訃報 アヌチットさん

テーマ:
記事作成 2012年5月25日 22:55
記事変更 2012年5月26日 18:25
記事変更 2012年5月27日 03:00

19:00から葬儀に参列してきました
コラートからも顔見知りの経理・総務スタッフと顔を合わせてホッとしました
愛称「ピー・コー」と久々に聞き、懐かしさを感じました
8年も会っていないですが、気持ちは同じ

お坊様のお経を聞いている際、いろんな想いが浮かびました

読経も終わり参列者に振舞われた海老ワンタンを美味しく戴きました
タイ暮らし-a01

アヌちゃんの妹さん、親戚の方が参列者の対応されている中、成人されている娘さんも気丈に対応されていました

お線香をあげさせて頂き挨拶をしている中、娘さんの涙に現実を突きつけられる想いが…

親戚の方から伺うと、奥様はアヌちゃんが亡くなられた日から眠れず、食事も受け入れず衰弱しているため参列できない状態だと

やはり突然の別れに気持ちが追い付かないのではと心配してしまいます


総務スタッフにアヌちゃんの年齢を聞くと仏暦2502年生まれ、来月で53歳



早い突然の死に驚きが隠せませんが、ご冥福をお祈りします




記事変更 2012年5月26日 18:25
ここから

午前中に下見に行ってきました
BTSエカマイ駅前「WAT THAT THONG」というお寺
タイ暮らし-01 タイ暮らし-02

今晩19:00葬儀があるようですので参列したいと思います

葬儀は30日(水)まで毎日執り行われるようです
31日(木)お昼に荼毘に付されるとの事
タイ暮らし-03 タイ暮らし-04



記事作成 2012年5月25日 22:55
ここから


昨晩、JCT時代の先輩N根さんよりfacebookにて連絡がありました

「アヌチットさん、今朝亡くなったそうです。」






「アヌチットさん」こと「アヌちゃん」には大変お世話になりました

1998年11月~2004年3月のコラート駐在期間、常にボク達を支えてくれました
日本語が流暢で総務部長、頼り過ぎてしまう事しばしば
悩みを相談し合える方でした

当時、生産技術・ハウジング(工場インフラ整備)を担当していたボクとは仕事上でも協力し合う事も多く、非常に良いパートナーでした
いえ、良くしてもらいました

設備の輸出入、BOI・MOI・PEA・税務署との折衝等、困った時には「アヌちゃん」頼みでした

当然、他の駐在者の方のフォロー、タイ人スタッフの悩みも聞いて多忙な日々を過ごされたと思います
性格が良く、頼りがいがある兄貴的な存在でした

5月23日(水)夕食時にも普段と変わりなく一緒に食事されていたそうです
24日(木)出勤時に胸の痛みを訴えて、そのまま帰らぬ人に…

これも運命だと受け入れるしかありません
享年(定かではありませんが)50歳前後


今日一日、懐かしい日々を想いながら過ごしました
安らかに眠っているかと思いますが、またいつの日か会える日を…











ありがとうございました

葬儀はバンコクとの事なので参列いたします



AD

いざMEGA BANGNAへ

テーマ:

記事作成 2012年5月20日 12:32
記事更新 2012年5月25日 00:10


写真を更新したいのですが、amebaブログ、全く機能せず…(残念)
いろいろとあるのだが


記事作成 2012年5月20日 12:32
先週も行きましたが、今日も行こうと思います
デカ過ぎるので食事は昼&夜と2回するかも…

スリランカ旅行 その3 必ずまた行くぞ~

テーマ:


