3月24日(日)
先週は日本の映画鑑賞に行ってきました
まずは昼食から


久々に来た「坦々麺」スクンビット・ソイ33/1
タイ暮らし-01

本日の坦々麺は最高に美味しかった
(たまにバラツキがあります)
スープまで美味しく頂きました
タイ暮らし-02

タイ暮らし-03

レバ野菜炒めも定番で美味しい
タイ暮らし-04


セントラル・ラマ9世(Centralplaza Grand Rama 9)へ移動⇒ こちら
タイ暮らし-05

5階くらいにボクが観た中では、タイの中で1番大きいゲームセンターがありました
UFOキャッチャーに似たのが大人気で、係員が常駐で「ぬいぐるみ」を補充していました
タイ暮らし-06

階下に下り1階で休憩
タイ暮らし-07

タクシーに乗りRCAへ移動
お昼は静かなRCA(Royal City Avenue) ⇒ こちら
タイ暮らし-08

韓国のNANTAが1月 16日からバンコクナンタ専用劇場で公演しています ⇒ こちら
タイ暮らし-09

タイ暮らし-10

800バーツからのようです ⇒ こちら
タイ暮らし-aaa

3階にある映画館「house RCA 」 ⇒ こちら
タイ暮らし-11

今日の上映は井上靖作自伝的小説『わが母の記』の映画化2012年4月公開 ⇒ こちら
良かったです、娘が欲しくなりました
タイ暮らし-12

映画鑑賞後、100バーツのスピード散髪に
タイ暮らし-13

夕食はスクンビット・ソイ38屋台通りへ ⇒ こちら
タイ暮らし-14

気軽に美味しく頂けるので、よく来ます
タイ暮らし-15

タイ暮らし-16

タイ暮らし-17

こんな普通の週末でした
AD
2013年3月23日(土)
嫁の職場メンバーとノンタブリにあるお寺へタンブン(徳を積む)に行ってきました


AM07:10出発
同僚のミーちゃん(最近ウワンと呼ばれています)をピックアップ
朝食は、ムーピン(ブタ焼き)とカオニィァオ(もち米)の最強コンビ
タイ暮らし-01

