那須日記ブログ編

折々に触れて感じたことを、そこはかとなく書き綴るページ「那須日記」のブログです。日々の仕事や生活から考えたことを、日記・エッセイ風に記していきます。


テーマ:

相撲、柔道はやったことがあり、ボクシング、剣道もいろいろ勉強してきた今日このごろ。

アマチュアレスリングも勉強してみよう、と思いました。

立ち読みした感じ、下記の本が勉強になりそう。



オリンピック金メダリスト直伝!レスリング入門―WHAT IS WRESTLING?/佐藤 満
¥2,100
Amazon.co.jp


どうやら、世界選手権が9月にデンマークであるそうです。

大学時代、バイト先にデンマークの帰国子女で、デンマーク語が出来る後輩女性がいたけれど、難しそうだったなあ。

長閑そうな感じがしますが、実際はどんな国なんでしょうね。



北欧―デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド (ワールドガイド―ヨーロッパ)
¥1,733
Amazon.co.jp


旅の指さし会話帳31デンマーク (ここ以外のどこかへ!)/鈴木雅子
¥1,890
Amazon.co.jp


ではでは。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
雨降りが多いと思ったら、涼しくなったり、また暑くなったり。
天気が安定しなかった8月も、今日で終わりですね。

8月はよく仕事し、よく遊びました。

北京五輪で、(大口を叩いたわりには、という意味で)恥ずかしい結果に終わった野球の星野監督が、WBCでも指揮を執るかもしれないとか。
中日の落合監督は打診を断ったそうで、いずこも人材難ですね。
相撲界もサッカー界もですが。

では。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
20080805221646.jpg
ロシア、グルジア問題はいろいろくすぶっていますね。

それはさておき、北島康介選手が男子100メートル平泳ぎで、世界新記録をマークして優勝。
前日は柔道男子66キロ級の内柴正人選手が金メダルを取ったし、まずまずの流れなのではないでしょうか。

この後、どんな流れになっていくのでしょうね。

写真は5日に食べた僕の誕生日ケーキ。
32歳になりました。

ではお休みなさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事 を見て思ったのですが、もう、どうしようも無いですね……。

彼らは、彼らを持ち上げたマスコミのせいで狂ってしまったのか、彼ら固有の性質のせいなのか……。

古文単語で言うと、「すさまじき」(興ざめだ)という感じですが、なんかもう、どうしようもなく堕ちていく人たちを目の当たりにしている感があります。

寂しさというか、寂寥感すら感じてしまいます……。



疑惑のリング―亀田家の成功と失敗/荘田 健一
¥1,260
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

惨敗ムードだった柔道、世界選手権。最終日は谷さんをはじめ金3個のゴールドラッシュでした。

確かに嬉しいニュースですが、少々複雑な思いもしました。

僕は実は4月の全日本体重別選手権で谷さんに勝った福見友子さんのファンなのですが、今回の金で、おそらく福見さんの北京五輪出場が消えたな、と感じたからです。

もちろん弱肉強食の世界。国際大会で大きな実績を残せていない福見さんが世界選手権に出られなかったのは、仕方ありません。

でも、この状況で、彼女はどうモチベーションを保っていけば良いのか。
彼女はこれまでいろんなものを背負ってきただけに、そんなことを思います。

日本中を敵に回しても、彼女を北京に出してあげたいのですけれど…。



柔道部物語 (1) (講談社漫画文庫)/小林 まこと
¥683
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィギュアスケートの世界選手権。

なんとなく予想はついていましたが、女子で荒川静香選手が辞退。

たった一人の金メダリストだけに、そりゃあ、多忙でしたから……。

代わりに、補欠だった恩田美栄 選手が出ることになりました(参考記事はこちら )。



ちょうど昨日も女子フィギュアスケートのことを書いていたわけですが、公式発表されたということは、本人も出てみようと思った、ということなんでしょうね。


上記の恩田選手のファンページの掲示板を見ると、見ている人はちゃーんと恩田選手のことを見ていて、この間もすごく暖かいコメントを寄せていました。

読んでいて正直、目頭が熱くなるような……。

世界選手権出場の報道発表直後も、かなりの数の人が応援メッセージを書き込んでいました。


このファンページは恩田選手自身もよく書き込みをされるのですが、さすがにまだ、自身は登場していません。

ただ、多分、そのうち、この件に関して何らかのコメントを記すのではないか、と思われます。



あの全日本選手権での彼女のフリーは、この上ないほどの出来でした。

まだ悩んでいる気持ちはあるのかもしれませんが、それに少しでも迫る演技を精一杯見せて欲しい。

そんなふうに思います。


なんか、楽しみになってきた。



ではでは。



Little Wings編集部
little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎回思うのですが、「○○については今日は疲れているので、後日書きます」と書くと、相当な期間滞ってしまいます。