4月30日(月)2日目
07:00(S05:30) 起床
08:30(S07:00) ホテル・ビュッフェで朝食
09:30(S08:00) 出発
09:50(S08:20) シーギリア・ロック チケット売り場到着
10:00(S08:30) シーギリア・ロック 入場
10:40(S09:10) 踊り場到着
11:00(S09:30) 頂上到着
12:00(S10:30) シーギリア・ロック 出発
12:30(S11:00) ダンブッラ石窟寺院 到着
12:55(S11:25) 入口 到着
13:25(S11:55) お寺 出発
13:35(S12:05) 昼食休憩
14:00(S12:30) 食堂出発
15:30(S14:00) 町到着
17:10(S15:40) 町出発
20:30(S19:00) コロンボ ホテル到着
22:10(S20:40) 空港近くの食堂 到着
23:00(S21:30) 空港近くのホテル 到着
24:00(S22:30) 就寝

5月01日(火)3日目
07:30(S06:00) 起床
08:30(S07:00) ホテル出発
08:45(S07:15) 空港到着
09:10(S07:40) 空港内レストランで朝食
11:10(S09:40) 飛行機搭乗
15:00 スワナプーム空港 到着
15:35 スワナプーム空港 出発
16:10 アパート到着

シーギリアから30分でダンブッラ石窟寺院(Dambulla Cave Temple)に到着
既に膝ガクガク状態のため、急な階段・坂はキツイ
猿・へびあり
64 66
65 68 

遠くにシーギリア・ロックも見えます
67 

疲れた身体にマンゴーを買ってくれる気遣いが嬉しい
69 70

やっと入り口に到着、しぶいオジサンがスタンプ
71


5つの石窟内には壁画・仏像・雨が降らなくても常に沸いて出てくる聖水等
72 73
74 

キャンディーのお寺でも会った日本人カップルとここでも会いました
バンコクから来た飛行機も同じ便
もう少しゆっくり情報交換をしていたら、と少し後悔

鮮やかな模様の虫ペア 
75aa 

岩山にはヤギ?
76 

幹線道路沿いの食堂に到着
77

各種カレーが並んでいます
78

皿の上に掛けるビニール、新聞紙のティッシュはスタンダード
79 83

白米ではなくチャーハンにカレー
80 

混ぜた後、一旦指に乗せ親指で口の中に入れる方法を教えて頂く
81 

コレで口を上げなくてもスムーズに食べる事が可能に
プロ・レベル?
82 

食後に手を洗っても多少黄色っぽい右手
84


コロンボに向かう途中、2人のナイスガイの住んでいる町クルネーガラに立ち寄る
嫁と2人でしばし町を散策
85 86
87 88

スパイス屋のオジサンも気軽に英語で話しかけてくる
オジサン「どこから来たの?」
naree「Japan」(偽り?)
嫁「Thailand」
89 90 

お茶の葉屋さん「Hatton Tea Stores 」
91

近所のおばちゃんが購入していく姿を眺める
94 93 

そうやって100g単位で量り売り
Rs.60/100gのブラックティー
ボク等も3種のお茶を購入でRs.270とお買い得
ブラックティー、グリーンティー、オレンジペコの3種
93a

良い笑顔だな~~
92 

雑貨屋さんでもやさしい言葉、接し方が嬉しい
預け荷物(茶葉)を渡してくれるウィっキーさんも格好良い
95 96

 喫茶店(?)に入りミルクティーとコーラを注文
パンがウリのようだったので頼んだら、テーブル上を埋め尽くされてしまった
99

その中の1つ、揚げたての三角カレーパンを食べてみる
美味いじゃないですか!!
これでRs.100(約25バーツ)とはタイよりも安いのでは?100a


お茶中に英語が苦手そうだが、果敢に話しかける彼と会話を楽しみ、帰りに記念撮影
スリランカの人は笑顔も、気軽に話しかけてくる雰囲気も気持ち良いですね
101 

シャワーを浴びて来てサッパリしたナイスガイ2人と合流し「SUBWAY」もどきへ
102

氷を入れるのはスタンダードではなかったので、入れてもらいました103

コロンボに再出発し、バティック屋さんに寄ってもらうがピンと来ず、渋滞する中コロンボのホテルへ到着

ホテルの方に予約用紙を渡し、初めての集合記念撮影
104 

2日間本当にお世話になりました、とレンタカーを見送っている最中にホテルマンから「あの車を止めてくれ~!!」とお願いされる
(naree)どうしたのかな~~と思い、冷静に予約用紙を見る
予約日が昨日になってて、当日は満室だと聞かされ理解する

naree「ちょっと待って~~!」と止まってもらう


大誤算、発覚

翌日のタクシー移動にも一抹の不安があったので、空港近くのホテルに泊まる方向で話しは決まり、そこまで送ってもらう事に
最後の最後までお世話掛けっ放し(平謝り)