50分ほどでお寺に到着
普通のお寺のイメージではなくて4階建て
タイ暮らし-02

タイ暮らし-03


こんなにお坊さんが並んでいる姿を見るのは初めてです
タイ暮らし-04

小さい子も一杯
20歳未満の出家僧は「ネーン」(沙弥)と呼ばれる修行僧だそうです
タイは今、夏休み期間中で、短期間の出家とのこと
タイ暮らし-06

白い服の子は修行僧になる手前(タムクワン儀式の一環?)
2週間の準備期間後、修行僧となったら黄衣に変わるようです
タイ暮らし-05



タンブンに来た同僚達全て(自分を含めて)白い服を着ていました
清潔色と聞きましたが、何か意味がありそうです
タイ暮らし-07

AM09:30 お経を読んだ後は朝食ブッフェ
タイ暮らし-08

お寺の食事は美味しいですね
タイ暮らし-09

食後の片付け開始
タイ暮らし-10

楽しみながら片付けする小僧達
タイ暮らし-11

食器洗いもタンブンのようです
ボクは木陰で読書を楽しんでいました
タイ暮らし-12

タイ暮らし-13

食器洗い後、2階のお堂へ
とてつもなくだだっ広い
タイ暮らし-14

ネーンと一緒にお昼寝
タイ暮らし-15

その後、記念撮影
タイ暮らし-16

既に2回食事を頂きながら、12:20から昼食開始
タイ暮らし-17

タイ暮らし-18

次々と料理が運ばれ、ビアシン(シンハー・ビール)と一緒に美味しく頂く
タイ暮らし-19

タイ暮らし-20

生カキにトッピングしてドキドキ感を楽しむ
タイ暮らし-21

タイ暮らし-22

生エビも当然トッピング
タイ暮らし-23


タイ暮らし-24

タイ暮らし-25

この魚の唐揚げは美味しいですね
骨周りとヒレは絶妙の旨さ
タイ暮らし-26

タイ暮らし-27

タイ暮らし-28

少し遅れて軍人の旦那さんも合流
タイ暮らし-29

隣のテーブルの少女達のカワイイ笑顔
タイ暮らし-30

仲の良い夫婦の奥さんは干支Tシャツ
タイ暮らし-31

左の同僚は奥さんからの電話にビクツキ、格好の話題提供
ビールからウィスキー・ソーダに切り替えて、大分気持ち良くなってきました
タイ暮らし-32

嫁同僚との昼食は、いろんなタイ料理も食べれて、酔っ払いながらの会話も楽しくて良いですね
タイ暮らし-33



15:00過ぎにお開き




昨日は分からなかった?な事をネットで探したり、改めて嫁に聞いたりでまとめました
「ネーン」(沙弥)という存在を初めて知り、勉強になりました

参考H/P
タイ王国ドットコム
タイの伝統なつのブログ
ウィキペディア
すっとんきょう。のタイ駐在嫁としての日々

今週の写真

テーマ:
今週も一杯写真を撮ったので更新してみます


3月11日(月)
パスポート更新のため、バンコクに戻り昼食
スクンビット通り(以後SKV)に面しているソイ37-39間にある居酒屋「さんや」のランチ
かきフライ定食(180バーツ)、熱々で美味しいですね~
タイ暮らし-01

タイ暮らし-02


在タイ日本大使館でパスポート更新申請
タイ暮らし-03

Gateway Ekamaiのブッフェ「Shabushi」2人で夕食
タイ暮らし-04

タイ暮らし-05

3月12日(火)
トンロー・ソイ16近くラーメン屋「油らあめん」でひとり夕食は食べ過ぎ
タイ暮らし-06

タイ暮らし-07

3月13日(水)
トンロー・ソイ3ラーメン屋「まごころ」で2人夕食
どんぶりが小さいワリには金額が高い、と感じてしまいました
タイ暮らし-08

3月14日(木)
パスポート受領のため遅出
会社に入ってから初めて、出勤前に嫁と一緒に朝食
タイ暮らし-a01

BTSでPhloen Chit駅まで移動
出勤ラッシュに出くわし、満員電車のため1回待機
タイ暮らし-a02

在タイ日本大使館へ歩きで行くには少しツライので、バイクタクシーに聞くと強気の40バーツ
アホらしくタクシーに切り替えると、タクシー運転手も40バーツと言う
初乗り35バーツなので大差なく承諾、一応メーターを使ってもらうと渋滞も影響しメーターは41バーツに(笑)
タイ暮らし-a03

夕食は同僚と一緒にトンロー・ソイ16近くの居酒屋「Oishinbo2」に同僚と
火曜日に隣の隣にある「油らあめん」で食事後、外に出たところで「Oishinbo2」従業員から3月末で店が変わる、と聞いたため様子伺いに
3月末かソンクラン前まで営業し、6月頃から再度新装し営業開始するそうです
(約2ヶ月間改装のため休業)


写真は牛フィレステーキ、卵入りサクサク・カレーパン、チーズ(サービス)、オコゲ・カレー
どれも最高に美味しいです
白レバー焼き(限定メニュー)がなくて残念、コレも旨いんです
タイ暮らし-a04

タイ暮らし-a05

タイ暮らし-a06


タイ暮らし-a07

タイ暮らし-a08

食後の運動は隣にあるDARTS & BAR「BULL'S EYE」でダーツ勝負
最近ハマっています
タイ暮らし-a09


3月15日(金)
会社で昼食
味がしみてなく、イマイチでしたがアユタヤ時代に食べた屋台のは美味しかったな~
タイ暮らし-a19

トンロー・ソイ9にある居酒屋「みまた」で嫁・嫁従姉妹3人で夕食
写真撮りまくりでした
タイ暮らし-a10

タイ暮らし-a11

3月16日(土)
仕事を終え、Bondさん・Randyさんとチムチュム屋へ「店名不明」
3人でビール8本、チムチュム&コームーヤーンをお代わりして1,040バーツ
値切って1,000バーツという安さ
話が盛り上がり、あっという間の3時間
タイ暮らし-a12


