パリ7区 ワイン・シャンパーニュに囲まれたくらし

フランスワインに恋して、フランスにやってきました。
日本でのワイン輸入業を経て、
現在はパリ7区・エッフェル塔近くにて、日本向けにワイン生産者紹介・輸出を行っています。

美味しい日本未入荷ワインにご興味のある方は、直接メッセージをお願いします。



テーマ:

(お酒は適量で愉しみましょう)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

PR: シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

 

お久しぶりです!

9月に娘を出産したのですが、産前産後のトラブルで、

病院&家にこもって大人しくしていましたが、

やっと3か月に入り、体調も安定してきたのでちょっとしたチャレンジを・・・。

 

そろそろ生後100日を迎え、(ほっ) お食い初めをしよう!と思い、

食材の揃わないパリで無謀にも決行することにしました!

 

お食い初めとは?

赤ちゃんが一生食べ物に困ることのないよう祈りを込めて、生後100日~120日を

目安に、料理を食べさせる真似をする儀式。一緒に、丈夫な歯が生えてくるように

歯固めの儀式(石のような歯が生えてくるよう、石を用意する)も行います音譜

 

料理は鯛の塩焼きお赤飯煮物吸い物、香の物から構成されているのですが、

食材にもそれぞれの意味があり、どうしても揃えたかったので

れんこんなどのアジア系食材は13区の中華街で一週間前に購入。

鯛やお吸い物用の蛤、香の物に使うタコなどは、近場の6区のマルシェで調達しました。
MARCHE BIO RASPAIL

 

 

 

6区のマルシェ

 

 

は新鮮なものが欲しかったので、お食い初め当日の朝に購入。

自動代替テキストはありません。

フランスではグレーの鯛がメジャーで、赤い鯛はあまりないので見つけるのに

かなり苦戦しましたあせる

当日の朝から6区のビオマルシェ6区の魚屋ボン・マルシェのデパートを必死の

形相で回り、ボンマルシェに赤い鯛、最後の一尾があったときの嬉しさといったら・・・・・感動!

 

タコも、なます用だけなので、足一本だけでいいのですが、こちらのマルシェでは

丸ごと買わなければいけないようで・・・これは、家の近くの7区のお魚屋さんに

電話して一本だけで予約できたので、ボンマルシェの後に歩いて向かいました。

抱っこ紐で魚探し行脚したので、疲れた・・・!

 

すでにこの時点でクタクタでしたが、気合でつくりました!

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

じゃーんちゅー

 

日本でお食い初めをされている方のレベルからは程遠いかもしれませんが、

パリで自分ができる精一杯を、娘への思いを込めて作りました。

 

 

育児の合間の料理だったので、お赤飯となますの漬ける用のお酢は他の日に作り

当日用意するだけにしていたのですが、すべてできたのは夜8時。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

鯛は鱗だけ取ってもらい、下処理はYoutubeで予習しておきました(笑)

 

この日は娘も興奮してなかなかお昼寝できなかったので、いざ始める前に

ギャン泣きしてしまい、結局ちょっと外に出てウトウトさせてから仕切り直し。

 

食べる真似などいろいろ儀式を行い、

全部終わったのは11時頃でした。

 

どうか、どうか、食べ物に恵まれた人生を歩めますように。

 

 

 

ぜひ、応援お願いします‼︎

⬇︎⬇︎⬇︎

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ

 

ありがとうございます♥

 

 

 

 

シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

(お酒は適量で愉しみましょう)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

PR: シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

 

日本での楽しい滞在が終わり・・・パリに帰ってきましたデレデレ

よく食べて、体重も妊娠前+5キロ太りました。

(あまりにも増えなくて本気で心配だったので嬉しい・・チュー

 

おなかのベベちゃんも、どんどん活発に動くようになってきて、

毎日見てて「お~ぽっこりおなかが隆起してる」と楽しんでいます。

 

 

さてそんな中パリはサッカー一色。

エッフェル塔前の公園のシャン・ド・マルスも

ファンゾーンといって、サッカーラブ(ファン)の

人びとに嬉しい観戦場と化しております。

 

image

日曜日にはフランス×アイスランド戦で大盛り上がり。

身重な私は夫と人込みを避けてうちでゆっくりしていましたが、

エッフェル塔から遠くないせいか、どちらかが点を入れるたびに

雄たけびが聞こえてくる・・・

 

普段全然サッカーには興味がないのに、珍しく全試合見てしまいましたよ照れ

 

シャン・ド・マルス一帯は、試合のある日は交通がブロックされていて

車が通れない状態&常に警察がいる状態になっているので、

最初はバスも使えなくて不便でしたが、今は「公害が少なくていいわ~」と

気持ちに余裕が持てるようになりました音譜

 

 

あとは来月から臨月なので、今更ですがベビーベッドや

バギーカーなどを探しまくっております。

洋服も、ソルド(セール)の時期なので、かわいいものがお買い得値段で大放出~ドキドキドキドキ

 

image image image

今まで色んな方の出産祝いで贈っていたジャカディやヌマエを、

ついに自分のべべちゃん用にゲット!(でもセール)


