那須日記ブログ編

折々に触れて感じたことを、そこはかとなく書き綴るページ「那須日記」のブログです。日々の仕事や生活から考えたことを、日記・エッセイ風に記していきます。


テーマ:
将棋はできるが囲碁はできない僕ですが、普天王(趣味:囲碁)ブログ経由で、囲碁の棋士の日常を垣間見ることができるブログを発見しました。

その名も……、



梅沢由香里のつれづれ日記

女流棋士として、以前からアイドル的人気を誇る方、ということは知っていましたが、「へぇ~、結構、棋士ってアクティブなのね」と思わせられる内容です。

結構面白い。



ではでは。



梅沢 由香里
1から始める梅沢由香里の碁
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

R25 を読んで知った「さとう珠緒のバカブックガイド 」。

読んでみましたが、「あ、本当に面白い」。



以前、読んだブログ はうーん、という感じだったのですが、こちらの方は、ただ活字を追うだけでも楽しいし、かつ、紹介された本も読みたくなってしまう、という感じ(例えば、穂村弘 著の「現実入門」)。

書評の書き手として、真に素晴らしい。



よく、さとうさんは「おバ○さんでは?」とか言われ、その一方で、「よく、『ぷんぷん』とかやっているけれど、裏がありそう」とかとも言われるわけですが、このガイドの文章を見て、「あ、この人は○カじゃないな」と感じました。



素を出して、分かりやすくて面白く、しかも実がある。

オススメであります。



穂村 弘
現実入門
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々の「ブログ、HP紹介」は、トリノ五輪前なので、フィギュア特集。コメントも添えて、ね。

フィギュアファンの皆様、参考にしていただけると幸いです(あき さん、sugar さん、コメントありがとうございました!)。



荒川静香

実は、トリノでは一番期待しています。

スピン、ステップ(シークエンス)、スパイラル(足を上げてスーッと滑るやつ)で優れた技術があるわけですが、ジャンプでは三回転-三回転-三回転を練習しているとか。これが、点数が高いんですよね。

エレメンツ(採点される要素)ではないけれど、彼女の得意技として知られるイナ・バウアーも見せるみたいですし。

なかなか新採点システムに馴染めなかったようですが、苦悩しながら技を練り上げてきたことで、実は怪我の功名的に相当にレベルアップしたのでは、と思ったりしています。

HPはメッセージもこってり書かれていて、嬉しい内容。

ただ、「女王」のイメージの彼女が顔文字を使っているのに、軽いショックを受けてしまいました……。可愛らしくて、良いですけれどね。



村主章枝

演技力はピカイチ。

五輪当日の採点基準がどうなるか分かりませんが、荒川が万一意外と得点が伸びない場合は村主が上位に行くんじゃないかなあ、と漠然と思っています。

双方とも世界のトップ(世界選手権、グランプリファイナルの覇者)経験がありますが、タイプが全く違う印象があるので。

ちなみに、HPはしばらく更新していないようですが、こちらもメッセージには顔文字が……。



安藤美姫

昨年末、暗い表情が多かったのはメディアスクラムのせいか(全く無いはずはないでしょうが)と思ったのですが、怪我と、「それを言い訳にしたくない」という気持ちが最大の原因だったようですね。

最近のインタビューなどでは、明るい表情になっていて、ホッと胸をなでおろしています。

四回転サルコウも新しいプログラムの冒頭に必ず入れることにするようで、これが決まれば、元々技術力がある選手なだけに、上位に十分行けると思います。

四回転サルコウの点数は9.5と高得点。これが決まると……、と想像するのも楽しみです。

こちらのHPもメッセージには顔文字が……、って、高校生なら普通にしますよね。

すみません、荒川ショックを引きずっていて……。



浅田舞&真央

四大陸選手権と世界フィギュア選手権が楽しみ。

妹の四回転が最近の話題ですが、姉も三回転半を練習していたそうで、今後も楽しみな姉妹です。

バンクーバー五輪では姉妹出場も期待できますね。



高橋大輔織田信成

双方とも、「公式HP」ではなく、ファンページという位置づけみたいです。

代表選考の激しい戦いを繰り広げたことで、2人とも相当成長したのでは、と思います。

修羅場を乗り越えた人たちは、やっぱり、すごい……ので。

「有言実行」でモチベーションを上げようとしている高橋。五輪ではとんでもないことをやってくれるのでは、と期待してます。織田も、世界選手権では3枠勝ち取ってきてくれるのでは、と期待しています。



エフゲニー・プルシェンコ (ロシア):

ジョニー・ウィアー (アメリカ):

双方とも、五輪での高橋のライバル。

ライバルたちのことも知ることで、より深くフィギュアを見られるのでは?

