年末にかけて…

テーマ:

少し予定が立て込んできました
12月は忘年会のシーズンですね、まだ早いか~

10月27日(土) ゴルフ&懇親会
10月28日(日) 第23回ポーランド杯(ビリヤード大会)
11月04日(日) コラートでフットサル観戦予定
11月07日(水)~11日(日) 両親来タイ
11月14日(水)~18日(日) 嫁職場旅行で韓国へ

12月24日(月)~01月3日(木) 日本帰国
   中部国際空港~白川郷~金沢~大阪~米子~関西国際空港
   地元では20年振りに高専時代の同級生と飲む予定

AD
2012年10月20日(土)
バンコクとアユタヤをお客様お2人と旅行してきました
バンコクは自力、アユタヤはツアー会社(日本語ガイドあり)

(バンコク:自力)
07:30 BTSプロムポン(Phrom Phong)駅 着
07:45 BTSサパーン・タクシン(Saphan Taksin)駅 着
07:50 船着場サトーン(CEN. Sathon) 着
08:35 船着場ター・ティアン(N8 Tha Tien) 着<20分、15バーツ>
08:45 船着場ワット・アルン(Wat Arun) 着<渡し舟5分、3バーツ>
09:15 船着場ター・ティアン(N8 Tha Tien) 着
09:20 ワット・ポー(Wat Pho) 着
10:15 ワット・プラケオ(Wat Phra Laeo) 着<徒歩15分>
11:20 BTSラーチャテーヴィー(Ratchathewi)駅 着<タクシー35分>
11:30 BTSチットロム(Chit Lom)駅 着
11:35 インターコンチネンタルホテル地下 中華料理 着
      老山東(lao san dong)ペキンレストラン

(アユタヤ:ツアー)
12:30 インターコンチネンタルホテル ツアー集合場所へ
13:30 バーン・パイン離宮 着
15:00 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン 着
16:00 象乗り場 着
16:30 ワット・プラ・シー・サンペット  着
17:05 ワット・プラ・マハタート 着
17:30 市場 着
17:50 タイ料理レストラン 着
18:45 サムロー(3輪自転車)でアユタヤ遺跡散策
19:10 ワット・プラ・シー・サンペット  着
20:10 BTSプロムポン(Phrom Phong)駅着、解散


さあスタートです

BTSサパーン・タクシン駅まで行き、船に乗り換えター・ティアンを目指す
ター・ティアンから渡し舟でワット・アルンへ
タイ暮らし-02  タイ暮らし-01 
タイ暮らし-03 タイ暮らし-04

ワット・アルン(暁の寺)と言えば急な階段
昇りきればチャオプラヤー川の景観が素晴らしい
タイ暮らし-06 タイ暮らし-05
タイ暮らし-07 タイ暮らし-08

渡し舟で再度ター・ティアンに戻りワットポーへ
タイ暮らし-09 タイ暮らし-10

寝釈迦仏の背中側には108つの鉢が並んでいます
(数えたら104しか、数え間違いかも…)
どうやら煩悩を捨てるためのようです
20バーツの喜捨で交換しますが、ちょうど無くなったら運気上昇??
ちなみにアナログ秤のためバラツキは多いかと思います(笑)
タイ暮らし-12 タイ暮らし-13
タイ暮らし-14 タイ暮らし-15


ワット・プラケオへ徒歩で移動(約15分)
暑いため、こういう歩きで結構バテてきます
入場料はいつの間にか「400バーツ」に…
タイ暮らし-16 タイ暮らし-17

ここに来てこのポーズをしない人がいるのでしょうか(笑)
タイ暮らし-18 タイ暮らし-19


タクシーでBTSラーチャテーヴィー駅まで移動(約35分)
ラーチャテーヴィーからツアー集合場所のチットロムへ移動
タイ暮らし-20

集合場所と同じホテル内の中華レストランで昼食
  老山東(lao san dong)ペキンレストラン
ここで嫁が合流
タイ暮らし-21 タイ暮らし-22
タイ暮らし-23 タイ暮らし-24


