シンガポール旅行2010 その4

テーマ:
5月30日(日)3日目



この画像はなんでしょう?
タイ暮らし-2




そう、タクシーに貼り付けられていました。


前日はAM02:00までプレーしたため、AM03:30頃就寝。
4時間程寝てAM07:30起床。

AM08:30に出発。
そのタクシー車内でのショットでした。
タイとは違い、いろんな所で規制が明確にされています。
(タイだと6人全て1台のタクシーに乗ろう、となりますが…)


空港に着きシンガポールドルをタイバーツに両替しようと。
何か来る時のレートより異常に悪い。
同僚は日本円に両替。
ボクはUS$に両替。
タイ暮らし-3

AM11:10発の飛行機。
上昇している最中で下を見ると虹が見える。
あまり見ない虹を上空から見れて少し幸せ気分に。
タイ暮らし-4


タイ・スワナプーム空港に到着。
イミグレは混み混み。
タイ人4名はあっさり通過。

ボク等日本人も少し遅れて出ると嫁1人が旅行バッグと同僚の嫁さんの荷物をキープして電話中。
よく分からないが、旅行バッグを持って1人でタバコを吸いに屋外に出る。
タバコを吸っていると他の2組の荷物が出てこないらしい、と分かる。
ボクも引き返そうとトライするが、係りの人に拒まれ中には入れない。
しばらく掛かりそうなので先に帰る事に。
嫁も出てきてタクシーで一路バンコクへ。
(昨日の時点でまだ同僚の荷物は手元に戻ってきていませんでした。在り処は分かっているようでした。)

エカマイのタイスキ「MKゴールド」に直行。
ビールを飲みたかったが午後2時を過ぎていたため販売禁止。
仕方なくテンモー・パン(スイカ・シェイク)をオーダー。
タイ暮らし-5


野菜セット&肉類到着
タイ暮らし-6

鍋にぶち込み、仕上げは生卵
タイ暮らし-9

その間の箸休め
あひる
タイ暮らし-7

葉っぱ
タイ暮らし-8

良い塩梅です
タイ暮らし-10

緑ラーメンは欠かせません
タイ暮らし-11








結構ハードに遊びまわり疲労感タップリ。
シンガポール在住の同僚友人が2日間、面倒を見てくれ非常に有意義な旅になりました。

嫁と2人なら絶対行かない時間帯に見たユーロ雰囲気タップリのClarke Quay。
常に行列の出来るシンガポール・チキンライス有名店らしい「Tian Tian Hainanese Chicken Rice」。
いつも行っていた「ヒルマン」ならぬ「マンヒル」の美味しさ!

堪能しました。



そして、初めての団体旅行。
良い面も悪い面もありますが、とにかく楽しさ&美味しさが増し、良い面が勝った今回の旅でした。
こういう旅もまたしてみたいと思います。
AD

シンガポール旅行2010 その3

テーマ:
5月29日(土)2日目②

昼食は集中型屋台(これをホーカーと呼ぶのか?)で。
タイ暮らし-8

行列が絶えない「Tian Tian Hainanese Chicken Rice」が狙いです。
タイ暮らし-9

タバコ(マイルドセブン)1箱11.3S$(260バーツ)は高い。
タイでは最近高くなって現在90バーツ。その約3倍です。
どおりで持ち込み禁止な訳ですね。
タイ暮らし-10

値段表
タイ暮らし-11

さぁいよいよシンガポール・チキンライスを初体験。
タイ暮らし-12

非常に瑞々しくタイのカオマンガイとは違う味わい。
別物です。
(ズッとカオマンガイとは同じと思っていたので、シンガポールでわざわざ食べようと思いませんでした。)
タイ暮らし-13

そして一路セントーサ島にあるCASINOへ。
RESORTS WORLD SENTOSA
タイ暮らし-15

ドレスコードはハッキリ明記していますが、人通りが多くあまり気にしている感じはありません。
実際一緒に入った7名の内1人の女性はサンダルですがOKでした。
タイ暮らし-16

3時間ほどプレーした後、夕食休憩。
馬鹿でかい駐車場を歩いていく。
タイ暮らし-17

連れて行ってもらった店は、ペーパーチキンが名物のヒルマンならぬ、マンヒル。
たぶん系列でしょう。
$タイ暮らし-18

何が出てきても美味いです。
さすが在秦者お薦めのお店。
タイ暮らし-19

タイ暮らし-22

タイ暮らし-21

タイ暮らし-20

そして終盤に出てきた「ペーパーチキン」。
最高に美味いです!
シンガポールに来て良かった、と思える瞬間がやってきました。
$タイ暮らし-23

またもや会計金額当て勝負。
今回は罰ゲーム版。
2桁目の数字を当ててしまった人が罰ゲームとして「唐辛子酢漬けを一気食い」です。
同僚の嫁さんが当たってしまい、泣き泣き唐辛子を完食していました。



