こんにちは!
名古屋のカリスマ主婦
成田みほこです^ ^


今日は昨日に引き続き
師匠(桑名正典さん)のされている
ゆるしのお話会の動画を拝見して思ったことを
シェアさせていただきます。


最近、
とある知り合いの方と
「こころの世界」というのは
だいたいの真理はどれも似ているのだけど、
そのアウトプットの仕方がいろいろ違うね
とお話をしていました。

確かに。

そして、
みんなそれぞれの心にヒットするポイントが違う。


私が何故
「ゆるし」の考え方や
「ゆるしのレッスン」が好きかという理由の一つに

【過去を深掘りしないところ】

というのがあります。


桑名さんがこんな話をされていました。


過去、
桑名さんが仕事が上手く行かなかった時、
「もう自分はこの仕事に向いてない」と思って
2ヶ月ぐらい何もしなかった時期があったそうです。

当時の桑名さんは
「(過去の)何かの思い込みを変えれば変わる」
と思っていたのですが、

「あの時ダメだったから、あぁなったんだ」
という思いが出てくるばかりで、
ますます自分を責めてしまっていたそうです。

恐怖と後悔と自分はダメなんだという気持ちに
随分と苛まれたそうです。

でもある時、
「知らんわ」
「今の僕が『光』として生きるから」
と思ってから、
そこからいろいろ変わって行った、と。

「光にする」というのは
「そのままを信じる」ということ。

ダメに浸りきったからこそ、
いい意味で諦めがついて、
信じることが出来た。

そこから、過去を探るのを辞めたそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私も過去に
自分の中に原因を探して
心の分析をしていた頃がありました。


こういう生い立ちだからとか
親にこうして欲しかったとか
あの時あの人にあぁ言われたからとか
こういうトラウマがあるとか
兄弟(姉妹)がこうだったからとか。。。


過去のその時の思い込みを
自分の勘違いだったと思い直す手法。

これはこれで
その都度、有効だとは思うのですが、
これをやり始めると
それらしい原因が次から次へと出てきて終わりがない。

これをやるには、
このブロックを外して、
そのブロックを外すためには、
別のブロックを外して…。

自分の中で
何か「犯人探し」みたいなことを繰り返していました。

その「犯人」さえ見つければ…
その「犯人」さえいなくなれば…
その「犯人」さえ更生させれば…

自分はもっと素晴らしくなれるに違いない!と。


でも「ゆるし」に出合い、

その「犯人」みたいに思える自分もいていいんだ。
「犯人」みたいだけど、紛れもなく自分の一部なんだ。
「犯人」みたいな自分も全部ひっくるめての自分なんだ。

と知りました。


ゆるしの第一歩は
「ダメな自分をちゃんと認めること」
です。

ダメな自分から目を逸らさず、
ダメな自分を感じきる、
その時の感情を味わう、
丁寧に、丁寧に。


それを認めた上で、
そのままの自分が素晴らしいし、
そのままの自分が価値があるし、
そのままの自分が愛されている、とする。


過去に何があったかは、関係ありません。

もし過去の何かにとらわれているとすれば、
それはその当時、
感じ切れなかった、
置き去りになっている感情があって
それがくすぶっているからかもしれません。

その場合は感情をクリアしていくワーク
「感情のクリーニング」を行うと良いですね。


「ゆるしのレッスン」のワークを通して
感情をクリーニングしたり
セルフイメージを変えたり
私と一緒に
「自分らしい人生の実現」への第一歩を踏み出してみませんか?

お待ちしてまーす(^-^)/


ゆるしのレッスン(名古屋)

【日時】3月26日(日)13:15〜17:45

【場所】名古屋市緑区
(地下鉄「徳重駅」すぐ)

【参加費】32,400円

メールでお申し込み下さい。

nataliemiho@gmail.com

詳細は折り返しご連絡させていただきます。

AD

リブログ(1)

  • ”「ゆるし」は過去を深掘りしない。私はそこが好き。”

    心理の世界では、過去の思い込みや出来事の意味を変えることで人生を変えようとする試みが多いです。それは否定はしないです。が、僕は経験上、 それをやりだすとキリがない と思っています。そして何より、なかなか変わらないです(^_^;)で、実は 過去も未来も「今」の持ち物として 今にアプローチしていく…

    桑名正典

    2017-03-06 14:35:15

リブログ一覧を見る