今日のツアー参加者は我々4名と若手日本人4名の合計8名
ガイドさん・運転手さん含めると10名でのアユタヤ・ツアー
タイ暮らし-25 タイ暮らし-26

バーン・パイン離宮ではドレスコードが明確に
嫁が引っかかってしまいましたが、腰巻をすればOK
200バーツを預け、腰巻返却時に全額戻ってきます
それにしても上段真ん中のような服装で来る人はいるのかな?
タイ暮らし-28 タイ暮らし-27

離宮内はキレイに整備されていますが、何しろ暑い
早々にエアコンが効いた入り口のカフェに退散
タイ暮らし-29 タイ暮らし-30

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンでも仏塔に登り、カメにエサやりで移動
タイ暮らし-31 タイ暮らし-32

ここで冷たいお水と冷えたオシボリ・サービス
生き返る~~
タイ暮らし-33

象乗り場では大人でも楽しめますね
愛らしい象が心を和ませてくれます
象使いの「象の鼻を使ったチップ攻撃」は頂けませんが(苦笑)
タイ暮らし-34 タイ暮らし-35
タイ暮らし-37 タイ暮らし-36

左後ろ足を上げて滝のようなおしっこも…
タイ暮らし-38

約3-4トンの体重で一日の食事の重さは10%の300-400キロと聞くと少しでもお手伝いをしたくなります
タイ暮らし-40 タイ暮らし-39

ワット・プラ・シー・サンペットでは、真っ直ぐな長い歩道を歩いていると、タイ音楽も流れてきてタイに居るな~という感覚が増します
タイ暮らし-41 タイ暮らし-42

ワット・プラ・マハタートの仏像の高さは10年以上前は地上から5センチ程度だったとか
気の成長に合わせて年間1センチほど上がっているようです
タイ暮らし-43 タイ暮らし-44

近くの市場に移動
ここで夕食を摂りたくなる衝動に駆られるがソーセージのみで抑える
左下の調理人のパフォーマンスはかなり面白い
タイ暮らし-45 タイ暮らし-46
タイ暮らし-47 タイ暮らし-48

夕食付きツアーでワンプレート5種のタイ料理は美味しい
ご飯のお代わり自由で2-3杯は軽くいけます
タイ暮らし-49 タイ暮らし-50

サムロー(3輪自転車)でアユタヤ遺跡散策
非常に静かな遺産エリア、気持ち良い風を受けながらしばしライトアップされたお寺巡り
※ライトアップされるお寺は5箇所ですが、昨年の洪水の影響で3箇所に減っているとの事(事前にツアー会社から聞いていました)
タイ暮らし-51 タイ暮らし-52
タイ暮らし-53 タイ暮らし-54


BTSプロムポン駅で解散(8名とも同じところを希望)
※希望のホテルまで送ってくれます


午後からのツアーは1箇所目から暑さで疲労感が…
もう帰りたい、という気持ちにも…
お客様の希望でこの旅程になりましたが、事前に聞いた時には「どの程度疲れるものか体験したい」と思っていました
やはり疲れましたね~(笑)
敵は暑さですね!
もう少し暑さ対策をしっかりしていればバテなかったかもしれません

基本的にボクもいろいろ歩くのは好きなので楽しめました、というか自分の方が楽しんでしまったかも


皆様もいろんな旅行計画があると思いますがご参考に~


参考H/P
アユタヤー観光&ライトアップ・コースA (バンコク発)
非常に優秀なガイドさんでした(日本語検定1級、ガイド歴8年)
お陰で楽しくおかしくアユタヤの歴史、タイの細かい情報等が聞けました
初めてタイでガイド付きツアーに参加しましたが、情報量が多くて勉強になりました
また参加したいと思います

スクンビット23 串揚げ処「串家」 その2

テーマ:
記事作成:2010年10月17日20:43
記事更新:2011年8月7日12:30
記事更新:2011年8月27日10:30
記事更新:2012年2月27日08:00
記事更新:2012年10月21日14:00

