山木館の最終回です♪

ご紹介しきれなった部分をちらっとね(^_-)-☆

 

山木館のこの古民家風の建物、

古民家風と思っていたら、風ではなくて、

本物の古民家だったみたいよ・・(;^_^A。

 

水没予定地の農家と蔵を移築したって、HPに書かれてた。

でも柱とか見ても、古っぽくは作られているけど、

本当の古さは感じないから、

古い建物と新しい建物が混在しているのかなぁ?

 

 

どちらにしても情緒あふれる素敵な趣ですわ。

このね、檀香梅のお部屋がある建物は「草木庵」というのだけど、

その突き当りに「侘助」という蔵があるの。

 

これ♪

 

 

なんと自由に利用できる図書室になっている!!(^_^)v

内部はこんな感じ~~♪

 

 

蔵なのに内部は木で覆われて、

しかもロフト付きって、ロッジみたい~(#^^#)。

 

蔵書の数も半端ない!!

すっご~~い!ヽ(^。^)ノ

 

 

おじゃる☆の大好きな漫画がいっぱいww。

もちろん普通の本もいっぱいだよww。

 

 

本好きさんなら、ここに籠って

時間を忘れて好きなだけ読みふけるってのもありかもね♪

 

 

1階でお行儀よく椅子で読む?

それとも2階でゴロゴロ寝ころびながら読む?(笑)

 

 

おじゃる☆は「温泉へゆこう!」を借りて部屋で読んだよ~♪

 

そのほか、浴室棟にある湯上り処。

自動販売機と無料のお茶、冷水機。

 

 

お値段はこんな感じでお高くない。

 

その向かいが喫煙室。

 

 

館内は禁煙だからここだけね(^_-)-☆

 

他にも廊下、川原湯や山木館の歴史を表す絵画。

 

 

 

館内のそこかしこに飾られた調度品、古民具、装飾品などなど。

 

 

 

 

 

こにいても居心地の良さを感じる落ち着いたお宿でありました。

 

 

 

 

おじゃる☆たちの泊まった『檀香梅』のお部屋は、

2名で利用した場合 19,050円(土曜・休前日+2000円)とちょっとお高めだけど、

少し小さめの35平米のお部屋なら 平日で14,850円とお手頃価格♪

 

さらに、繁忙期を除いてWEB予約限定の2000円割引券もダウンロードできるので、

けっこうお得にお泊りすることもできるよ~ヽ(^。^)ノ。

 

 

 

旅館は立派で綺麗になったけど、接客はわりとそっけなく。

以前のままだったのがなんだか嬉しかった(爆)。

いや、嫌味で言ってるのではない♪

ホント、秘湯のお宿にはそういうのは期待しない(笑)。

あまりベタベタされるのは性に合わないのでww

着かず離れずが川原湯らしくて好きなんだ♪

 

まだ移転前、湯かけ祭りの日に泊まった時、雪が降ってねぇ♪

湯かけ祭りに花を添えて、さらに盛り上がったのだけど、

お祭りの邪魔にならないよう、

普段使わない坂の下の駐車場に車を停めるように指示されたの。

でチェックアウトして帰ろうとしたら、

その坂がきつくて雪が積もってスリップして出られなくなった(爆)。

おじゃる☆たちだけでなく他のお客も数台いてね。

 

もちろんお宿で、豊富なお湯を流すとか、融雪剤まくとか、

すぐに何か対応してくれると思ったが、なんもなし!!

お宿の人と宿泊客とでスコップでひたすら1時間、

坂道の雪かきをしたという・・(爆)。

 

 

あぁ、この話し今回女将さんや館主さんにすればよかったなぁ。

覚えてくれているかなぁ?(爆)

こっちは絶対に忘れないよなぁww。

でもそれが嫌な思い出じゃないからまたいいんだよなぁ~♪

嫌な思い出なら、移転したからってまた行こうなんて思わないもん(#^^#)。

いやぁ~~、ホント面白かったww。

http://ameblo.jp/naruru8854/entry-11144174497.html

 

今はすごく立派な屋根付きの駐車場ができているので、

そんな楽しいハプニングは起こりそうにはないわね~。

残念!!(爆)

 

 

 

いつも応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

 

下

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

SH902is携帯の方はこちらからお願いしますWハート

↓

ブログ村 源泉掛け流し温泉 (`∀´) 

 

 

読者登録してね

 

AD