会津東山温泉 向瀧 ☆ 登録有形文化財第一号の宿

テーマ:

たいへんお待たせいたしました【宿泊記】!!ヽ(^。^)ノ ←誰も待っちゃぁいねぇ!




498湯目 湯野上温泉 えびす屋


499湯目 芦ノ牧温泉 大川荘


での入浴を無事に済ませ、やって来ました


500湯目 会津東山温泉 向瀧!!




いやぁ、芦ノ牧温泉からここまでの18.5km、30分、緊張したわぁ(爆)。


だって、ちょっと気を抜くと、街道沿いの気になる温泉に入っちゃいそうでww。


そんなわけないじゃん!!と思うだろうけど


そんなありえない事をうっかりやっちゃうのが


おじゃる☆だったりするのよねぇ~(爆)。




でも、しっかり気合いを入れていたので


今回は途中寄り道することなく、向瀧に到着~~♪(^_-)-☆





さて、まずは向瀧のある会津東山温泉のご紹介から♪


会津若松の奥座敷・東山温泉は今から約千三百年前


名僧・行基による開湯伝説の残る歴史ある温泉郷です。ポイント




有名温泉地と言えば、ちょっと山奥にあるのが当たり前でしょ?


ところがどっこい!!


東山温泉は、人口十二万人の会津若松市の中心地から


車でわずか10分程度の便利な場所にあるのです!!




人口十二万人と言ったら、桐生市の人口とほぼ一緒じゃん!!ヽ(`Д´)ノ


桐生からの最寄りの温泉地って・・・、あぁ、藪塚だぁ(爆)。


まぁね、藪塚温泉の予想外の実力に、


ついこの間衝撃を受けたばかりではありますがww。


藪塚温泉と会津東山温泉ではちょいと規模が違うわなぁ・・(^_^;)。




現在の会津東山温泉、宿泊施設の数は20軒を越えますが


ピーク時は50軒もの旅館が建ち並び賑わったそうですよ。


その会津東山温泉街の玄関口に位置する向瀧さん。


湯川にかかる橋越しのこの外観画像がおじゃる☆の心に火を点けましたww。



会津東山温泉 向瀧 → HP


住所: 福島県会津若松市東山町大字湯元川向200

TEL: 0242-27-7501


日帰り入浴 不可




実は500湯記念旅、また法師金具屋 がいいなぁ~♪


って、本気で思ってたのよねぇ(爆)。


再訪だもん、どう頑張ったって500湯にはならんじゃんね!ww


さすがにすぐに気づいたww。




じゃあそれらに匹敵する歴史ある建物のお宿・・って探してて


一目見て、もうここっきゃない!!ヽ(^。^)ノ


(あとで、こっそりつけてた「行きたい宿リスト」を見返したら、


初期の頃にちゃんとここチェックしてた(笑)。


・・日帰り不可だから縁が無くすっかり忘れてたのねww。)






江戸時代中期、会津藩の保養所として利用されていた頃は


「きつね湯」と呼ばれていたそうな。



1873年(明治6年)、会津藩からゆだねられ


平田家が旅館として創業、『向瀧』として140年の歴史を持つ。





平成8年には、文化財登録制度の第1号物件として


国の登録有形文化財となった由緒正しきお宿であります。


(ちなみに金具屋さんが登録されたのは平成15年、法師の長寿館は平成18年)




長い歴史の間には、伊藤博文や野口英世、歌人与謝野晶子から


最近は小泉純一郎元首相など、多くの著名人が訪れているそうで


宮内庁指定棟であった離れまで現存する・・。




なんとも畏れ多い!(爆) 


そんなお宿に、おじゃる☆が泊まっていいのかぁ~!?ヽ(`Д´)ノ





湯川沿いに外観をパチリカメラ


どのアングルから見てもレトロで絵になるのである。




滞在をフルに楽しみたかったので、


チェックイン時間の15時を目指していたのだけど、着いたのは16時ww。


橋を渡って車を玄関前に横付けすると、鍵を預けてチェックイン。


車は番頭さんが、どこかの駐車場にまわしてくださるww。





入口は、今の季節だからなのか通年なのか?


玄関前に戸が無い事にまずビックリ!


非常に開放的なのである。


これ冬はどうなるのか見てみたいなぁww。




数段上がって左側が帳場だが、ここでチェックインの手続きは無い。


そのまま番頭さんに案内されて館内を客室へ向かう。




玄関入ってすぐの廊下。


派手さはないが、落ち着いた佇まいで過ごしてきた年月を感じさせる造りだ。



そのすぐ先、階段のかげに、まずは大浴場「きつね湯」。



向瀧には露天風呂は無い。


その代り100%源泉掛け流しの男女別大浴場が二つと貸切風呂が3つある。



それぞれの浴場は離れて造られており


全24室の、決して大型旅館ではないのだが


いくつもの建物がつながった入り組んだ造りで


至る所に、階段や廊下があって非常に興味深い。



荷物を持った番頭さんが、いろいろと説明をしながらご案内くださる。




磨き抜かれた廊下を真っ直ぐに進むと・・。





芸術的とも言える和風庭園の中庭。


客室はこの中庭を囲むように造られている。


詳しくはまたのちほど、ゆっくりとww。





そして今度は別の階段の前に、貸切風呂の入り口。


(白い襖ではなくて茶色の木戸の方ww)


この戸の内部に、三つの貸切風呂があり


予約も追加料金も不要!!


