3日目 2012年8月4日(土)

ホテルで朝食を摂り、嫁が洗髪している間ビアホイへ
ちょうどホテルの目の前にあり、気になってしょうがない存在だった
ビアホイはビアホールの認識でしたが、北部ハノイで盛んのようでホーチミン市では稀なようです
タイ暮らし-b01 タイ暮らし-b02

お店の人とお年寄りが集っている場
AM09:30入店、プラスチック容器のピッチャーに入ったビールと豆がセットで来ました
お会計は20,000ドン(約80円)、安いですよね~
タイ暮らし-b05 タイ暮らし-b03

目の前では氷の分割作業開始
2階の席でまったりされている方が羨ましい~
タイ暮らし-b04 タイ暮らし-b06

AM11:00過ぎから活動開始
半ケツの女性に目が行く嫁のカメラ視線
サイゴン大教会(聖母マリア教会)前に到着
タイ暮らし-b07 タイ暮らし-b08

脇にある中央郵便局へ
タイ暮らし-b09 タイ暮らし-b10

通常の窓口業務が行われています
ただ郵便局には見えないですね
歩道は広く整備されており、バイクが2重に駐車されています
タイ暮らし-b11 タイ暮らし-b12

統一会堂(旧大統領官邸)近くでは、椰子の実売り屋さんと西欧人のやりとり
統一会堂に12:00到着、入場券購入できない時間に到着
タイ暮らし-b13 タイ暮らし-b14

では、昼食でもと歩いていると何かお菓子系の売り場発見
パリパリして少し辛味のある美味しいお菓子でした
タイ暮らし-b15 タイ暮らし-b16

デパート前にあるお食事処に到着
見るからに美味しそうな惣菜満載
右写真はボクが指差しでお願いした鶏&エビのぶっ掛け飯
コレはイケましたね~、値段もビールと同じ20,000ドン(約80円)、安いですよね~
タイ暮らし-b17 タイ暮らし-b18

こちらは嫁の頼んだチキン、美味しそうに食べますね
タイ暮らし-b19 タイ暮らし-b20

こちらのお店の方からも優しくして頂き、何も分からないだろうといろいろ世話を焼いて頂きました
感謝、でもスゴク恥ずかしがり屋
タイ暮らし-b21 タイ暮らし-b22


13:00になり統一会堂へ向かう
タイ暮らし-b23 タイ暮らし-b24

やっと入れました
ベトナム人の方もかなり入って、説明か何か聞かれています
タイ暮らし-b25 タイ暮らし-b26

この風景は見応えがあります
団扇のピースを利用して記念撮影
タイ暮らし-b27 タイ暮らし-b28

多少歩いただけですが暑過ぎ、涼む所と言って思いつくのはカジ~~ノ
ニューワールド・サイゴンホテルに隣接されている「Chats」へ
ゆっくり3時間寛ぎ、目の前の公園では「ダーカウ(羽根蹴り)」が盛んです
大きな輪になって、本気蹴りでのラリーは面白かったです
西欧人のオジサンも参加して夢中になり、娘さんから「もう行こう」と急かされていました(笑)
タイ暮らし-b29 タイ暮らし-b30

そして歩いていると、目の前には如何にもこれから「遊びに行くゾ」というオーラが伝わる少女5人の姿が
タイ暮らし-b31 タイ暮らし-b32

とうもろこしを買って向かった先は~
タイ暮らし-b33 タイ暮らし-b34

サイゴン・スカイデッキ(68階建て、262m)
200,000ドン(約800円)、高いですね~
タイ暮らし-b35 タイ暮らし-b36

49階の展望台はさすがに見晴らしが良い
タイ暮らし-b37 タイ暮らし-b38

変わったビル(?)・ランキングでは4位にタイの「象タワー」、10位に日本の「モード学園コクーンタワー」がランクイン
タイ暮らし-b39

50階にある喫茶店に移動
タイ暮らし-b40 タイ暮らし-b41

高い所で記念撮影
タイ暮らし-b44

約30分で夜景に変わりだしました
タイ暮らし-b42 タイ暮らし-b43

ベトナム・フエ料理「ギースアン」で夕食
580,000ドン(約2,320円)のセットメニューをオーダー
ワイン飲み放題に魅かれてしまった
タイ暮らし-b45 タイ暮らし-b46

ボクは赤ワイン、嫁は椰子の実ジュース(こちらも飲み放題)
タイ暮らし-b48 タイ暮らし-b47

美味しいけども感動は訪れない、高いからかな~
タイ暮らし-b49 タイ暮らし-b51

食後の記念撮影
皆さん笑顔が良いですね~
タイ暮らし-b52 タイ暮らし-b53




4日目 2012年8月5日(日)