……と言いながら、もちろん日本語では書かれていません。


スポーツ@nifty フィギュアスケート特集

かなり濃厚なページで、good!



フィギュアスケート通信

事細かな情報が嬉しい。

携帯版ページもあるようです。



ところで、恩田美栄本田武史 ともに、四大陸選手権を辞退しましたね。

恩田も「引退……?」というような報道が出ていましたが、ファンページでの本人のコメントによると、50:50だそうです。あのパワフル、ダイナミックなジャンプや滑りがもう見られなくなるとすると、残念な気持ちがします。

どういう決断をするのか、注目ですね。



それでは。



フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

上京したときに寄ったお店の関連HPを発見!


竹葉亭

大正13年に建てられたとのこと。

ぐるなびのHPはこちら


KOOTS GREEN TEA

今、9軒あるらしい。

九州には鹿児島県にあるそうです。


味問屋明日香:

千住本店、下北沢店のHPはなかったけれど、宇都宮店 のがありました。

関連店舗についても紹介してはりますよ。


銀座季楽

満腹、満足。

ちと高いけれど。



味問屋と季楽については、後日詳細を書きましょう。

感動したので。


ではでは。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

を紹介しているブログ がありました。

すごい。


よく「若貴時代以降、相撲は人気が低迷し……」という文章を見ますが、ブログを見ると相撲ファンの方が書いているものは結構あるし、実は意外と相撲人気は再沸騰してきているのでは、と思ったりもします。


でも巡業の手配は結構大変そうだから、一時の勢いは確かにないのかもしれませんが。



最近、いろいろな人がブログをやるようになって来ましたね。

ついに、宮里藍 さんまで……(って、半月前からか)。

横峯さくら さんはその前からやっていましたが。


話題の古田敦也 選手は進路のこともあって更新を控えていた様子だけど、先日久々に更新されていました。

そうそう、今日は巨人の新旧監督の会見が……。なんだかなあ。

けれど、いろんな気持ちを飲み込んで大人の対応をした原辰徳さんには頑張って欲しいな。


普天王は古田選手、眞鍋かをり さん、川嶋あい さんと、ブログを通じた交流を深めている様子。

こういうのも面白いね。



今夜は更新しすぎ?

お風呂に入って、もう寝ますね。明日も仕事だし。

では。



「地球の歩き方」編集室
ラスベガス
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

眞鍋かをり女史の直近のブログ に載っていた「ひとり同窓会」、やってみました。

わりかし、昔から男友達は消息がつかめているので、やはりと言うか、やってみたのは子供の頃から好きだった女の子の名前(たち)が中心。

そうは言っても、なかなか本人だろう、という人には行き当たらないものですね。



その中で「まさしくこの人だろう!」という感じで見つかったのは、わずかに2人。


1人は大学1年の頃に憧れていた大学院生の方。

その人に英語を習っていたのですが、明るく楽しいお姉さん、という感じで「大人の女の人って、ええなあ」と思っていたものでした。


その年の暮れのある日、いつもの英語教室。今日は「何をテーマに話すのかなあ」と思っていたら……、


笑顔で「実はね、

私、結婚するの!

