お久しぶりです

テーマ:

お久しぶりです。

交信が途絶えていた間、全国ニュースでも取り上げられ、悪い意味で有名になってしまったことの発端になった「事故隠し」、始発停を1分遅れて発車し、乱暴な運転や挙句には「バスを放置した」という前代未聞のできごとも起こり、甚だ呆れています。どちらも全国ニュースで取り上げられ、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

バス車輌の事故隠しを発端に、乗り回し等のバス趣味も名古屋市営に関しては自粛気味になりつつあります。市バス・運転士さんなどをはじめ、現場を見る目も大きく変わりました。

バス放置のニュースは新聞で見て怒りを通り越して絶句してしまいました。

今だから言います。少し厳しい言い方かもしれません。

一刻も早く、全営業所を民間委託の対象にしてください。

と。直営営業所はもううんざりです。事故隠しは現場の責任ではないにしても、「バスを放置される」ような社局のバスに命を預けようとは微塵も思いません。中高生の制服への憧れは微塵もありません。

事故隠しの体質もそう変わるものでもないし、民間会社ともなればバス放置なんてことも起こらなくなると思います。

最近は、市バスもできる限り「乗らないように」しています。近所を走る路線はいずれも直営(鳴尾・緑)営業所の担当だから、といわけではないんですが、「バス放置がまたあるんじゃないか」という運転士さんへの信用の失墜が大きかった出来事でした。もちろん全員の運転士さんがそうだ、というわけではありませんが。

新URLは http://ameblo.jp/tami-naruo です。8月1日からの不定期更新です。

新ブログでは名古屋市営ネタは全く取り上げないわけではありませんが、ラッピング車・お絵かきバス・転属など、事柄は限定されます。地方ネタが中心になると思ってください。名古屋市営も大型・中型を問わず、ツーステップ車の運用は限られていますし、取材を銘打って乗り回しを行なうことも減ることになろうかと思います。どちらかと言えば、地方遠征を多く行ない、社局が変わった車輌であるいわゆる「移籍車」を、名古屋市営に限定せず、広く追いかけていくスタンスになります。大都市圏は似たようなクルマしか走っていませんしね。

最後になりましたが、

移転先のブログ、管理人共々、末永くご愛顧賜りますようにお願い致します。

管理人:鳴尾の民

AD

都営・R-C244

テーマ:


鳴尾の民 presents 路線バス blog-r-c244 画像は、平23の運用に就いている、臨海所属のR-C244です。

都営バスに精通しているのであれば、この車輌の魅力はここで語るまでもないかもしれませんが、近年の都営バスを語る上で欠かすことのできない1台です。近年の都営バスでは、導入から12年での引退が原則となっていますが、D代のほぼ全て、E代の一部よりも長くにわたって活躍、晩年は木11乙、平23といった古参車おなじみの系統での活躍を続けてきました。


C244は現在、引退しています。今回の新車、W代三菱の深川への導入→M代CNGエルガが深川から臨海へ転属→C244が玉突き除籍、となりました。コード番号は深川の新車に託されることになり、影も形も残っていません。コート番号くらいは臨海で引き継いで欲しかったというのが個人的な希望だっただけに、少し残念な気もします。


これで都営バスのC代は全廃、D代も残りわずかとなり、都営バスからツーステップ車が全廃する日もそう遠くはないような気がします。







★掲載車両解説★

型式:NE-LV288L

登録番号:足立22 か 5251

導入年度:1997年度

車号:R-C244(臨海)

床形状:ツーステップ

ドア形状:前→2枚折戸 中→4枚折戸

側窓形状:メトロ窓

シャシーメーカー:いすゞ自動車

ボディメーカー:いすゞ

ミッション:5速MT

所属:臨海支所

撮影地:長島町交差点~葛西駅前間

備考:CNG車

AD

横浜市営・7-4509

テーマ:


鳴尾の民 presents 路線バス blog-7-4509 7月終わりにライブ絡みで横浜遠征をしたので、そのときの写真です。神奈川地区の代名詞、神奈中バスも撮影していますので、そちらは後日掲載致します。


画像は、292系統の運用に就いている、浅間町所属の7-4509です。日デ+富士重ボディのCNGツーステップ車で、導入当初は全車が滝頭(たきがしら)に在籍していましたが、2009年初頭に浅間町に全車集約され(そこから数台は緑に転属した車両も存在する)、現在に至ります。今日現在、横浜のCNGツーステップ車も、名古屋市営と同様、原則延命になっています(横浜市営は日デ車しか採用していませんが)。


