事実だし、
実際娘に泣かれたりボロボロになられたりしたから、疑いもしなかったけれど…

本当は、本当の問題の核心は、
やっぱり自分にあった。ということなんです!

つまり、「子どもがかわいそう」と思いながら、自分がかわいそうだったんです!

言ってしまえば、子どもにかこつけて、
自分の気持ちを封印していたのです。

子どもが父親に会いたがっている、
子どもが不憫、
子どもが傷つけられるのが許せない…


これ、ぜーんぶ自分です。

自分が夫にないがしろにされていることに腹を立てているだけ。

自分が夫に傷つけられたことを怒っているだけ。

子どもは、言わば、だしに使っているようなものなのです。


耳が痛いかもしれませんが。

認めたくないかもしれませんが。

反論したくなるかもしれませんが。

事実は、そうなんです!


だから夫の方は、「子どもをだしに使うな」とよく言って来るでしょう?

「子どものことは可愛いが、お前のことはもうキライだから別れたい」とか。


そういうことを言う旦那さんに限って、奥さんのことを深層心理ではものすごく愛していると思います。

愛しているというか、執着があるからこそ、あえて「キライ」という言葉が出る。

愛している相手から傷つけられたと思っているので、憎しみが出て
「子どもは可愛いけど、お前は憎い」
なんて表現になるのです。


もう、お互い子どもをだしに使って、気持ちを封印したり、
変な表現に ねじ曲げて話をするの、やめませんか?


話が余計にややこしくなるし、更に傷つけ合うだけです。

あなたが旦那さまの立場だったとして、
「子どもが会いたがっているのに、どうして帰って来られないの?」
と責めるような目で言われたら、どう感じるでしょうか?

ものすごい悪者にされたと感じるのでは?

余計に腹が立ち、子どもに会いたくても会えなくなる。
だから、いくら妻が「子どもに会ってやってください」と頼んでも

「お前のせいで子どもにも会えない!」
と、一見理不尽なことを言ってくるのです。


もっと、シンプルになったらいいと思うんですよ。


悔しいのは、私。
あなたに出て行かれて辛いのは、私。
かわいそうなのは私…
で、いいじゃないですか?

子どもがお父さんに会いたがっているなら、子どもが言えばいいのです。

言わせる必要もありません。

言いたければ自然に言いますし、
言えないのならそれはそれで理由があり、
父子の問題です。

母親が介入し拗らせることの方が、問題が大きくします。


ただ淡々と、日々の子どもの様子を知らせたり、写真や動画を送るのはとてもいいことだと思います。

父親がどう受け取るか、自由に任せて。


別居生活の途中で、
「子どもがかわいそう」と感じたら、
自分の気持ちの整理の時だと思って間違いありません。

本当に可哀想だとおもっているのは誰なのか?

本当に慰めてあげなくてはいけないのは、自分なんじゃないか?…って、
心に聞いてみてくださいね。






  