」と突然言われ、

「えーっ!!」

とショックを受けたものです。

だって、当時の僕は20歳になったばかり(そのとき、その人は24歳、旦那は28歳)。結婚なんて、先のまた先の話でしたし。

そんな微妙な感情を抱きながら、結婚式に招待されたので行ってみたりね(そうそう、この日が自分の結婚式デビューでした)。まあ、良い思い出です。



その人は、研究職志望だったのですが、博士課程に進む試験・論文がうまくいかず、他の大学院へ……。

というところまでは知っていたのですが、その後は消息不明でした(結婚式まで出たのにね)。


ところで今夜、Yahoo!で検索してみたところ、なんと某国立大学法人で講師をしているようです。画質は悪いけれど、顔写真も載っていまして……。何か、共著で本も出している様子。

研究職に携わっているようで、「目標が叶って良かったなあ……」と思いました。



もう1人は小学1~3年に好きだった子。

仙台市の国見小学校というところで、1、2年が一緒のクラスだったんですよね。足が速くて活発な子だったかな。あまり僕は女の子と話すのが得意ではなかったのですが(仕事が外回りだから、今は仕事柄話すようになったけれど、実際のところは今でもあまり得意ではないです)、同じクラスの時は、その子と一番よく話していたかなあ。


僕が小3で札幌市に引っ越したため、何も生まれずに淡い思い出のまま終わっていましたが、なんと、今は劇団で演出の仕事 をしているようです!


名前も、生まれた年も同じで、しかも仙台に住んでいて、という感じで、たぶん、この人だと思うんだけれども……。

写真も載っていて、目が細いところも一緒だし……。旧姓のままだから、結婚していない様子(最近は、夫婦別姓もあるか……)。


「一度くらい、会ってみたいなあ」と思ったりもするけれど、こういうのって、難しいですよね。


だって普通に考えると、「どうもどうも、小学1、2年で一緒のクラスだった○○です」って急にメールを送っても、「ああ!懐かしいね、元気していた?」ってならなそうじゃないですか?

覚えていない可能性が高いし(だって、20年以上経っている……)、「なんや、こいつ。ストーカーちゃうか?」ってなるのが普通では?

悲しいことですが。



というわけで、何のアクセスもしませんが(当たり前か)、自分が子供の頃の一時期だけでも好きだった人が、自分なりの夢を持って一生懸命頑張っている、というのを知ることができたと言うことで、ちょっと嬉しいし、心が温かくなった気がしたりもします。

何ができるわけでもないですが、遠く離れた佐賀の地から密かに、彼女の健康と幸せを祈りたいな、と思います(大げさか?)。



その他、おそらく別人だろう、というのも中にはありまして、「詩人」だったり、「わいせつな妄想にふける女性」だったり……。

面白いって言えば、面白いですね。



皆さんもやってみては?

結構、甘酸っぱい気持ちになりますよ!



目からうろこの編集部
図解 同窓会へ行こう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

正直、勝ちすぎでしょう。自民党。

(本人は制度導入に反対していながら)小選挙区比例代表並立制の制度を知り尽くした小泉首相の戦略が見事に当たった、ということなんでしょうね。

わずかな得票差でも大きな議席の差につながってしまい得る小選挙区制の怖さが分かる選挙結果だったように思います。


戦前の刺客騒動などで(普段はほとんど政治ネタを扱わない)ワイドショーで自民党が「宣伝」された結果、投票率が上がり、「多分、自公で過半数は超えるんだろうなあ」くらいに思っていたのですが、いやはや。


今回の自民の圧勝に一抹の危惧は覚えるのですが、今回政治に関心を持った人たちに引き続き批判精神を持って、今後の政治状況をウオッチしてもらえれば、それはそれで良いことかも知れません(そんな偉そうなことは言える人間ではないのですが)。


うーん、難しいかなあ、とは感じながら、そんなことを思いました。



谷口 将紀
現代日本の選挙政治―選挙制度改革を検証する


選挙期間中は、紹介した人の宣伝になってしまいはしないかと控えていたのですが、選挙の候補者HPを一つ紹介。


土開千昭 氏:

佐賀2区から自民党公認で出た元日本郵政公社職員。

テーマソングが秀逸です。

他のブログなどでも取り上げられています。



ではでは。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

疲れで腰や首に湿布を張りながら寝ている今日この頃。

最近、選挙の話題ばかり書いているなあ。


というわけで、選挙関連HP紹介。



Rights official website

「未成年"模擬"衆議院議員総選挙2005」、やってはります。

僕のブログもたまに未成年の方に覗いていただいているようで(あまり話題が合っていなかったら御免なさい)、選挙に興味がある方は覗いてみてはいかがでしょう?


