自分探しの旅 ~夫の不倫からhappyな人生を~

夫の不倫を知り、暗闇のトンネルに入りました。生まれてはじめて自分と向き合い、自分を愛するということを知りました。
そこには見たことのない素晴らしい景色が!
何があっても、自分次第で幸せを感じることはできます。
今!からhappyな人生を創っていきませんか?


テーマ:

どれだけ自分を生きていなかったか

どれだけ夫に依存していたか…


夫の不倫により

思い知らされたのです。



そして今わたしは

夫の不倫のおかげで


わたしを思い出し

自由に

心地よく

わたしを生きていますありがちなキラキラ


夫といても、夫といなくても

わたしは自分でわたしを幸せにできる

そんなわたしになれましたキラキラ





まるまるプロフィールまるまる


私、もうダメかもしれない…。


それは、夫からの一本の電話で始まりました。


「この前の返事なんだけど、子供のためにも良くないし、離婚しよう。価値観も合わないし。」


「へ?返事って何?今、離婚て言った?」


ただでさえ毎晩遅い夫の帰宅を長年待っていた私は、当時、怪しい夫の行動に不安を覚え、自分の思いを綴ったメモを置いて眠ってしまった日がそういえばあったのです。


夫は離婚を切り出すチャンスを待っていたのかもしれません?


とにかく話をしようと電話を切ったあとは、心も体も震えだし、立っても座ってもいられず、何も手につかず、家の中をウロウロしていたような気がします。


確かに私たち夫婦の関係は、数年前から徐々に悪化していき、
ある時から夫の言動にも違和感を覚えていました。


「もしかして女?」と思ったときもあり、夫に問い詰めたこともありました。


信じてみたり、疑っては不安になり、イライラやモヤモヤを抱えて過ごす日々が続いていました。



元々はとても仲が良く、心穏やかに幸せに暮らしていました。

それぞれの生活や責任に追われ、余裕もなくお互いに思いやれなくなってしまったのかもしれません。


このままではいけないと思いつつも、子育てや母の看病、祖母の見守りで精一杯の私は、

夫婦のこと、自分のことは後回しにしてしまったのです。


話し合いは話し合いにならず、夫は一方的に私を責め、


「離婚届にサインして!」の一点張りでした。




その日からが本当の地獄の始まりでした。


当たり前のように、朝帰りや外泊を繰り返し、

ようやく寝付けた私を起こしては、今まで見たこともない冷たい顔で、


「離婚届にサインして!」


何度言われたかわかりません。


私は夫に声を掛けられる度に、恐怖心でいっぱいになりました。


私の苦しみとはよそにお花畑の夫は、しまいには


「楽しい離婚をしよう。」と…


これにはさすがに呆れ腹が立ち、


「楽しい離婚なんてない!何考えてるの!?」


はじめて言い返せた言葉だったように思えます。



さらに豹変していく夫。


私を責め続け無視する夫に、ショックで泣くことも出来ず、ここから私は夫に何も言えなくなってしまったのです。



「もうこれは間違いなく女がいるな。どうしよう…子供たちを抱えてこの先どうやって生きていこう。なんとかしないと!とにかく証拠を見つけなければ!」



もう離婚しかないと思っていた私は、数年前に夫の不倫で離婚した友人が証拠をしっかり押さえた方がいいと話していたことを思い出し、探偵に依頼することに決めました。


これがまた、悪いことをしているような罪悪感と、女のところへ会いに行く夫を泳がせなくてはならない切なさに、耐え難いものがありました。


結果はもちろん黒。
そこには久しぶりに見た、夫の大好きな笑顔が映っていました。



「これからどうしよう…」


離婚、慰謝料、養育費、母子手当て…
なれないスマホで検索しながら、誤操作で出会ったひとつのブログで一筋の光がありがちなキラキラ


不倫した夫と夫婦を再生?


普段なかなか行動が出来ない私でしたが、すがる気持ちでカウンセリングを申し込んでいました。
ものすごい勇気でした。


言いたいことの半分も話せなかったけれど、


「大丈夫かもしれない!?」


少しホッと出来たことを覚えています。



どんな言葉よりも、カウンセラーであるゆりこさんが受け止めてくれたこと

心の深くからの思いが、優しい眼差しから伝わってきたことを忘れられません。


今になってわかりますが、大丈夫だよ心配ない、そうして私を信じてくれたのだと感じます。



次なる試練が来るのにそう時間はかかりませんでした。


ついにお給料の口座を変えられてしまったのです。

あの時の衝撃はありませんでした。


母の不可解な死の悲しみも癒えないうちに、何故またこんな思いをしなくてはいけないのか?
いっそ死んでしまった方が楽なのではないか?

でも子供たちを置いてはいけない…。


私は勇気を出して、息子の小学校の卒業式に向かう道すがら、
お給料の口座のこと。今までお金の心配はかけないように、誤魔化すことなくやりくりしていたこと。
引き落としが始まること。
これからは夫に任せても構わないこと。


残っている力を振り絞り、涙をこらえて、震える声でなんとか伝えました。


卒業式では息子の大きくなった姿と、これまでの思い出が駆け巡り、涙が溢れて止まりませんでした。


何故こんなことになってしまったのだろう?


それなりに一生懸命やってきたつもりでしたが、私が良き妻、良き母でなかったからだ。
夫を責めるより、自分を責めずにはいられませんでした。


何かを感じて笑顔が消えていく子供たちを見て、とにかく私がしっかりしなくちゃ!私が笑っていなくては!

どんなに悲しくても苦しくても日々の生活はやってくる…


私が出来ることをやっていこう!


カウンセラーさんのブログを、スマホに穴が空くくらい読み続け腑に落とし、
グループカウンセリングに講座やワークショップ、ありとあらゆるものに参加して夫婦再生していこう!


それまで息をするのがやっとの私でしたが、なんとか踏ん張ることができました。



しかし、家を明けることの罪悪感と戦いながら、夫に留守を頼み帰宅すると、
子供たちを置いて夜な夜な女に会いに行く夫に、どこにこの残念な気持ちと怒りをぶつけていいのか?


悲しくて悔しくて、気が狂いそうな思いを何度もしてきました。


そのうち私は、呼吸が上手く出来なくなり、神経性胃炎、無意識に噛み締める力で、あらゆる所に不調が現れ、

息子は口数が減り、娘の体は全身蕁麻疹…


私を応援してくれ、休日に一人で留守番をしてくれる娘のためにも、このままではいけない!必ず元気になる!必ず立ち上がる!
強く決断したのでした。


夫婦再生のつもりで参加したセミナーは、途中からは完全に自分再生のものに変わっていきました。



この問題にどんな意味があるのだろう?

長年とても生きづらさを抱えていたため、この機会に変われるのではないか?

自分と向き合うって?自分を愛するって?


生まれてはじめて自分のことを真剣に考えました。


ギフトは必ずある!
苦しければ苦しいほど喜びも大きい!
大丈夫!

そう言ってくれたカウンセラーさん、いや、私にとってはコーチとなるゆりこさんの言葉を胸に

コーチのような生き方がしたい!
もう何かある度にどん底に落ちる私でいたくない!

そんな気持ちで、教えてもらったことを、日々実践し、行動してきました。
とにかく必死でした。


夫夫夫夫夫…だった私の頭の中は、いつの頃からか?思考も変わり、夫の言動に振り回されないようになれてきたのです。


状況はさほど変わらなくても、まるで見える景色が変わったのです!



自分を大切にすることにより、夫への愛する気持ちも確認できました。

そして夫も、私をたくさん愛してくれていたことを感じました。


私が出すエネルギーが変わったのか?
夫も優しい表情になり、離婚という言葉は口にしなくなりました。

まだまだ道途中ではありますが、信頼のもと自由に、夫も私も自分らしく生きられる充足感を噛み締めております。


ガチガチだった制限を外し、本来の自分を思い出して、いい具合に力も抜けてきたことで、親子関係、その他の人間関係も更に良くなりました。


好きなことをして、好きなものに囲まれ、好きな人と楽しむ♪

その喜びや幸せは、とてつもない大きな感謝へと続いていたのです。



何故早く解決しないのか?
どこまで苦しめばいいのか?

どうして自分の気持ちがわからないのか?

自分の気持ちを言えない自分に情けなく、落ち込み心が折れそうになったこともたくさんありましたが、

私の魂が望む方向へ導かれるためだったのだと今は心からそう思えます。


すんなり解決していたら、今の私はいません。

あれだけの苦しみを経験しなかったら、私の場合はここまで動くことはできなかったと思います。



これまでの苦労や困難が、一本の線に繋がり、光へと変わった瞬間を

私は生涯忘れることはないでしょう。



夫の不倫。

深く傷つき、もがき苦しみましたが、

それ以上のギフトは本当にありましたプレゼント(●´Д`●)



もう頑張らなくていいよ。

そろそろあなたらしく幸せになったら。


そんなメッセージが届いたのだと思います。


そこに気づかせてくれた夫は、私にとって出会わなくてはならない人だったのかもしれません。


今は心からの感謝の気持ちでいっぱいですキラキラ



すべては上手くいくようになっている。


それは夫婦再生だけではなく、別居も離婚も同じです。


夫が戻ってきても、夫婦再生したかのような方でも、満たされていない思いを抱えている人は実はたくさんいらっしゃるのではないかと感じます。



やはり自分なのですね。



大切な人と一緒にいながらも、
自分で自分を幸せに出来る私になりませんか?



トンネルを抜けると、そこにはまだ見たことのない素敵な景色が広がっていますbubble*


「私もそんな景色がみたい!」


そう思った今!から旅に出ませんか?



自分探しの旅。


一人ではありません。

私や仲間と共に、想像もつかない楽しい旅に出掛けましょう♪



それはやがて…


あなたの大切な人たちの幸せにも

繋がっていくものだと


私はそう思います。






                 マナ










◇電話・対面カウンセリングのお申し込みはこちらから☆






あなたの呼吸に還り

今夜もゆっくりおやすみください流れ星



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マナさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>