ウィスラーの次はニュージーでのMTB DHライドを夢見つつ、エリート復活を目指す40歳

ウィスラーでのマウンテンバイク ダウンヒルに魅了された40歳サラリーマン。DHエリートに昇格するも仕事が忙しくレース参戦おぼつかず降格。復活目指して、ぼちぼち楽しく走ります!


テーマ:
ウィスラー7日目
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

いよいよ今日がウィスラー 最後の日。
流石に体に疲れが貯まり、もうキツいコースは走れません。

とか言いながら、朝からガルバンゾエリアへ向かうゴンドラに。

同乗したドイツ人ライダーと話をしていると、週末に
バイクパークであるレッドブルのレースに出るそうな。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

この人とならペース良く走れそうだと思い、一緒に走ろう!
と申し出るも、フライトトレインではどんどん引き離されて
ついて行けない・・・。 

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

ごめんなさい、レベルが違いすぎました。

その後は、記念撮影ライドで、NO JOKEのロックドロップオフ
を降りたり。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

フライトトレインのコンテナドロップでスピードを出しすぎて
フラット気味に着地し、痛めている首をさらに痛めながらも
コースを走っていました。やっぱり首やばいかも。



↑コンテナからのフライトトレイン

今度はフィットシモンズのリフト上で、イギリス人カップルから
オープンしたばかりのフェードトゥブラックは行った?
と聞かれる。

新しくオープン? そういえば。リフト乗り場に
「本日の写真撮影 FADE TO BLACK」って看板あったよなぁ。
UPPER A-LINE走っていて見えた、あの作業中のコースか!

リフト上から、指をさして
「忍者クーガーの途中から入るんだよ、お前も行ってみろよ!」
と教えてもらい、さっそくチャレンジ。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

UPPER A-LINE から入って、忍者クーガー→ FADE TO BLACK へ
なるほど、忍者クーガーの途中に◆◆のエキスパートコースへの
分岐看板があります。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

FADE TO BLACK。これがまた初めての人はビビる造りになってます。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

テクニカルにプッシュをかけて小気味よく進むシングルトラック
を抜けると、大きめのラダードロップ(ギャップ越え)が出迎えてくれます。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

その後もプッシュで小気味よく加速してゆくと、再びラダーの
ドロップオフと、ステップアップが交互に続くセクションに。
おおぉーノースショアスタイルな感じ?の派手なコースだ。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ



怪我はできないので、じっくりコースをチェックしてからトライ。
でも私、1回目はビビってラダーの上で止まってしまいました。汗

新オープンなので、他のライダーもじっくり様子をうかがっています。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

お手本となる走りを見れば、イメージも湧きますよね。


まぁ、ビビらずに一度クリアしてしまえば、とても走りやすいセクション。
大きな着地面(ランディング)が用意されているので、しっかりと前後輪
を同時に着地すれば、衝撃もマイルド。

パイクパークの素晴らしいことは、バームもジャンプもドロップオフも
比較的安全に配慮されて、適切に整備されているところだと思います。
フライトトレインのコンテナがクリアできる人なら問題無く走れる
感じです。

・・・・

その後、約束していたsekiちゃんと合流。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

sekiちゃんと、その友人のライダーと3人でFADE TO BLACKに。


↑sekiちゃんと一緒に走った FADE TO BLACKの様子

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

うーん気持ちいい。最初のラダードロップ後にあるセクションが、
プッシュしてビュンビュン加速できちゃって最高に好きかも。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ



その後も写真撮影してたので、FADE TO BLACKを何本か走ったり

そのままA-line行ったり


↑sekiちゃんと一緒に走った A-line

雨も降ってきたので、ヘッドカムも仕舞い、そろそろ終わりかなーと。
最後は◆のMonkey Handsを走ってジャンプをでっかく飛んでラストランを・・・
と思っていたら、途中のバームでラインを外して転倒。

柔らかいバームに頭から突っ込み、全身土だらけに。

結局、とぼとぼコースを降りてのラストラン。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

もうドロドロ。最後にきれいなオチがつきました。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

でも、最終日も中身の濃い走りができました。sekiちゃん、ありがとう!

・・・・

帰り際、今日撮影していた写真を記念に買おうと思い、
ガルバンゾ バイク アンド ビーンの奥にある、写真コーナー
COAST MOUNTAIN PHOTOGRAPHYへ

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

バイクパークでは、ここのカメラマンがコース脇で写真を撮影しています。
リフトに乗るときに注意すると、撮影中のコースが書かれているのが気がつきます。

また、コース脇にある黄色いPHOTOの看板が撮影ポイントの目印。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

その先にカメラマンがいるので、カメラ目線でアクションしましょう。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

過去数日のデータも日付ごとに保存されているので、最終日にじっくり
写真を選ぶなんて事もできますね。
もちろん帰国後にネットからもカード決済でダウンロードできますよ。

年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

乗り手がダメなので、これだ!っていうショットがなかったの
ですが、記念にこれを購入。
年に1回くらいウィスラーでMTBダウンヒルしたいなぁ

基本的にフォームがダメだよな。
これからはカッコよく乗れるようになりたいものです。

・・・・・


いやしかし、ウィスラー バイクパークは本当に楽しいです。

日本の皆さんも、ぜひ行きましょう。
新しいバイクを40万円出して買うよりも、もっと奥深くて、
もっとMTBが好きになる経験ができるはずです。

私のMTB DH歴は、約10年。Jシリーズはエキスパートクラスで
停滞。その後結婚・子供が生まれたりしてレースを離れて約5年。

レースに出ないと、富士見パノラマに行く回数も激減して、何と
なく自転車熱も下がり気味になってました。

そんな頃、友人がカナダ ウィスラーにワーホリ滞在を始めました。
理由はやっぱりウィスラーでのMTB体験が忘れられず、その魅力に
取り憑かれたようでした。

友人を頼りに行った初めてのウィスラーは、衝撃的なほど楽しく、
帰国後もニヤニヤが止まりません。
SEASONS見ると、少し涙がこみ上げてくる事も。

今回、無理してまで行ったのも、やっぱりあの楽しさが忘れられ
ずに、悶々とした思いが限界に達していたのかも知れません。

・・・・

個人的には、MTBのJシリーズに出ているライダー。特に富士見に
毎週のように行っている方に、是非一度ウィスラーを体験しても
らいたいなーと思います。何となくね。

富士見パノラマ Aコース上部 最初のシングル途中にあるドロップオフ。
あれを飛べる人ならウィスラーのコースは楽勝です。
路面も綺麗で、バームも鬼グリップするので、ブレーキそんなに
掛けなくてもOK。だから腕上がりもしません。
DHバイクなら、一日中楽しく走れます。

パノラマだと、Aコース5本~7本でお腹いっぱいだけれども、
ウィスラーでは、CAMELBAK背負って一日中走ってました。

私の場合は、ダートジャンプは下手だけど、ダウンヒルは好き。
でも本当はジャンプを飛びたい! というタイプなのですが、
ウィスラーのバイクパークだと、自分が上級者なんじゃないかと
錯覚するほど気持よく飛べてしまいます。

ウィスラーに何を求めているのか改めて考えると、私の場合は
ジャンプの浮遊感なんだろうなーと。


・・・・・


そんな訳で、今年2011年も9月前半にウィスラーに行く事にします。
会社のボスへは軽~く意向を伝えたので、あとは妻の同意を得る
ために家族サービスに全力を注ぎます!

9月の第2週で行く予定の人いたら、ぜひご一緒しましょう~。


・・・・・


いちおう、まだ続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nasyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。