いよいよ最終日
ホテル・チェックアウトまでゆっくり室内で過ごし、荷物を預け
2日目の夜に食べたカニを徒歩で目指します
SUSHI BARもあるようです
タイ暮らし-c01 タイ暮らし-c02

カニ料理「クアン94」
近くに非常に似たお店があります
大きな交差点寄りのお店が正しいです<右の写真>
(もう1軒のお店も美味しかったりして…)
タイ暮らし-c03 タイ暮らし-c04

日本語メニューがあり、オーダーしやすいです
何種類か料理を頼みましたが、やはりコレ「蟹の塩コショウ風味」
タイ暮らし-c05 タイ暮らし-c06

また食べ始めたら止まりませんでした
日帰りでも良いから食べてみたいお店に指定(2店目)
タイ暮らし-c07 タイ暮らし-c08

3品と飲み物で744,000ドン(約3,000円)
良い値段ですが価値あり!
タイ暮らし-c09

ホテルに戻り、荷物をピックアップし空港へ向かう
構内に入るのを規制しているようで外にはいつも人混みが
タイ暮らし-c11 タイ暮らし-c12


外にバーガーキングがあったので、とりあえず確保

タイ暮らし-c10



搭乗が近づいた時間帯寸前に搭乗口変更の案内
お陰で喫煙室に出くわす
タイ暮らし-c13 タイ暮らし-c14

 

17:55 ベトナム・ホーチミン市・タンソンニャット空港発
19:25 タイ・バンコク・スワナプーム空港着



部屋に到着し荷物を置いてすぐ、タイ料理を食べに屋台街へ
やはりビアシン(シンハー・ビール)が落ち着きます
タイ暮らし-c16 タイ暮らし-c17


以上で4日間のベトナム・ホーチミン市(サイゴン)旅行終了

楽しかったですね~~~
ベトナムの方たちによくしてもらい、非常に気持ちの良い旅でした

初めてのツアー参加では
 本・ネットだけの情報だけでは知りえない情報を聞かせてもらったり
 ツアー参加者とブログを通じて繋がる出会いになったり

衝撃的な料理「蟹の塩コショウ風味」との出会いもあり

ベトナム・カジノで涼んだり

満足の4日間でした
おわり

AD

2度目のベトナムへ
前回は何も情報を持たずに、北部ハノイへ
今回は事前情報を入手して南部ホーチミン市へ

1日目 2012年8月2日(木)
07:45 タイ・バンコク・スワナプーム空港発
09:15 ベトナム・ホーチミン市・タンソンニャット空港着

時差なし、たったの1時間半で移動できる距離
タイ国内旅行と変わらぬ気軽さです
大きく蛇行する大河はタイと同じです
タイ暮らし-01 タイ暮らし-02

「地球の歩き方」でトラブルが少ないタクシー会社と紹介されている
”VINASUN”のカウンターで170,000VND支払いました
+10,000VND(約40円)は空港道路通行料等のようです
カウンターからタクシー待機場所まで連れて行ってくれます
市内でも至る所で”VINASUN”タクシーが走っていましたので、今回の旅行ではこのタクシー会社のみと決めて利用しました
タイ暮らし-03 タイ暮らし-04

20分程で市内のホテルに到着
オートバイの多さには驚きます
まず一服してホテルの受付へ
チェックイン時刻前に到着しましたが、30程待てばお部屋を準備できると聞き、荷物を預けブラリ
タイ暮らし-05 タイ暮らし-06

早速アオザイ軍団に遭遇、やはり癒されますね~
ベトナム料理「wrap & roll」に入店、早速ビアを頂く
タイ暮らし-07 タイ暮らし-08

次から次と来る巻き物系の料理に舌鼓
タイ暮らし-10 タイ暮らし-09

食後、ベトナム語を話せないため、指差しで10番の「おいしい!」を伝えた後、12番の「お勘定をお願いします」とお願い
タイ暮らし-11 タイ暮らし-12

ホテルへ向かう途中、サークルKで少し買出し
笑顔の店員さんに好感を抱く
タイ暮らし-13 タイ暮らし-14

チェックイン後、徒歩20分で「ベンタイン市場」へ
まだ初日なので、気になるものの相場を探るにとどめる
いろんな色のお米に興味を示す
タイ暮らし-15 タイ暮らし-16

ホテルへ向かう道を変えて、裏通りの道で混んでいるお店に遭遇
うどん系の麺料理、すかさずオーダー
中々良い味が出ていて満足、やはりここでも店員さんの笑顔に癒される
タイ暮らし-20 タイ暮らし-17
タイ暮らし-18 タイ暮らし-19

