いつみくんの日々

ジャンクオーディオの収集、紹介を主にしたブログです。
違いの解る男ではありません。思うままにやってます。


テーマ:

昨日10円で購入したPanasonic SL-CT510。
CDの読み込みもスムーズで、リモコンの反応も正常ですが
動作音がシャカシャカうるさい!
どこかが干渉しているのか?
このままでは完全勝利とは言えないので、ちょこっと分解してみました。


上のフタを外した状態。
ポータブルCDでは機種に関わらずお馴染みの光景です。


基板とメカを取り外しました。
CDメカはメーカーではトラバースと呼ばれているみたいです。


基板が取り外されて空っぽになった上下のフタ。


ネジは4本。隠しネジもなく楽に分解出来ちゃいます。横の部品はホールドのスイッチです。


仲良く並んでいるスイッチを思わず撮影。
なんかかわいいじゃないですかw


とりあえずメカ部の移動レールに新しいオイルを塗布しました。
何を言おうこれくらいしかやることが無いので…

組み上げてテスト。
まだシャカシャカしてやがる…
組み立て直すと同時に位相が正常になり異音が消えると思ったが甘い考えだった。


シャカシャカ音の原因は動く場所から発生するに違いない!
CDを押さえるここに注目しました。
これの名前は忘れてしまったので不詳ですが、以前の松下機のようなプッシュリリース方式ではありません。
あれは中心を押すだけでCDが外れて便利な機構なのに、何故廃止したのだろう?

これをドライバーを使って引っ張っぱり上げる作戦です。
均等に上がるようにちょっとずつ回しながら気持ちだけ上げてみました。

すると、シャカシャカ音が消えました!
ほぼ無音で再生されます。
こんな単純な作戦で治るとはラッキーです。

これでもうジャンクではなくなったぞw
箱、付属品付きのポータブルCDプレイヤー
がうまい棒1本の値段でゲット出来たと考えたら笑えてきます。


PR
いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード