那須拓也の野球好き集まれ~!

このブログでは、那須拓也が野球についての試合の感想やニュース、
移籍情報とWBCについて書いていきたいと思います。
メジャーリーグで活躍する日本人の情報なんかも
お伝えできればとおもっています。

初めまして那須拓也と申します。


少しだけ自己紹介をしますね!


那須拓也は、幼少時代から野球が好きでした。

その当時好きだったのは西武ライオンズでした!


現ソフトバンク監督の秋山幸二選手が大好きで、西武ファンでした。


なので、後にまさかのトレードで当時ダイエーホークスに移籍した際に、まさかのダイエーファンになりました^^

なので今でも、ソフトバンクホークスファンです。


那須拓也は、子供ころはなぜか親にサッカーを習わせられていて(当時サッカーは人気がない)野球のリトルリーグなどに参加している人がうらやましくてしょうがありませんでした。


小学生高学年になり、ようやく野球をやることができるようになりましたが、周りの友達とのレベルの差は歴然で、かなり悔しい思いをしました。


中学校に入ると、なんと野球部が存在しません><

しかもサッカー部までもなく、1年の頃は帰宅部でした^^


2年になり、スラムダンクの影響からバスケットをする、まさにミーハーな男です^^

こんな感じで、スポーツ自体は中途半端にしか、かじっていません。


しかし、那須拓也の学生時代は野球がとても人気があり、テレビで毎日のように放送していましたし、スポーツニュースもプロ野球ニュースという番組があるくらいの大人気スポーツでした。


おじさんが大のヤクルトファンということもあり、神宮球場にはよく連れて行ってもらいました。

ヤクルト自体にあまり思いいれはなかったのですが、野球は球場で見るのが一番臨場感もあじわえるの好きでした。


西武の試合は、東京在住だったため、遠くにはなかなか行く機会もなく、当時のロッテの本拠地の川崎球場で見ること多かった記憶があります。


西武球場も行きましたが、その当時はドームにもなっておらず、外野スタンドが芝生だったのがかなり印象に残っています。


今は、ソフトバンクの高卒ルーキーの武田翔太選手と、内川聖一選手が好きです。

本当は杉内が好きだったのに、FAでいなくなっちゃいましたからね・・・


とまぁ、こんな感じの自己紹介です^^


年齢は、この思いで話から想像してください♪

ソフトバンクは勿論好きですが、那須拓也は野球自体が好きなので、このブログではいろいろなチームの情報や、WBCなどの情報なども書いていこうと思ってます。


気軽にコメントなど貰えると嬉しいです!

それでは、この『那須拓也の野球好き集まれ~!』をよろしくお願いします。



テーマ:
今年のWBCの注目は、なんと言っても大谷投手でした。
しかし、足の怪我が発表され投手としての参加はないとの報道がでました。
その後にWBCへの参加を辞退となりました。
 

WBC辞退を選択したのは正解だった?

足の怪我により、投手として参加しないと報道された時に、那須拓也は、打者大谷への魅力を考えました。

昨シーズンの成績は素晴らしかったです。
打者としても十分な活躍ができると思いましたが、小久保監督の構想では、先発の4枚に入っており打者として期待して選出したわけではないのは、明白でした。

逆に打者だけで出場する場合は、投手枠が減り駒不足も懸念されていたはずです。
また打者として出場しても足の怪我は、走塁の際の不安要素にもなりますし、悪化にも繋がると思います。

大谷選手の外野守備もさほど期待できませんし、DHでの出場なら他の選手でも十分補えるかなと思っていました。

このWBCがサッカーのワールドカップやオリンピックくらいの世界的に盛り上がり、全ての選手が目標にするような大会なら強行出場もありかと思いますが、正直WBCは存続も危ういような世界大会で、選手の目標の大会でもありません。

日本のプロ野球選手にとってはデメリットが多い大会でもあります。
公式球との違いもありますし、シーズン前に体を作ることによる、ペナントへの影響もあります。

今回のWBCに大谷選手が出場しないことは、輝かしい将来を考えれば悪くない選択だったと思います。

しかし、見てみたかったという正直な気持ちあります。
それは、メジャーのスカウト陣も同じだと思いますけどね。
来年には、ポスティングシステムでメジャー挑戦する可能性もある選手ですからね!
 

ケガのリスクも2倍?二刀流

投手だけでやっていれば、今回の足の怪我(かかと?)はなかったかもしれませんよね?
どのような状況から、足の怪我に繋がったかはわかりませんが、可能性としては走塁時とかっぽいと思いますけど。

それによって投手大谷にも大きな影響を与えます。
逆に投手で肘や肩を負傷する可能性があり、そうなると打者としてバッティングにも影響は出ますし守備に着く場合にも影響がでます。

普通の選手の場合は、投手か野手のどちらか特有のケガに悩まされますが、大谷選手の場合はどちらのケガの恐れもあるという事です。
練習量は、他の選手と対して変わらないと思うので、消耗量として心配はありませんが、片方だけに打ち込めば、さらにもう一段高いところへいけるのではないかと思います。

少なくとも将来目指しているメジャーでは、二刀流という選手への負担が激しい事はさせてくれないはずですし、メジャーは投手としてしか彼の価値を見出していないはずですので、投手だけに専念した大谷投手を那須拓也は見てみたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。