3回連続満席のため食事できなかった事があるので、予約をした方がベターなお店です。
  電話番号:02-258-4238
  営業時間:18:00-23:00(ラスト・オーダー22:00)
  休業日 :日曜日

スクンビット通りから徒歩8分~10分程かと思います。
スクンビットから入って右側にあります。
(Grand Millennium Sukhumvit Hotelの真ん前)

2012年3月 ⇒ こちら
2010年9月 ⇒ こちら
2009年9月 ⇒ こちら

カウンターだけのお店で落ち着いた雰囲気。
前菜・串揚げ・〆のごはん&豚汁は最高です。


記事更新:2012年10月21日14:00
週末入った情報
来月でマスターが引退されるとの事
非常に残念ですが、今まで楽しませて頂いたので近いうちに伺いたいと思います。


記事更新:2012年2月27日08:00

21日(火)同僚と2人で行って来ました。
毎回幸せになれる「串家」。

今日の一品は「出し巻き玉子・ポテトサラダ」「ロールキャベツ」。
この一品はおかみさん担当。
「コレが楽しみで…」と大きな声で言うと、旦那さんが「ムッ」する恐れあり(実際は無いですが)。
抑え目に感想を伝えましょう。
タイ暮らし-01 タイ暮らし-02

生野菜も新鮮。
タイ暮らし-03

今日は9本コース。
9本Aコース(380バーツ)は、ご飯・汁・香物付き。
9本Bコース(370バーツ)は、一品料理。
悩める選択、一品料理を食べない訳にはいかない、かと言ってご飯・豚汁も捨てがたい。
こういう時は、おかみさんに我がまま言って、ご飯と一品をお願いしましょう。
タイ暮らし-04 タイ暮らし-05

今回は同僚と2人で食事していましたが、3つの席を空けて協力メーカーの方が1人で食事していました。
合流し3人で飲み始め、終わりが見えなくなり始めた冷酒。
旦那さんから「もう止めなはれ」とストップして頂きました(笑)

美味しい一品、熱々の串揚げ、コチラのペースを加味して串揚げを出してくれる気配り、旦那さん・おかみさんとの楽しい会話、タイ人スタッフとの楽しい会話、落ち着く雰囲気



この後3人でスナック(ママさん1人)へ行き、熱唱し午前様。
充実した1日でした。


ここから(記事更新:2011年8月27日10:30)

写真の色加減が気になっていたので改めて更新します。
2011年 昨日8月26日(金)嫁と行ってきました。
先週末も行こうと連絡するも残念ながら満席のため、1週間待ちました。

タイ暮らし-15

今日は「串あげAコース(串あげ九本、ご飯、汁、香物、デザート)」に一品料理を別にオーダーしました。
タイ暮らし-11 
まずは冷たいお茶と冷たいお酒を。
タイ暮らし-01 タイ暮らし-06

早速、一品料理の3種と付きだしの生野菜をアテに。
この一品料理はいつも変わりますが、良いお味です(おかみさん担当)。
$タイ暮らし-16 タイ暮らし-02

タイ暮らし-03 タイ暮らし-04


串あげ開始。
カウンター上のお皿の左側に寄せて出して頂くと「ソースが合うと思います」と薦めてくれます。
タイ暮らし-08 タイ暮らし-07

ボクは出たらスグに熱々を頂くのに対し、嫁は猫舌。
ペースを変えて出してもらえる心遣いがありがたいです。
タイ暮らし-09

アスパラも熱々!
タイ暮らし-10 タイ暮らし-12

〆はご飯と豚汁と香物。
お得意の猫マンマで完食。
おいしゅうございました。
タイ暮らし-13 タイ暮らし-14

最後にソムオーがデザートに出てきて、こちらも甘くて美味しい!

満足の夕食でした。



ここから(記事作成:2010年10月17日20:43)


昨日仕事が終わった後、嫁と行ってきました。
8月末に行って以来の「串家」です。
嫁に内緒にしたつもりも無かったのですが、先週同僚と行ったことを知りご立腹。
というのも、嫁と2日連続「串家」に行くも満席のため食事出来なかったためです。

と言う事でレッツゴー!