カジノから徒歩圏内であるこの宿泊ホテルを予約したつもりが…
残念


一路空港へ
渋滞にも巻き込まれながら1時間40分で夕食のため食堂到着
105 

アーッパ(Appa)、コットゥ・ロティ(Kottu Roti)等を頂く
カレー料理だけでなく、こういうのも食べてもらいたかった、と聞いて涙が流れそうなくらい感謝の気持ちが溢れる
106 107  
109 108

今まで食堂では普通にコップの水を飲んでいました
コロンボ移動中に「地球の歩き方」を改めて読んでいるとこんな記載が…
    『生水は飲むべからず』
嫁にその事を話すと「最初の食堂(初日の昼食)で水道水をコップに入れてたから、私はコーラを飲んでいた」と
聞くのが遅かった~、素直にこの夕食時にはコーラにしました
結果オーライで体調を崩さなかったですが、旅行者の方は気をつけましょう!


そしてテリル氏からスリランカ・タバコを試しにどうだとおすすめ
薄かったですね~、スーパーマイルドくらいかも
110


空港近くのホテル到着
2度目の集合記念撮影、少し疲労感が

テリル氏、パサン氏のお2人には本当にお世話になりました
また次回会って飲める日を楽しみにしています!!
111a




5月01日(火)3日目
起床後、チェックアウト、ホテル送迎車に乗り空港へ
ルピー⇒バーツ両替し、無事イミグレ通過

空港内レストランで朝食
ボクはクラブ・サンドウィッチ&ホット・コーヒー
116 

嫁は要らないと言っていましたが、持ってきたマーマー(即席めん)が食べたいと
レストランのスタッフにお願いししてみると、ノリノリです
112

1回目撮影
これはイカンと考え直し
113

2回目撮影
良い表情です
周りは大笑いの渦
ご協力感謝します
114

やはり外国に出ると恋しくなる母国の食べ物
分かりますが、この後スグにバンコク到着予定のはず
食べきれないと嫁から渡され食べてみると、確かに美味い!!
117



機内では飲み切れなかったスリランカ・ビールを飲み、またスリランカを訪れようと誓う
119

バンコク到着、Air Asia職員と記念撮影
120 

1階のタクシー乗り場(50Bプラス)から乗車し、アパートに到着
121 





いろんな方のサポートを受け、楽しい旅行になりました。
スリランカの世界遺産3箇所を巡り、中でもシーギリア・ロックを満喫できて良かったです。
今でも解明されていない200mの高さまで給水(送水)した技術、あの急激な高さ移動はどのようにされていたのか、興味が沸きます。
ただし車での移動には思いのほか、時間が掛かるので要注意ですね
今度機会があれば、鉄道での移動もトライしたいと思います

スリランカの方は非常に友好的で親しみやすい、という印象を受けました
スリランカ料理も楽しみのひとつですね、もっといろいろ食べてみたい!


行ってみて分かった事
  スリランカは最高!
  また行くぞ~~~!!













