edihの昭和音楽よもやま話

60~70年代を中心に、音楽にまつわる話をアップします。

お越し下さり、誠にありがとうございます。

只今、過去のブログをメンテナンス中。
申し訳ありませんが、
ぺタのお返し等遅くなりますので、
何分ご了承願います。



テーマ:

大変ご無沙汰しておりました。改めまして今年もよろしくお願いします。

 

さて、正月にBSで「日本の喜劇映画たち」と題して、70年~72年のDVD化されていない東宝映画がOAされた。植木等さんメインの末期の日本一シリーズと、当時併映された前田陽一監督による堺正章さん出演の映画3本もOAされている。

 

「喜劇 右向け左!」は「日本一のワルノリ男」とともに70年12月31日封切の正月映画。

クレージーや若大将のパワーダウンの頃でGSも解散秒読みの時期、ピンとして活躍していた堺さんは準主役扱いで脇役として井上順(当時は順之)さんも出演。

 

前田監督はスパイダース主演で企画した映画が急遽変更になった「進め!ジャガーズ敵前上陸」の監督。笑いに関してはくすぐり程度なものと東宝の喜劇がパワーダウンしてものあってあまり笑うところがないなか唯一笑えたのが次のタイガースの演奏後の2人の会話。

 

 

本音とも取れない二人のやりとりが何ともおかしかった。

 

後の2本はスパイダース解散後の「喜劇 昨日の敵は今日も敵」と「起きて転んでまた起きて」。

堺さんとなべおさみさんが主演となっているが、堺さんは最初はしばらくは出ているのだが徐々にストーリーはなべさんがメインで動いていく。どうもナベプロも次の主役格になべおさみさんを据えたかったような、人気のあった堺さんが抱き合わせされたような感じ。劇中ではそれぞれ「さらば恋人」や「幸福の招待」を歌っている。

 

70年10月にも同じ東宝で堺さん順さんが主演の「喜劇 ドッキリ大逃走」が封切されているのだが、前田監督ではなかったのか今回はOAされていない。監督:岩内克己氏 脚本:田波靖男氏の若大将コンビとクレージー作品でおなじみの音楽:荻原哲晶氏で、今はこちらの方が気になって仕方がない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。