今回はメニュー掲載
コースは3種類
13本の串家コース
9本の串あげAコース・Bコース
 A・Bの違いは、「ご飯・汁・香物」か「一品料理」の選択の違いです。
タイ暮らし-01

他の一品料理も侮れません。
タイ暮らし-02

塩辛はヤバイです。
タイ暮らし-03

今回は9本の串あげAコース「ご飯・汁・香物」をオーダー。
まず先出しの生野菜。
タイ暮らし-04

その後、今日の一品(2種)?
ご飯だけのつもりだったので、サービスかな。
いつもこの一品に唸らされます。
日本人で良かった~~、と感じる瞬間です。
タイ暮らし-05


熱々の串あげを次々と平らげます。
マスターは、タイ人の嫁に全てタイ語で中身を説明してくれます。

大好きなエビ
タイ暮らし-06

嫁はキャベツに揚げ物を巻き巻きする新技を披露。(中身はウズラの卵)
タイ暮らし-07


そして〆の「ご飯・汁・香物」
コレがまた美味い!
タイ暮らし-08

豚汁、最高です。
タイ暮らし-10

嫁は猫マンマ状態で食し、ご馳走さま。
タイ暮らし-09


お酒を飲んで1,100バーツちょっと。
大満足です。

全てカウンター席のため、落ち着いて食事出来ます。
串あげ、料理も大変美味しいですが、マスター&奥さん&従業員の心地良いサービスが最高だと思います。


また行きます。

2012年10月7日(日)
先週末です
嫁同僚夫妻とバンプーにある海上レストランでシーフード&ワニ園に行ってきました


スクンビット通りを走り約1時間で到着
タイ暮らし-02 タイ暮らし-01
タイ暮らし-03 タイ暮らし-08

新鮮なイカ焼きは美味い!
ヤム・タレー(シーフード・サラダ)は激辛、でもツイツイ手が伸びてしまいます
タイ暮らし-05 タイ暮らし-06
タイ暮らし-07 タイ暮らし-04

仕上げのアイス
タイ暮らし-09 タイ暮らし-a35

マングローブの沼地にはムツゴロウみたいな魚がウジャウジャ
タイの人は余り食べないようです
タイ暮らし-10 タイ暮らし-11

風力発電の風車、あまり回っていないですね
タイ暮らし-12 タイ暮らし-36


次に向かったのが、人生初となる「ワニ園」
約40分で到着
入園料はタイ人80バーツ、外国人300バーツ
タイ暮らし-13 タイ暮らし-14

いきなり「ワニ肉」販売
かなり人手が多いですが、タイ人の方がメイン
タイ暮らし-15 タイ暮らし-16

チンパンジーは見飽きないですね
タイ暮らし-17 タイ暮らし-18

トラは檻の中に居ますが近寄りがたい
13:00からのショータイムに向かう
タイ暮らし-19 タイ暮らし-20
タイ暮らし-22 タイ暮らし-21


時折、口を閉じるときに「パカーン」と大きな音が響く
そんな口の中に手を入れる
タイ暮らし-24 タイ暮らし-23

頭を入れる
ボクは絶対こんな仕事を選びません(苦笑)
タイ暮らし-25 タイ暮らし-26

お捻りのバーツ紙幣を口の中に入れて、また取る
かなりドキドキしたショーでした
タイ暮らし-27 タイ暮らし-28

そのままバンコクに帰り、お開き



夕食はエカマイ・ゲートウェイの2階「ひな家」
トンローにある「みまた」の美味しさを確認できたお店でした
タイ暮らし-29 タイ暮らし-30
タイ暮らし-a31 タイ暮らし-a32



前日は同僚とダーツ・バーへ
これまた人生初
思いの他、混んでいてビックリ、流行りなんですかね~(10バーツ/ゲーム)
タイ暮らし-a34 タイ暮らし-a33

今日はこれからチャトチャック市場(ウィークエンドマーケット)へお買い物