PEラインは強い!?

テーマ:
皆さん今日は。

磯フカセ🎣で使われる道糸は

圧倒的にナイロンラインが

多いですよね。

様々なメーカーからフローティング?

セミサスペンド?サスペンド等

価格も150メートルで1000円前後~

2000円の高級品まで!

色も透明に近い物や、ホワイト、ブラック

ピンク、イエロー、レッド、ブルー、グリーン!

戦隊物か!?

と突っ込みを入れたくなるような

バリエーション(^0^;)

途中にマーキングで配色している物まで

実に色鮮やかで道糸選びには強度を

含め難儀している方も多いと思います!

ブログ主的には道糸は第一に強度を!

しかしこの強度=は何を指しているのか?

直線強力?結束強度?耐摩耗性?

今から十数年前の学生だった

ブログ主は伊豆にある某テスターさんが

営業している有名店で某テスターさんから

直接道糸選びについて様々アドバイス

をいただきました。

まず、それまでブログ主が使用していた

それも某イケメンテスターが推奨していた

ホワイトラインと伊豆の某テスターさんが

プロデュースしている道糸を1ヒロ程

取り、途中で真結びを1回して力強く

引っ張るという実験をさせてくれました!

さあ2つの道糸を引っ張た結果は……

ブログ主がそれまで使えいたホワイト

ラインはブチブチ切れます(;゚ロ゚)

一方、伊豆のテスターさんがプロデュース

した商品は計10回で1度も切れず!

実験後伊豆のテスターさんに何故

同号数なのにここまで、強度に差が

生まれるのかを質問させて

いただいたところ!

まず、道糸は直線強力がいくら強くても

意味は無い、理由は結びが無い道糸の

使用は絶対にあり得無いから!

※確かに、サルカンを使うか、ハリスと

直結するかは別にして必ず結束する。

2つ目はナイロンラインに白色やオレンジ色

等の白濁した色素を混ぜ込むと強度自体が

落ちる?

※あくまでも10数年前ブログ主が聞いた

お話なので現在の商品に当てはまるかは

わかりません。

ブログ主が当時よく使用していたラインは

白濁していて、確かに直線強力を売りにした

商品でした(;゚ロ゚)

其れからは、道糸選びはまず、結束強度を

重視した道糸選びをしてきましたが

現在でもまだこれだっていう道糸は

見つかっていない状況です😢

しかしその中から今ブログ主が

信頼出来る?道糸をご紹介します(^O^)

1つ目はサンラインのブラックストリーム



強度は申し分無し!

しかしマーキングしてあるとはいえ

ブラックは明らかに見えずらい(^0^;)

後600メートル巻きとはいえ

定価9000円は高い!

2つ目はダイワのアストロン磯

ガンマ ワンフィフティ



耐摩耗性に徹底した強度を誇る商品で

3、25号という微妙な号数もブログ主的

には◎!また緑色+マーキングで視認性も◎

しかし、ブログ主的にはサスペンドが少し

強すぎるかな(^0^;)

しかし、どちらも優秀な道糸には違い

ありませんが、ブログ主的にはまだ

しっくりしない感じです!

そもそも、道糸にはウキを含めた仕掛け

がついていて、🐟にハリスを切られるより

釣り人のダメージが大きいのが道糸の

高切れ😢

ブログ主的には過去に大型🐟に仕掛けを

飛ばされた経験上、ハリス切れが7割

道糸の高切れが3割と道糸から仕掛けが

飛ばされることも少なくありません。

ナイロンラインの特性上、使った瞬間から

吸水してしまい、どうしても時間とともに

劣化してしまいます。

また良型の🐟をかけていくと伸びも出て

強度が低下してきます。

小さなことかもしれませんが、

この小さなダメージの積み重ねが

本当に大型🐟が来襲した時に……

悲しい結末に(;゚ロ゚)

※因みにブログ主は釣行後に道糸を

10メートル程切って、3回~4回程

使用したら、新しい道糸に巻き替える等

道糸メンテナンスにはかなり

気を使ってきました!

しかしこれはナイロンラインの特性上

仕方ない?

しかし、最近ルアー🎣にはまっていた

ブログ主はルアーに使われている

道糸に着目しています!

それはPEライン!!



磯フカセ🎣の道糸にはPEラインを

使用するかたはかなり少数派!

まず、比重が軽いため水面に浮くよう

な感じなり、風が強いことが多く軽い

仕掛けを多様する磯フカセ🎣には

仕掛けも入り辛いし使い辛い?

また細くて糸自体にハリやコシが無い

ため穂先絡み等のトラブルがあげられます。

しかし、その強度は圧倒的!!

PE2号だったらハリス6号程度だったら

道糸のPEから切れる事はまずありません!

しかも吸水性や伸びが無いため

ナイロンラインと比べて強度劣化が

極端に少ない道糸となります!

ブログ主的にはタナをしっかりと決め

重めの仕掛けを多様する、ゴロタ浅場や

夜釣りに圧倒的パフォーマンスを発揮してく

れると確信しています!

先日磯で夕マヅメに実釣さした際も





道糸PE2号で、ハリス5号でフエフキ

72センチの捕獲に成功しました(^O^)



[photo:07]

糸捌きも非常に良く、比較的よく曲がる

磯竿との相性も良いと思います!

風等強さ等、使用条件はありますが

これからのブログ主フカセ🎣には

必要不可欠なアイテムになりそうです!

皆さんも、今のPEライン是非一度

使ってみては如何ですか?

新たな発見があるかもしれませんよ(^O^)







AD