その後、ホテル・カラベルのカジノで少しプレー
夕食は、初フォー
スープは薄味でも美味しかったのですが、麺の感触はボクには合いませんでした、残念
タイ暮らし-21

1日目終了



2日目 2012年8月3日(金)
朝テレビを見ると健康志向の番組が多いのに驚き(4chくらいありました)
タイ暮らし-a01 タイ暮らし-a02



旅行会社のツアーに参加するのは今回が初めてです
「T&Tトラベル」の新堂さんにホテルまで迎えに来て頂き、日本から旅行に来られた看護学校生トリオと一緒に参加しました
まずはライスペーパー作り&ゴムの木を見物
タイ暮らし-a03 タイ暮らし-a05

そして今回の旅行の目玉「クチトンネル」に到着
枯葉が積もっている何気ないところに入り口がありました
とりあえず潜ってみます
バンザイしないと入れない狭さ
タイ暮らし-a06 タイ暮らし-a07


狭~~い所から上がってきたところ
眩しい!
中には自分では入れなさそうな小さな穴が開いていました
タイ暮らし-a08 タイ暮らし-a09
タイ暮らし-a14 タイ暮らし-a14a

女性陣も突撃、頼もしいですね~
タイ暮らし-a10 タイ暮らし-a11
タイ暮らし-a12 タイ暮らし-a13

アメリカ軍の戦車も残されています
タイ暮らし-a15 タイ暮らし-a16

トンネルには30m,50m,100nの出口が用意されていましたが、あっさり30mで地上に上がりました
フラッシュのせいで明るく見えますが、実際は暗い!
観光用と思いますが、一応照明は所々ありました
それでもこの狭さと息苦しさから居心地は悪く、とてもトンネル内に居住区・炊事場があったとは思えないような感じでした
タイ暮らし-a17 タイ暮らし-a18


そして約1時間半掛けて移動
着いた先はメコン川デルタ
船に乗り込み、大河に向かいます
タイ暮らし-a19 タイ暮らし-a20

今いる位置を確かめつつ、中州に渡ります
タイ暮らし-a21 タイ暮らし-a22

そして昼食
「エレファントフィッシュの唐揚げ」が先ず出てきました
コレ旨そう~
従業員の方が手際よくライスペーパーに巻いてくれます。
タイ暮らし-a23 タイ暮らし-a24

お味は予想通り、旨い!!
魚と香草の組合せは最高、なんぼでも入ります
ビールも2本程頂き、ご馳走様でした
タイ暮らし-a25 タイ暮らし-a26

次の目的地に向かうところカラオケで盛り上がっているお宅あり
酒は飲んでないと思いますが、昼間からハイ・テンション
タイ暮らし-a27 タイ暮らし-a28

船で大河を渡る
タイ暮らし-a29 タイ暮らし-a30
  

着いたのは椰子キャンディー工場
可愛いドイツ帰りの娘さん達が迎えてくれました
嫁は袋詰め作業の体験を
タイ暮らし-a31 タイ暮らし-a32した
このツアーはベトナムにまつわるクイズ15問中、10問を正解したらツアー代がタダになります
車での移動中、徒歩での移動中にクイズが出て楽しい時間が続きます

途中空いた時間にも、ベトナムについての質問を受けてくれる新堂さんには感謝です
ここまでベトナムへの理解も深まるのは、ボクだけの個人旅行では味わえない感覚だと思いました

ベトナムナビの記事
このツアーのH/P


さあツアーのクライマックス
ジャングル・クルーズです
まさにジャングル!
ゆっくりしたスピードの中、船首で味わいました
迫力ありますね~~~!
タイ暮らし-a33 タイ暮らし-a34

船首のVIP席は途中で交代
本当に心地良い感覚です
タイ暮らし-a35 タイ暮らし-a34a

大河の主流に到着したところで元の席に着き、このまま船着場へ
そしてホーチミン市に向けて帰り、ツアー終了~~~!

女性陣の方とはブログを通じて、今は連絡を取り合えるようになりました
次回はタイでの再会が実現するかも



解散後、夕食に向かったのはカニ料理「クアン94」
ベトナムナビの記事

近くに同じような店名が2軒ありますが、大きな交差点寄りに入りました
たぶん正解
タイ暮らし-a36 タイ暮らし-a41

カニ爪のタマリンド味も美味しいですが、右側のカニ注目!!
コレやばいです!