タイ暮らし-a13


食後は、Randyさんとサシでダーツ勝負
従業員も交えて勝負しますが、歯が立ちません(苦笑)
タイ暮らし-a14

タイ暮らし-a15


3月17日(日)
朝食は自炊でスパゲッティ
昼食は居酒屋「さんや」
 ※嫁は同窓会のためアユタヤ1泊2日

ランチメニューを持ってきた従業員
従業員「字読めますか?」と少し心配そう
naree「十分読めるよ、どうして?」
従業員「私が書いたんです」
naree「(しばし絶句・・・)、よく書けるね」
従業員「7年もここで働いているので…」
確かに7年前もいたけど、まさかここまで日本語が書けるとは驚きでした
相当頑張った賜物と思われます
タイ暮らし-a16

銀ダラみそ漬け定食(200バーツ)があり、迷わずオーダー
激旨です、ご飯のお代わり必至
タイ暮らし-a17

タイ暮らし-a18

食べ物がメインですが、こんな1週間でした

バンセン・ビーチへ 日帰り

テーマ:
2013年3月9日(土)
ポーランドはん、Randyさんとバンセンビーチに行き、健史さんと現地合流


嫁はこの日、Central Bangnaでパスポート更新手続き
AM09:00開始のため30分早めに到着するも「132番目」の整理番号でした
1時間くらい掛かるかな~、と喫茶店で油を潰しているといつの間にか長蛇の列が…
先に行ってもらった整理番号は何も意味なし!
これは何時間掛かるか分からないと判断し、ビーチに向かいました

Amazing Thailand

タイ暮らし-01

タイ暮らし-02



雨模様のなかバンセン・ビーチに到着しましたが、昼食をここで強行するか、しばし思案
ビーチ・パラソルは日除けであり、雨除けにはあまり効果ない事が分かる

タイ暮らし-03

タイ暮らし-04

小降りになり強行することに決定



しかしお客が少ないためか、いつもの蒸しカニを売っているオバチャンが見当たらない
やむを得ず、適当な蒸しカニ屋で調達
小ぶりでミソが少ない
タイ暮らし-07

日が照ってきて客足が増えてきたところでいつものオバチャン登場

タイ暮らし-13


肉厚でビジュアルが映える
タイ暮らし-09

口にしてみれば、やはり別物と分かる!
手が止まらなくなるほど、やみつきになること間違いなし
タイ暮らし-10


Randyさん手作りの漬物も美味しかった~!
タイ暮らし-06


お腹が満たされたところでビーチを散策&砂遊び
タイ暮らし-12

タイ暮らし-11


会話を楽しみながらも酔いが回り、気が付けばパラソルが畳まれている
熟睡してしまいました

タイ暮らし-14



やはり「蒸しカニ」を食べるならバンセン・ビーチのこのオバチャンの所で!と再認識しました



一口メモ
・つまみ・ビール・ウィスキー・氷・ティッシュ等持ち込めるものは遠慮なく持ち込む
・もしも不足した場合を考えて、雑貨店の近くに位置取りを
  セブンイレブンだとアルコール購入に時間制限があるため
・思いっ切り混んでいる時は素直に帰るべし
  カニ蒸しの金額、宿泊先の金額は強気となり2倍以上になります

バンセン・ビーチへ

テーマ:
昨晩近くの路上チムチュム(東北鍋)屋さんで夕食
汗だくになり帰宅
水シャワーを浴びてスッキリ
水シャワーが気持ち良い季節です

いつの間にか3月
涼しい・暑い・思いっ切り暑いのタイ季節感
この「思いっ切り暑い」季節に突入

今日はバンセン・ビーチへカニ蒸しを食べに行ってきます
バンセン・ビーチは外人の観光客がほとんど居ない、タイ人主体の観光地です