やれやれ。



で、まずは女子フィギュアの金。

僕が第一に思ったのは、チームJAPANとしての金メダル、ということでした。


伊藤みどりがトリプルアクセルで転倒しての、アルベールビル五輪銀メダルの際、連盟幹部は「1人だけでは駄目だ。束になってかからなければ」と思ったそうです。

そこで、若手選手を発掘し、鍛える「野辺山合宿」がスタート。その1期生が荒川選手だったそうです。


そうして層が厚くなった選手層。

昨年の全日本選手権はものすごくレベルが高い大会になりました。

そこを勝ち抜いた、技術の荒川、演技力の村主、一発逆転の大技(四回転サルコウ)を持つ安藤。

三者三様で、バランスの取れた布陣だったと思います。


採点競技は、どうしても相性、というのがあると思います。

万一、荒川の演技と五輪での採点基準とが相性が悪かったら、タイプの全く違う村主となら合うかもしれません。村主とも相性が悪ければ、もうジャンプという武器のある安藤に賭けるしかない。


実は、僕は勝因は、こうしたタイプの違う3人をそろえられたことにあった、と思います(強いて言えば、中野はバランス型だけれどトリプルアクセルがあるから荒川と安藤の中間型、恩田は迫力のあるジャンプがあって勢いに乗った際に爆発力があるから安藤と村主の中間型でしょうか。そう考えると、五者五様ですね)。




さて、気が早いですが、バンクーバー。

まずはお姉さん勢から書くと、村主タイプの選手はなかなか出ないでしょうから、現役続行は嬉しくあります。正直、「トリノで引退かな……」などと勝手な考えが頭をよぎることがありましたから、少々驚きはしましたが。

荒川は、さすがに4年後まではやっていないような……。

恩田は、NHKのフィギュアの解説に出ていましたが、ファンページの掲示板への自身の書き込みを見ると、まだものすごく悩んでいるようですね。

自身の納得のいく結論を出してもらうことが一番ですが、現役続行をしてくれると嬉しいことは確かです。



若手に入り、バンクーバーのエースは、何と言っても浅田真央でしょう。

ジャンプに威力と安定感があるし、ハートの強いスルツカヤ型(プルシェンコ型、と言った方が良いかなあ)、という感じがします。順調に伸びれば、五輪本番で、プルシェンコのような完璧さをあっさりと見せるかもしれません。



2番手は安藤でしょうか。

ただ、正直言うと、今回のトリノ五輪で四回転サルコウはもう断念した方が良いのではないか、と思います。

もちろん、今回の挑戦は評価しますし、個人的にも挑戦してもらいたかった。

でも、四回転失敗は心身ともにダメージを与え、演技はボロボロ。世界トップ6に入る実力がありながら、入賞を逃す二ケタ順位でした。


で・す・が、もともとジャンプが得意で、今季はビールマンスピンをマスターするなどジャンプ以外の要素もこなせるようになってきました。

周囲の評価では、不器用なところがあるようですが、四回転に注いでいたエネルギーをそれ以外の要素にすべてつぎ込めば、今回の荒川のような存在になれると思います。

人気面でバイアスをかけずに、冷静冷徹な目で見ての評価です。



現時点での3番手は中野だと思いますが、このまま順調に伸びていけば、精神的にムラがある安藤を一気に超えるかもしれません。

トリプルアクセルが回転不足になるケースが多いので、その点をクリアすれば大変面白い存在です。


その下には、リハビリ中の太田由希奈 、トリプルアクセルという武器を手にすれば本当に面白い浅田舞もいます。

バンクーバーに向けても、すごく夢が膨らみます。




そして男子。

正直、高橋は十分に銀メダルを狙える集団にはいたと思います。

それがうまくいかなかったのは、やっぱり五輪の独特な雰囲気でしょう。

こちらも、世界選手権で織田に頑張ってもらい、出場枠を2、いや、3へと来年以降も含め広げてもらい、女子同様束になってかかれば、バンクーバーは本当に面白くなると思います。


トリノのプルシェンコの演技は、本当に素晴らしかった。

完璧という言葉は、彼のためにある、とでも言うように。

ただ、高橋、織田が4年後に銀メダル狙いの選手になっているのか、それとも、プルシェンコを本当に脅かす存在になっているか。


4年間は、十分に長い期間です。

多分に期待料が含まれてしまいますが、2人(できればもう1人)にはさらなるレベルアップを遂げてもらい、金メダルを本気で狙える存在にまで飛躍してもらいたいものです。




……ああ、熱くなって書き上げてしまいました。


世界ジュニア選手権で、浅田真央はSP2位と、彼女にとっては不本意な成績。

相当なスランプで、挑もうとしていた四回転ループも断念したような状況ですが、本当の天才はスランプでもきっちり勝ってしまうもの。

勝って欲しいし、なんか、漠然とですが、あっさり勝ってしまうような気がしています。



ではでは。



ワールド・フィギュアスケート 22号 トリノ五輪総特集

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏の甲子園を連覇した駒大苫小牧がまたも不祥事(参考HPはこちら )。