悩みながらオーダーしている時に背の低い従業員が進めてくれた「カニの塩コショウ風味(430,000VND)」
1度口に入れ始めたら、もう2度と止まりません、食べ尽くすまでは
タイ暮らし-a37 タイ暮らし-a38

嫁も同じ状況でしたが、お代わりできないお腹の満足状態でした(残念)
ヤシの実ジュースを飲み干した後、デザートに苦戦していました
このお姉さんのお陰です、こんな衝撃的な料理に出会えたのは
タイ暮らし-a39 タイ暮らし-a40

行きは「宿泊ホテル」からタクシーで来ましたが、帰りは「マジェスティック・ホテルのカジノ」へタクシーで向かう
タイ暮らし-a42


2日目終了

初ベトナム ハノイ その1

テーマ:

金曜日の仕事は16:00に早退してスワナプーム空港へ向かう。
彼女も16:00に早退し、空港で待合わせ。
首尾良くチェックインし、免税店で酒・タバコを購入し、お気に入りのバーガー・キングで

WHIPPERのセットを平らげる。


ゲートに向かうと丁度、ゲートが開いた所でスムーズに移動用のバスに乗り込む。
エアー・アジア搭乗のため飛行機の座席は自由席。
前の座席が詰まっている状態を見て、悠々自適な後部座席に席を取るがその判断はイマイチでした。


ドンドン席は詰まり後ろの席には、ベトナム人の親子が常にうるさく子供がボク等の座席を刺激する。
かと思えば、周りはベトナム人高校生の修学旅行の帰りなのか、若いエネルギーが飛行機の中で

も弾けていました。
あまり気にしてもしょうがないので、なすがまま。


前もってベトナムの天気を確認してましたが、予想通りの雨。
着陸前から不安定な天気のためか、雨雲を突っ切るためかなり上下左右に揺れる飛行機の中、悲

鳴が途絶えない。
横に座ってるファラン(欧米人)の女性は、緊急体制状態?(頭を座席の隙間に入れ抱え込むポ

ーズ)の姿勢が続いてます。


彼女もこのレベルの揺れに遭遇するのは初めて。
生きた心地の無い表情でしたが、ボクが言ってやれるのは


naree「飛行機は滅多に落ちないから大丈夫。多分…。(笑)」


これで多少落ち着いてくれ、無事到着。


飛行機が着陸した際には、大勢の拍手で喜びを感じられました。
ある人は、
「Still alive !!」
とも叫んでおられました。


まぁ、そういうこともありましたが無事ベトナムに到着です。


着いたのは良いが、ベトナム語が喋れる訳でもない状態。
そして下調べ不足のため、ホテルまでの地理感覚は全く無しでのタクシー。
10数年前に始めてタイでタクシーに乗った感覚が戻ってきました。


雨が降っている中、不安になりながらハノイまであと20キロと出た看板を右に曲がられた時は

さらに不安になりましたが何とかホテルに到着。


ハノイ(ノイバイ)空港からのタクシー料金:14USドル
(タクシーから降りる時は、17USドル要求されましたが…、空港記載は14USドル。)


午後9時半にホテルにチェックイン。
午後11時までやっているナイト・マーケットに向かうが雨のため早々に店開き。
適当なところで晩メシを食べようと、まず飲むのは、ビア・ハノイ!

約20バーツ(約70円)と噂に聞いていた通り安い!!

しかも美味い!

1


頼んだ麺類もまずまずの味。

2


3


その後ホテルに戻る。
「UNO」が見つからないため持って来たトランプで「ボク・デーン」で勝負。
圧倒的に勝ってしまい彼女の気分を損なったまま就寝。

翌日は、ホテルのモーニング・サービス(部屋まで前日注文した朝食を指定時間に持って来てく

れる。)で朝7時に起こされる。


前の日に決めたウォーキング・コースの出発地点に向かうが、90度方向を間違えたらしく30

分以上歩いても到着出来ない。
断念し、タクシーで出発地点に向かう。
ホアン・キエム湖です。
(あとで分かりましたが、ちゃんと間違わずに行けば5分で到着する距離。)


水上人形劇のチケットを購入した後、ウォーキング・コースを歩こうとしたが気だるさがあるた

め3輪自転車での観光に切替。
1時間10万ドン(約600円)。
結局時間を追加して約2時間で15万ドン(約900円)となりました。


つづく

さぁベトナムへ

テーマ:

今日は仕事なので、作業服姿。

しかしリュックとスーツケースを持っての出勤です。

(とても仕事に行くカッコウには見えないです。)


ベトナム情報は、昨日何とか入手できました。

2泊3日ですが

 金曜日は、18:30フライト

 日曜日は、09:30フライト

と土曜日の1日しか観光できない状態です。


では、ハノイに行って来ます!