初めてブログで取り上げる社局なので、会社独自でつけられる車両番号(当ブログでは「車号」と記載しているもの)の解説をしておきましょう。今後も横浜市営は掲載するかもしれませんし。

ハイフンの前の「7」は導入された西暦年の下1桁を表します。この場合「1997年度に導入された車両」の意です。西暦年の下1桁を表しているという特性上、「2007年度車」も同様に「7-」ではじまる車号が割り振られます。

ハイフンの後の「4509」ですが、「4」はシャシーメーカーを表し、「日産ディーゼル」の意(1=日野、2=いすゞ、3=ふそう、4=日デ、5=その他といった具合です)、「5」は用途を表し、「普通路線バス」の意(1=特定車両、2=横浜交通開発所有車、3以降=普通路線バスといった具合です)、「09」は固有番号を表します。ただし、固有番号の「42」や「49」は忌番のため使われないことがルールとなっているようです。

※ 「固有番号の…最後」はwikipediaからの引用。



292系統は、廃止になった2路線の代替としてできた系統です。パシフィコ横浜~浅間町車庫の間を桜木町駅経由で結ぶ路線です。桜木町駅で撮影していたときにたまたまやってきた車両です。





★掲載車両解説★

型式:NE-UA4E0HAN改

登録番号:横浜22 か 9228

導入年度:1997年度

車号:7-4509

床形状:ツーステップ

ドア形状:前→2枚折戸 中→4枚折戸

側窓形状:逆T字

シャーシーメーカー:日産ディーゼル(当時の社名。現在の「UDトラックス」)

車体メーカー:富士重工7E

ミッション:5速MT?

所属:浅間町営業所

撮影地:桜木町駅付近

備考:CNG車


AD

名古屋市営・NS-32

テーマ:


鳴尾の民 presents 路線バス blog-ns32 お久し振りです。

大学は夏休みだったんですが、サークルや自主ゼミのフィールドワークなどで更新の時間が取れないで、楽しみにされていた方は申し訳ありません。

画像は、幹中村1の運用に入る、稲西所属のNS-32です。NS-31とともに、今年の3月にツーステップ車2輌と引き換えに如意から転入してきましたが、このときが初見でした。市内では中川・御器所を除く全営業所に配置(鳴尾は基幹1の専用車として保有)されているだけあって、市内では結構な確率でお目にかかれる車輌です。


今では、もとから稲西に在籍している同年代車のNS-58~62と紛れて、所管する大型車使用のほぼ全ての系統で確認することができます。



また、次の年から名古屋市営は100輌を超えるクルマを毎年のように導入し、三菱がリコール隠しの問題もあって、06年度の日デRA、08年度の三菱エアロスターノンステ(いずれも随意契約)を除いて、日野ブルーリボンⅡ・いすゞエルガのいわゆる「エルガ顔」が大量増殖となる最初の年度に導入された車輌です。このブログをご覧の方はご周知かと思いますが、日野といすゞが、中型車(レインボーⅡ・エルガミオ)も含むPJ-代以降の大規模リコールを発表し、この車両ももちろん対象となります。ウェブページで確認したところ、名古屋市営の場合は過半数の車輌が該当することになります。


今は、営業所の事故不適切処理で全営業所が家宅捜索を受けているところですが、過半数の車輌のリコールと相成って、まさに現状は「泣きっ面に蜂」状態ではないか思います。

三菱リコール隠しも問題ですが、同一車種をコンスタントに導入することによるリコール発覚の傷跡の大きさを全国に知らしめたことになるのではないでしょうか?


日野は脱税、いすゞはリコール、となると、「来年の新車は三菱!?」と期待も膨らむところですが、リコール「隠し」ではないので(実際にいすゞはリコールを発表した年に落札している例もありますし)、脱税の日野は指名停止にしても、ほぼいすゞで決まりなのかな?と思えてしまいます。。。






★掲載車両解説★

型式:PJ-LV234N1

登録番号:名古屋200 か 1554

導入年度:2005年度

局番:NS-32

床形状:ノンステップ

ドア形状:前→グライドスライド 中→引戸

側窓形状:逆T字

シャーシーメーカー:いすゞ

車体メーカー:ジェイバス

ミッション:5速AT

所属:稲西営業所

撮影地:中村公園

備考:特になし

少し前の話になってしまいますが、先週の土曜日に乗り回しをしてきました。

中川のラッピング車が目当てだったのですが、転属車の未撮影分が撮影出来たりと、結果だけ見れば上々な感じでした。

それでは早速行程を…


鳴尾車庫→栄(基幹1・NKN-1@「生和建設」フルラピ(鳴尾)/CNG・ATノンステ)