4月30日(月)2日目
07:00(S05:30) 起床
08:30(S07:00) ホテル・ビュッフェで朝食
09:30(S08:00) 出発
09:50(S08:20) シーギリア・ロック チケット売り場到着
10:00(S08:30) シーギリア・ロック 入場
10:40(S09:10) 踊り場到着
11:00(S09:30) 頂上到着
12:00(S10:30) シーギリア・ロック 出発

12:30(S11:00) お寺 到着
12:55(S11:25) 入口 到着
13:25(S11:55) お寺 出発
13:35(S12:05) 昼食休憩
14:00(S12:30) 食堂出発
15:30(S14:00) 町到着
17:10(S15:40) 町出発
20:30(S19:00) コロンボ ホテル到着
22:10(S20:40) 空港近くの食堂 到着
23:00(S21:30) 空港近くのホテル 到着
24:00(S22:30) 就寝

5月01日(火)3日目
07:30(S06:00) 起床
08:30(S07:00) ホテル出発
08:45(S07:15) 空港到着
09:10(S07:40) 空港内レストランで朝食
11:10(S09:40) 飛行機搭乗
15:00 スワナプーム空港 到着
15:35 スワナプーム空港 出発
16:10 アパート到着

朝起きてホテル内を1周
ホテルから見えるシーギリア・ロックで気持ちが昂ぶる
31


朝食を済ませ逸る気持ちを抑えて出発
撮影ポイントで記念撮影
32 

遺跡入場料
地球の歩き方'11~'12 Rs.2775(US$25)でしたが、Rs.3750(US$30)に値上げしていました
そんな事はどうでも良い!
早く近づきたい気持ちで一杯
33 34 35 36 37 

とうとう入り口に到着
いきなり自称スターに巡り合う(笑)
38 39

かなりキツイ階段を一気に登る
40 41

疲れてきて少し休憩
42 
43 

まだまだ続き急な階段
左側がオープンになって来てさらに恐怖が加速する
44

居ました「シーギリヤ・レディ」
王様は巨乳がお好き?
45 46 

ここも右側のカバーが無けりゃ、相当冷汗が出るくらいの絶壁ゾーン
47 


螺旋階段を上がってきたのに、螺旋階段で降りる
そのまま次のゾーンに行けると思っていたのに残念
外側の針金が無く、恐怖感は増す(ボクは高所恐怖症です、良い忘れました)
48 

下から見上げるとこんな感じ
恐ろしい~~
63

まだまだ続く階段
この時点で聞いたら、まだ半分しか来ていない、との事
フ~~~
49 

完全に腰が引けています
49a 

とうとう踊り場「ライオンの入り口」
50 

この階段は今までに無い恐さ、急だし下が…
59

しばし休憩(心の整理)の間、変わった蝶々を撮影
51b 

テリル氏、パサン氏は何度も来ているので、この踊り場で待機

意を決して登り始める
生涯最大の恐怖を味わうが、半分を過ぎた辺りから自棄になってきました
恐怖感より疲労感の方が勝り、さっさと登り切ろうとなり、ヒーヒー言いながら登頂
52 

中年よ、まだまだイケル!
53 

日陰で休憩していると自称スターの姿が
54 

宿泊したホテルも眼下に見えます
55 

高い所好きな犬は日向ぼっこ
56 

いよいよ降ります
57

写真をせがむ(いやがらせ)嫁
しかし、思いのほか降りる時は恐怖感なし
慣れたのか?
58


岩伝いに蜂の巣が連なっています
60


もしものため、蜂除けの避難所
このエリアに来ている観光客全てのスペースは足りないと思いますが…
61 

下岩途中の分かれ道、こんな所だけは通りたくない
絶対しょんべんがチビリマス
62 




頂上の360度パノラマは絶景!!
スリランカに来たらシーギリア・ロックには行った方が良い、と聞きますがマジですね!
是非行った方が良いですね!

写真では伝わらない何かがあります


スリランカ旅行 その1 出会いに感謝

テーマ:
 
2012年4月29日~5月1日 2泊3日(滞在時間49時間)スリランカ旅行

ブログ繋がりで知り合ったヒデさん
そのヒデさんの知り合いのしょうちゃん
そのしょうちゃんとしょうちゃんの知り合いサハン氏(スリランカ人の方:日本在住)にフォローして頂きました
テリル氏、パサン氏(日本語レベル=日本人)のナイスガイ2名に道先案内をお願いし、安心して未開の地を満喫できました