満腹になり、再度カジノへ。
Min. Betが25S$(約500バーツ)で簡単に激減するため手持ちをATMで補給。

ルーレット・ポーカー等で増やそうとするが中々思い通りに行かない。
座りたくても座れないブラックジャックのテーブル。
夜が更ければ客は減ると見込んだが。益々増える傾向。

やりたい所に座れないもどかしさだけ残り不完全燃焼。
さっさとAM02:00で退散。

軽く負けました。


今回のギャンブルはこれだけ。
物足りなさがありますが、団体行動でもあり嫁も帯同しているため止むを得ません。

ただこれだけ人が多いとゆっくり寛ぐ、楽しむといった状態にはなれません。
サービスの良さを期待したシンガポールでしたが、期待とは裏腹な状態で残念でした。
多分シンガポール・カジノには2度と訪れる事はないと思います。



手近なカンボジア、久々のマレーシア・ゲンティン、心地よくなったマカオ、未体験で行ってみたい韓国カジノ、最近気になるオーストラリア辺りが次回の勝負地となる事でしょう。

シンガポール旅行2010 その2

テーマ:



5月29日(土)2日目①

朝食は近くのお店で。
タイ暮らし-1

飲み物は水とコーヒー(バカみたいに甘かったです)。
タイ暮らし-1-1

麺類2種。
タイ暮らし-2

Wantan Noodle と Dumpling Noodle をオーダー。
タイ暮らし-4

タイ暮らし-3



China Townに寄り観光&お買い物。
タイ暮らし-6



気付き①:シンガポールの建物は螺旋形の階段が多い。
タイ暮らし-5

気付き②:シンガポールの洗濯物はベランダが無くても外に干す。
タイ暮らし-7



シンガポール旅行2010 その1

テーマ:


5月28日(金)1日目

スクンビットからタクシーで移動。
30分/200バーツでスワナプーム空港へ到着。
時間帯が午後イチのためかイミグレもガラーンとしているが、その分窓口も少なく待ちました。
$タイ暮らし-1

参加者は6名。
友人夫婦(旦那:日本人、奥さん:タイ人)・友人の知合いタイ人カップル・naree夫婦です。
タイ人:4名、日本人:2名となりました。
タイ暮らし-2

約2時間半でシンガポールに到着。
1時間半くらいで着くと思っていたが思いのほか遠いシンガポール。

チャンギ空港からはMRT(モノレール)で移動。
空港内(MRT始発駅までの)移動は結構時間がかかりました。

15分ほどでホテルの最寄り駅に到着。
駅から徒歩10分でホテルに到着。

昼メシを食べそびれたため空腹、即外出。
既に夕方。
タイ暮らし-3

「東北餃子王」を発見。
即入店。
タイ暮らし-4

ビールは当然Tiger beer。
タイ暮らし-5

大人数なので頼める料理の種類が多く嬉しい。
タイ暮らし-6
タイ暮らし-7
タイ暮らし-8
タイ暮らし-9
タイ暮らし-10

3組のカップルで会計金額当てが始まる。
指定金額が会計金額に近いカップルは支払い免除。
見事タイ人カップルが当て、お会計。
62S$(1,400バーツ程度)って、安過ぎでした。
ほとんどが100S$以上を予想。

日本人同僚の友人がシンガポール在。
マレーシア人ですが、日本語ペラペラ。
マレーシア語・中国語・英語もOK、羨ましい。
その彼が迎えに来てくれ、一路カジノへ。

向かったのは4月にオープンしたばかりのMarina Bay Sands
$タイ暮らし-1

入口の表示を見ただけで興奮します。
内部画像は撮影禁止のためありません。
タイ暮らし-a1

22:30から2時間弱ほど見て、今日はおしまい。
本当に様子見程度です。
人が多くて中々テーブル席につけないのとMin Betが25S$(約500バーツ)と敷居が高いと言う事も分かりました。



帰り道、川沿いのClarke Quayに立ち寄り、夜のシンガポールを見学。
まるでアジアという感覚ではなく、ヨーロッパの雰囲気を感じ心地よい空間があります。
写真は「Clinic」というお店。
酔っ払いのお客の心静まるお店でしょう。
タイ暮らし-a2

ドイツビールとホットドッグを食べ、本日終了。
タイ暮らし-a3


宿泊ホテルはGeylamg Rd.近くのLarong20でしたが夜中2時でも異常な活気があります。
何故こんなに男性が多いんでしょう。
そんなのは決まっていますね。


(つづく)

これからシンガポール行ってきます。

テーマ:


あまり事前準備が出来ませんでしたが、これから出発です。

2日後にブログ更新となりますがよろしく。


シンガポール旅行の目的は、カジノと食!

この2点に集中すると思いますが、今回は女性陣が2名なので自由な行動が取れない一抹の不安が…。



何はともあれ楽しんできます!!