2017-03-12 11:28:24

『大塚国際美術館』

テーマ:ブログ

お久しぶりです。

長い間、更新が途絶えておりましたが

今日からブログ再開することになりました。

引き続き「うずしおくんブログ」よろしくお願いします。

 

ドイツからインターンシップで鳴門へ訪れている ヨハン ケーノ グラルカ さんドイツ

http://www.naruto-kankou.jp/news/view/517

 

 

鳴門へ来てからいろいろなことに挑戦していますキラキラ

 

<藍染め体験>

https://twitter.com/narutokanko/status/833472481193185280

 

<本家松浦酒造・福寿醤油の蔵見学>

https://twitter.com/narutokanko/status/834648332144291841

 

https://twitter.com/narutokanko/status/834656329721540609

 

<エフエムびざん出演>

https://twitter.com/narutokanko/status/837584627220926464

 

 

うずしおくんブログでは

ケーノさんが観光施設の紹介をドイツ語に翻訳していきます乙女のトキメキ

 

今回は『大塚国際美術館』です!

 

――――――――――――――――――――――――――

Guten Tag!

Meine Name ist Keno Gralka.

Ich möchte Ihnen den Reiz der Stadt Naruto ans Herzen legen.

Zunächst an Hand des Internationalen Ōtsuka Kunstmuseums:

 

こんにちは。ヨハン ケーノ グラルカです。

鳴門の魅力をドイツ語で紹介します。

今回は『大塚国際美術館』です。

 

Internationales Kunstmusem Ōtsuka

 Zu sehen sind etwa 1000 bekannte westliche Werke von der Antike bishin zur Gegenwart, welche aus Keramikplatten gefertigt und ihren westlichen Originalen in Größe und Farbgebung nachempfunden sind. Dank der besonderen Fabrikation der Keramikplatten sollen die Farben auch noch nach 2000 Jahren nicht verblassen und bewahren ihre Leuchtkraft. Das Innere des Museums ist weitläufig, und ein vollständiger Rundgang kann an die drei bis vier Stunden beanspruchen. Das Kunstmuseum Ōtsuka bietet die Möglichkeit durch die berühmtesten Kunstmuseen Europas zu schländern, und das alles uünter einem Dach.

 

『大塚国際美術館』

古代から現代までの西洋名画1000余点を、陶板を使った特殊技術でオリジナル作品と同じ大きさに再現し展示しています。陶板は2000年以上も色あせず、色彩を保っています。館内は広く、全部見て回ると

鑑賞距離は約4Km。日本にいながら西洋の有名美術館めぐりをするような体験ができます。


 

『大塚国際美術館』へぜひお越しください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うずしおくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。