俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba

俣野成敏オフィシャルブログ「脱 サラリーマン思考」Powered by Ameba


テーマ:

こんにちは。俣野成敏です。

 

厚生労働省が(2017年)5月末に行った発表によると、有効求人倍率が1.48倍と、バブル期のピーク期だった1990年7月の1.46倍を上回ったということです。これは1974年2月(1.53倍)以来、実に43年2カ月ぶりの高水準の数字なのだそうです。

 

サラリーマンにとっては明るい話題のようにも思えますが、ここで安心して気を緩めてはいけないでしょう。現在はITなどの発達によってかつてなく外注委託がしやすい環境にあります。海外の安い労働力の活用やAIの進歩、機械化の導入など、サラリーマンの給料を押し下げる圧力要因には事欠きません

 

「じゃあ、どうしよう」と思った時に、多くの人が思いつくのが「資格取得」です。もちろん、「自らのスキルに磨きをかけよう」と考えることは素晴らしいことです。けれど、たいていは単に「将来、あれば役立つかも」といった安易な考え方で勉強を始める人が多いのが実情です。

 

たとえば、私の例で言うと、新米サラリーマンだった頃に、貿易実務の仕事に就いていたことがあります。その時に、通関士という国家資格を取りました。一見すると、「仕事に関係あるし、よさそうなのでは?」と思われるかもしれません。しかし、私が行っていたのは書類業務であり、通関士という資格は「乙仲(おつなか)」と呼ばれる貨物の取次を行う仲介業者が取るべき資格でした。

 

確かに、業務の流れや仕組みを知る上では、資格取得が少しは役に立ったとは思います。しかし「そのために投じた時間とお金以上のリターン(収益)が、あの資格で得られたのか?」というと、今思えば若気の至りだったという他ありません。

 

それでは、もっとも費用が安く、しかも一番効果の高い“投資”とは一体何でしょうか?それは、今やっている仕事に全力投入することです。それが面白いかどうかは保証の限りではありませんが、ここで結果を出せば、確実に次につながります。「投資効果が高いもの」という観点から考えた場合、実は目の前の仕事に力を入れることが、一番可能性が高いのです。

 

それでは、「全力投入」とはどの程度までやればいいのでしょうか?先日、私が開催したあるセミナーの受講生が、このような話をしてくれました。その方の元上司が最近、独立起業を果たしたそうで、それを見た受講生の方も大いに触発されたということです。

 

その独立した元上司の働きぶりがどのようなものだったのかと言うと、

 

・「ビジネスに失敗はつきもの」という考え方のもと、失敗したり計画を断念してもそれに一喜一憂しない

・元上司はアイデアマンで知られ、自部門だけで実現が難しい内容の場合、自ら他部門へ積極的に働きかけ、企画実現のために粘り強く交渉する

・アイデアが没になってもいいように、常に別の案を持ってプレゼンに臨む

・「既存の商品を維持するだけでは会社の持続的成長は不可能」という信念を持ち、行動し続けた・・・というものでした。

 

実際、この方は他社からも引く手数多だったそうで、考えた結果、独立の道を選んだということです。これが「仕事に全力投入する」ということです。

 

あえて言うのであれば、これにさらに自己投資も加えるとなおいいと思います。世界は広いですから、見聞を広めるための行動をプラスすることによって視野が広がり、仕事にもよい影響を与えることは間違いありません。


 

ありがとうございました。


 

★本日のお話をより詳しくお知りになりたい方は

『プロフェッショナルサラリーマン』

https://www.amazon.co.jp/dp/4094700064/winwinproject-22




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース