3連休はチェンマイへ

テーマ:

記事作成: 2010年2月9日

記事更新: 2013年2月21日

記事更新: 2015年10月23日


今日からチェンマイに行ってきます
あまり予定を詰めず、のんびり寛いで来よう~
昨年もチェンマイに行った気がしますが、カオソイが楽しみです⇒確認したら2013年2月でした、記憶力悪し
22


ブルートレインで行くチェンマイも今度試してみたいナ
参考 ⇒ こちら

(ここから 記事更新: 2013年2月21日)

今週末の3連休

3年ぶりにチェンマイに行ってきます

2人で一緒に行くのは3回目、個人では通算7回目になります

前回と全く同じ時期で、今回も往復飛行機です

たまには1週間掛けて寝台列車で行きたいものですが、ないものねだりせず楽しんできます



前回のチェンマイ旅行はこちら

2010年2月のチェンマイ2人旅(往復飛行機) 



(ここから 記事作成: 2010年2月9日)

月末にチェンマイに行って来ます。


移動手段は、電車・バス・マイクロと選択肢がありますが今回は往復とも飛行機で。


格安航空会社は3社。


Air asia H/P (←ここをクリック)

One two Go H/P (←ここをクリック)

Nok Air H/P (←ここをクリック)


2週間前の時点で最安値は、Air asiaで8,000バーツ弱。

新規購入したパソコンで早速購入しようとしたが、VISA決済できず数日経ち嫁の同僚のクレジットカードを使用し購入できた金額は9,380バーツ(二人分)。

毎日金額が上がっていくため、格安航空会社は早目に予約した方が良いですね。


宿泊するところも以前泊まった所に予約完了。


2週間後が楽しみです。

3年ぶりのチェンマイ旅行です。



2007年1月のチェンマイ2人旅(往復飛行機) 

2006年4月のチェンマイ1人旅(往復飛行機) 

2005年3月のチェンライ3人旅(往路:電車、復路:飛行機) 


大体途中で終わってしまっているブログでした、最後まで書く前に他の出来事になってしまう傾向です。

AD

(予告)家内とバンコク散策

テーマ:
新しく出来た水上マーケットを少し覗いてみようとしたら、初めてバンコクに来た観光客のような散策のたびとなってしまいました
ソレはソレで楽しかったですが、かなり歩き回りました

まずは、地図をアップ
拡大写真は ⇒ こちら
緑の線が歩いた所です

22




2015年8月22日(土)
家内の叔父さん家族と実家に1泊2日で帰省しました

BTS(モノレール)の最南端「Bang Wa駅」で待ち合わせ、南下
22 22

BTS(モノレール)沿線計画
バンコクの路線網整備着々と工事が進むから拝借<3年前の記事>
郊外に出ると分かるのが、沿線工事の進み方
気軽に行ける土地が増えていくのが楽しみです
22

ガソリンスタンドで少し買出し
22 22

ムーピン&カオニィオの最強コンビでエネルギー補充
早く実家に到着したいから車中にて・・・・
カエルが待っているようです(笑)
カエルが食卓にあがるのは何年振りかな?
22

家内の叔父さん(ボクより年下)の娘さんアリスちゃん
車内には笑い声が絶えず、癒される(^O^)
「Nareeさ~ん」と言ってからメロンを食べさせてくれます
22

5時間ちょっとで到着
22


取れたての果物ロンコンを頂く
22

裏庭には、収穫を終えたロンコンの木
22

サトー豆(日本名:ネジレふさ豆)
ネジレまくっていますね、コレも新鮮
22

雨が降り、涼しい中で昼食
ナムチムさえあれば、いくらでも食は進む
米も美味しかったので、お代わり(^O^)
22 22
22 22



昼寝をした後、お母さんの働いている市場へバイクで移動
22 22

コレ(ジャップ・ラック:トート・マンクンを焼いた感じ)もビールに最高~~!
ピリッとカライのが良い!
22 22

お婆ちゃん邸に戻り、お爺ちゃんに叩かれる寸前
恥ずかしがり屋さんも馴染んできました
22 22

夕方前に晩酌、そしてメインディッシュの準備
1キロ120バーツの高級食材のようです
数年前に食べた時は、大雨でソコラ中から出てきたカエルを捕まえて姿煮で頂きました
22 22

軽く夕食1回目、隣の親戚邸ではトウモロコシ焼きを頂く
22 22

雑貨屋さんでアルコール調達
22

家内の実家に戻り、夕食2回目
ボクは、お母さんにお願いして揚げてもらいました
トムヤム味のカエルは、 家内の舌に大ヒット~~!!
22 22

22 22

翌朝、バイクで市場へ
小雨が降っていたので、少し肌寒い
暑いときこの道を通るとヒンヤリとして気持ち良い、お気に入りの道
22

大盛況
22

22 22


団子・わらび餅
直接話していませんが、日本語が分かるタイ人の方が居るそうです
ビックリ!
22

市場から5分のビーチでお菓子タイム
何て贅沢な時間でしょう
22


朝食は、叔母さん邸の前で特製センミー
近所のオバサンとの笑い声に癒される
22

いつ食べても安定した美味さ!
臓物も最高(^O^)
叔母さんの腕は、他にも惣菜作りにも発揮されています
22


自宅前にはホウキ
乾かして加工するとホウキになるそうです
22 22


自宅からお婆ちゃん邸へ移動
22

ソムオーを少し頂く
22

もうご飯は食べれないと思ったが、カエルのトムヤムは、カライけど手が止まらない(笑)
皆さんカエルが大好きです!
22 22

アリスちゃんのカエルは、カラくない味付けで「オップ・オップ」と鳴き声を真似して完食
すっかりカエルの虜
22

2回目の朝食をお祖母ちゃん邸で頂き、バンコクに向けて出発
出発前に確認すると5時間強で到着見込み
実際は約6時間で到着
c16


バンコクに戻り、前の会社で同期だった通称ナーム・マナーオと夕食
22

「オースワン 」が目当て
お店情報はこちら「55ポーチャナー」
22 22
22 22


部屋飲みでは早速カエルのトムヤムを試食
意外にイケる!と完食
22 22


家内の従姉妹もカエルがあると聞き、我慢できず駆けつけてきました
22



2013年4月のカエル姿煮
2013 ソンクラーン休暇 その5 帰郷(プラチュアップ・キリカーン)後半