赤ちゃん用の洋服は姉からたくさんもらえる予定なので、

あんまり今から色々と揃えても、数回しか着なかったら

勿体ないよーと言われつつも・・・可愛い服がありすぎて困ります(><)

自分の服はここ数年衝動買いなんてしたことなかったのに、

恐るべしベベパワーちゅー

 

基本的にその他の物にはあんまりこだわらないので、

安全でベベちゃんに心地よく、比較的綺麗な

中古ベビーカーとかがあればそれでいいんだけどな~。

 

まだたくさん揃えなくてはいけないものがあるのに欲望が抑えられない

私への応援、ぜひお願いします‼︎

   ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ

 

ありがとうございます♥

 

 

シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(お酒は適量で愉しみましょう)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

PR: シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

 

いよいよ6月に突入ですね。

 

日本では例年よりも早い梅雨入りと聞いていますが、

 

今年はじめじめとした天気が少ない年になるといいですねイルカアセアセ

 

(パリは雨&寒さ続きで、リヨンでも洪水被害があったそうです・・)

 

 

最近は、パリでも試飲会が多いので、吐き出しまくりで試飲会をはしごしております。

 

 

そういえば先日、パリの星付きレストランのソムリエが集う、

 

ガラ・デ・ソムリエに招待いただいた時の話をしました。➡︎その時の記事はコチラ

 
その時に興に乗った、パリソムリエ協会の偉い人が毎年恒例で
 
行なっていることが面白かったのと、最近始めたインスタグラム
 
人気が高かったので、こちらにも載せます😊
 

 
なんというお茶目‼️
 
この前にもオペラを歌って、プロ並のパフォーマンスに、アンコールが鳴りやまず、
 
これは二回目に登場されたところをバッチリ撮影してみました牛
 
 
協会のお偉いさんがこんなにお茶目なんて…
 
 
パリのソムリエ協会に共感赤ワイン乾杯
 


応援、ぜひお願いします‼︎

⬇︎⬇︎⬇︎

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ

 

ありがとうございます♥ちゅー

  

  

シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(お酒は適量で愉しみましょう)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

PR: シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

 

 

こんにちは!

まだ寒い日が続くパリです・・。今日は少し晴れ間が見えましたが、

また今週末から雨が降る模様・・。

 

去年の心地の良い春とは打って変わって、本当に気候って毎年よめないですね。

 

(日本の友人からは「毎日快晴であたたかくて過ごしやすいよ~」と聞き、

なんとも羨ましいです・・・。)

 

 

日曜日に訪れたドメーヌ・デ・ランブレイですが、カーヴも本当に整理整頓されていて綺麗でした。

image

 

ワイン造りって、ブドウジュースが発酵した後に圧搾して、樽詰めした後にもやることがたくさんありますよね。

 

樽の中の蒸発した分のワインを補充するためのウイヤージュの作業などもそうですが、

 

ワインの樽詰め中にワインをこぼしてしまったり、汚れる作業が多々あります。

 

 

たとえばポンプを使った樽詰め作業

image image

※この画像はドメーヌ・デ・ランブレイとは関係ありません

 

この作業はカンが頼りで、樽のなかのワインが一杯になってきたかを知る判断材料が

 

ワインの流れる音だけなので結構難易度が高く、若い醸造士泣かせの作業のひとつでもあるのです。

 

(ポンプを止めるのが遅すぎると、樽から放出するワインのシャワーをかぶることに・・・もったいない~あせる

 

 

でもこのドメーヌ・デ・ランブレイでは石でできた床もワインのしみひとつなく、壁もカビくさくない!

 

いつもしっかり清掃しているということですね。

 

 

ワインって自然の産物なのでもちろん自然の酵母バクテリアは必要ですが、

 

不衛生だとワインがビネガーに変わってしまうこともあるので、

 

衛生管理って本当に大切。

 

(カーヴが清潔だと、余計なもの・例えば殺菌作用のあるSO2をワインに直接たくさん入れなくても健全なワインができる)

 

 

例えば、以前私がワイン造りのお手伝いをさせて頂いていたブルゴーニュのドメーヌも、

ワインを詰める前に入念に樽の内部を洗浄&内部でSO2を燃焼させて消毒していました。

image image 

洗浄中 & SO2燃焼中(この後樽に入れて、SO2の煙でしばらく消毒します)

 

良いものを造ろうとするドメーヌほど、余計なものをワインに入れないために、衛生管理には気を配っているのです。

 

ドメーヌ・デ・ランブレイも、100年以上も前から存在する地下カーヴが、こんなに手入れが行き届いているということがあっぱれクラッカーでございます合格

 

 

ちなみに、使われている樽は全て、有名な樽会社のフランソワ・フレールでした。

 

image

 

近くで見ると熟成中の樽の栓がガラス製だったので、珍しい!と思って聞いてみたら、

 

なんとカーヴをより美しく見せるための、LVMHによるただひとつのドメーヌへの要望だったそうです。

 

(ドメーヌ・デ・ランブレイは2012年にルイ・ヴィトングループLVMHによって買収されました。

その前後は、市場内調整のためか、ここのワインをレストラン用に買うのにも一苦労でした・・・。)

 

 

栓の上部はガラス・下部は一般的なシリコン素材となっていますが、

 

さすが細部までこだわるLVMH!(笑)

 

 

狙い通り、よく手入れされたカーヴをガラスがきらきらと一層引き立て、

 

カーヴの見た目まで特別な雰囲気を醸し出していました。

image

 

ん~ 神は細部に宿るとはよくいったものですね。(大げさ!?)