栄→稲西車庫(栄24・NH-239(稲西)/ノンステ)

稲西車庫→中村公園(中村13/稲西→公園・NS-17(稲西)/ATノンステ)

中村公園→春田駅(中村11・NS-59(稲西)/ATノンステ)

春田駅→地下鉄高畑(金山22/戸田→高畑・NS-82(稲西)/ATノンステ)

地下鉄高畑→両茶橋(高畑14・S-568!!@除籍延長車(中川)/ツーステ)

両茶橋→港区役所(東海12・NS-104(中川)/ATノンステ)

港区役所→多加良浦(東海11・NMS-79!!(中川)/ATノンステ)

多加良浦→地下鉄高畑(幹高畑1・NH-162!!(中川)/ATノンステ)

地下鉄高畑→金山(金山21・NH-8(中川)/ATノンステ)

金山→野跡駅(金山25・NF-13(中川)/CNG・ATノンステ)

野跡駅→八田駅(高畑13・NMH-5(中川)/ATノンステ)

八田駅→権野(高畑15/八田→両茶・NS-81(稲西)/ATノンステ)

権野→神宮東門(幹神宮2・NH-111@「マルタ不動産」フルラピ(中川)/ATノンステ)

名鉄神宮前→名古屋駅(名駅18・F-525!!@お絵かきバス(稲西)/ツーステ)


那古野町→栄(名駅16・NH-68@「サンロード」フルラピ(浄心)/ATノンステ)

栄→港区役所(栄22・NH-286(中川)/ノンステ)

港区役所→(十一屋経由)→多加良浦(名港13・NF-80(中川)/ノンステ)

多加良浦→神宮東門(幹神宮1・NS-105(中川)/ATノンステ)

神宮東門→鳴尾車庫(神宮15・NS-180(鳴尾)/ノンステ)


中川が目当てだったということで、ほぼ1日中川のエリアから出ませんでした。

朝一番で稲西車庫へ行ったんですが、幕のNF、キュービックのNSが車庫で寝ている一方、エルガやブルーリボンシティが動いていました。稲西は、古参車も関係なく動かしている印象だっただけに、少し意外でした。幕のNFに乗り納めするには平日に行くしかない…のかもしれません。。。

稲西は配車傾向も変わったのかもしれません。以前は見られなかった高畑15の大型車(両茶橋行きのみ/権野折り返しはこれまで通り中型車)は昼間も出ていました。これは要運用調査かもしれません。


幹高畑のノンステップは平日限定だと思い込んでいただけに、まさかノンステップ車に乗れるとは思わず(接近情報ノーチェックでした)、少し興奮気味でした。N尺であるということを差し置いても、やっぱり都営の狭隘路線【王41】には叶わず、エルガでもギリギリという感じでは取り回しではありませんでした。ブルーリボンシティは長尺車なので、これは少し難しいのかな?という印象です。実際にブルーリボンシティが配車されたことは聞いたこともないですし…

東海11の中型車も、聞いたことはあるだけで、実際に目撃するのは初めてでした。閑散時間帯は中型車でいいのかもしれません。名駅19や高畑13、18などとの混成ダイヤなのかもしれません。




乗り回しとは直接関係ありませんが、2011年度の新車の概要が発表されました。

内訳は下記の通りです。

・ 基幹2用大型ノンステップ車:4輌

・ 一般系統用大型ノンステップ車:73輌

・ 研修車:2輌

・ 合計:79輌(うち営業車77輌)


採用条件は

・ マニュアル車 ※これでふそうは事実上入札の対象外

・ 標準仕様ノンステップ車

・ ポスト新長期規制適合車

・ 平成27年度重量燃費基準達成車 ※ 上記2つの条件で、排ガス記号はLKG-。

となっています。


研修車の新造は、全国のバス事業者でも前代未聞です。研修車からMT車がなくなることの懸念だと思いますが、PKG-のエルガなどを研修車として転用すればその分一般系統の取り分が多くなるだけ。これでは「税金の無駄遣い」と揶揄されるのもおかしくないと考えます。研修装置の載せ替えとかで費用がかかるから、最初から新造車として入れる、というのなら話は分かりますが…


マニュアル車の横にも書きましたが、マニュアル車の段階で入札の対象は日野といすゞの一騎打ちということになります。「J-BUS天国ナゴヤ」の名を全国に轟かせます。電装エアコンくらいですかね、利点は。。。

ふそうと日野BRCが2年続きの都営バスが羨ましい…(心の声)