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。芙蓉です。


不安で堪らない時は…


不安で堪らない時は、換気扇の掃除をするといい。


そんな話を聞いたことがあります。


換気扇の掃除って、ちょっと「やるぞ!」と思い立たなければできなくて、

始めたら集中力が必要で。


やり終えたら、かなりスッキリ気分になる。


この、スッキリが精神衛生上とてもいいそうですよ。


「換気扇の掃除なんてしたくない!」

そう思うかも知れませんが、そこを切り替えて、

換気扇、トイレ、お風呂場の排水など…

「汚い!」と感じるようなところを敢えて掃除してみる。


すると不思議に、心の中の触れたくない汚いものと反応するんです。


換気扇のベトベト油汚れが取れた時、

「あ~  私の心のドロドロベタベタな不安な気持ちも、こんな風にキレイになるんだな~」

と自然に思えてしまうのです^ ^


~~~~~~~~


「そんな子ども騙しみたいなこと!」
「今の問題がら根本的に解決するって思えなかったら、この不安は収まらない!」

そう思いますか?

例えば、旦那さんが不倫相手と別れたという確証を得るまでは、不安は消えないとか…

旦那さんが離婚を取り下げてくれて、
「もう一度一緒にやっていこう」
と言ってくれなければ、この不安は解消しないとか…


別居がいつまで続くのか?…との不安から、とにかく再同居の方法を模索して、なかなかうまく行かずにイライラしている人もいますね。


気持ちはよくわかります。


だけど、ハッキリ言いますが、それはあまり良い状況とは言えません。

なぜなら、それは「自滅」している状況だからです。



夫の不倫。
離婚のゴリ押し。
別居が長引く。
レスや無視…。


そういった自分にとってツライ状況の時。

不安で苦しい気持ちをどうにかしたくても、
そういう時って、事態改善のために自分の出来ることは限られているんですね。

夫にも「気持ち」というものもあるのですから、なかなかうまく、自分の思い通りには なりません。

不倫が終わったり、
離婚を取り下げてくれたり、
別居が再同居になったり…
には、かなり時間がかかるのです。

早く不安から逃れたくて、焦れば焦るほど、事態を悪くすることさえありますね。



「不安」という感情は、エゴです。
おそれの世界です。

それに飲み込まれると自滅…すなわち一番好ましくない結果を自ら引き寄せてしまうんですねガーン


私の思い通りにならなかったら、どうしよう汗

私はどうなってしまうの?

私は?私は?

…と、結局、自分の保身のことしか考えられなくなってしまい、雁字搦めになっている。


そういう時はいっそ、自分のことを考えないようにすることが、
最良の解決策だったりするんですよ^ ^



私が過去、夫と別居していて、
生活費もどうなるかわからなくて、
離婚!離婚!と、夫から猛攻撃を受けていた時、

不安がなかった…と言えば嘘になります。

この先どうなるのかさえ分からずに、
時々不安で心が押しつぶされそうにもなりました。


そんな時、何が私を救ってくれたかといえば、
淡々と日常生活を送る…ということだったんですね。

家事をして、当時は介護の仕事をして、
子どもたちの世話をして…

それがキツイとも感じていましたが、
仕事も子育ても目の前のことに夢中になるしかなくて。

仕事先には、生きているだけで大変な人がいっぱいいました。

自分のことではなく、人のことを考えている時間がたくさんあったのです。


結果、それが良かったんですねキラキラキラキラ

人のために、人の幸せのためにと考えることが、
自分の不安を感じている時間を短くし、

全く別なところからやって来る喜びや感謝が、心を占めるようになり、

不安で自滅しないで済んだように思います。





不安に押しつぶされそうになる時は、
応急処置として、換気扇の掃除をしてください。

次にトイレ。

その次はお風呂場のカビ取りや排水口の掃除。


そして、敢えて人の幸せを願いつつ、淡々と日常生活を送りましょう。


不安の原因を排除するよりも、
ずっとカンタンに不安が消え去って行きます晴れ























AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
こんにちは。芙蓉です。

旦那さまとのコミュニケーション。

言葉の選び方や態度から誤解されて、関係がこじれてしまうことがあります。


旦那さまに本音が話せていますか?


以前もこのテーマで書いたことがありますが、
あまりに本音で話せていないご夫婦がいらっしゃるようなので、
今日も「本音の伝え方」を書いてみますね。



~~~~~~~~


本音…自分の気持ちをストレートに分かりやすく旦那さまに話すこと。


簡単なことのようで実は、とても難しいことかもしれません。

何故なら自分の本音が、よくわかっていないで話している。

女性にはアリガチなのですあせる



男性はよく
「お前の話は何を言っているのかわからない!」
「結論はそれでナニ?むかっむかっ
そんな風に言ってくることがありますよね。


女性は、話すことで心を軽くするので、
話の結論はあまり重要視しません。

「話し合い」といいながら、話すことそのもので相手との心の繋がりを確認するだけ。
話して、聞いてもらえたらそれで満足なんですね^ ^

だけど、男性の「話し合い」は、結論が必要です。


いわば、勝つか?負けるか?
俺の意見に従うのか?従わないのか?

…極端に言えばそんな感じなんです。


~~~~~~~~


男性が女性に恋愛感情がある時は、例外です。

女がどんな退屈な、わけの分からない話をしたとしても、
優しく聞いてあげることが難なく出来るんですね。;^_^A



でも、恋愛感情が冷めてくると、

「オメー、なに結論のない話してんだよっ!」
「話を聞くの、メンドくせー」

って態度になってきます汗


結婚して何年か経ってくると、いつまでも妻のダラダラ話に優しく付き合ってくれる夫の方が珍しいかもしれませんよ~ニヤリ


でも!


女性にしてみたら、そのダラダラ話こそが大事!

ダラダラと結論がないように見せかけて?

実はその中に、伝えたい大切な本音が隠れていて
「察して!」「わかって!」と思っている。

察してわかってもらえないと、
「愛されていない」と感じてしまう。

そうではないでしょうか?

「今の話の中で、結局あなたの本音の部分は何ですか?」

そう聞かれると、うまくまとめられない。

本音?本音?…う~んキョロキョロはてなマークはてなマークはてなマーク




何となく、何がイヤだ…とか、
腹立つとか、
感覚的なものはあっても、

「これが本音です!」
「これが伝えたいんです!」

とハッキリさせるのが苦手。

旦那さまが自分の気持ちをわかってくれないことで、イライラむかっむかっ

大事にされていないような気持ちになって

夫婦の間に不協和音が鳴り響く結果を引き起こします。


~~~~~~~~


私の場合のお話をさせて頂きますね。


日常の、どうでもいいようなくだらない冗談だらけの会話は別として、

夫と「話し合い」が必要な時は、かなり入念な準備をしています。

頭の中でシミュレーションするだけでなく、
ノートに書きながら自分の本当に伝えたいことをまとめるんですよ。

どんな言葉を使ったら夫に伝わりやすいだろうか?

誤解されずに伝わるだろうか?

なるべく短く、優しい柔らかい表現を使うようにと考えています。

それでも、誤解されてしまうかもしれない。

そういう場合はどうするか?

その後の自分の気持ちを想像して、折り合いをつけるシミュレーションまでしておきます。


そこまで労力を使ってでも、話したいと思うことは、私にとってすごく大切なこと。

それは、伝えなければ前に進めないことなのです。


でも、考えているうちに
「この気持ちは自分で折り合いがつくな。
夫は関係ないな」
と思えることもあります。

そういう時は話さない。

必要がないから話さない、ということも夫婦関係を良好にするための大事なことだと思ってます。


夫婦だからこそ。

本当の気持ちは伝えたいし、わかっていてほしい。

仲良くあるためには必要なことです。

でも、無駄や余計なことを省くこともとても大切なことだな~と、日々痛感しています^ ^


夫のエネルギーを無駄に奪わない。

すごくすごく大事ですよねウインク


















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。