間接的に活躍したヒデさん、思いっきりフォロー頂いたしょうちゃん、サハン氏、現地でアテンドして頂いたテリル氏、パサン氏の両名に、この場を借りて感謝いたします

では長編スタート


4月29日(日)初日
03:00 起床
04:25 アパート出発
04:50 スワナプーム空港到着
04:52 セルフ・チェックインするが、窓口にも行かなければならない(意味なし)
05:25 チェックイン完了(約30分)
05:50 両替(バーツ⇒US$)&イミグレ完了(結構スムーズでした)
06:05 バーガー・キングで朝食
06:35 搭乗口に到着
06:55 移動バス乗車
07:00 飛行機搭乗
10:30 スリランカ到着
(09:00 スリランカ時間:時差▲1.5時間)
11:20(S09:50) 両替(バーツ⇒ルピー、US$⇒ルピー)後、ピックアップしてもらう
11:40(S10:10) 出発 早々に雨
13:10(S11:40) 昼食休憩(1時間半経過)
14:20(S12:50) 「象の孤児院」到着
15:50(S14:20) 「象の孤児院」出発
16:55(S15:25) キャンディ「仏歯寺」到着
17:50(S16:20) キャンディ「仏歯寺」出発
18:00(S16:30) スーパーでお買い物
20:40(S19:10) ホテル到着
21:00(S19:30) ホテル・ビュッフェで夕食
22:00(S20:30) 部屋で飲む
23:00(S21:30) 就寝

定番のバーガー・キングで朝食後、バスで飛行機まで移動
01 02 
03 04

眼下に5月3日にオープンしたMEGA BANGNA」
05

思いっきり蛇行するチャオプラヤー川を眺めつつ、スリランカに向かう0606


ナイスガイ2名に出迎えてもらい、一路キャンディへ

1時間半程経過したところで昼食休憩
店先で食事中の方は、店の子と思います
ごはん・多種カレーが並び自分で皿に盛ります
08 09

10 

手で食べるのは初体験(初期スタイル)
お味はグッド!!
11 

嫁は別メニューのチキンカレー
熱々を手で食べるのでロ~~ン(熱い~~)と叫んでいます
12 

移動中、スリランカの町並みを興味深く見つめる
14 13
 
ピンナワラの「象の孤児院」により立派な牙を生やした象を初めて見る
15

角度を変えると立派なものが…、オスだったの?
15a

ファラン(欧米人)の多い事
16 

そして水浴びタイム 17 18 19 

大迫力でかなりビビリました(汗)
20

壮観な眺め、40頭以上が一気に川までやってきました
21 

自然にやさしい「象う○こ100%」の紙をお土産で売っていました
22 

キャンディの「仏歯寺」に到着
Dalada Maligawa(Temple of the Tooth)

駐車場で警備おばさんに半ズボンの長さ、少し短いな~と指摘され、ベルトを緩め最大限下げる努力をしてOK
タバコを吸っていると、ここはNo Smokingと指摘され、慌てて携帯灰皿でタバコを消し、ポケットに灰皿を入れる
おばさんがブツブツ言っているので聞いたら「タバコをポケットに入れて燃えないか心配している」とパサン氏から伝えてもらう
何となく温かな気持ちになる
23

献花を購入しお供え
24
  25

小学生の集団はヘソ出しルック
26
 

宿泊ホテルへ向かう途中スーパーでお土産等購入
27  

当然、スリランカ・ビールも
28a
 

ホテルのディナー・ビュッフェ
西洋料理&スリランカ料理で満腹

29 
30 

03:00起床の初日は23:00(スリランカ時間21:30)早めに就寝


今思い返せばテリル氏、パサン氏の2人と飲める機会はこのタイミングしか無かったのだが、飲もうと言わなかった事に少し後悔も…
しかしその選択は間違いではなく、次回タイもしくはスリランカで再会する時に、と楽しみが増えたと考えたい!

しょうちゃん・パサン氏の兄サハン氏と合流し宴会という楽しみも!!