センバツを辞退し、野球部の香田誉士史監督らが辞任。校長も学校法人駒澤大学に辞職願を出したとのことです。



学生スポーツで不祥事が起きたときの「連帯責任」を、僕は必ずしも肯定するわけではないのですが、今回の学校側の方針はやむをえないかな、と思っています。



確かに、補導されたのは卒業式を終えた3年生で、センバツの権利を取った1、2年生ではありません。しかし、学校全体として、前部長の暴力事件でいわば「執行猶予」だった身。

通常よりも世間の厳しい目が注がれているのが分かっていた上での部員の愚行です。


ここで「1、2年生は関係ないから許してあげてください」では、理解してくれない人たちは少なくないと思いますし、そうした状況で選手がセンバツに出ることは、彼らにとっても辛い経験になるのではないかと思います。



補導された3年生は、今回のことがばれたらどうなるのか、深く考えなくても分かるだろう、ということを考えると、今回の事件については、残念な思いと、「どうして?」という思いが消えません。



田尻 賢誉
大旗は海峡を越えた―駒大苫小牧野球部の軌跡

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

トリノ五輪、フィギュアスケート女子シングルで荒川静香選手が金メダルを取ってから数日がたち、最近の報道では、フィギュアスケートのできるスケートリンクが減っている問題について触れるようになって来ました(参考HPはこちら )。



僕もフィギュアスケートを勉強することでこのことを最近知ったのですが、関係者にとっては切実な問題のようです。


推測の域を出ませんが、今、報道されている状況は、フィギュアスケートを取材している記者なら誰しも知っていること、フィギュアを愛している記者なら誰でも危惧していることなのだろうと思います。



こうした報道が出てくることで、どういう結果が出てくるかは分かりません。

ただ、僕個人としては今回の金メダルでフィギュア人気が更に高まったことを契機として、荒川選手に憧れてフィギュアを始めたいと思った子どもたちの芽がすくすくと伸びていけるような形になると良いなあ、と思ったりします。



スノーボード・ハーフパイプもカーリングも、強い国は相当、競技をする環境が良いようで、日本が残念な結果に終わったことの理由の一つには、そうした基礎力の違いもあるんだろう、と思います。


相対的にマイナーなスポーツは、どの競技も抱えている事情だと思いますが、スポーツを愛する人間として個人的には(もちろん、経済的困窮のためスポーツどころではない、という方々のことも忘れずにいながら)、五輪をきっかけに興味を持った人たちの中で、そうした事情にも目を向けてくれる人が少しでも増えてくれると良いな、と思います。



日本スポーツ社会学会
変容する現代社会とスポーツ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

SPを終わって、

1位:コーエン(米)

2位:スルツカヤ(ロ)

3位:荒川(日)

4位:村主(日)

5位:マイズナー(米)

6位:ゲデワニシビリ(グルジア)←大相撲の黒海と出身が同じですね。

7位:ヒューズ(米)

8位:安藤(日)



安藤も世界のトップ6位に入ると書きましたが、ミスが響きましたね。

やっぱり緊張するんだなあ。

昨年後半の不振は(勝負弱さではなく)疲れと怪我が原因だと思っていましたが、このままでは「勝負弱いのでは……」という汚名を払拭できません。

リラックスして、四回転サルコウを決めてもらいたいものです。

メダル云々はひとまず置いておいても、まずはベストの演技をすること、ですね。


SPでは村主もちょっと緊張していたかな、という印象を持ちました。

ステップ、スピンにいつものスピードが無かったような……。

ただ、追い詰められてこそ真の実力を発揮する村主。

最後にあっと言わせてくれるのでは、と期待しています。


クールビューティーが、あんな笑顔を見せるとは、というようなSPだった荒川。

パーソナルベストでしたね。

SP後、「完璧ではなかったのに点数に驚いた。そこまで基礎力が上がっているのかと思った」というようなコメントを残していましたが、新採点システムに苦しんだことで、能力がさらに一段、高みに上ったのかもしれません。

イメージにぴったりの「トゥーランドット」で踊るフリー。最後に心を開く姫君というのは何かの暗示では、との

思いがしきりにしています。



なんとなく悲運の印象がつきまとうスルツカヤ。今回もいやーな雰囲気が漂っています。

ロシアのフィギュア全種目制覇という偉業達成もかかっています。プレッシャーがないとは言えないでしょう。

ただ、彼女が失敗して金メダルを逃す、というのはあまり見たくありません。

日本選手が金を取るとしても、彼女が精一杯の演技をした上で、それを上回る演技で優勝を果たしてもらいたい。

そんなふうに思います。



さすがに明日も仕事なので、DVD録画の予定。

明日の朝、結果を知るのが楽しみです。

ではでは。



Little Wings編集部
little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。