自分が未成年の頃どうだったかなあ、というと、野球と相撲に明け暮れて、あまり社会のことは考えていなかったような気がしますが。

歴史は好きだったかな。



あと、最近、「自民党と戦後」という本を読みました。

小泉首相の手法が好きな人、嫌いな人、いろいろいらっしゃると思いますが、「小泉以前」(B.C.=ビフォー・クライスト、ならぬ、B.K.=ビフォー・コイズミ、でしょうか)の自民党がどのような組織だったか、を学ぶためには格好の入門書かもしれません。



星 浩
自民党と戦後―政権党の50年


読みやすかったので、結構簡単に読めましたよ。

読んだからどう、というわけでもないのですが、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、今からでも間に合うかも。

あと、「Amazon Web」で検索していたら、下記の本も見つけました。

選挙後に読んでみようかしら。



蒲島 郁夫
戦後政治の軌跡―自民党システムの形成と変容

ではでは。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

というのがあるらしい(HPはこちら )。

仕事での調べもので、Yahoo! をいろいろと検索していたら、たまたま見つかりました。


HPによると、昭和56年に発足した「日本最大の氏族会」らしい。

「まなべ」と読めるならば、どんな漢字でもOKらしいので、眞鍋かをり さんも参加できるようです。

って、すでに参加していたらどうしよう……。


現在、全国で会員は3千人!

すごいね。

瀬戸内海の「まなべ島」が先祖発祥の地らしい。

地方支部もあるようですが、残念ながら、佐賀まなべ会はないようです。10月17日は福岡総会だそうで……。


僕はよく、こんなふうに思うことがあるのですが、世の中って、自分のすぐそばに、自分が知りえない不思議な世界が横たわっているんですよね。


あ、別に幽霊とかそういう話ではありませんよ。

普通の人が普通に特殊な団体(これも、取り立てて不思議な団体とか言うわけではないですよ。某大事件を起こした某宗教団体などもそうかもしれませんが、こういう「全国まなべ会」のようなものだったり、鈴木○男さんの「ムネムネ会」のようなものだったり、ということです)に属していたりして、それ以外の普通の人には意味の分からない単語を使って、彼らにしか理解できない会話を交わしていると。


サブカルチャーって、言うんですかね。

広義では、女子高生のメール文字などもそうかもしれません。



世界は広い。

だから面白い。



まなべ ゆう
実ごろ花ごろさくら頃 1 (1)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨今、ニュースもワイドショーも衆院選の話題で持ちきりですね。

「造反組」に「刺客」をぶつけるなど、世間の注目を集めることに長けた小泉純一郎首相の手法が良いのか悪いのかはさておき、衆院選関連のブログ、HPがあったので紹介しますね。


皆さんの(棄権なども含め)投票行動の参考になれば。



9.11 衆院選挙 ブログリサーチ

アメブロさんが設置。

「本ブログでは、今回の衆院選挙の動向リサーチと、本選挙に関するいくつかのお題テーマを立て、みなさんの意見を広く募集していきます。それと、ブログが選挙に与える影響度合を探っていければと考えております」とあります。



ele-log 2005年衆議院選挙特集「選挙とブログ」

ele-log のうち、立候補予定者でブログを使っている人をリストアップしたページです。

「急遽決まった総選挙に向けて、立候補者は、何を発信するのか?有権者に何を訴えるのか?また、それに向けて有権者はどんなコメントをどんなトラックバックをするのか、選挙の情勢とともにブログが気になります。
そんな気になるブログを、立候補地域別にリストアップしました。まだ空白地域が多いですが、さらに参加者募集中です」とあります。

ランキングによると、アクセス、トラバとも多いブログは、意外にもと言うか予想通りというか、あの方(小泉さんのお友達)のようですね。



他にも見つかったら、後日紹介しますね。

ではでは。



前田 和男
選挙参謀―三ヵ月で代議士になれる!
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。