空いていれば、滞在中いつでも何度でも


貸切で利用することができるのだ。




さらにもう少し奥に、大浴場「さるの湯」もあるのだがそれは後程。






なぜなら、貸切風呂前の階段を上った2階「水仙」が


今宵のおじゃる☆たちのお部屋だから(^_-)-☆。


入口は襖ですがちゃんと鍵はかかりますよ(笑)。







踏み込み付きの本間8畳、中庭に面する広縁付き。




向瀧の客室は、全室登録有形文化財のお部屋で


それぞれに趣向が異なるので、どのお部屋になるのかも楽しみの一つ。


お宿の公式HPから申し込めば、お部屋の指定も可能だが


おじゃる☆はじゃらんからだったので、「中庭の見える8畳のお部屋」というくくり。


初めてでどこの部屋がどんなか、まったくわからなかったので


まぁ、運を天に任せて・・的な♪



そうは言ってもドキドキだったが、パンフレットにも紹介されている


庭園を正面に眺められる2階のお部屋で、天は我に味方した(爆)。



ちなみに、斜め向かいにチラッと見えるのが


皇族方も利用された「ハナレ」です!


現在はもちろん一般人も宿泊できますよ~。



二人利用で1名33,000円~という事なので、


ビックリするほど高いわけじゃないのねぇ♪


専用浴室付きなの!1000湯記念は「ハナレ」にしようかぁ~?ヽ(^。^)ノ


何年後の話をしている・・(^_^;)。


おっと、だから再訪はダメなんだって!(爆)



ちなみに、中庭に面さないお部屋なら税込17280円~(二人利用の1名料金)。


なんと少ないけれど、お風呂(もちろん温泉)付きのお部屋もあるのよ!






滞在中は客室付きの仲居さん(とてもお若い♪)がずっとお世話をしてくれる。


チェックインもお部屋でゆったり寛ぎながら


お抹茶と自家製の和菓子をいただいて♪





料理長お手製の、羊羹と芋ようかん♪


甘すぎずに上品で美味しい(*^。^*)。






建物自体は良い感じに歴史を感じるが


(それ目当てで来たので感じないとつまらないww)


きちんとお手入れされていて不快さはまったくない。




この棟は昭和20年改修の際に完成した


向瀧の中では比較的新しい部屋。


新しくても67歳だけどね(爆)。




毎回文化財のお宿にお邪魔するたびに同じことを言っているがww


古い建物を近代的で綺麗な建物に建て替えるのは簡単だが


一度壊されたものは二度と元には戻らない。


手間をかけお金をかけ、日本の古き時代の文化を


今に伝えてくださる、本当に頭が下がる思いだ。




それぞれの部屋には、はるか昔の著名人による「書」が掲げられている。


水仙には・・「〇雲興」。(右から読む)




明治の時代に伊藤博文と交互に総理大臣を務めた


薩摩出身の政治家・松方正義の手によるものだそうで・・。


なんだっけなぁ・・?(^_^;)


最初の文字も教わったのに、すぐ書かないから忘れちゃったよ(爆)。




他にも書院欄間には、室名の水仙に蝶々が飛んでいたり♪


ちょっとした細工にも手が込んでいて、遊び心が楽しい。






ついでに紹介しておこう。


広縁の端に洗面所とトイレ。


板戸が年代物で感動ww。


ドライヤーは部屋にはありません(言えば貸してくれる)。


化粧水などもなにも無い、その辺はいたってシンプルww。




でもトイレはちゃんとウォシュレット♪


こちらもシンプルだけどとても清潔です!






箪笥の中には、浴衣と丹前、お風呂セット。





足袋は色違いで。


ビニール巾着の中には、歯ブラシと名入りタオル。


文箱の中にソーイングセット。


絆創膏や綿棒もあったかな。





床の間の生け花が斬新ですww。


お茶用のポットの他に、冷水ポットも置かれてますが冷蔵庫は有りません。


なので持ち込みはできないww。


旦那はさっそく夕飯時の日本酒を注文してましたww。




さぁ~~て、さっそく浴衣に着替えたら


すでにゴロゴロしている旦那を置いて


館内探索&撮影にでかけるよ~~!(^_-)-☆




次回は、館内&庭園編です♪


その後、温泉編、お食事編と続く予定!




たぶん大方の人は興味がないだろうけど(爆)


通常の3倍くらいの時間と労力をかけているので


最後までちゃんと着いて来て頂戴よ~~!ヽ(^。^)ノ




1日1回ポチッと押してくりょ~~♪ww


いつも応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

  下   

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

SH902is携帯の方はこちらからお願いしますWハート 

↓

ブログ村 源泉掛け流し温泉 (`∀´)




AD

コメント(32)