ウィスラーの次はニュージーでのMTB DHライドを夢見つつ、エリート復活を目指す39歳

ウィスラーでのマウンテンバイク ダウンヒルに魅了された39歳サラリーマン。DHエリートに昇格するも仕事が忙しくレース参戦おぼつかず降格。復活目指して、ぼちぼち楽しく走ります!


テーマ:

今年用のマウンテンバイク選びに迷うなか、そもそもホイールサイズによる違いって何だろう?と思い、自身の経験と知識をもとに情報を整理してみました。

 
多方でも言われていますが、どのサイズがイイか悪いかではなくて、どれも存在価値があって楽しいので一概に語ることは難しいんですよね。
 
とは言えこれは個人ブログですので、小柄な日本人目線で、あえてシンプルに語ってみたいと思います。「ここ違うんじゃない」といったご意見ございましたら、遠慮なくコメント欄かTwitterアカウントにレスください♫
 
 
 
まず、は26インチと27.5インチ、そして29インチでの比較イメージ。
 
 
 
 
一般論として、ホイール外径が大きい方がギャップを乗り越えやすく、地面と接地する面積も広いために、走破性が高くなると言われています。
 
じゃぁ、どう見ても29インチの方がメリット大きいじゃん?と思いませんか。やはり走行性におけるメリットが大きいので、クロスカントリーレースの世界では29インチが主流になっているのも納得です。
 
次にこの外径比較に加えて、今話題の太いタイヤ『+プラス規格』(ミッドファット)についても図に組み込んでみます。
 
 
 
 
外径サイズで見ると、26+と27.5がほぼ同等。同じく27.5+と29がほぼ同じと、ますますどれを選べば良いか分かりにくくなりますよね・・・。プラス規格となるミッドファットでは、タイヤに空気がたくさん入りますから、低い空気圧でもパンクの心配が少なく、フワフワと柔らかい乗り心地のセッティングを楽しむ事ができます。
 
また、フルサスペンションの27.5+MTBの場合、細かいギャップをタイヤが吸収してくれるので、カタログ値以上にサスペンションが動いてくれるような印象があります。
 
いいじゃん、いいじゃん! 29インチと同様の外径で乗り心地もグリップも高い27.5+が一番良くね? と思いますよね。登りもグイグイ登れるし、自分のライディングが上手くなったと錯覚するほど楽チンにライドが楽しめます。
 
27.5+(ミッドファット)や、29インチバイクの優位性ばかりが考えられますが、その安定した高速クルージング性能の反面、細かなコーナーでの取り回しがしにくいというデメリットもあります。
 
2017年現在のDHレーシングバイクの殆どが、27.5インチのホイールサイズに留まっている事からも、29インチのホイール外径が万能では無いことがうかがい知れます。
 
特に私のように身長165センチ程度の日本人では、大きなホイールサイズのバイクを操るには相当の慣れを必要とすると思っています。
 
でも、『慣れ』さえすれば大きなホイールサイズのバイクでもダウンヒル系を早く楽しく走れると思います。事実、EVILのロングストローク29erバイクのwreckoningを駆るルーク・ストロベルは、北米のDHレースでDHバイクを抑えて優勝したりしてますしね。今後も29reの設計・ジオメトリーが突き詰められてゆくと、DHバイクに採用されるかも知れません。
 
・・・・・・・
 
とまぁ、これらの性格付けを踏まえたうえで、MTBホイールサイズ別にポジションマップに配してみると、こんなイメージでしょうか。
 
この各タイプをライダーごとにカテゴライズすると
 
26インチ
ダートジャンプやトリック、スラロームなど機敏な動きを求めるアグレッシブなライダー向け。
 
 
26+(ミッドファット)
27.5の走破性とプラス規格タイヤの乗り心地&高いグリップ性、そしてトレイルを自由自在に走るコントロール性を求める欲張りなライダー向け。
 
 
27.5インチ
オールラウンドにマウンテンバイクを楽しむスタンダードな選択がこれ。初心者にもオススメ。
 
 
27.5+(ミッドファット)
29er並の安定性と、どんな地形も登って下れる走破性、そして豊富なタイヤ エアボリュームでラグジュアリーな乗り心地を求めるジェントルマン向け。
 
 
29インチ
クロスカントリーレーサーはもちろん、脚力のあるトレイルライダーなどハイスピード指向な方向け。街乗りメインのシティライダーにもオススメ。
 
 
といったところでしょうか。
 
 
ちなみに、(小柄な)日本人にベストなMTBホイールサイズはどれなのよ? と問うと、現在の市場でも一番展開が多い27.5インチという応えが最も多く帰ってくると思います。
 
私自身も27.5インチか、26+のホイールを履いたバイクを選びたいなと思っています。
 
 
さて、みなさまのMTB選びの参考になりましたでしょうか? 一番いいのはそれぞれのバイクに試乗する事。その違いを見極めて、自分にピッタリな1台を選びましょうね〜。
 
 
(2017年2月16日更新:本文中にホイール重量増によるジャイロ効果の悪影響を記載していましたが、ホイール外径の拡大に伴う角速度の低下を考えると、一概にジャイロ効果が高くなると断言できないと思うので、関連の記述を削除しました)
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nasyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。