小売・サービス業専門接客研修講師成田直人のトレーニング日誌

元日本一販売員が年間10000名以上をトレーニングするコンサルティング会社を起業。現在はハワイと日本を行き来するデュアルライフを実践中!


テーマ:
本田 宗一郎
俺の考え

もう10年以上も前の話なので少しギャップを感じながらもその信条を知りたく読んでみた。


とても勉強になるよ。

しかも、なんかね、「自分」を強烈に持ってる人だなって。

読んでいて非常識を常識にかえるエネルギーに満ちているというか・・・

パワーがすごい。


中でもとても興味深いものをシェアします。


>成功する人はいつでもカネよりも咲に信用を押し出している。信用が先んじているでないと成功しないと言うことは、事実である。


はっきり断言してるところが印象的。

しかも共感できたフレーズ。


お金はあとからついてくるものだからね。

そして、お金よりも大切なものはたくさんあるってこと。


「世の中金だよ」


って言う人とは仕事できないなって思った。


>ジョークというのは階級意識をなくし、平等感ができてくる


本田宗一郎がギャグとかいうんだ・・・


>社長なんていうとだれだって頭下げるくらいだから、ここでジョークをいってやれば、みんなだってホッとする。私のように仕事が大好きで、むきになってしごとをやっていて、これでお釈迦様みたいにご清潔であったら、うちの連中だって行き詰って、ついてこれないが、私と専務が漫才師みたいなことをいって、締めるとこはきちっとしめるから、みんな安心して平等感を味わってくれている。


これも納得だなぁ・・・


売りやすい品物をつくってやることがコストダウンだということ


これはもぉ・・・眼からウロコですわ。

マジで衝撃的な一言だった。


小売をしてるから特に響いた。

どんなに安く作ってうっても・・・商品が不備が多くて売れなかったら・・・

その売上はゼロ。

それこそコスト100%では売上・利益という騒ぎではない。

いいものを作ることが・・・

コストダウンだっていうことに気づかせてくれました。


性能は犠牲にしてはいけません。


>良い人材をみつける能力のある人が上にいさえすれば企業全体があがってきてみんなが幸福になれる。


これも納得。

良い人材を見つけれる人になろう。

直感を磨く努力。

人を見る眼を養うことも大事ですね。


>人間は逆境にたったときもっとも大切なのは反省である。


これは俺が普段から言ってるPDCと同じ理屈。

とにかく自分の行動を振り返ることはとても大事なこと。


>本田宗一郎の「夢」とは・・・


「夢」とはその背後に世界的視野にたった理論が裏づけになっていなければならない。どこの国いっても通用する理論、それが若い人の夢を生む。さらにその夢が、世界市場どこにだしてもひけをとらない製品を生んでいく。


>よいアイデアに国境はない。よい製品に国境はない。


ある意味緊張感を生み出す言葉。


hondaの社是。

「常に夢と若さを保つこと」


以上です。


素晴らしい本でした。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はかなり売上悪かった。。

昨日は休みだったんだけど、

昨日も店の売上は超悪かったらしい・・・


なんか暇疲れしてしまったよ・・・


けど・・・


必ず明日はくる。


明日きを取り直して・・・

がっつり販売していこうと思う。


売れない日の夜はなんか変にワクワクするよ。


だって・・・

売れないってことは新たな課題が出てくるわけだし・・・


それを乗り越えられたら・・・

もう同じ状況に直面してもかならず売れるからね!!


売れない理由がなくなる・・・


空きだらけのピースにひとつひとつピースが埋まっていく。


きづいたら最強の販売員。


うん、目指して頑張ります。


あ~すでに明日の出勤が楽しみになってきた!


明日も楽しむぞ~~♪





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
松下 正治
経営の心―松下幸之助とともに50年

最近松下幸之助の世界を知って今後の自分の人生観の参考にしたいと思って読んでみた。


この人やっぱすごいですね。


水道哲学って・・・

その当時は無理だと思われていたことを実現しちゃったんだもんなぁ・・・

なんでもかんでも発売当初は高くても、今はビデオデッキだって1万円でかえてしまう。


すごい世界を作ってしまったもんだよね。


とても興味深いところをみんなにシェアします。


>共存経営

自主経営を自分でする。その自主性があったときに、相手の力というものが生きて働く。それが共存共栄に働くと思う。

って言うコメントがとても響いた。


自主経営のない人は依存経営になる。助けられ続けるってことはいつか破綻をしてしまうでしょう。


>幸之助はまた、厳しい追及をされるお得意先はありがたい、ともいっています。それは結局小言や厳しい追求を受けることによって進歩向上が生まれてくるからです。


これも超賛成。クレームはしてもらわないと自分の欠点はなかなかわからない。

自分の店も毎日見てると新鮮な視点をもてないから徐々に荒廃する可能性はある。

きづいたら企業視点の店づくりになってしまう。だから、徹底してクレームには真摯にかつ感謝の気持ちをもっていたのだと思う。

素晴らしい。


>幸之助は晩年になっても、会社主催の招待行事に出席したときは、必ず幹部とともに立礼のご挨拶に長時間たってお客様をお迎えしていましたし、お帰りの際も、最後までお見送りしていました。


かっこよすぎです。

自分もお客様視点で自分の行動をふりかえっていきたいと思う。


>熟慮・・・→断行


行動パターンです。

行動するまではしっかりと抜け目はないか行動チェックをし、OKが出たら、とにかく進む。

思考のパターンはこうなんだって思った。


>事業は人なり。

「君のところは何を作っているのか?と言われたら、松下電器は人をつくっています。電気製品もつくっていますが、その前にまず人を作っているのです。と応えなさい。」


マジで良い会社だね。


>適材適所は自他ともの幸せを生むものであり、人を使う立場のものとしては、ぜひとも心がけなくてはならない大切なことである。


まさにその通り!


松下幸之助のポリシー

「自分は、人の長所を見るようにして、短所はみないようにしている。」


もしつとめて短所ばかり見ていたら、安心して人を用いることができないばかりではなく、常に失敗してしまうのではないかと思ってしまい、ひとしお心を労するでしょう。


>原理原則。

この法則のもとにわれわれ人間は、昼は活動し、夜になれば寝ると言う生活をしている。そのように、宇宙の法則、しんりによってわれわれが生かされているのであれば、その生かされている法則をさらによく知り、その法則に応じた生き方をしてくということが大切でしょう。


>企業を発展させていく上で大切な永続性の問題。

①熱意を持った社員

②高水準の研究・開発力、製造力、販売力。

③高い企業イメージ


たしかに。


>松下幸之助流素直とは・・・

子供の心は素直である。だからわからぬことがあればすぐに問う。なぜ、なぜ・・・と。


>最低限しなきゃいけないこと。

①常に良品をお届けすること

②適正な在庫を備えて円滑な商品供給を行うということです。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。