4日目 4月15日(月)

朝からお寺へ
地面にはスリランカでも見た色違いの虫ペア
タイ暮らし-17

お経を聞きながらお願い事を念じる(決して寝てはいません!)
タイ暮らし-18

タイ暮らし-19


お婆ちゃん邸に行くと共同作業が繰り広げられている
タイ暮らし-20

捌いていまいます
タイ暮らし-21

昨晩あれからカエル取りが行われたようで大漁!!
ボクも1匹だけ獲りました(久々にカエルを触りました)
タイ暮らし-22

身が少ない種類のカエルはそのまま茹でて、最後に仕上げ
タイ暮らし-23

表に出ると近所のおばさんに携帯電話の表示が何か確認するサック叔父さん
ボクとあまり歳は変わりませんが、遠いな~(笑)
タイ暮らし-24

さらに茹でて
タイ暮らし-25

唐辛子を準備して
タイ暮らし-26

トム・ヤム・ウン、出来上がり
ウンとはカエルの種類のようです
食べ方を迷いましたが、思い切ってカエル1匹丸ごとご飯の上に乗せて食べました
5~6匹食べましたが、美味しかったですよ
少し無理して食べました(苦笑)
タイ暮らし-27

食後に違うお寺に参拝
タイ暮らし-28

タイ暮らし-29

タイ暮らし-30

タイ暮らし-31

聖水を浴びた後はミサンガみたいのをもらえます
タイ暮らし-32

お寺の外には娯楽も一杯
タイ暮らし-33

帰省中ほとんど雨が降っていたため、やっと天気が良くなり青空を見てホッとする
タイ暮らし-34

大きな鉄板で焼いてるホイ・トー(貝揚げ)が美味しそう
※ オースワン(タイ風牡蠣の卵入りもんじゃ風)に近いです
タイ暮らし-35

タイ暮らし-36

熱々は最高に美味い~~!!
タイ暮らし-37


5日目 4月16日(火)
バンコクに向かうため、荷物整理
タイ暮らし-38

しばらくお預けの家庭料理
タイ暮らし-39

顔写真入りの家計図は子供の教育上良いのかな
タイ暮らし-40

相変わらず雨が降っているお婆ちゃん邸を後にする
タイ暮らし-41


今年のソンクラーン帰郷は以上



今年のソンクラーンは楽しんだな~~
当初海外旅行を考えていましたが、候補地を決め兼ねている中いろいろとあり、このような楽しみが待っていました(笑)

時には優柔不断でスレスレ決定も良いもんですね

AD
3日目 4月14日(日)


嫁の実家プラチュアップ・キリカーン県に向かうため南バスターミナル(サーイ・ターイ・マイ)へやってきました
スクンビット通りからタクシーで約30分173バーツ

窓口で所要時間を聞いてみると「5時間」と回答
自家用車で4~5時間なので俄かに信じれない
ちなみに運賃は302バーツ/名
タイ暮らし-02

07:30発(予定)のバスのりばに行くと意外にも2階建てバスでした
タイ暮らし-04

07:50出発し、バス故障のため4時間後停車
エアコンの効いた車内で読書を楽しみながら待機していましたが、2時間待っても代車が来ないため屋外に

ちょうど雑貨店があり、車外でも過ごしやすい事に気付く
タイ暮らし-06

ケープムー(豚皮のカリカリ揚げ)に釣られたネコとじゃれあう楽しいひと時
タイ暮らし-07

ゆっくりここで過ごしたい、と思うと代車到着
荷物移動し再出発
タイ暮らし-08

結局8時間後の16:00に到着、停車時間2時間を差し引いても移動時間は「6時間」が妥当か
お婆ちゃん邸には親戚が集合しており、子供は家系図の勉強中
タイ暮らし-10

早速、地元の料理にがっつく嫁
気持ちは分かります
タイ暮らし-11

このナムプリックさえあればお腹は満たされるようです
結構辛いですが、やみつきになる美味しさ?

家庭により調合が違うので、日本でいう「家庭の味」なんでしょうね
今日のは美味しくないな~、誰が作った~~!?とか、突っ込みもあります(笑)
タイ暮らし-12

程なく夕食
タイ暮らし-13

タイ暮らし-14

かぼちゃと一緒に煮込んだ貝料理もイケマス
みんなチュッ・チュッと吸い込んで食べますが、中々会得できない食べ方です
タイ暮らし-15

お母さん邸に移動途中、ご近所の方はカエル探し
降雨の無かった時期が続き、久しぶりに雨が降ったためカエルが出てくるようです
タイ暮らし-16


そしてお母さん邸に移動し、オヤジさんとサシで晩酌
最初、南部の方言のためサッパリ会話になりませんが、酔いが進むにつれて話しが弾む

理解力は低いながら、分かった事は…
 ○ オヤジさん19歳の時に16歳のお母さんとカケオチした事
 ○ 自宅を自力で建てた事
等々初めて聞く話が楽しく、あっという間に時間が過ぎました

56歳になるオヤジさんの話しは面白いです


ですが、シラフではオヤジさんとの会話はほぼ成立しません・・・



その5に続く