 

 

 

帰りに、今年から勤務を始めたという醸造士の方と雑談していたら、

 

日本のワイン産地も訪れたことがあるとのこと、甲州ワイン勝沼の造り手の話で

 

雑談に花が咲き、次回、ドメーヌで古いミレジムを飲ませてもらえることになりました

 

 

こんな出会いがあるのも、ワイン産地に足を向けてこそですね。(しみじみ)

 

image

 

6月はパリでの試飲会が目白押しなので、この時期はたくさんの美味しい生産者を

 

一網打尽にできるよう、妊婦 but 美味しいワインに貪欲なエクスポーターの魂をもって頑張ります!メラメラ

 

(6月の中旬に日本に一時帰国できることになったので、美味しいワインを提案

することができるよう、提案先の調査ふくめて気合満々)

 

みなさんの応援、ぜひとも宜しくお願いします(^▽^)/

   ⬇︎⬇︎⬇︎

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ

 

ありがとうございます♥爆  笑

 

 

シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(お酒は適量で愉しみましょう)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

PR: シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

 

 

昨日は・・・

久しぶりにブルゴーニュへっ爆  笑チューおねがいラブ音譜

 

去年のワイン産地ドサ回り生活から一変、今年に妊娠が発覚してから、

 

つわりやら仕事やらでめっきり地方への足が遠のいていた昨今、

 

これじゃいかん!と無理やり用事をつくってやっとこ行くことができましたーークラッカー

 

しかも、訪問先はなんと、古くからの大御所、以前に

 

ワインを勉強中の後輩から「一番好きなワインは何ですかはてなマーク」と聞かれて答えた、

 

「ドメーヌ・デ・ランブレイ」の誇るグラン・クリュ、クロ・デ・ランブレイ!!

 

image

お土産で頂いたエチケットと同じデザインのコースター(やったね)

 

image

どーん

 

ブルゴーニュに33あるグラン・クリュのひとつ、クロ・デ・ランブレイ。

 

かなりの丘陵で、去年まで馬を使って耕作していたようですが、あまりの急斜面に

 

馬が引く耕作用具がブドウ樹の根を痛めてしまう事故が絶えず、近年

 

高低差を操作できる軽量のトラクターに変更したとのこと。

 

そういえば、以前ボジョレーの自然派ドメーヌを訪問した時も、旧式&馬と同じ重量の

トラクターを使用していたなぁと思い出してみました。

こんなかんじ(※この画像はドメーヌ・デ・ランブレイとは関係ありません

 

その時の紀行文はブログに載せていないので、もし宜しければこちらをご参考ください

(いくつかのドメーヌをまとめて書いています)

https://www.facebook.com/yuri.asano.16/posts/10153070768046437?pnref=story

 

 

ドメーヌ・デ・ランブレイではトラクターを使用しているとはいえ、

もちろん除草剤も殺虫剤も使わずナチュラルな造りをしています。

 

説明のなかでも、今年の4月27日にブルゴーニュ各地を襲った霜で多少影響を受けたとは仰っていましたが、

 

確かにこの畑のある丘の5mほど上部にある村名のモレ・サン・ドニの畑は、

 
霜にやられたブドウ芽が白っぽく目立って いました。
 
5mの差が分けた運命。。
 
同時に、これがグラン・クリュの底力なんだと、そのパワーと昔の人の偉大さに身震いがあせる

クロ・デ・ランブレの畑は青々としていて、花の蕾もついていました

image

 

その後にドメーヌで醸造所の機材を見せてもらったり、セラーを拝見しました。

image

(白はピュリニー・モンラッシェ村の一級畑から。ロゼ珍しい!)

 

カーヴもとても素敵だったので、また近日中にアップします。

 

やっぱりブルゴーニュはええわ~デレデレ ニュイ最高ですねビックリマーク

 

 

もしも「私も行きたい!」っていう方がいらっしゃいましたら、メッセージ頂ければ幸いです。

あんまり飲めない妊婦ですが、運転はできますよ~照れ

 

テイスティングはガンガンしちゃってますドキドキ


応援、ぜひお願いします‼︎

⬇︎⬇︎⬇︎

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ

 

ありがとうございます♥ラブ

 

シャンパーニュ地方訪問ならシャンパーニュ訪問.fr

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。